本に関する小さな記事

朝日新聞の朝刊にこんな記事が載っていました。

業界全体で久々に販売金額がプラスに転じたようです。出版業界で「プラス」なんて言葉を聞いたり目にしたりするのは本当に久しぶりのことです。なにせずーっと右肩下がりの業界ですので。

とはいえ、電子書籍が伸びたので辛うじてプラスになっただけのようで、紙の書籍は相変わらずマイナスのようです。その電子書籍もコミックがほとんどで、コミックが伸びたのも海賊版サイトが閉鎖されたからだという分析を読むと、うーん、紙の書籍の未来は非常に悩ましく感じます。なにか効果的な対策はないものでしょうか?

そんな中、書店は頑張っているみたいですね。東京の二子玉川で全国の個性派本屋が集まったイベントが行なわれるようです。

その地域で、そこにあった個性でやっているからこそよいのであって、それが東京のおしゃれな街に集まった場合、個性を発揮できるのでしょうか? あたしは若干の疑問というか心配も感じてしまいます。

むしろ出店した書店同士の交流やアイデアの交感から生まれるインスピレーションとか、そういう今後へ繋がる波及効果は期待できるのかな、とも思います。そして二子玉川は個性派書店のガリバーのような蔦屋家電のお膝元でもありますし。

とはいえ、本当に苦しいのは、おじちゃんおばちゃんで細々とやっている、昔らかある町の本屋さんだと思います。個性を出すにもおじちゃんおばちゃんにそんなアイデアを出せというのも難しいでしょう。個性派書店のオーナーからすれば「何の工夫もせずに同じやり方で何十年も来てしまったのがいけない。自業自得だ」と言われてしまうのかも知れませんが……

カイロの持続時間

たぶん、「ホカロン」という商品名が有名なので、どれもそう呼ばれていそうなカイロの数々。小さいのとか大きめの、靴に入れるものとか、貼れるものとか、一番最初に発売されたころに比べると格段に進化したと思います。

その進化の中でも、恐らくメーカーが一番力を入れているのは温度の持続時間と最高温度ではないでしょうか? 特に持続時間に関しては、あたしの記憶が正しければ、最初に売り出された商品はせいぜい4時間程度しか持たなかったような気がします。それが今では8時間程度持つものがざらにあります。と言うよりも、それくらい持つものしか売っていないような気がします。

長く持っていいじゃないか、と言われそうですが、あたしは逆です。持続時間は4時間程度で構わないと思っています。

あたしは決して寒がりではありません。むしろ年を重ねて暑がりになったと思います。ですから、カイロを使うのは朝の出勤時のみで十分なのです。それだって毎日使うわけではありません。あたしはしばしばお腹が痛くなるので、そういう日にお腹にカイロを入れて出社するのです。なんとなくお腹を温めていると腹痛も治まる気がしませんか?

で、会社へ着いて午前中が暖かければ十分なのです。午後からの外回りは、移動の電車の中とか書店の中とか、むしろ暑いところが多いです。それなのに相変わらずお腹にアツアツのホカロンを入れているなんて、熱くて暑くてたまりません。

なので、あたしとしては4時間程度だけ持てばよいホカロンがあればいいなあ、と思うのですが、そういう商品って売っているのでしょうか?

書店の可能性?

一昨日の朝日新聞に載っていた記事です。

福岡のジュンク堂書店でドジョウが飼育されているそうです、それもかなり貴重な。

イベントをきっかけに飼育が始まったようですが、こんなことってあるのですね。

書店が文具を扱ったり、喫茶コーナーを設けたりしているところは珍しくもありませんし、同じジュンク堂書店では「本屋に泊まろう」なんてイベントもやっているくらいなので、書店というものの定義が揺れているというか、広がっているのだと思います。

とはいえ、書店で生き物を飼うなんて、近大マグロのようなノリで考えてよいのでしょうか? 各店でそれぞれ独自に生物を飼い始めたら面白いかもとは思いますが、維持費とか世話にかかる手間などを考えると難しいでしょうね。

でも珍しい植物とか小動物とかであれば、これからも可能性はあるのではないかと思います。ところで、このドジョウ、そのうち食べてしまうのでしょうか?

北より南では?

朝日新聞に多摩モノレールの記事が載っていました。たぶん東京版限定の記事ではないかと思います、だって多摩モノレールですから。

多摩モノレールって上北台と多摩センターを結んでいて、途中の立川で中央線と、高幡不動で京王線と乗り換えができます。そして中央大学など交通の便がちょっと悪かった大学群の中を抜けて多摩センターまでを結んでいます。その多摩モノレールが延伸だそうです。

このニュースを聞いてすぐに思ったのは遂に多摩センターと町田が結ばれるのか、ということでしたが、記事を読むとそうではなく上北台から北へ向かうようです。箱根ヶ崎までですか……

開通当初は大赤字の路線だったようですが、このところは安定した客足を維持している多摩モノレール。とはいえ、多摩センターと町田を結ぶのであれば需要もあると思いますが、上北台と箱根ヶ崎ってどうなのでしょう? 採算とれるのでしょうか?

ただ、逆に考えますと、南進ルートはそれなりに電車やバスがありますが、北進ルートの方が交通が不便な地域だと思うので潜在的な需要はあるのかもしれません。もちろん土地買収や建設費も南と北では火なり違いそうですが……

知りませんでしたが、今日はジャズの日なのだそうです

ネットを見ていて知りました。今日はジャズの日だそうです。ウィキペディアによると

JAZZの”JA”が”January”(1月)の先頭2文字であり、”ZZ”が”22″に似ていることから。

とあります。うーん、もう少し何か記念になるようなことがあった日なのかと思いましたら、ダジャレと言うかこじつけめいていて……

 

 

というわけで、あたしの勤務先で刊行しているジャズ関連の書籍と言えば『ジャズのことばかり考えてきた』『ジャズ・イズ』『宮澤賢治、ジャズに出会う』『かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた 二つの帝国を渡り歩いた黒人興行師フレデリックの生涯』になります。

今日だけは少し目立つところに並べていただけますでしょうか?

雪の降りだしそうな東京で……

パク・ミンギュの『短篇集ダブル サイドB』が深くしみます、特に最後の二編が。

それでも「アーチ」の方はストーリー展開も予想できる、ありがちと言っては申し訳ないけれど、そうこなくっちゃ、というエンディングです。とはいえ、ここまでずいぶんと執拗に韓国社会の闇と言うよりも息苦しさを描いてきたパク・ミンギュがちょっとホッとさせる掌編を贈ってくれたかな、という読後感です。

そしてページをめくって最後の「膝」は壮絶な、生きるための物語。時代設定がぶっ飛んでいるので多少は緩和されているかも知れませんが、この生と死のせめぎ合い、紙一重の綱渡り、恐らく韓国に暮らす大多数の人が感じているものなのではないかと感じます。真っ白な雪の中、主人公の「ウ」の孤独な状況と、常に「ウ」の脳裏を離れない家族のこと。

生きるため、生かすため最後の力を振り絞った後に「ウ」は何を失って何を手に入れたのだろうか? 寒空の日曜日に読んでいると、こちらの心まで冷えてくる作品です。

それにしても今回の短篇集、SF仕立ての話を含みつつも、とてつもなく悲しい作品ばかりです。どうしてこんな悲しみを抱えながら生きていなければ、生き続けなければならないのでしょう? 先のダイアリーにも書きましたけど、読み終わった時に『旅に出る時ほほえみを』の主人公《人間》の人生と重なる読後感です。時代も国も全然異なる作品なのに、同じものを読んだような読後感を味わっているのはあたしだけでしょうか?

なんとなくシンクロしている?

昨年末の紅白歌合戦で、坂道3グループが「シンクロニシティ」を一緒に歌ったからでしょうか? 年明けに読んでいた本の内容がちょっとシンクロしていまして……

新刊の『旅に出る時ほほえみを』ですが、とにかくあたしの期待以上によい作品でした。静かな哀しみ、そして正義の強さ、そんなものが感じられる作品なんです。

この作品の主人公《人間》が作りだした怪獣は地下探査ロボットです。地上の国境は軍事力によって警備されているので敵を攻めるには国境のない地下からというわけで開発されたわけではないのですが、国家の指導者はそういう目的に使おうと虎視眈々狙っています。

人類が何光年も離れた宇宙の彼方へ衛星を飛ばそうという時代においても、いや、そんな時代だからこそ足元の地下への興味、関心が強くなるのでしょうか? 《人間》からはそんな感情が読み取れるような気がします。そして地下への興味と言うことであれば、筑摩書房の新刊『短篇集ダブル サイドA』収録の「深」です。

こちらも地下へと潜っていく物語です。地下へと耐性を仕込まれた人間と読んでよいのか、人造人間的な人々が地下へ地下へと潜っていく話です。こちらも結末は悲しみに満ちていると感じられました。

「深」の方で地下へ赴くのは人なので、感情を持っているのはわかりますが、『旅に出る時ほほえみを』の怪獣はあくまで人間によって作られたロボットです。それが感情を持っていて人間を励まし慰めます。それがまた悲しみを誘うのです。どっちへ転んでも地下への冒険は悲しみを伴うものなのでしょうか?

いや、『旅に出る時ほほえみを』の悲しみは地下への悲しみではなく、現実社会の不合理に対する悲しみです。恐らくは当時のソ連の恐怖政治を揶揄している作品だと思いますが、これがどうしてなのか、現代にも十二分にリアルに迫ってきます。人類ってこれほどまでに進歩してない存在なのかと思わずにはいられません。

北京、プラハ、台北

先のダイアリーでプラハが北京との友好姉妹都市関係を解消し、新たに台北と友好姉妹都市の関係を結んだというニュース、それに対して中国が「一つの中国」の原則に反するものだと猛反発したというニュースを紹介しました。

プラハの市長が海賊党の党員だということに気づいて、あたしの勤務先から以前『海賊党の思想』という本を出していたこともお伝えしましたが、さらに思い出したのは実は『プラハ、二〇世紀の首都』という本も出していたということです。

ところで中国の反発ですが、もし中国が「一つの中国」を主張するのであれば、姉妹都市を北京から台北に移しても別に同じ国内のことなのだから別に構わないのではないか、という理屈は如何でしょう? これが他の国へ移ったのなら不満も出るでしょうが、大陸側の理屈なら台北だって同じ国の中です。国内で友好都市が移転しただけの話です。ですから、北京市長が不満を訴えるのであれば理解できますが、中国政府が文句を言うのはどうなのでしょうね? みずから「一つの中国」を否定していることになりはしないでしょうか?

久しぶりにこの名称を見た気がします

今朝の朝日新聞です。

中国の人権問題に対する海外からの異議申し立てでしょうか? 習近平政権になってからますますひどくなっているとは、多くの証言が異口同音に伝えることですから今さら驚きませんが、いまさら驚きはしませんが、このように海外からの声が大きくなると習近平のイライラも募ることでしょう。

ただ、あたしがこの記事で注目したのはそういうところではなく、「海賊党」という名称です。

ご存じですか、海賊党って。

カリブの海賊やキャプテン・ハーロックではありません。ヨーロッパの政党と言いますか、政治団体と言いますか、そういったものです。

なかなか海賊党について書かれた本はありませんが、あたしの勤務先から一冊出ているのです。『海賊党の思想』です。ご興味を持たれた方、是非!

乃木坂46にスクールウォーズ的なものを感じるのはあたしだけでしょうか?

乃木坂46のまいやんの卒業が発表され、なんとなく「もう乃木坂46も落ち目、オワコン」といった声も聞かれます。確かに、売り上げとか諸々の数値を見るとピークには達したのかな、という気もします。

こういう言い方をすると「女性蔑視」「セクハラ」と訴えられそうですが、40代過ぎてもそれなりに活躍を続けている男性アイドルグループ(主にジャニーズ系?)と比べると、どうしても女性アイドルグループは賞味期間が身近と思います。もちろん、いくつになったって「キャンディーズがいまも好き」「中森明菜が永遠のスターだ」といった男性も少なからず存在するのは知っていますが、商業ベースとしての活躍という意味ではどうでしょう?

もちろん上述の男性アイドルグループだって生き残っているのはごくごく一握りで女性アイドルグループ同様、非常に狭き門ではあります。女性でもMAXなんて、今でもやっているグループもいますが、売れているのかと言えば……

さて、そんな乃木坂46ですが、あたしはこのグループに、往年のテレビドラマ「スクールウォーズ」に似たものを感じるのです。スクールウォーズは、昨年のラグビーW杯における日本代表の活躍で多少は思い出された方もいると思います。知らない若い方はWikipediaでも検索してみてください。

スクールウォーズはラグビーの高校日本一を目指す、いわゆるスポ根ものです。山下真司が主人公の先生&ラグビー部の監督です。その山下真司の下、つっぱり生徒たちがラグビーを通して一つになっていくという実話を基にしたドラマでした。当然、最終回は高校日本一になってハッピーエンド、というのは予想どおりの流れですが、実は生徒側の主人公とも言えそうな松村雄基が学生時代には日本一にはなっていないのです。

松村雄基たちの代は全国大会のよいところまでは行くのですが、結局は日本一にはなれません。日本一の夢は交替に託すのです。このストーリーが、あたしには乃木坂46とかぶるのです。

どういうことかと言いますと、乃木坂46のピーク(今後さらにブレイクするかも知れないので現時点でのピーク)は東京ドームの公演(2017年11月)を行ない、レコード大賞に連覇(2017年と2018年)をした時だと思います。しかし、その前に乃木坂46らしさの重要な部分を担っていた深川麻衣の卒業(2016年6月)、橋本奈々未の卒業(2017年2月)がありました。ななみんをことさら美化するつもりはないのですが、橋本が卒業した後に東京ドーム公演、レコード大賞という栄光をつかんだのは、個人的には非常にスクールウォーズとシンクロしていると感じられるのです。

たぶん、これはスクールウォーズはリアルタイムで見ていた世代だからこその感想、感覚なのだとは思います。でも古参ファンの多くが、ドームやレコード大賞の舞台にまいまいやななみんがいないことを残念に思っていたと思いますので、あながち的外れな感慨ではないと思っています。