邦訳第三弾!

呉明益の邦訳『複眼人』が刊行されたので落手しました。

呉明益と言えば、現在、台湾でドラマが放送中の『歩道橋の魔術師』が日本でも大ヒットし、続いて刊行された『自転車泥棒』も大いに話題になった台湾の人気作家です。

この二作に続く新作の邦訳が待ち望まれていましたが、ようやく刊行されました。帯を見るとディストピアとかファンタージといった言葉が載っていて、既刊二冊とはかなり趣が異なる作品のようです。

これから読むのが楽しみです!

金曜の夜は坂道で一時間半!

昨日の新聞のラテ欄です。

金曜晩のTOKYO FMは日向坂46の埼玉三人娘による「余計な事までやりましょう」は既に半年放送されていましたが、それが打ち切りにならず継続が決まり、記念すべきシーズン2の第一回放送でした。ですから新番組を示す「新」のマークは付いていませんね。

そして「余計な事」の前後に、同じく日向坂46の小坂菜緒の単独番組「小坂なラジオ」が始まりました。ちなみに右の画像では「菜緒」ではなく「奈緒」になっていますね。これは朝日新聞の誤植です。画像は朝刊のラテ欄ですが、夕刊も同じでしたから、朝日新聞にはファン(ヲタ)からの抗議が殺到しているのではないでしょうか(笑)。

そして更に、「余計な事」の後にもご注目、新番組「乃木坂に相談だ!」が始まりました。こちらは「余計な事」と同じ、埼玉県を中心に展開するスーパー・ベルクの提供番組です。なんと、一時間も提供番組を持っているわけですね。

それにしても、アイドルの番組がAMではなくFMで放送されているとは、毎日ではないですが、毎週決まった時間に三つ続くとはすごいものです。アイドル番組はAMと思い込んでいるのが既に時代遅れなのでしょうか? ただ乃木坂46もそうですが、日向坂46もメジャーになったものですね。デビュー前から知っているので、ほんの数年なのに隔世の感です。

とはいえ、坂道の兼ヲタであればすぐに気づくと思うのですが、櫻坂の番組がないですね。かつて「けやハブ」という言葉がネットに登場しましたが、いまは「さくハブ」なのでしょうか? 櫻坂46にだってしゃべれるメンバーは何人かいると思うのですが、グループの方針としてこういうラジオ番組をやらせないのでしょうか? でもニッポン放送では冠ラジオ番組をやっていますから、方針ではないと思うのですが……