待望の復刊(重版)です

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



一緒に売れないでしょうかね?

ちくま文庫の『ハーメルンの笛吹き男 伝説とその世界』が売れているそうですね。

もうずいぶん前に刊行された本ですが、この事件のあった日にTwitterでそのことをつぶやいたら、それがあれよあれよという間にバズって、注文殺到となったようです。

筑摩書房が巧く仕掛けたのでしょうが、仕掛けたからといってバズるとは限らないのがネットの怖さでもあり面白さでもあります。

もちろん作品自体が名著であり、これまでもずーっと売れていたわけですから、バズる要素はあったはずです。それをうまく活かした出版社の戦略の妙ということなのでしょう。

ところで、ハーメルンの笛吹男の物語はよく知られた話ですので、関連書籍も多いでしょう。

ちなみに、あたしは小学校の時に学芸会の劇で、この物語をやった記憶があります。何の役だったのかは忘れましたし、もしかしたらあたしは出演していなかったかも知れませんが、とにかくやったということは覚えています。

で、類書もたくさんあるわけですが、そんな一冊があたしの勤務先から出ている『ハーメルンの笛吹きを追え!』です。これは小説です。

「ハーメルンの笛吹き」の話はとても有名。でもあの子供たちはいったいどこへ連れ去られたのか? 秘密の力を持つ少女が笛吹き男を追って子供たちを救出する素敵な冒険ファンタジー。

という内容です。ちくま文庫と一緒に並べたら売れますでしょうか?

今日の配本(19/10/04)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。