Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

ついに第五刷

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



タイムリーにご案内?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



乃木坂46にスクールウォーズ的なものを感じるのはあたしだけでしょうか?

乃木坂46のまいやんの卒業が発表され、なんとなく「もう乃木坂46も落ち目、オワコン」といった声も聞かれます。確かに、売り上げとか諸々の数値を見るとピークには達したのかな、という気もします。

こういう言い方をすると「女性蔑視」「セクハラ」と訴えられそうですが、40代過ぎてもそれなりに活躍を続けている男性アイドルグループ(主にジャニーズ系?)と比べると、どうしても女性アイドルグループは賞味期間が身近と思います。もちろん、いくつになったって「キャンディーズがいまも好き」「中森明菜が永遠のスターだ」といった男性も少なからず存在するのは知っていますが、商業ベースとしての活躍という意味ではどうでしょう?

もちろん上述の男性アイドルグループだって生き残っているのはごくごく一握りで女性アイドルグループ同様、非常に狭き門ではあります。女性でもMAXなんて、今でもやっているグループもいますが、売れているのかと言えば……

さて、そんな乃木坂46ですが、あたしはこのグループに、往年のテレビドラマ「スクールウォーズ」に似たものを感じるのです。スクールウォーズは、昨年のラグビーW杯における日本代表の活躍で多少は思い出された方もいると思います。知らない若い方はWikipediaでも検索してみてください。

スクールウォーズはラグビーの高校日本一を目指す、いわゆるスポ根ものです。山下真司が主人公の先生&ラグビー部の監督です。その山下真司の下、つっぱり生徒たちがラグビーを通して一つになっていくという実話を基にしたドラマでした。当然、最終回は高校日本一になってハッピーエンド、というのは予想どおりの流れですが、実は生徒側の主人公とも言えそうな松村雄基が学生時代には日本一にはなっていないのです。

松村雄基たちの代は全国大会のよいところまでは行くのですが、結局は日本一にはなれません。日本一の夢は交替に託すのです。このストーリーが、あたしには乃木坂46とかぶるのです。

どういうことかと言いますと、乃木坂46のピーク(今後さらにブレイクするかも知れないので現時点でのピーク)は東京ドームの公演(2017年11月)を行ない、レコード大賞に連覇(2017年と2018年)をした時だと思います。しかし、その前に乃木坂46らしさの重要な部分を担っていた深川麻衣の卒業(2016年6月)、橋本奈々未の卒業(2017年2月)がありました。ななみんをことさら美化するつもりはないのですが、橋本が卒業した後に東京ドーム公演、レコード大賞という栄光をつかんだのは、個人的には非常にスクールウォーズとシンクロしていると感じられるのです。

たぶん、これはスクールウォーズはリアルタイムで見ていた世代だからこその感想、感覚なのだとは思います。でも古参ファンの多くが、ドームやレコード大賞の舞台にまいまいやななみんがいないことを残念に思っていたと思いますので、あながち的外れな感慨ではないと思っています。

いつのまにか、ここにいる

ようやく『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』を視聴。とりあえずは「DISC1 本編」を鑑賞しました。

 

基本的には、なーちゃんの卒業と四期生の加入という乃木坂46の大きな転機を追ったものだと思います。ですから、その割りを食ったのが二期生と三期生かな、という気がします。一期生も主力メンバーはそれなりに登場していましたが、アンダーメンバーは二期生、三期生同様、ほとんど登場していなかったです。

その意味では、前作『悲しみの忘れ方』同様、ピックアップされたメンバーをフューチャーし、その他のメンバーは背景にされてしまっていますね。これだけの大所帯のグループだと仕方ないところでしょう。熱いファンはともかく、一般的な人向けには、わかりやすくストーリーを描くにはこうするしかなかったとも言えます。しかし、この手の作品をファン以外が金を出して見に来るのだろうか……

全体を通して、なーちゃんの卒業を受け、次世代として斎藤飛鳥、大園桃子、与田祐希がメインで取り上げられている印象を受けました。この作品公開時点、あるいは製作時点ではこの三人がポスト西野七瀬時代の乃木坂を引っ張っていく核になると考えられていたのかな、と思われます。

あたしが試聴したタイミングでは、乃木坂46はさらに大きな激震、白石麻衣の卒業発表がされているので、そういうフィルターを通してみてもなかなか胸に迫るものがあります。次のドキュメンタリーが作られるとしたら、白石麻衣の卒業がメインになるのでしょうが、その時点で松村や高山、中田といった一期生の年長組はどうなっているのでしょう、あと二期生の新内も。これらのメンバーが去って行き、三期生、四期生が主力になる(三期・四期合同ライブなどもハイライト?)時期が描かれるのでしょうか?

個人的には、蘭世や絢音ちゃんが主力になる時代もまだ諦めていませんが……

本日はこれ推し!

今日は台湾の総統選挙です。選挙結果はほぼ予想がついているようですが……

 

ですので、この二冊、『蔡英文 新時代の台湾へ』と『蔡英文自伝 台湾初の女性総統が歩んだ道』を今日だけは面陳にしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

ところで、同じ漢字を使うから「総統」と言っていますが、この「総統」というのは「President」の訳語のはず。だとしたら「総統」ではなく「大統領」と訳すのが正しい翻訳だと思いますが、如何でしょう?

それに「総統」だとヒトラーを思い出しませんか? ローマ法王が「教皇」に変わったようにメディア各社の再考を期待しています。

コメントを残す