Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(20/02/17)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

特別展もいずれ値上がる?

今朝の朝日新聞に載っていました。

東京、京都、奈良、九州にある国立博物館の入場料が値上げになるそうです。

多くの人は特別展に行くことばかりで、通常料金で平常展を見に行く人というのは根っからの博物館好きな方ではないでしょうか? だからこそ、この値上げは痛いのではないかと思います。それに、修学旅行の学生たちも、多くは特別展ではなく平常展の見学・参観が主でしょうから、これも値上げは辛いところでしょう。

博物館というと、人気のある展覧会は入場規制になることもありますが、そんな展覧会は実は滅多になく、特別展ですら曜日や時間を選べばゆったり見学できることが多いです。しかし、国内や海外から国宝や重要文化財級の品々を集めてくるとなると、その運送費や保険代だけでも相当な金額になるのは予想がつきます。特別展は押すな押すなの大行列で入場規制になるくらいでないと元は取れないのではないでしょうか?

翻って平常展。実は国立博物館は常に国宝や重要文化財がさりげなく展示されています。あたしも特別展を見に行っても時間があれば平常展も覗くようにしています、せっかく来たのですから。

しかし、こういう時、特別展のチケットで平常展も見られるわけですが、どのくらい博物館の収入になっているのでしょう。特別展って、たいていは新聞社やテレビ局がスポンサーについているので、入場料の過半はそっちへ持って行かれてしまうのでしょうか? だとすると、やはり博物館自体は雀の涙でしょうね。

見えているものだけではなく、修理ができずに展示も行なえない国宝や重要文化財も多いのではないでしょうか? アメリカの顔色をうかがって高い戦闘機やミサイルを買っている暇があったら、もっと文化的なものに予算を回して欲しいところです。それと資産家の人の寄付ももっと募れないものでしょうか? 海外ですと寄付で運営しているところも多いと聞きますが。

中年男性の悲哀?

昨日の朝日新聞の読書欄です。

パク・ミンギュの『短篇集ダブル サイドA』『短篇集ダブル サイドB』が紹介されていました。

この二冊については、あたしも既にこのダイアリーで触れていますので贅言は慎みたいと思いますが、とにかくとても素敵な短篇集です。

SFっぽい作品と、韓国社会の影の部分を描いた作品と、かなりトーンの異なる作品が散りばめられた短篇集なのですが、あたしはやはり評者・都甲さんも取り上げている、韓国社会の中で辛酸を嘗め、悲哀という言葉では言い表わせない辛さを抱えた人々、特に男性たちの生き方を描いた作品に心を打たれました。

なお、パク・ミンギュの作品でしたら文中に挙がっている『亡き王女のためのパヴァーヌ』『ピンポン』(←あたしの勤務先の刊行物)もいいですが、『カステラ』や『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』もお薦めです。

ギガでビッグ!

本日の昼食です。

昨日の朝刊に入っていたマクドナルドのクーポン券で期間限定の商品「ギガビッグマック」を食べてみました。なんだかんだ言って、あたしマクドナルド好きなんですよねえ。

感想は、ビッグマックよりも食べではありますし、そもそも持った時の重量が違いました。確かにズシンとくる重さでした。

ちなみに、今でこそごくありふれた「ドライブスルー」ですが、その一号店は当時住んでいた杉並区の高井戸、環状八号線と五日市街道の交差点角にオープンした環八高井戸店で、ちょうど当時通っていた高井戸小学校の運動会の日と重なり、運動会の後に食べに行ったのをよく覚えています。

いや、運動会の当時だったのかは今となっては心許ないですが、とにかくマックのドライブスルー一号店であることは鮮明に覚えていて、お店のスタッフが「CMに出ているお姉さんもいるからちょっと待っててね、呼んできてあげる」と言われ、あたしたちのテーブルにその「CMのお姉さん」が来てくれたのですが、あたしはマックのCMがまるで記憶になく、「この人、誰?」という感じだったのもよく覚えています。たぶん、初のドライブスルー店ということでガンガンにCMを流していたのでしょうね。

幼少のころの思い出話はこれくらにして、ギガビッグマックです。ビーフが4枚挟まっているのがギガなんだそうですが、あたしが撮った写真ではうまく伝えられませんでしたので、公式サイトの画像を挙げておきます。

それにしても、しばしば食するビッグマックもそうなのですが、これらのバーガー類、どうやったらきれいに食べられるのでしょう? 食べているとキャベツはバラバラとこぼれてしまいますし、肉は徐々にズレていってパンからはみ出してみっともない有り様。

おまけにソースが手にくっつきまくって汚れてしまいます。これではスマホをいじくる若者が敬遠するのも理解できます。あの手この手で顧客を取り込もうと、こういった商品を出してくるのでしょう。

そんな今回のビッグマックの新商品、あたしが食したギガビッグマックの下にはグランドビッグマックがあるようですが、それよりも気になるのは「ビッグマックジュニア」です。

ビッグマックって、カロリーだとかダイエットだとか健康だとか、そんな心配をかなぐり捨てて食べるものだと思うのです。だからビッグマックの上に”グランド”だとか”ギガ”だとかが生まれるのは大歓迎なんですし、世間の人もそれを求めているのだと思います。なんなら”テラ”が出たって受けて立つ心構えは出来ています。

それなのに、ビッグマックジュニアってなによ? これはビッグマックの自己否定になるのではないでしょうか?