ドラマ「アンラッキーガール」を見ていて思い出したこと

今期は日テレ系のドラマ「アンラッキーガール」を見ています。

「を見ています」ではなく「も見ています」の方が正確ですね。録画して見ているのは(放送時間には起きていないので)、先のダイアリーに書いた「じゃない方の彼女」と「言霊荘」、そしてこの「アンラッキーガール」です。なんのことはない、若月佑美、山下美月、西野七瀬と乃木坂46メンバー(元も含む)が出ているのが視聴理由のようです。

さて、その「アンラッキーガール」の主人公、福原遥演じる福良幸(ふくら・さち)の名前についての語られているシーンがありました。過去の放送回でも出て来ましたが、どうやら本来は「幸子」と命名されていたようです。それが父親がだらしなくて(というのは語弊がありますか? 役所でのちょっとしたうっかりで)「幸」で届け出をしてしまったそうなのです。そのため姓名判断が悪くなってしまった、というのがこのドラマのベースにもなっているわけです。

ところで「幸子」のはずが「幸」になったというエピソード、こういうことって意外と多いのでしょうか? 実はあたしが高校の頃大好きだった女の子の名前が「幸子」というのですが、ちなみに読み方は「さちこ」ではなく「ゆきこ」ですけど、その子が話してくれたところでは、ご両親ははじめは「幸」という名前にしようと思っていたらしいです。でもバランスなどを考えて「子」を加えた「幸子」になったんだと教えてくれました。

ドラマの福良幸とは逆で、それに別に親のうっかりではなく、きちんと考えた末の「子」の有無ですから、ドラマと真逆と言ってはいけないのでしょうけど、ドラマでこのエピソードが出て来た時、あたしは高校時代を懐かしく思い出していました。

ますます主人公のおかしさがパワーアップしている気がします

なんだかんだとバタバタしていて、今週の「じゃない方の彼女」をようやく視聴しました。

ネットを見ますと、やはり主人公・濱田岳の行動に理解できない、共感できない方が一定数いるようです。前にも書きましたが、不倫はダメ、妻や娘を裏切ってはいけないと考えているのだとしたら、自分からは一切連絡をしないというのが基本中の基本だと思うのですが、何かというと自分から連絡してしまう主人公。

知らず知らずのうちにハマっていくのが不倫なのでしょうか? とはいえ、ちゃんとした家庭もあり、ましてや相手は大学の教え子、これは完全にアウトですしょう、むしろ気持ち悪いです。

恋愛は自由なもの、理性では抑えきれないものだとけしかける母親、妻も昔の彼が忘れられない、むしろ無理して忘れるために主人公と結婚したとも思えるような前回のストーリー展開、これらは秋元康なりの言い訳なのではないかと思えますが、描き方が浅いので主人公の行動を全く擁護しきれていません。「あの奥さんじゃ、旦那だって浮気するよな」と少しでも視聴者に思わせるようであればまだ理解できますが……

と考えると、秋元康って自分が作ったおにゃんこのメンバーを嫁にしたんですよね。原作者がドラマ以上に気持ちの悪いことを実際にやっていたわけですから、こんなストーリーになってしまうのも致し方ないのでしょう。こんなドラマじゃ山下美月が可哀想になります。ただ見ていても「これは山下美月が悪い」という感想を持つ視聴者は少ないでしょうね。