♫咲いた、咲いた、チューリップの花が……

少し前にこのダイアリーでご紹介した、近所の桜並木、いや、桜のトンネルと呼んだ方がよいでしょうか、そこがほぼ満開となり、既に花びらが散り始め、地面は淡いピンクの絨毯のようになってきました。昼間、営業回りの帰りに写真を撮ってみました。

桜の開花以降、どうもすっきりしない天気が続いて、せっかくの桜を写真に収めようという気が起きなかったのですが、今日は朝の雨も早々と上がり、昼間はようやく花を愛でたくなる陽気となりました。

しかし、一枚目の写真のように電線が邪魔をします。うまいこと電線が写らない画角を見つけましたが、こんどは駐車車両が邪魔をしてくれています。やはり公園のようなところでないときれいな写真は撮れませんね。

それでも桜のトンネルを諦めて、ちょっと外れた場所を見れば、三枚目の写真のように駐車車両もなければ、電線も写り込まない桜の写真を撮ることができました。あまり重々しさは感じられない桜ですが、致し方ありません。

そんな桜で春を満喫していますが、わが家の玄関先にもご覧のような春が訪れています。

はい、チューリップです。まだいくつか蕾があるので、まだまだ咲くでしょうが、どうして赤ばかりなのでしょうか? チューリップの歌では赤以外にも花の色を歌っていましたよね。他の蕾は赤ではなく、黄色や紫などのチューリップが咲くのでしょうか?

他の色が咲いたのを写真に収めることができましたら、またこのダイアリーでご報告いたします。それまで一両日なのか、数日かかるのか、あたしにはよくわかりませんが、この蕾を眺めていると、それほどお待たせせずにすみそうです。

そしてFacebookにも書いたのですが、松に鶴、竹に雀、梅に鶯と来たら、桜にはどんな鳥がペアになるのでしょう? 最近気になって気になって、眠れなくはないですが、とにかく気になっています。

今日の配本(22/04/01)

人類対自然

ダイアン・クック 著/壁谷さくら 訳

不条理な絶望の淵で生き残りをかけてもがく人々の孤独と微かな希望を、無尽の想像力で描く、ダークでシュール、可笑しくて哀しい鮮烈な12篇。本書は多数の新人文学賞を受賞、最新長篇The New Wildernessは2020年ブッカー賞最終候補作になり、将来を嘱望されている。