どうして今ごろ?

BS-TBSで、懐かしいドラマ「女たちの忠臣蔵」が放送されていましたので、時代劇好き、忠臣蔵好きとしては見ないわけにはいきません。

橋田壽賀子原作の、いわゆるTBSホームドラマの伝統を踏まえた、タイトルどおり女性目線の忠臣蔵でした。

ところで、つい最近の朝日新聞「天声人語」に、忠臣蔵のストーリーに違和感を感じていたという文章が載っていました。それは先日のアカデミー賞授賞式でウィル・スミスがコメディアンを平手打ちしたことに関連しての文章です。

ウィル・スミスの行為は、理由はともかく暴力は絶対にダメという見方がアメリカでは支配的だそうで、「天声人語」でも、理由はどうあれ浅野内匠頭が暴力に及んだことを問題視している内容でした。

どちらに原因があり、その原因がどれほど理不尽なものであったにせよ、それを解決する手段としての暴力は許されない、というのがいまや世界の潮流となっているのでしょう。たぶんその背景にはウクライナ情勢が影を落としているのではないかとも思います。

そういう国際情勢などがある中で、どうしてTBSは「女たちの忠臣蔵」を放送したのでしょうか。義挙だ美談だと言われているけれど、残された女性たちの哀しみに心を致せ、というメッセージだったのでしょうか?

明日は出社する?

4月から新年度です。

新人の採用があった企業では、1日の金曜日から新入社員が出社しているのでしょうね。ただ、金曜日から出社ってどうなのでしょう? たいていの企業は土日が休みですから、初日の金曜日に出社したと思ったら土日が休みです。果たして明日の月曜日、元気に出社二日目を迎えられるのでしょうか? 気持ちが萎えてしまって早速休んでしまう人もいるのではないでしょうか?

テレビなどの帯番組のリニューアルは、やはり帯番組だからでしょう、先週の月曜日から変わっているところが多かったようです。また明日からリニューアルする番組も多数あることでしょう。やはり週の始まりは月曜日という意識が強いのだと思います。

なので、あたしとしては入社式も明日、4日にすればよいのに、と思ってしまいます。ただ、新入社員の側からすると、何かと気疲れする仕事始めが月曜から始まって5日間あるのは、あまりにも負担が重いので、水曜日くらいからスタートだと疲れたころに週末を迎えるので丁度よいのに、と思っているのではないでしょうか。あたしだって、長期休暇の後に月曜日から始まるのはつらいですから。