雑誌が売れないご時世に

雑誌が売れないと言われます。

出版不況の最たるジャンルは雑誌なのだそうです。

別に雑誌以外だって、一部のベストセラーを除けば、全般的に売れていないのですが、それでも書籍はそこそこ保っていて、落ち込みが激しいのは雑誌なんだそうです。

で、その一方で、雑誌の表紙に某々を使うと売り上げが上がる、という都市伝説なのか業界伝説なのか、あるいはきちんとした裏付けのある説なのか、真実は知りませんが、あたしも聞いたことがあります。よく言われるのは「NMB48の山本彩を表紙に使うと売れる」という説。

あたしもさや姉、好きなので、買いたくなる気持ちはわかります。

  

だって『さや神』『SY』『みんなの山本彩』の三冊、買いましたから。ただ、彼女の体を売りにしたような、アイドルとしてはかなり過激に見える水着写真は、実はあまり好きではありません。服はちゃんと着ていてほしいものです。

だからなのかどうなのか、あたしは正真正銘の乃木坂派です。清純路線で売っている、清楚なお嬢様、女子校のような雰囲気、といったグループのイメージが好ましく感じています。乃木坂46は去年から一気にブレイクした感がありますが、世間的にはどうなのでしょう?

どうせAKBグループの一つでしょ? という認識、言われ方。乃木坂ファンは怒るのですが、客観的に見れば、仕方ないところでしょうし、それが世間の目だと思っています。ただ、乃木坂46というグループもあるのだということが浸透してくれればまずは御の字です。

その乃木坂46、先にブレイクと書きましたが、確かに去年からファッション誌やエンタメ誌での登場が増えています。グラビアや特集記事など、毎号のように乃木坂46を取り上げている雑誌もあるくらいです。もともとビジュアルのレベルが高いグループとして売れてきたので、女性の支持も高く、ファッションアイコンとしても浸透してきたからなのでしょう。

と、うだうだ書いてきましたが、つまりこのように乃木坂46を特集する雑誌がいくつも出ているので、全部ではないですが、あたしも相当数買ってしまっています。

 

  

季刊乃木坂 早春』『季刊乃木坂 初夏』『季刊乃木坂 涼秋』『季刊乃木坂 彩冬』も買いましたし、各メンバーの個人写真集(現在まで、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、生田絵梨花、生駒里奈)が5冊出ていますが、それも買いました。もちろん『乃木坂46物語』だって持っています。

で、これだけではなく、週刊誌や月刊誌で、このところ毎週、毎月のように乃木坂46がフィーチャーされているので、やはり買わずにはいられなくなります。もう何冊たまったでしょう。あたしは保存用と観賞用と二冊買うほどではないのでまだマシですが、そういうファンも多いと聞きます。

この出版不況に、やはり人気のアイドルを表紙に使うのは購買意欲を高める力があるのだなと、いまさらながら、芋を持って感じた次第です(汗)。

ゆうべ(昨夜)のものがたり

昨晩は、特に視たいテレビもないので、8時すぎに床に就きました。寝ようと言うよりは、本を一時間ほど読むか、というつもりでした。

が、読み始めてしばらくすると睡魔が襲ってきて、もうダメ、耐えられない、という感じで、読書をやめて寝てしまいました。それが8時半前のことです。

一気に深い眠りに落ちたのか、あるいは眠りが浅かったのか、それはわかりませんが、比較的すっきりとした気分で目が覚めたので枕元の目覚ましを見ました。

きっと11時くらいだろうな、それとももう翌日になっているかな、くらいの気持ちだったのですが、目覚まし時計の液晶が示している時刻は「09:58」です。

なんと、まだ10時前。

あたしって、いったいどんな生活をしているんだか……

ホントに、体のどこか悪いのではないか、そんな気もします。

もちろん、その後また眠りに入っていきましたけど。

チラシ? 小冊子?-東京マッハと青土社-

書店で配布されていたチラシと言うのか、小冊子と言うのか、まあ、とにかく無料のペーパーをご紹介。

まずは「東京マッハ」の冊子。

すみません。あたし、句会とか詩歌とか、そういったものにそれほど興味があるわけではないので、こういう会のこと、まるで知りませんでした。参加されている方々のお名前くらいは、だいたい知っていますが、それすら「辛うじて名前くらいは……」というレベル。

で、紀伊國屋書店新宿南店でイベントが開かれるようで、そのための小冊子に「句会的な20冊」というリストがありました。そこで句会メンバーの一人、千野帽子さんが『紙の民』を取り上げてくださいました。

確かに、この本は見て楽しめる本でもあります。たぶん、あたしの勤務先が出した翻訳より、原書の方がもっと見て楽しめるものになっているのではなかったかと、担当編集者に聞いた覚えがあります。まあ、とにかく、本書は友達へのプレゼントにも喜ばれた一冊です。

続きましては青土社の「現代思想」フェア。こちらは紀伊國屋書店の新宿本店の方でやっていました。

現代思想」の1月号が「ポスト現代思想」特集で、それに合わせてのフェアです。

同誌を見ていないので当て推量ですが、たぶん同誌でも紹介されているであろう現代思想のキーとなる書籍が、「ポスト現代思想」「ポスト構造主義」「人類学」「自然哲学」「生命論」「偶然性の哲学」「MM(新しい唯物論)」「OOO(オブジェクト指向存在論)」「SR(思弁的実在論)」というカテゴリー分けをされて列挙されています。うーん、あたしには難しいですが興味はあります。

この冊子の裏面に、大まかな人物の関係が図示されています。ある程度の知識がないと理解すらできないかも知れませんが、こういうのは面白いですし、理解の助けになりますね!

ゴージャス?

朝日新聞に小さく載っていました、三菱一号館美術館で始まる「オートクチュール」展の記事。いよいよ3月4日からです。ちょっと見に行きたい衝動に駆られています。

オートクチュールと言えば、そのものズバリ、『オートクチュール』という本があります、文庫クセジュです。

  

この文庫クセジュには他にもファッションと言いますか、美に関するものがあります。例えば『香水』『ファッションの社会学』などです。

また今回の展覧会とは少しズレますが、背景や歴史を知るという意味では『ローズ・ベルタン』もオススメです。

読者対象は?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



中央線、立川駅に

2.26なんて、縁起がよいのか悪いのか、いや、いまどきの人は「二・二六事件」なんて知らないか? そもそもテレビもラジオも新聞も、ほとんど触れることがないですからね。

そんな昨日、2月26日、立川の高島屋の中に、売り場面積1000坪という、ジュンク堂書店がオープンしました。お隣、これは言葉のあやではなく、本当にお隣のビルにはオリオン書房ノルテ店があり、こちらも700坪ですから、かなり大きな書店なのですが、これで立川には巨大書店が二つという形になったわけです。

利用者からすれば、「そんな北口に二つじゃなくて、一つは南口に作ればよいのに……」という恨み節も聞こえてきそうですが、ちょうどよい場所、スペースがなければ出店したくてもできませんから、これは致し方ないところ。上述のオリオン書房も影響を被るでしょうけど、むしろ「本を探すなら立川へ」という流れができて、立川周辺の本屋の方が影響を受けるのではないでしょうか? 具体的には八王子のくまざわ書店や有隣堂、国分寺の紀伊國屋書店、国立の増田書店でしょうか? 姉妹店になりますが、武蔵村山のイオンモールに入っているオリオン書房、多摩センターの丸善なども影響を受けそうな気がします。オリオンとジュンク堂の勝負はおくとして、立川が一人勝ち、そんな気もします。

やや離れますが、同じく中央線の吉祥寺にあるジュンク堂書店も影響がないとは言えないかもしれませんが、さすがに吉祥寺ですと立川とは商圏が分かれそうなので、影響があるのかないのか、即断しかねます。

続きを読む

高崎違い!

昨日は、一日、群馬県へ行って来ました。

おいおい、群馬ってまさか?

と、元プロ野球選手の件で、なにかと名前の出る地ではありますが、それとは全く関係ありません。仕事です。確か、今回の事件は群馬と言っても太田が舞台だと聞きました。あたしが訪ねたのは高崎と前橋ですので、同じ群馬とは言っても場所が異なります。

さて、高崎と言えばサル、と思ったあたしは浅はかでした。サルで有名な高崎山は高崎市にあるわけではないのです。大分県ですよね。もちろん、負け惜しみではなく、ずっと前から知っていましたよ、ホントに。でも、ここはあえてダジャレで、こんなネクタイで出かけてきました。

四猿のネクタイです。いやー、たぶん高崎の人、誰も気づいてくれなかっただろうなあ、と思います(爆)。でもって、群馬と言えばサルではなく蛇ですよね? 蛇センターがありますから!

えっ、蛇センターを知らない? まあ、蛇って嫌いな人も多いですから、そんな方には蛇センターなんて行くのも聞くのもイヤなことでしょう。でも群馬県にはありますから、蛇センター。これが太田市にあるわけなので、話はまたシャブに戻ってしまう感じです(汗)。

もちろん昨日は蛇センターにも行ってません。高崎や前橋から太田へはそれなりに遠いですから、とても回りきれるモノではありません。というわけで、お仕事の話も少しだけ……

続きを読む

今日の配本(16/02/26)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



ビジネスはアフリカがトレンド?

まもなく『中国第二の大陸 アフリカ』が発売になります。

本書は、世界第二の経済大国になった中国がその資金力にものを言わせてアフリカを席巻し、新たな帝国主義、植民地化と呼ばれるようになっていることを非難する本ではありません。もちろん、そういった側面がないわけではありませんが、著者の視点は植民地どころか、故郷・中国を捨て、アフリカで成功しようと、着の身着のまま渡ってきて、アフリカに棲みついている中国人を追ったルポ、ノンフィクションです。

大きなプロジェクトの時だけ中国からやってきて、工事が終わればさっさと帰国してしまう中国人とは異なり、彼らは故郷を飛び出てきたわけですから、アフリカで生活していくしかないわけで、現地の人との軋轢もあれば、中国人どうしのトラブルもあるようです。上に述べたような、アフリカの中国人と聞いて日本人がイメージするのとはまた異なる姿は新鮮ではないでしょうか?

続きを読む

俺はまだ本気出してないだけ、的な?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。