そんなときこそポケトーク?

梅田に来ています。夕方、ちょっと雨に降られました。

仕事の話はおくとして、梅田にあるヨドバシカメラの前で、たぶん外国からの観光客でしょうね、スマホを見せて道を聞いている人たちを見かけました。相手をしているのはヨドバシカメラの若い女性スタッフです。片言の英語を使っているのか、日本語で押し通そうとしているのか、通りすがりだったのでわかりませんが、少なくともスムーズに意思疎通ができているようには見えませんでした。

そのスタッフに聞いている外国の方はアジア系とおぼしき人たち。たぶん韓国語が中国語を話しているのだと思います。ヨドバシのスタッフはどちらもできなさそうです。もちろん外国の方たちが英語を話せるのか否か、なんとも言えません。どうも怪しいです。

で、あたしは思ったのです。

すぐに店内に取って返し、売り場からポケトークのデモ機を持ってきて使ったらよいのではないかと。

店内には、明石家さんまのポスターが所狭しと貼ってあるはずですから、ポケトークだって売っているはずです。どうしてそれを使わないのでしょう? こういう時に使うものなのではないでしょうか?

今日の配本(19/01/28)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。