本日はこれ推し!

今日は台湾の総統選挙です。選挙結果はほぼ予想がついているようですが……

 

ですので、この二冊、『蔡英文 新時代の台湾へ』と『蔡英文自伝 台湾初の女性総統が歩んだ道』を今日だけは面陳にしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

ところで、同じ漢字を使うから「総統」と言っていますが、この「総統」というのは「President」の訳語のはず。だとしたら「総統」ではなく「大統領」と訳すのが正しい翻訳だと思いますが、如何でしょう?

それに「総統」だとヒトラーを思い出しませんか? ローマ法王が「教皇」に変わったようにメディア各社の再考を期待しています。

本日映画公開です

人気ドラマ「ダウントン・アビー」が映画化され、本日からロードショーが始まりました。

このドラマにしろ映画にしろ、特に原作本があるわけではないようです。しかし、このドラマがNHKで放映されるたびに売上を伸ばしている書籍があります。それが『おだまり、ローズ』『わたしはこうして執事になった』『執事とメイドの裏表』の3点です。

映画公開を機に、英国メイドフェアなど企画されている書店がありましたら、この3点をぜひお忘れなきよう、よろしくお願い申し上げます。

第3刷です

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



こんどはネコ&ネコ

本日のいでたちです。

仕事始めの日に、ねずみ年にもかかわらず「イヌ&イヌ」にいでたちで、なおかつ別にあたしの干支は戌年でもないので、世間様の顰蹙を軽~く買ったというのに、こんどはそのネズミを喰らうネコとは……

とはいえ、このネクタイは既に何年も愛用のもの、ブラウスだけがおニューです。如何ですか? あたしとしてはちょっと珍しい色合いかもしれません。レンガ色というのでしょうかね。

このブラウスの柄、よーく見るといろいろな品種のネコが描かれています。先日のイヌのブラウスが「フレンチブルドッグ」オンリーだったのに比べるとバラエティー豊かです。イヌのブラウスにもこういうの売っていないものでしょうか。

いや、こうなればイヌやネコに拘らず、もっと他の動物のも欲しくなります。それこそ干支に合わせて十二支のブラウスなんてないものでしょうか? ドラゴン(辰)はありそうですね、確かあたしも持っていたはずです。ネズミはミッキーマウスになってしまうのでしょうか?

他の動物も鋭意探してみたいと思います。

今月のおすすめ本[2020年1月]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



生誕100年と没後70年

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今年は子年なのに……

新年最初の出社です。

あたしの勤務先は世間のほとんどの社と同じく本日からで、特に時短はありません。今日も5時までの勤務です。

午前中は取次への挨拶回りでほぼ終わり、昼前にようやく落ち着きました。今年の出版界は少しは景気が上向いてくれるのでしょうか?

そんな年明けの仕事始めのいでたちはこちらです。

わかりにくいでしょうか? 犬のネクタイと犬のブラウスです。ネクタイは既に何回もご紹介したものですが、ブラウスはおニューです。ようやく犬のブラウスを見つけました。

しかし、子年の仕事始めに犬で固めるとは、あたしもなかなかの強者です。多くの人から指摘を受けました、なんで犬なんですかって?

犬とは言ってもフレンチブルドッグです。個人的には好きな犬種ではありませんが、これしかなかったので致し方ありません、世間では人気の犬種のようですから。

では何が好きなのかと問われると、あたしは大型犬が好きです。シェパードとかコリー、セントバーナード、秋田犬などなど、少なくとも室内で飼いたいとは思いません。

そんな犬種のブラウスがあれば、ぜひ手に入れたいと思うのが今年の目標ですかね?

今日の配本(20/01/07)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



増刷決定です!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



いつのまにか、第4刷

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。