イチゴとスイーツは相性バッチリです

少し前にこのダイアリーで紹介したと思いますが、わが家の玄関先のプランターで栽培しているイチゴが色づいていきました。一つ一つのイチゴは、パチンコ玉より少し大きい程度です。

果たして食べられるものでしょうか? もちろん食べても大丈夫、毒があるようなものではないでしょう。ただ、賞味できるほど美味しいものであるかは自信がありません。まあ、そろそろ収穫して食べてみることになるでしょう。

イチゴと言えば、スイーツで使われるフルーツの王様だと思います。あたし自身はスイーツは大好きですが、作ったりすることにそれほど興味があるわけではありません。

それなのに最近はこんな本を読んでいます。『親王殿下のパティシエール』です。今年小学六年生の姪っ子が将来パティシエになりたいと言っているので、お菓子関係の小説や小説があると買ってあげているのですが、この作品もそんな中で見つけたものです。

ただ清朝の北京が舞台ですので、歴史知識が必要になるのではないか、小学六年生にはちょっと難しいかなと思い、まずはあたしが読んでみようと思った次第、スイーツよりは清朝、中国史に対する興味から読み始めたというのが本当のところです。現在、5巻目まで刊行されていて、近々第6缶が刊行になる予定です。

『親王殿下のパティシエール』シリーズの感想はおくとして、やはりちょっと中国史の知識がないと理解しづらいところがあると思いましたので、姪っ子にはまだ難しいかなあと判断しました。ちなみに、写真で真ん中に置いてある『王のパティシェイ』は、このシリーズの参考文献として挙がっているものです。あたしの勤務先の刊行物ですが、現在品切れなのが残念なところです。

やはりバスラの配信を見るべきだったのでしょうか?

昨日は乃木坂46の10周年記念コンサート第一日目でしたね。今日が二日目ですが、今回(今年)はもう全曲披露は諦めたようです。そのぶん、祝祭的な雰囲気があったライブだったようです。

と、あたしは現地に行ってもいなければ、配信を視聴してもいないので、あくまでネットに上がっている現地ファンのレポ、配信を見た人の感想から推測しているだけなのですが……

そんな昨日の土曜日、午前中に病院へ行って来ました。GW前から痛み出した左腕、そして左腕の痺れが取れないので、診てもらいに整形外科へ行ったわけです。ざっと診てもらってレントゲンを撮り、診断してもらいましたが、とりあえず内臓から来るものではなかったようなので安心しました。で、その原因は予想どおりと言いますか、首の骨が神経を圧迫しているというものでした。

しかし、この症状、十数年前(二十年経っているかも?)にもなったことがあるんですよね。その時は背中の痛みはなく、右腕が痺れるような感じだけでしたし、痺れると言うよりも腕の表面がゾクゾクする感じと言った方が正しいような症状でした。その時に医者から「ストレートネック」と言われ、更になで肩なので、ふつうは肩の骨が邪魔して下の方はレントゲンに写らないのに、あたしの首の骨は全部写っていると医者に言われたくらいです。

十数年経ってまた症状がぶり返したということなのでしょう。今回もレントゲンを撮りましたが、医者曰く下の方の骨と骨と間が潰れているから神経を刺激しているのだそうで、これはもう治らないと言われました。もう諦めるしかないですね。

あたしが子供のころ、沖縄はまだ日本ではなかったのです

沖縄の本土復帰50年です。

当時も現在も、様々な意見があるのは承知していますが、あたしにはそれについて語るだけの材料がありません。基地問題に限らず、沖縄の人が感じてきた差別感など、本土の人間があまりにも無頓着だったということは自覚しております。

ささやかではありますが、まずは興味を持つ、知ろうと思うことが肝心なのではないでしょうか。あたしの勤務先では『沖縄語の入門 たのしいウチナーグチ』『沖縄語をさかのぼる』というヒット商品もありますので、こういう本を更に売り伸ばすことが少しでも相互理解に繋がるのだと思っています。

4月下旬に発行された『人文会ニュース』140号でも、巻頭の「15分で読む」は「沖縄〈復帰〉50年を考える」です。PDF版が公開されていますので、是非ご一読ください。

さて正直なところ、昨今の中国の海洋進出、北朝鮮のミサイル発射という東アジア情勢を考えたときに、本土の人間の大多数は沖縄に米軍基地があることのありがたみを実感しているのではないかと思います。もちろん基地があるから攻撃の標的になるのだ、という意見も理解できますし、そもそも平和友好に軍事力は不要だという考え方もわかります。

でも、結局なんとなくそんな風に思っているだけで、多くの日本人は深くは考えていないのでしょう、あたしもですが。もし沖縄から米軍が撤退して、米軍基地が日本に(沖縄に?)返還された場合、こんどはそこに自衛隊が駐留することになるのでしょうか、あるいは大規模な宅地造成、リゾート開発などが行なわれるのでしょうか?

一部の政治家は日本と日本国民を守るためなどと声高に主張していますが、旧日本軍は沖縄でも満洲でも日本人(民間人)を見捨てて真っ先に逃げ出したんですよね。日本や日本人を守るって、どういうことなのでしょう。