さよならも言わずに

いや~、変な夢を見ました。

コロナは終息したのか、あたしは書店回りをしていました。久々に訪問する書店です。

ところが、ずっとよくしてもらっていた馴染みの書店員さんがいないのです。店長がいたので聞いてみると辞めたとのこと。驚いていると、今回の自粛時期、お店を開けられなかったので売り上げが立たず、正社員以外の人員はいったん解雇という非常手段を執ったとのこと。

では、コロナも落ち着いて営業も再開した訳なので再雇用はあるのですかと聞くと、売り上げが軌道に乗るまでは難しいという話。それに軌道に乗ったころに声をかけても、復帰してくれるかどうかわからない、とも。

確かに、解雇されて無職のままでいる訳にはいきませんから、再就職先を探したでしょうし、そこを二三ヶ月で辞めてまた書店に戻ってくるかと問われれば、それは極めて悲観的にならざるを得ません。

そんな書店が、いくつもありました。それこそ、行く書店、行く書店どこも同じような状況です。コロナ以前に訪問してたわいのない話をしたのが最後になってしまいました。お互いにきちんと別れの挨拶を交わすこともできませんでした。

という実に奇妙であると共にリアルな夢でもありました。確かに書店って、実は正社員は本当に数えるほど、一人か二人しかいないお店がほとんどだと思います。そこでアルバイトとパートを辞めさせてしまったら日常業務は回るのでしょうか?

そんなちょっと後味の悪い夢を見たからなのか、今日は気づくと頭の中でこの曲が流れていました。沢田聖子のファーストアルバムに収録されていた曲です。ちゃんと挨拶できなかった夢の中の状況がこの曲のタイトルそのままだったので……

決して懐古厨ではないのですが……

どちらもM-ON!で放送自宅で過ごす時間が長くなっているからでしょう。オンラインゲームが盛況のようです。そして同じようにCMでよく見かけるのがスカパー!やWOWOWなどの有料CS放送です。

映画などを見たくても映画館がやっていない、映画館まで出かけるのはマズいのでは、見たい映画がない、といった声に応じるのがこうしたCS放送だと思います。恐らくそんな流れの一つなのだと思いますが、乃木坂46のライブが放送されます。

つい先日、東京ドームでやった2年前のライブを三日間にわたって放送したところかなり話題になったようです。これはネット配信で、CS放送ではありませんでしたが、そんな状況をCS放送局が指を咥えて見ていることはない、ということなのでしょうか?

まずは「1ST YEAR BIRTHDAY LIVE」です。2013年2月22日に幕張メッセで行なわれた、乃木坂46のデビュー一周年コンサートです。これ以降毎年、バースデーコンサートを行なっている乃木坂46。

デビューからその時までの全曲を披露する、いわゆる「バスラ」の第一回目です。みんな若いし、初々しいです。垢抜けきっていない感じがなんとも言えません。

そしてもう一つ、「2ND YEAR BIRTHDAY LIVE」です。こちらは2014年2月22日に横浜アリーナで行なわれたコンサートです。会場が少し大きくなっていますね。この第二回は、乃木坂ファンの間では半ば伝説となっている、西野七瀬の「真夏、おかえり、一緒に頑張ろう」というセリフがあったライブです。

以上二つのコンサート、どちらも既にスカパー!のM-ON!で放送されたことがありますが、久々に再放送です。前者(1st)が6月7日、後者(2nd)が6月14日にどちらもM-ON!で放送されるそうです。

もちろん、DVDは持っていますが、やはり録画してしまうだろうなあと思います。

猿に会った?

dTVで配信された、乃木坂46のドラマ「猿に会う」を視聴。

その前に配信された「サムのこと」が、ちょっと謎解き風のドラマだったのに対し、こちらは女子大生3人が日光へ一泊旅行へ行く、ほのぼの道中。この緩さがいいですね。

このドラマの「猿」は言うまでもなく日光東照宮にある三猿のことです。主人公三人それぞれの個性が目、口、耳で表現されているところからも見ざる、言わざる、聞かざるの三猿を意識しているのははっきりしています。

そして放送後、乃木坂ヲタの間では、三猿のキーホルダーが新たなヲタグッズとして評判になっているようです。外出自粛でなければ、ファンが大挙して東照宮を訪れ、メンバーと同じ場所で写真を撮り、同じようなことをする光景が見られたことでしょう。

さて、そのキーホルダー、ネットで「日光 三猿 キーホルダー」で検索すれば画像がたくさんヒットすると思います。あたしは持っていませんが、実は写真のような三猿を持っています。

最近はご当地キティも減ってますね。ご当地それぞれにゆるキャラがいるからなのでしょうか?

真夏に恋して卒業していく

乃木坂46のキャプテン、秋元真夏のセカンド写真集をゲットしました。

カバー違いで3種類、今回は購入しました。カバー以外は全く同じものを3冊も買わせるのですから、うまい商売です。買ってしまうこちらがいけないのでしょうが……

セブンネットだけ発送が遅れていたのですがようやく届き、これでセブンネット版と楽天ブックス版と通常版になります。どれが好みと言われても、全部同じ秋元真夏ですからね(汗)。

ちなみに、カバーの裏表紙はこんな感じになっています。それぞれの表紙に合わせたテイスト? あるいはあえて表紙とは雰囲気を変えているのでしょうか。

個人的には、やはり水着とか下着姿のきわどい写真はあまり好みではありません。やはり乃木坂46ですから、もっと清楚な、可愛らしい洋服を着た写真集が希望なのですが、どのメンバーもこれでもかというくらいきわどいカットばかりになってしまってます。

そうしないと売れないのでしょうか? でも、乃木坂46ですから、脱がない清楚系の写真集でも、ここまで売れないかも知れませんが、そこそこは売れると思うのですけど、如何でしょう?

非常事態宣言騒ぎのなか、幻冬舎から鈴木絢音の写真集が出るという情報が漏れてきました。彼女なんか、まさしく水着や下着よりも洋服を着た清楚な写真集が似合うメンバーだと思うのですが……

紛らわしい?

先月から、ひかりTVで「日向坂46です。ちょっといいですか?」という番組が始まりました。いまや新番組も地上波ではなくネットの時代なんですね。見られる人、見られない人が出て来てしまいますが……

そんな同番組のウェブページが右の画像です。バックナンバーの部分を切り出したのですが、ここに大きな間違いがあるのに気づかれましたでしょうか?

第四回目の放送でインタビュアーになる日向坂46のメンバーは「潮記者・佐々木(美)記者・高本記者・河田記者・丹生記者」とあります。そしてそこに載っている写真は左から順番にこの記述の通りと思いきや、左から二番目の写真は佐々木久美です。

本来ここには「佐々木(美)」ですから、メンバーの佐々木美玲の写真が載っていないといけないはずなのですが、同じ「佐々木」なので宣材写真を選ぶ時にスタッフが間違えてしまったのでは亡いでしょうか?

もちろん文字の方が間違っていて「佐々木(美)」ではなく「佐々木(久)」が正しい可能性もありますが、放送をご覧になればおわかりのように出演していたのは間違いなく佐々木美玲の方でした。そもそも佐々木久美は第二回で既に登場していますから、いくらキャプテンとはいえ、メンバーが全員登場しないうちに何度も出演するとは考えられません。

あたしが見て時点では間違ったままでしたが、このウェブページのスタッフ、いつになったら気づいて訂正するのでしょうか?

ひょんさん

本日はもう一つ朝日新聞から。

最終面のテレビ欄ではなく、中ほどにあるラテ欄に元乃木坂46・松井玲奈のインタビューが載っていました。テレビの話の間に本の話題が出てくるところが松井玲奈らしいです。

ところで、あたしは何の疑いもなく「元乃木坂46」と書きましたが、松井玲奈と言ったらまずは元SKE48の人気ナンバーワン、大エースであり、AKB48のシングルでも選抜常連メンバーでした。それでも坂道ヲタ、乃木ヲタとしては「元乃木坂46」と呼んでOBの一人として扱いたいのです。

当初は交換留学生としての松井玲奈に反対の声が広く上がりましたが、彼女が当時の乃木坂46に与えた影響たるや相当なものがありました。一部のアンチを除けば多くのファンは松井玲奈に感謝しているはずです。

SKE卒業後もコンスタントに、自分のペースで仕事を続けている印象がありますね。

「け」はどっこー?

本日から、東京では文化放送で『日向坂46の「ひ」』が始まります。午後6時半からの30分です。

その前の6時からお姉さんグループ乃木坂46が長いこと冠番組をやっているので、文化放送の日曜夕方6時台は坂道姉妹の番組で埋まることになりました。

が、よく見てください。坂道グループと言えば、吉本坂はおくとして、乃木坂46、欅坂46、日向坂46の3グループです。しかし、この番組表を見ていると見事に欅坂46が無視されています。

なんででしょう? と思ったのですが、欅坂46は既に「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」という番組を持っているわけです。ですから、これまでラジオの冠番組がなかった末っ子の日向坂46にもようやく番組が始まったと考えるべきなのでしょう。

ハイポジ

この週末、深夜に放送されていたドラマ「ハイポジ」が最終回を迎えました。設定自体は荒唐無稽と言えなくもないですが、設定年齢があたしと近いこともあって、なかなか楽しめました。

それにしても最終回、どう解釈したらよいのでしょうか? いくつか疑問が湧きました。

光彦(の意識?)は最後は現代へ戻りましたが、過去の光彦はその後どうなったのでしょうか? それともこれはあくまで現在の光彦の夢、妄想の話だったのでしょうか?

もし本当に過去にタイムスリップしていたのだとしたら、光彦は現在へ戻ったあとの(過去の)光彦は意識が乗っ取られていたのを覚えて(自覚して)いるのでしょうか? そもそも未来の嫁である幸子とは別れ(まだ付き合い始めてもいない?)、さつきとよい感じになりましたが、その後どうなってしまったのでしょう?

もし過去を変えてしまったら現在も変わってしまうわけで、そうはならなかった現在でしたので、やはりタイムスリップは実際に行ったのではなく、あくまで光彦の妄想だったと理解した方が腑に落ちます。

ただそうなると、幸子と離婚した光彦が「たんぽぽ」でさつきと再会したとおぼしきラストシーンが謎です。「また声をかけてね」とさつきに言われ、その約束を30年越しで果たした光彦ですが、この約束が果たされたとなると、やはりタイムスリップは実際に起こったということになるのでしょうか?

そして、最後のシーン。光彦が再会したのは間違いなくさつきだと思いますが、さつきはその時独身だったのでしょうか? あるいは結婚したけど離婚して再会した時は独りだったのか? ここがはっきりしないと二人の関係は不倫になってしまい、再会の感動が薄れてしまいます。

それにしても、小沢さつきはデビュー当時の斉藤由貴を彷彿とさせる感じでした、あたし的には。確かにセーラー服にポニーテールはかつての女子高生のテッパンでした。

雪月花

今宵、雲の切れ間から月でも出れば、言葉どおりの雪月花。

そんな僥倖はなかなか訪れないものですが、かの六世・中村歌右衛門が亡くなった時、既に桜が咲いていたのに雪になり、なおかつ晩には月が出て見事な雪月花となったのを記憶しています。

さすが、大成駒屋!

ようやく落手

セブンネットショッピングで購入した「乃木坂46新聞」がようやく届きました。

予約購入だったのに、発送も到着もお店(コンビニ)で買うよりもかなり遅れてしまいました。どこもそうだったのでしょうか?

確かに、近所のセブンイレブンの店頭で売っているのを見かけていましたが、ネットで注文しているからと店頭では我慢をして手を伸ばさなかったのですが、別に何かネット購入特典があるわけでもないですし、なんでこんなに遅れたのでしょうね?