また一つ……

横浜の駅ビル、ルミネに入っている有隣堂が来月上旬に閉店になります。

あたしが担当になって、もう5年くらいになると思いますが、以前はもっと大きなお店だったと聞いています。それが改装で少し小さくなり、とうとう閉店です。

とはいえ、右の写真を見ていただければわかるように、閉店とは言っても一時的なものです。来月初めにいったん閉店し、秋にはルミネの地下二階に改めて出店するそうです。完全な閉店でないことにまずはひと安心です。

ただ有隣堂のウェブサイトを見ますと、現在の218.55坪ある店舗が、移転後は約87.96坪の大きさに縮んでしまうそうです。うーん、これではどれだけの本が置ける、否、置けなくなってしまうのでしょうか?

そんな同店では、現在、あたしの勤務先のフェアが開催中です。「愛書家の楽園」と題した、本に関する本のフェアです。本好きの方であればちょっと気になってしまうタイトルが並んでいますので、是非お立ち寄りくださいませ。

さて、横浜まで足を延ばしたので、たまには何かお土産でも買って帰るかと思いまして立ち寄ったのが高島屋の中にあった豊島屋です。ご存じ、鳩サブレーでお馴染み、鎌倉の有名店です。

実は鎌倉にも営業で時々行くのですが、混んでいるし、その後も営業が続くので、まさか鳩サブレーを持ったまま回るわけにもいかず(邪魔になるから?)、なかなか鎌倉で買う機会はなかったのです。ただし、母に言わせれば、鎌倉に行ったなら鳩サブレーくらい買ってこい、となるわけで、仕方なく横浜で買い求めたという次第です。

もちろん豊島屋は都内にも出店していますので、横浜でなければ買えないということはありませんが、やはり本場に近いところの方がお土産っぽくなるではないですか。

で、買ったのは「八仙花」という菓子です。サイトの説明では「白羊羹の上に、葉をイメージした緑の錦玉を流し、透明な錦玉とこなしで紫陽花を表現しました」とあります。季節のお菓子です。ビニールパッケージを開けていないので、食べるときにまた写真を撮りたいと思います。

もちろん、鳩サブレーも買いました。たまに食べたくなりますよね。

今日の配本(22/06/16)

中級ドイツ語会話ハンドブック[新版]

谷澤優子、ガブリエラ・シュミット 著

第1部は毎日使う定型表現。第2部はドイツ語会話パターンを実例と合わせて解説。第3部は日本紹介の200以上の表現集。全例文音源付き。

シャルル・ドゴール伝(下)

ジュリアン・ジャクソン 著/北代美和子 訳

世界を牽引した指導者、「最後の偉大なフランス人」シャルル・ドゴール。彼は巧みな戦略家であり、ひとつの政策に固執する反面、融通無碍な政治家でもあった。派手さを嫌う性格でありながら、ショーマンシップも発揮した。悲観と楽観のあいだを揺れ動き、自信を喪失したかと思うと、自己をフランスと一体化させ、君主であるかのように振る舞った。人びとの心にほとんど宗教的な崇敬の念を吹きこんだ。国民の統一を希求したが、その手法や政策はフランス社会に分断と対立を生み、ドゴールが憎悪の対象ともなった。従来のドゴール伝が礼賛か批判かに偏りがちだったのに対して、本書は時代ごとの世界情勢や政治的状況、経済的環境のなかにドゴールを位置づけ、著作、書翰、発言、さまざまな同時代人の証言、新公開されたフランス国立文書館収蔵のドゴール文書など膨大な資料を駆使して、その全体像を中立かつ客観的な視点から記述する。さらに本書の大きな魅力は、資料の綿密な分析に基づいて、「人間ドゴール」の複雑な性格を浮びあがらせている点にある。英国の世界的権威による、ドゴールを主役にした「20世紀フランス史」。