みくりでも、平匡でもなく、ゆりちゃんなのよ

TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」の再放送、最終回、堪能いたしました!

いやー、ガッキーが可愛いです。たまりません。

当時の放送も見ていたし、Blu-rayも買ったあたしですが、見ていて思うのは、みくりや平匡よりも石田ゆり子演じるゆりちゃんに感情移入してしまうと言いますか、立場を置き換えてしまうことが多々ありました。

もうじき50の独身女性、あたしはとっくに50を過ぎていますが、やはり独身です。一生独身でいるのかなという漠たる不安というか予想は平匡にもゆりちゃんにも(そしてあたしにも)共通していますが、その切実度は全然違います。

いや、当人たちがどれほど切実に思っていたのかはわかりません。縁があれば結婚したいという気持ちは二人とも持っていたと思いますが、現実問題として、あたしの場合、既に諦めの境地です。

平匡にしろ、ゆりちゃんにしろ二人とも優雅な独身生活を謳歌していました。いや、平匡は最後にリストラされてしまったわけですが、SEとしてのキャリアとスキルで転職も何とかうまくいい気そうですし、ゆりちゃんは部長にまで昇りつめ、生活するぶんには困らない収入が保証されているでしょう。

それに引き換えあたしときたら……

この歳になって恋だの愛だの、そんなものが可能だとは思えませんし、そういう気持ちが持てたとしてどうしたらよいのでしょう? 単に老後の不安を解消するため、孤独死だけはしたくないということなら、これもあたしはとっくに覚悟を決めています。茶飲み友達も別に欲しいとも思いません。

あたしの場合、とりあえず母と二人暮らしなので、現在はそう思っていられるのでしょうが、母が近い将来に他界したら、あたしの気持ちも変わるのでしょうか?

またしても思い出してしまいました!

またしても昨日の朝日新聞の夕刊から。

「赤い肌」とはまた露骨なチーム名でしたね。

しかし、ネイティブアメリカン、あたしが子供のころはインディアンと呼んでいましたが、彼らはあたしたち日本人と同じモンゴロイドではなかったでしたっけ? だとすると、アジア人は「イエロー・モンキー」などと呼ばれる反面、インディアンは「レッド・スキン」と呼ばれていたのですね。ちょっと興味深いです。

それはさておき、この記事をまたしても読んで思い出してしまいました。何を思い出したのかは、既にダイアリーに書いたことがありますので、こちらをお読みください。

まあ、「赤い肌」と「赤い人」ではだいぶ異なりますが……

マンガ? 漫画? コミック?

昨日の朝日新聞夕刊です。ちくま文庫が取り上げられていました。

ちくま文庫というと、ちくま学芸文庫もそうですが、非常に硬派な文庫レーベルというイメージがあります。それは恐らく筑摩書房という出版社のイメージから来るのだと思いますが、そのイメージが裏切られることはありません。

が、今回の紙面に登場したのはマンガです。コミックと呼ぶべきなのでしょうか?

いや、そもそも筑摩書房ってコミック出していましたっけ? という疑問がまず先に浮かびます。しかし、そこは筑摩書房、ちくま文庫です。単なるコミックではなく、クールジャパンのキラーコンテンツとしてのマンガを文化誌の一分野として位置づけた作品になっているわけです。だからこそ、朝日新聞が取り上げているわけですね。

それにしても、マンガが市民権を得たからなのか、他社の文庫でもコミック版的なものを時々見かけます。「マンガ文庫」を名乗っているレーベルもあったはずです。学習マンガなんて、形容矛盾を起こしているのではないかという気さえします(爆)。本当にあたしが子供のころとは隔世の感です。

本来、マンガって、買ったり読んだりするのを親から禁止されるようなものでしたよね。それでもコソコソと読む(別にエッチなものでなくとも)のが子供時代の醍醐味でした。いつの間にか、そんな子どもたちが成長し、大人になってもマンガから卒業できなくて、大人になってもマンガを読み続けるようになったから、大人向けのマンガも流行しているのでしょうね。一方で、そういう大人が大人向けにマンガを出せる社会的立場になった面もありますが。

カバン選びは難しい

外回りをほとんどしなくなって、否、できなくなって三か月。

外回りですと、注文書などそれなりに重くてかさばる荷物が多くなり、それらを収納するために鞄も大きくなりがちでした。

ただ、鞄が大きくて重いのは昔からで、大学時代には漢和辞典と中国語辞典をカバンに入れて通学していたくらいですから、それほど苦痛でも負担でもありません。もちろん重くないわけがないですし、混んだ電車で邪魔になっているという自覚はありますが、勉強道具、仕事道具ですから負い目を感じることもありません。

でも、ここ数年、やはりちょっと肩や腰に負担を感じるようになりました。ずっと肩掛けカバンを使っていましたが、人間誰でも利き腕ならぬ利き肩っていうのがあるもので、あたしの場合は左の肩にしかカバンを掛けられません。右はダメです。なおかつ、あたしは相当な撫で肩なのでカバンが肩から落ちやすく、それも負担の原因になっていたのだと思います。

で、このところリュック型のカバンを使うようになっていたのですが、リュック型ってやはり使いにくいです。収納力もあたし的にはイマイチなものが多くて、なかなかこれというものが見つかりません。現在は外回りもないので、財布など身の回りのものが入ればよいのでanelloのリュックなどを使っていますが、外回りにはとても使えそうにありません。

そろそろ外回りが再開になりそうなので、ここは今一度カバンを選ばないとなりません。体が曲がりそうな気はするものの、今まで使っていた肩掛けビジネスカバンを再び使い続けるのが一つの方法ですが、できれば取り替えたいところです。

これまで、あたしは一般的なビジネスカバンの3WAYタイプは好きではありませんでした。手提げや肩掛けで使っているカバンをよいしょと90度回転させてリュックにするというのがどうしても馴染めなくて、だったら種類は少ないですが、最初からリュック型のビジネスカバンを探しているのですが、これがなかなか見つかりません。コレというものがなく、収納とか大きさとか、どこかしら好みに合わないのです。

で、ネットでいろいろ見ているうちに、やはり3WAYのビジネスカバンが一番よいのではないか、という、これまでの自分のポリシーというかこだわりを180度覆してしまうようなことを現在は考えています。でも、これだと種類も豊富で、値段も手頃なものがたくさんありますから。

そんなことを思いながら、今日もネットでカバンを検索しているのです。

スキのおしらせ

このところ、noteというウェブサービスを使い始めてみました。

世にたくさんあるブログサービス、あるいはSNSとは何が異なるのか、よくわかりません。

WordPressとnoteをうまいこと使い分けている人も大勢いるようですが、あたしにはそこまでのスキルはありません。ひとまず、このWordPressに投稿したものを、そのままnoteにも投稿するようにしています。

可能であれば、WordPressのプラグインで、WordPressに投稿すれば、それが自動的にnoteにも投稿されるようなSocial Shareサービスがあればよいのですが、今のところそのようなプラグインはないみたいです。

WordPressでは画像なども貼っていますが、noteではテキスト投稿、画像投稿と、なにやら投稿の仕方にもいろいろあるようで、そのあたりのスキルが全く無いものですから、noteの方は画像も何もない、テキストのみの無味乾燥な投稿が続いています。

ただ、それでも面白いことに割と頻繁に「スキしました」というメッセージが届きます。この「スキ」というのはFacebookで言うところの「イイネ!」のようなものだと思いますが、あたしの投稿に「スキ」を付けてくださる方がそれなりにいるのです。WordPressから同時投稿しているFacebookやTwitterに「イイネ!」をもらうよりも頻度が高い感じがします。

そして、noteの場合、上にも書きましたが、誰かがあたしの投稿に「スキ」をしてくれると、登録メアドにそれが通知されるのですが、そのメールのタイトルが「スキのおしらせ」です。今でこそ慣れましたが、最初のうちは新手のスパムメールかと思ってしまいました(汗)。

さて、今後、あたしのnoteはどんな風になっていくのでしょうか?

今月のおすすめ本[2020年7月]

毎月恒例「今月のおすすめ本」、コロナウイルスで休業中の書店が多かったのでしばらく中断していましたが、今月から再開です。

6月のベストテンと、いま熱い「BLM(Black Lives Matter)」関連書籍を集めてみました。

最後の日々

今宵のNHK教育テレビ、という言い方では通じなかったですね。年もバレそうです。はお、いまはEテレと言うのでした。

そのEテレで今晩放送される「ドキュランドへようこそ」のエピソードは「マリー・アントワネット 最後の日々」です。となると読みたくなるのは『王妃に別れをつげて』ではないでしょうか? タイトルの「王妃」とはもちろんマリー・アントワネットのことです。

また今宵の番組は内容紹介によると

1793年の秋、恐怖政治の嵐が吹き荒れるフランス。ロベスピエールが実権を握る革命政府は、戦争や貧困にあえぐ大衆の不満をなだめようとマリー・アントワネットを裁判にかける。検察官によって意図的に選ばれた陪審員、でたらめな証言、最小限の弁護、幼い王太子までも巻き込んだおぞましい告発…。死刑ありきの仕組まれた裁判において、被告人アントワネットは、威厳に満ちた王妃としての姿を人々の目に焼き付ける。

という内容のようです。そうなると『ロベスピエール』なんかもちょっと繙きたくなるのではないでしょうか?

背景は大事?

Zoomを使ったオンライン書店商談会に初めて参加いたしました。ただし、本日は在宅ワークの日。というわけで、自宅からの参加となったわけです。

自宅から参加しますと、あたしの部屋からの中継(参加?)となるわけで、あたしのバックは写真のような感じです。ずらりと本が並んでいる書架があたしの背後にある部屋なのです。商談会が始まって、ひとしきりこのバックの本について雑談。話のきっかけとしては申し分ないのでしょうか?

写っている本は、ほぼすべて中国の書籍です。学生時代に東方書店や内山書店などで買ったり、中国へ行ったときに買ったものです。とはいえ写っているのは、その本の一部です。この書架の向こう側に背中合わせで別の書架があって、そこにも本がぎっしり詰まっています。

あたしの部屋にある本は、8割方が中国の本(台湾、香港も含めた中国で刊行された本)です。こういう本をこの業界の人間は「中文書(ちゅうぶんしょ)」と呼びます。洋書の中国版と考えていただければわかりやすいと思います。そして、最近よく読んでいる海外小説など日本の本(つまり和書)は、この部屋にもそれなりに置いていますが、廊下に置いた薄型書架に並べてあります。

さて写真の本ですが、一番左に写っているやや薄汚れたような黄緑色(?)の背は中華書局の点校本二十四史です。『史記』から『清史稿』まで揃っています。その右側は主に歴史系の中文書になります。

わかりにくいですが、一番右、鉛筆立てが見える、その上の方に写っているのは大修館書店の『大漢和辞典』です。鉛筆立ての載ったラックで隠れてしまっていますが、ほんのチラッと見えているのは『皇清経解』『皇清経解続編』です。

これらの本、あたしが事故か何かで急死したら、どうなってしまうのでしょう?

読み方で立ち位置がわかる?

香港が揺れていますね。

実は今回揺れているだけでなく、雨傘運動のころからずっと揺れ続けていて、時々大きな揺れになる、そんな印象を持っていました。香港の地面は常に微弱な振動がもう何年も続いている感じに思えます。

しかし、今回の揺れは揺れどころではないと思います。激震です。国際社会が今後どう反応するか注視していかないとなりません。もちろん声明などの形で抗議をしているようですが、相変わらず中国政府は「内政干渉には断固反対」の一点張り。

それにしても、これほどの強硬姿勢、いったい中国政府は何を恐れているのでしょう? それほど自分たちの統治に自信がないのでしょうか? ある程度の言論の自由や民主化をしたからといって、すぐに共産党が政権から引きずり下ろされることになるとは思いません。そうなるには十数年はかかるのではないでしょうか?

さて、日本を含めた欧米諸国はどう出るのでしょうか? 海外企業もどんどん香港から逃げ出すのでしょうか? 人もいなくなり、企業も金も逃げてしまった香港にいったいどんな魅力が残されるのでしょうか? アヘン戦争以前ののどかな漁村に戻ってしまうことはないでしょうが……

早速施行された国家安全法で逮捕者が出たというニュースを見ていて気づいたのですが、こんなプラカードがありました。

#我愛HongKong

#不愛XiangGang

「私が愛するのは香港(HongKong)であって、香港(XiangGang)ではない」

HongKongは香港の広東語による発音、XiangGangは標準中国語の発音です。学生時代に中国語を習い始めて「香港」は「ホンコン」ではなく「シアンガン」だと知ったときはちょっとした驚きでした。

香港の人々はもともと広東語を話していて、いまも大多数はそうなのでしょうが、このところ標準語が大々的に流れ込んできて学校教育の現場でも広東語は少数派に追いやられているそうです。言葉はアイデンティティーと密接不可分ですから、このプラカードが表わすところは極めて明白です。

うちでも出しています

朝日新聞第一面の「折々のことば」です。今日登場しているのは『パンセ』です。

『パンセ』は多くの翻訳がありますが、最後の訳者の名前を見ると、今回は「中公文庫」版ではないかと思われます。この手の古典作品ですと「岩波文庫」版が使われることが多いのかなと思いましたが、違いましたね。

ちなみに、あたしの勤務先からも『パンセ』は出しておりまして、文庫ではなく単行本なのですが、実はよく売れています。ロングセラーです。年間で売り上げ順位を出してみると、毎年しっかり上位に食い込む人気商品です。

この機会に、改めて手に取って見るのは如何でしょうか?