つながらない権利

こちらも読売新聞の記事です。

時間外のメールや電話を禁止する企業が増えている、ということのようです。

確かに、ケータイやスマホが普及して、二十四時間いつでもどこでも繋がるようになってしまったんで、どこまでが仕事でどこからがプライベートなのか線を引きにくくなっているのかもしれません。

あたしの勤務先で言うならば、編集部であれば海外にいる著訳者とのやりとりなどをこなしていたら、四六時中オンタイムになってしまいます。やりすぎたら疲弊してしまいますね。由々しき問題です。

ただ、あたしの勤務先の場合、そもそもケータイやスマホが会社から支給されていないので、時間外、会社以外でのやりとりがあるとすれば、それらはすべて私物を使ったものとなります。それが果たしてよいことなのか否か、そこから考えないとなりませんね。

やはり紙ですね?

読売新聞の記事です。

あたしは電子での読書しません。もっぱら読書は紙です。日本人の平均的な読書量からすると少しは多いかもしれませんが、非常に多いと言えるほどではないと思います。

ですので、記事にあるような「進取の意欲や多面的な思考力」が高めと言われても、「ーん、あたしは新種の意欲なんてないし、もちろん多面的な思考力なんて皆無だけど……」と思っているのですが。

首鼠両端?

来年2月に乃木坂46の7周年コンサートのBlu-ray並びDVDが発売になります。

各販売サイトでは、そのサイトやチェーン独自のおまけ、限定特典が付くので、どこで購入するかを決める重要な鍵になります。

あたしが日常的に利用するヨドバシカメラの通販サイトでは一枚目の画像のようなあっさりとした画面です。こちらの限定特典はクリアファイルですが、絵柄はまだ公開されていません。楽しみです。

そして、今回、ファンの間で話題になっているのがセブンネットの限定特典です。

コンサートは4日間行なわれ、日にちごとにBlu-rayもDVDも発売されますが、それぞれに生写真が付くと発表されました。セブンネットのサイトでは既に絵柄が公開されていますが、それを見てファンの間がにわかに騒がしくなっているヨナのです。

その4種類の写真が以下の図版です。確かによい写真です。4日分セットになったBlu-ray、DVDですとこれが全部付いてくるようなのです。これは欲しくなります。

 

 

しかし今回、あたしはセブンネットではなくヨドバシで購入することにしました。

なぜって? それは単純に価格です。ヨドバシカメラですと税込28,890円、セブンネットは30,900円です。僅かですがヨドバシの方が安いです。もちろん送料は無料です。

この差を限定特典の差だと考えて、むしろセブンネットの方が安いと判断するファンも多いでしょう。その一方、写真とか限定特典には興味がなく値段だけで決めるファンもいるでしょう。人それぞれです。

あたしの場合、写真は欲しいのですが、ヨドバシの価格、特に還元ポイントの数字がセブンネットとヨドバシではちょっと違いすぎます。ここが決め手となりました。とはいえ、それでもセブンネットの写真に未練タラタラなのですが……