ペアではなくトリオで!

近々『わたしはこうして執事になった』という本が刊行されます。下の写真の真ん中です。

同書の著者ロジーナ・ハリソンと言えば、大ヒット作『おだまり、ローズ』ではないでしょうか? 前著が自身と仕えた女主人との軽妙洒脱なやりとりを中心にしたものだったのに対して、今回の著作は彼女が見聞きした執事たちの世界です。

  

両書の翻訳や監修をしていただいた新井潤美さんの『執事とメイドの裏表』もこの機会にぜひ一緒に並べていただければと思います。

神田神保町を中国革命で歩いて思うこと

昨日の日曜日、午後から神保町で譚璐美さんのトークイベントでした。

ちょうど三省堂書店神保町本店の一階で開催中の「年末年始は神保町で人文書フェア」関連イベントとして行なわれたものです。譚璐美さんの著書『帝都東京を中国革命で歩く』の舞台の一つが神田神保町界隈ということもあり、中国近代史に興味のある方が集まってくださいました。

 

譚璐美さんにとっては、自家薬籠中の話柄。すらすらと立て板に水のごとく、あっという間の一時間でした。

 

では、手元のメモを元に、少しトークイベントの内容についてご案内いたします。

まず現在は中国人の訪日、滞日ブームであるとのこと。それは80年代の改革開放政策により、海外で学んだ優秀な人材を育成しようという流れがあり、そういった人材が現在は50代となり、日本の大学で教授などの地位に就いている。

それに対してほぼ百年前の日本留学ブーム。その理由の一つは、日本の明治維新の成功、その結果、アジア初の近代国会の誕生という事実。中国(清)もそうなりたいという中国人の自覚を生んだのは、アヘン戦争、義和団事件、そして日清戦争の敗戦。

特に軍事を学びたいという中国に対し、最初のは12歳くらいの少年を欧米に派遣していたが、数年後には中国の文化などを忘れ欧米流になってしまっていた。また欧米諸国は士官学校への入学を認めてくれなかった。

そこで改めて日本への留学が試みられ、日本側にも嘉納治五郎など教育に熱心な人士がいて、清国人のための学校が開設された。1905年が日本留学ブームのピークとなるが、その当時の日本は、鉄道の開通により東京や大阪などで都市化が進み、物流も発達してきた。都市からは情報の発信、つまり新聞の発行が始まったが、それにはそれを受け入れる読者の存在があった。印刷技術の発達により出版文化が栄え、知識人が量産され、海外留学から帰国した学生が教壇に立つようになってもいた。

当時の日本にやってきた中国人は、丸ごと日本に染まろう、染まりたいと思うものが多く、日本人女性との恋愛や日本名を付けるなどの行為も見られた。

翻って当時の清国は、科挙が廃止され、立身出生の手段を求める読書人にとって海外留学がそれに代わるもの(洋科挙)となり、特に日本の地理的な近さ、渡航費用の安さ、数ヶ月という短期留学も可能な便利さが追い風となって日本留学ブームとなった。

そして神田神保町界隈。明治や専修といった大学が立地していること。清国人向けの日本語学校があったこと、清国留学生会館があったことなどから中国人留学生が集まるようになり、人がさらに人を呼び、留学生のメッカとなっていった模様。

というわけで、上の写真はイベント後のサイン会でいただいたサインです。3冊、書いていただきました。

ところで譚さんのお話に日華学会という組織が出てきました。『帝都東京を…』にも書かれていますが、震災で命を落とした留学生の供養を行なった団体だそうです。嘉納治五郎といい、日華学会の人たちといい、日中戦争にいずれ向かおうとする日中両国の間にあって、純粋に友好を願った民間交流だったと思います。

昨今も日中間がギスギスしているわけで、多くの人が民間交流を重ねていけば、ということを訴えています。それはもちろんその通りだと思いますが、戦前のこういった事例を見ると、民間交流も大きな歴史の流れの中では無力なのではないか、そんな気もしてしまいます。

それでも諦めない、という気持ちが大事なのでしょうけど。

動物セラピーとはちょっと違うようです

オはオオタカのオ』が、本日の日本経済新聞で紹介されました。

父を亡くした著者、その心の空白を埋めてくれたのが飼っていたオオタカだったというノンフィクション。一見すると動物セラピーのような感じにも思えますが、ちょっと違うようです。治療という側面は弱く、自分の生き方を見つめ直す、という感じでしょうか?

 

似たようなものとしては、好評だったノンフィクション『哲学者とオオカミ』が思い出されます。

こちらは別に心の空白を埋めたわけではなく、飼っていたオオカミの生き様からいろいろ考えさせられたというところです。

両書とも、配本された当初は本屋さんの「動物」のコーナーに置かれていたかもしれません。それはそれで間違っていないのですが、この手の本は「ノンフィクション」とか「生き方」といった棚に並べてもらった方がよいのではないか、とも思います。これを機会に是非よろしくお願いします。

ロマンスなクルマ?

これは東京の大手私鉄、小田急の駅に置いてあるフリーペーパー「ODAKYU VOICE」です。小田急電鉄のことや沿線のイベントや見どころなどを紹介する小冊子で、暇つぶしにももってこいです。

で、上の表紙にもあるように、今号のテーマ、特集は2018年にデビュー予定の新型ロマンスカーの紹介。いまが2016年ですから、ずいぶんと気の早い話です。が、こういったものの設計は数年がかりでしょうから、ようやくデビューのタイムテーブルが整ったというところなのでしょう。

とはいえ、まだ実際のデザインはわかりません。載っているイラストでは、どんな感じになるのかほとんどわかりません。いろいろ書いてありますが、もう少し具体的な情報というか、写真が欲しいところです。まあ、デビューが近くなれば試験運行するでしょうから、営業回りの時に偶然目睹できるかも知れませんね。

って、そのころまで小田急沿線を担当しているかわかりませんが……(汗)

 

ところで、ロマンスカーと言えば元AKBの大島優子主演の映画「ロマンス」が思い出されます。といっても、映画は見ていませんが(爆)。

それにしても、ロマンスカーなんて、よくもまあ命名したものですよね。空想的なクルマ? 恋愛的なクルマ? どんな意味がこめられているのでしょう? たぶんググってみればネットのどこかには書いてあるのでしょう(笑)。

 

でも「ロマンス」と言えば岩崎宏美を思い出してしまうのは、あたしの年齢のせいでしょうね。いやいや、乃木坂46の「あらロマ」でしょう!

ところで話は戻って小田急の小冊子。歴代ロマンスカー紹介のページもありました。鉄ヲタ的には、このページはなかなか興味深いのではないでしょうか? このページだけのために、この小冊子が欲しい、という人もいるのでは?

本当のママであることを証明する

WOWOWで放送された「グッドナイト・マミー」を視聴。

森の中の豪華な別荘に暮らす双子の兄弟。学校はまだ始まっていないのでしょうか、毎日二人で遊んでいます。そこへ顔中包帯グルグル巻きの母親が帰ってきます。どうやら母親は何かの事故に遭って入院していたのでしょう。ようやく退院して息子たちの元へ帰ってきたというところのようです。

で、その母親の行動が怪しい。顔を包帯で覆っているので息子たちも本当に母親なのか確信が持てません。それを助長するかのような母親の言動。うーん、事故に遭ったとはいえ、この行動はちょっとヘンだなあと思います。そして、母親の息子たちに対する冷たい仕打ち、このあたりは「やはり入れ替わってる?」と思わせるような展開です。息子たちもアルバムから母と一緒に写っている、なんとなく似た感じの女性を発見し問い詰めたりもします。

やはり母親は双子で母親は事故で死んでしまい、もう一人がなりすましてやってきた? 目的は? これだけ大きな別荘を持っているのだから相当な金持ちの姉(妹?)に成り代わって生きようという魂胆? そんな風に見ている観客に思わせるのが前半でしょうか?

そして中盤以降は形勢逆転。息子たちが母親を縛り上げて監禁。母親だと証明してみせろと脅します。哀れな母親は口を瞬間接着剤で塞がれ、さらにそれを息子がはさみで開けてやるときに唇を切られて大出血。失禁までしてしまいます。一瞬の隙をついて脱走を試みるも息子たちが仕掛けたトラップに引っかかりまたしても気を失います。

気がつくと床に縛られています。そして息子たちはなおも母親と証明しろと脅し続け、カーテンに火を付けます。その火が家具を燃やし、身動きの取れない母親は生きたまま焼かれてしまいます。そしてラスト。火の手の上がる別荘に消防が駆けつけてきているところでエンディングです。

つまり、何? という疑問が残るかと思いますし、途中でほぼネタバレしている映画でもあります。つまり、双子の息子のうち一人は死者なのです。ルーカスとエリアスという双子ですが、たぶん母親が顔に大けがを負った事故の時でしょうね、ルーカスはその事故で死んでしまったようです。しかしエリアスはそれが信じられず、また自分のそばにはいつもルーカスがいるわけですから。

いつまでもルーカスが生きていると信じ込み、あたかもそこにいるかのように振る舞うエリアスを不憫に思った母親が、田舎にやってきて環境を変え、少しでもエリアスの心の傷を癒やせれば、と思ったのでしょうが、それが裏目に出てしまいました。しかし、大好きなお母さんに、こんなことまでしてしまうとは。最後は殺しちゃうわけですからね。

ホラーとしての怖さは、ないですね。母親の気持ちを思うと、結局、悲劇を乗り越えられない息子を助けられなかったわけですから、切ないです。

住む世界が違う!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



一番怖いのは人間ですよね

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



名将たちの光と影

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



久々のお休み!

東京は朝から雨です。

でも、今日は出かける用事もないので、自宅でのんびりします。そうだ、年末調整の書類を書かなければ!

考えてみますと、このところずーっと休みなしでした。もちろん仕事ではないものもありましたが、ほぼほぼ仕事がらみ。今月は5日(土)が休みだった後、6日(日)は東大駒場で閻連科さんの講演会。7日(月)から11日(金)までは関西ツアー。帰京した直後の12日、13日は新宿の紀伊國屋書店、渋谷のジュンク堂書店でそれぞれイベント。そして今週、14日(月)からの五日間が終わって今日を迎えたという次第。

それくらい別にどうってことないよ、という人も多いでしょう。それは承知しています。でも休みが取れないことを誇るのは、やはり労働者として間違っている、最低でも週休二日制は労働者の権利ですから、自分の方が休みなく働いていることを自慢しているのはおかしいことだと思います。

確かにこの時季は秋の学会シーズンで、毎週末にどこかしらで学会が行なわれていて、そこへ営業に行かなければならない方も大勢いらっしゃいます。もうこの時期だけは仕方ないと諦め、一段落したらまとめて代休を取るつもりなのでしょう。しかし、一段落しようにも、この時季が終わると目の前に年末。なんとなく気ぜわしくなって、休みも思うように取れなくなるものです。

まとめてではなく、ちょこっとずつ休みを取りたいところですが、意外と会議とか訪問の約束とかいろいろあっていつの間にか休みも取れなくなっている週もあります。「いったいこの休みはいつの分の代休なのか?」ということはしばしばです。

まあ、それはともかく、今日はのんびりします。明日はまた神保町で譚璐美さんのトークイベントがありますので。

既刊も一緒にお願いします。

まもなく配本予定の新刊『カラー版 神のかたち図鑑』は『神の文化史事典』と対になる書籍です。

 

『文化史事典』が言葉によって様々な神について解説したのに対し、『かたち図鑑』は図像によって神々に親しんでもらおうという本になっています。

ご覧のようにフルカラー版です。これが最大の売りでもあります。

二つ揃えて、よろしくお願いいたします。