古代史ロマン

今朝の朝日新聞に載っていました。

このニュース、本当なのでしょうか?

そもそも碑文自体がニセモノということはないですよね。ニセモノだったら、あえて吉備真備を筆者にする必要もなさそうですし。

それにしても、日本史の授業で知った名前がこうして現代に甦ってくるのは何とも言えないロマンを感じます。

あたしたちは「吉備真備」って覚えているので、「吉備」が姓で「真備」が名だと思っている人が大半だと思いますが、中国では「備」と名乗っていたのでしょうか? 中国人は一字名が多いので「真備」では違和感を感じて「備」と表記したのでしょうか?

そんなことを考えるだけでもワクワクしてきます。ところで、ふと思ったのですが「墓誌」と「墓碑銘」って違うものでしたっけ?

まあまあの混雑具合

昨日は午後から早退。この暮れの忙しいときに……(汗)

このダイアリーにもたびたび登場する妹夫婦のところの子どもたちがやってくるので、東京駅まで迎えに行きました。そして、その足で上野へ。

目的はこちら、現在、科学博物館で開催中のミイラ展を見に行きました。

姪っ子たちは、ミイラなんかに興味あるのか? と疑問に思われる方も多いと思いますが、そもそもは姪っ子から「東京なら即身仏って見られる?」と聞かれたのがきっかけです。授業で習ったのかテレビで見たのか知りませんが、少し前にそんなことを聞かれました。

で、東京で常設展示をしているところはないかと調べていたら、年末年始にミイラ展があると知ったので、チケットを購入し姪っ子たちを連れて至ったという次第。

意外と混んでいました。大人も子供もいましたし、友達同士、恋人同士などあらゆる世代の人がいたという印象です。中国語を話している人もいましたので国際色豊かでもありました。

展示の近くで、ミイラの作り方とか、内部をCTスキャンしたときの様子とかのビデオ上映をしていました。あたし一人であればそういったものにはあまり関心を持たず、ひたすら展示品を眺めるのですが、姪っ子たちにはそういう映像が非常に興味深かったようです。そして、そういう映像を見ると展示物に対する理解が深まるようでした。

うーん、あたし的には新しい発見でした。

そして、一通り見学が終わって外へ出て、科学博物館と言えば目印でもあるシロナガスクジラの前で写真をパチリ! 寒い一日でしたが、姪っ子たち、少しは楽しめたのでしょうか?

今日の配本(19/12/26)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。