Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

明日を前に

明日は六四天安門事件です。

今年はコロナウイルスを理由に香港でも集会が禁止されるとのことですが、果たしてどうなりますことやら。中国大陸では若い人を中心にこの字件を知らない世代が増えていますし、歴史というのは変えられるのだということ中国自身が身をもって証明してくれています。

というわけで、あたしの勤務先の刊行物からこんな本をご紹介します。

『六四と一九八九 習近平帝国とどう向き合うのか』『銃弾とアヘン 「六四天安門」生と死の記憶』『新全体主義の思想史 コロンビア大学現代中国講義』の三冊です。

書店店頭でも、六四を前にコーナーを作っているところもあるでしょう。手頃なものから重厚なものまで、専門家の著作からジャーナリストのルポまで多種多様です。そんな中の一冊ならぬ三冊として加えていただけると嬉しいです。

今年に関しては、単に天安門事件を扱ったものだけではなく、現在の香港情勢やコロナウイルス対策に見られる中国政府の態度など、どうしてもそう言った要素も含まざるを得ないかも知れませんね。

密ですね

東京アラート。

またしても小池百合子の大好きな横文字フレーズ。なんなんでしょう、この人?

それはともかく、今週に入って東京は格段に人が増えてきた印象を受けました。

月曜は在宅だったので、あたしの6月初出勤は昨日でした。最寄り駅までのバスも平常ダイヤに戻ったので駅までバスで行くという選択肢もありましたが、そうすると中央線は6時過ぎの電車になります。混雑具合が気になります。

ひとまず昨日はこれまでどおり徒歩で駅まで30分のお散歩。これだと5時過ぎの電車になります。両者には1時間ちょっとの時間差がありますが、これまではさすがに5時過ぎの電車は空いていました。車両によっては数人しか乗っていないところもあり、GW明けくらいはほぼ一人空きで座ることができました。

ところが昨日の同じ電車、数駅も乗ると席が埋まってきました。一人空きで座れないのを嫌って立っている人もいましたが、じきに座席はすべて埋まってしまいました。これは「密」ではないでしょうか。

もちろん、中央線の朝のラッシュからすれば「空いている」「ガラガラ」と言っていいくらいの乗車人数ではあります。しかし、多くの飲食店などで座席の間隔を空けるといった措置を施しているご時世に、電車の座席の「密」はなんとかならないものでしょうか?

5時過ぎの中央線がそんな具合ですから、コロナ以前の6時過ぎの中央線だとまず座ることは諦めないとならないでしょう。立っているのも別に構いませんが、気になるのは車内の混雑具合です。もちろんみんなマスクをして、話をしている人なんかほとんどいないので飛沫感染の可能性は少ないと思いますが……

出社後、9時前後に出社してきた同僚に聞くと、コロナ以前とまではいかないけれど、やはりかなりの混雑だったそうです。印象としては「元へ戻った」という感じになっていたそうです。

ニュースなどを見ていますと、結局、日本人ってなんだかんだ言っても在宅ワークとか新しい生活とかすぐには変われないんですよね。ほとんどの人が月金で9時から5時で働いているのでしょう。もっと時差出勤できないものでしょうか。

9時から5時と書いて、シーナ・イーストンの往年のヒット曲を思い出しました。

これからの書店?

昨日の朝日新聞夕刊です。

神奈川県を中心にチェーンの展開する書店、有隣堂の記事が載っていました。

この手の、本を中心としないお店がこれからの書店のスタンダードになっていくのでしょうか?

しかし、物販とか飲食とか、そういった方面で利益を上げられるのであれば、あえて書店である必要ってどこにあるのでしょう? だから記事にもあるように「少しあるだけ、むしろ飾りに近い」というのでは、ちょっと寂しい気もしますね。

でも本屋がこれから先も生き残るためには、本屋で収益を上げられない以上、他の方法を模索するのは企業としては当然のことで、こういうスタイルで成功すれば本屋も続けられると考えた方がよいのかも知れません。

しかし、本来であれば、本屋という本業で収益を上げられる方法を業界全体で考えないといけないんでしょうね?

既に使い道は決まっているのです

遂に来ました!

10万円です。

いやいや、まだ書類が届いただけであって、お金が振り込まれたわけではありません。まだ浮かれるには早すぎます(汗)。

しかし、嬉しいです。鶴首で待っていました。

あたしの住む小平市は、先週から郵送での案内が始まったようですが、結局先週のうちには届かず、5月中の支給(振り込み)はダメだったかと落胆していた矢先、昼ごろに自宅のポストに届いていました。

もう、すぐに必要事項を記入して、必要な書類のコピーを取って貼り付け、投函しました。いつになったら振り込まれるのでしょうか? 楽しみです。ちなみに、わが家の場合、世帯主である母の銀行口座に一括して、つまり20万円が振り込まれます。

とはいえ、パソコンを買ってしまったので、もう10万円の使い道というか行き先は決まっているのですが……

長いものには巻かれろ?

今朝の朝日新聞です。

全人代以来の香港情勢は予断を許さないと思いますが、この記事はどうなのでしょう?

確かに、香港の芸能人の主たる市場は中国大陸かも知れませんけど、なんか裏切られた気がするのはあたしだけでしょうか? 名前の挙がっているジャッキー・チェンは、かつての世界的な人気はともかく、ここ数年は「共産党の狗」呼ばわりされることも多く、どうして彼がここまで共産党シンパになったのか不思議な気もしますが、驚くには当たらない記事ですね。

ジャッキー・チェン以外にどんな芸能人が賛成しているのか、支持しているのか、何も書いていませんが、あたしの好きなジジ・リョンちゃんはどうなのかしら? こんなニュースの一方で、芸能人や作家が抗議の記者会見を開いたとのニュースもあります。

結局は、香港社会の分断を狙っているのでしょうか?

コメントを残す