世間の常識とわが家の常識

連載が修了したという人気コミック『鬼滅の刃』ですが、あたしはこの「鬼滅の刃」という言葉を知りませんでした。いや、正確に言えば、いま現在は知っていますし、それが人気コミックのタイトルだということもわかっているのですが、この言葉を知ったのはせいぜい半年くらい前のことです。

書店に営業に行ったとき、コミックの『鬼滅の刃』が発売日だったかで結構賑わっていて忙しそうな感じだったのでどうしてなのか問うたあたしに書店の人が「鬼滅の刃を知らないの?」という顔で教えてくれたのです。いやー、ちょっと興味の対象外だと、同じ出版という世界にいながらまるで知らないことだらけです。恥ずかしいところです。

ちなみに、その『鬼滅の刃』ですが、いまのあたしはその言葉を知っただけで、そこから少しの進歩も知識の増加も遂げていません。たぶんというか絶対にイラストを見せられてもわかりません。もちろんどんなストーリーなのかも知りません。キャラクターの名前一つ知らないです。

そう言えば、やはり人気の『ワンピース』も読んだことはなく、かなり最近になるまでそのキャラクターを知りませんでした。いまも「ルフィ」という登場人物がいる、どうやら主人公らしいという程度の知識しか持っていません。

いずれにせよ、渋谷あたりで高校生に聞けば「そんなの常識でしょ?」と鼻で笑われそうなことですが、それがあたしの常識なのです。

そして、これはつい数日前のことです。朝の情報番組でクイズを出していました。テレビのリモコンの4色のボタンを押して答えるタイプのもので、朝の暇つぶしに母がよく挑戦しています。

その日は在宅ワークであたしが自宅にいて一緒に見ていたのですが、問題は次のようなものでした、ヨーロッパで大流行したペストは、何と呼ばれていたでしょう。答えはもちろん「黒死病」です。

問題は三択で、「黒死病」の他の選択肢は「亡国病」と「悪魔病」でした。母は自信満々なのか適当なのかわかりませんが「悪魔病」を選んでいました。あたしは驚いてしまいました。ペストが黒死病というのは常識ではなかったのか?

いや、これこそ先程とは逆に渋谷で遊んでいる高校生に聞いたら正答率はどのくらいになったでしょうね。しかし、わが家の常識がある分野に関しては世間の常識とあまりにも差がある、懸隔があるということに気づかされたエピソードでした。

逝ってしまったのでしょうか

時短勤務から帰宅し自宅のPCの電源スイッチを入れましたが起動しません。

このところこういう現象はしょっちゅうなので、特に慌てもせずにいつものように再起動を試みましたがやはりダメでした。こういう時は、USBで繋がっている機器を外すとうまくいくことがこれまで多かったので、キーボード以外はすべて外して再び試みましたがやはりだめでした。

今日の障害はいつもと異なり、Windows自体が起動しません。これまでですとWindowsの起動の途中でエラーが出る感じでしたが、本日はそれよりももっと前の段階という感じです。何かのファイルがないので起動できません、というメッセージが出るのですが、そんなファイルを自分でいじった覚えもなく、何かの時に壊れてしまったのかも知れませんが、その何かの時が何なのかがわかりません。

ひとまず、いまはもう一台のサブPCを使っていますが、基本的な作業はすべてメインPCでやるようになっていて、ソフトもこちらにはほとんどインストールしていません。なにせ、このサブPCはキーボードPCなのでHDDの容量が少なく、そもそもそんなにソフトのインストールができないのです。

さて、どうしましょう? リカバリーCDのようなものは作っていないので、サブPCでマイクロソフトのサイトから回復用ツールをダウンロードしDVDにコピーして、そこから起動させようとしたのですが、結果は同じでした。BIOSでDVDから起動するように設定変更したのですが、DVDから起動できていないのか、DVDをうまく読み込めていないようです。

さあ、どうしたらよいでしょう? わが家の財務状況では新しいPCを買うような余裕はないですし……

明日は在宅勤務の日ですが、これでは仕事になりません!

決して懐古厨ではないのですが……

どちらもM-ON!で放送自宅で過ごす時間が長くなっているからでしょう。オンラインゲームが盛況のようです。そして同じようにCMでよく見かけるのがスカパー!やWOWOWなどの有料CS放送です。

映画などを見たくても映画館がやっていない、映画館まで出かけるのはマズいのでは、見たい映画がない、といった声に応じるのがこうしたCS放送だと思います。恐らくそんな流れの一つなのだと思いますが、乃木坂46のライブが放送されます。

つい先日、東京ドームでやった2年前のライブを三日間にわたって放送したところかなり話題になったようです。これはネット配信で、CS放送ではありませんでしたが、そんな状況をCS放送局が指を咥えて見ていることはない、ということなのでしょうか?

まずは「1ST YEAR BIRTHDAY LIVE」です。2013年2月22日に幕張メッセで行なわれた、乃木坂46のデビュー一周年コンサートです。これ以降毎年、バースデーコンサートを行なっている乃木坂46。

デビューからその時までの全曲を披露する、いわゆる「バスラ」の第一回目です。みんな若いし、初々しいです。垢抜けきっていない感じがなんとも言えません。

そしてもう一つ、「2ND YEAR BIRTHDAY LIVE」です。こちらは2014年2月22日に横浜アリーナで行なわれたコンサートです。会場が少し大きくなっていますね。この第二回は、乃木坂ファンの間では半ば伝説となっている、西野七瀬の「真夏、おかえり、一緒に頑張ろう」というセリフがあったライブです。

以上二つのコンサート、どちらも既にスカパー!のM-ON!で放送されたことがありますが、久々に再放送です。前者(1st)が6月7日、後者(2nd)が6月14日にどちらもM-ON!で放送されるそうです。

もちろん、DVDは持っていますが、やはり録画してしまうだろうなあと思います。

ストレージがいっぱい

もう長いこと使っているタブレット、Androidですが、それが最近おかしいです。

別に動作がおかしいとか、突然暴走するとか、そういったおかしいのではなく、しばしば「ストレージがいっぱいです」というメッセージが出るようになったのです。

これまでずーっと使っていて、そんなメッセージはほとんど出たこともなく、最近になって急に頻発するようになりました。

とりあえずは不要なアプリの削除ですが、そもそもその前に最近特に新しいアプリをインストールした覚えはないんですよね。もちろんインストールされているアプリのアップデートは日常的に行ないますが、まるっきり新しいものを入れた覚えがないので、突然ストレージがいっぱいになった原因がわかりません。

もちろん音楽や映像などをダウンロードしたら一気に容量を圧迫するのはわかっていますが、それも特に覚えはありません。カメラで写真を撮ることもあまりないので、画像ファイルが容量を食っているとも思えません。

一番の問題は、そういったデータ的なものは外部SDカードに入れたいのですが、個々のアプリのデータは内部ストレージにたまっていくばかりで、それだけ外部SDカードに保存するという機能があるのかないのか……

もう2年以上使っているので、そろそろ機種変更の時期ということなのでしょうか?

買い物は三日分?

午前中に母とスーパーへ買い物。

買い物は三日に一回くらいというので、三日分のメニューを考えながらの買い物でした。

今日、明日くらいなら精肉や鮮魚もよいですが、さすがに三日目となると冷凍食品か加工食品のようなものを混ぜないとマズいかな、という感じでメニューを考えながらの買い物でした。

あらかじめ考えてから買い物に行けよと言われそうですが、確かに多少は考えてから行きます。でもお肉とかお魚って、美味しそうなものが売っているとは限らないじゃないですか。それにその日の特売とか、お店のおすすめ品とかも目に留まりますし。

しかし、このところ気づいたのは、かつてに比べると冷凍食品が格段に美味しくなっているということです。変に一から作るより、これで十分ではないかと思えるものがたくさんありました。

それに、油やフライパン要らず、レンジでチン、あるいは熱湯に数分間袋のまま入れるだけ、というのが多くて台所を汚さずに済みます。これはとても嬉しいことです。

こういう冷凍物を織り交ぜつつメニューを組み立てれば、まあ、なんとかなるものですね。

規則正しい生活

自粛生活が長引くと規則正しい生活が大切だそうです。特に小学生などは学校がなく、どうしてもたるんだ生活になりがちなので規則正しい生活をさせることが大事なようです。

でも、これって社会人だって同じこと。自宅勤務、在宅ワークは別に休暇ではないので、自宅でしっかり仕事をしないとなりません。

というわけで、あたしの最近の一日をグラフにしてみました。

朝は3時には起きています。目覚ましなど使わなくても2時半過ぎには目が覚めます。そして食事を済ませ、新聞などを読んだり朝の情報番組を見ながら支度をし、4時半過ぎに家を出ます。

その時間だと駅までのバスがないので、約30分ほどの徒歩、そして中央線に乗ります。勤務先に着くのは6時少し前になります。12時までが勤務時間ですが、9時や10時ごろになるとお腹がちょっと空いてきますが我慢、我慢。

12時すぐに上がれるわけではありませんが、だいたい12時半前には会社を出て帰路に着きます。昼間なのでバスがありますので、1時半くらいには自宅へ帰り着きます。

もう勤務は上がったから仕事はしなくてもよいのですが、それでもやはり5時近くまでは自宅でもメールのチェック、必要があれば返信などをしたりしながらまったりと過ごします。本を読んだり、買い物へ行ったり、といったところです。

そして6時には夕食になるので、その前に風呂をいただきます。この季節ですと明るいうちにお風呂には入れるのは嬉しいことです。6時からの夕食も30分程度で終わりますので、その後はニュースを見たり、最後のメールチェックなどをして、7時半くらいには布団に入ります。

すぐに寝るわけではなく、寝床では本を読んでいます。じきに眠くなってしまうこともあれば、一時間近く読んでいることもありますが、いずれにせよ、そのまま就寝という流れです。

隣に座るな!

帰路の中央線、今日はちょっと寄り道をしたので、いつもより小一時間ほど遅くなりましたが、それでも昼下がり、ひところよりは人が多くなっている気がします。

東京は緊急事態宣言が解除されたわけではないのに、全国的に解除されたところが多く、東京なども月末を待たずに解除されそうというニュースが流れているせいなのか、ちょっと自粛が緩みつつあるような気がします。

そして、そこそこ混んでいるからなのか、座席の一つ空けができていない場所もチラホラ。一つおきに座っている、その空いている席に平気で座れるなんて、大したものです、相当図太い神経の持ち主なのでしょうか?

こんな調子で解除されたら、どんなに専門家会議がまだまだ引き締めてと言ったところで、一気に第二波に襲われてしまいそうです。

とはいえ、あたしだって週に二日とはいえ出勤しているわけで、混雑の原因の一人であるわけなので、偉そうなことはいえません。それでも一つおきに座っている間の席に座ろうとは思いませんけど。

速さは大事

在宅ワークは休暇ではなく自宅で仕事をするわけですから、メールチェックが一番肝心な作業かも知れません。あたしは編集部ではないので、デザイナーから大きな画像データが添付されたメールを受け取るということはほとんどなく、添付ファイルのほとんどはエクセルになります。

それでも時々サイズが少し大きなファイルが添付されていることもあり、この在宅ワーク期間中に自宅と勤務先とでは同じメールの受信にかかる時間がずいぶん異なることに改めて気がつきました。

そこで自宅と勤務先、それぞれの回線スピードテストを試みました。まずは昔からあるBNRです。

自宅は下りが49.9Mbps、上りが203.21Mbps、一方の勤務先は下りが16.29Mbps、上りが157.9Mbpsでした。どちらも自宅の方が速いという結果のようです。

次に、FASTというサイトでのテスト結果です。

自宅は下りが170Mbps、上りが240Mbpsで、勤務先は下りが17Mbps、上りが200Mbpsという結果。やはり自宅に比べて勤務先は遅いようです。

この差は意外と大きく、エクセル程度であれば問題ありませんが、やはり少し大きなファイルが添付されているときにはかなり違ってきます。

もちろん、単純にスピードだけでなく、PC自体の処理速度とか、周辺機器の干渉とか、いろいろな条件が加味されて速度は決まってくると思いますが、勤務先のネット環境、もう少し改善されてもよいのではないかと思った次第です。

「三密」一歩手前?

本日は自宅勤務の日でしたが、新刊の見本出しの準備のために出社しました。

見本出しのデータや書類などは出来ているので、あとは現物を送る手配だけすればよい状態でした。なので、本日出社の人にお願いしようと思ったのですが、時短勤務と在宅勤務で出社している人もいつも以上に忙しく、とても他人の業務まで手が回らないようです。

仕方なく、自分で行ってやることにしたのです。教訓として、「自分の仕事は他人に任せてはいけない」ということを学びました。

閑話休題。幸いにも、新刊は昨日のうちに納品されていたので、荷造りをして、あとは宅配業者に託すだけの状態まで準備をしておきました。

というわけで、いつもどおり6時に出社して、上記の業務ほか、机の上の処理しておかなければならないことを片付け、6時半過ぎに退社、8時前には帰宅しました。

さて、その帰路の中央線です。お茶の水駅に着くとちょっと前に行ったばかりだったようです。そして中央線の快速電車、事故でもあったのか、はたまた通常どおりだったのかは知りませんが、タイミング悪く、間隔が7分から8分ほど空いてしまいました。その間に総武線が2本入るというダイヤ、御茶の水で中央線に乗る人がそれなりの人数ホームにいました。

到着した中央線、混雑していたわけではありませんが、座席は満席。一つおきに座るなんて誰もしていません。立っている人もそれなりにいたので、座席を一つおきにしてしまうと、こんどは立っている人が多くなりすぎるような状況でした。これでは「三密」回避もできません。あたしも出社したので人のこと言えませんが、どうしてこんなに多くの人が乗っているのでしょう?