Aの席

水木金と二泊三日で京阪神の出張へ行ってきました。

二泊三日で京阪神ですから、かなり駆け足の行程で、大型店中心の訪問となってしまいました。

それはさておき、水曜往路の新幹線、そして本日復路の新幹線、共に座席はA席でした。そして往復共にB席には誰も乗ってこず、C席には別の乗客が座っていました。

一つ空いているからまだマシですが、やはり同じ列に知らない乗客が座っているというのは落ち着かないものです。

自分で選んだ座席ですが、AにするかEにするか毎回悩みます。混雑具合にも寄りますが、今回みたいにB席に誰も乗ってこなければよいのですが、通路の反対側を見て,D席に誰も座っていなかったりすると、やはりE席にするべきだったかなあ、と多少は後悔してしまいます。

かといってやや乗客が多いと、AとEが埋まって次に埋まるのはC、そしてその次はDというのが通例です。もしE席を選んでいたときに、隣のD席に誰かが乗ってこられたら、二時間半近くの車内は苦痛そのものです。ならばまだ安全策のA席にした方が、今回のようにBという緩衝地帯が生まれる可能性があります。

しかし、今日はまぐれかもしれませんが、金曜の夕方の上りの新幹線は本来なら満席近い乗車率になるはず。そうなるとA、B、C全部が埋まる可能性だってあります。Eに座っていてDに人がいるだけならまだしも、Aに座っていてBとCがどちらも埋まっているなんて、これはちょっと耐えがたいものがあります。

果たして今回はどのくらいの混雑になるのだろうか、そんなことを考えながら、AかEかでまいかい思案しております。

今日の配本(22/09/29)

家の本

アンドレア・バイヤーニ 著/栗原俊秀 訳

記憶にある最初の家は、おむつをしている「私」が祖母や両親、姉と、そして亀と暮らしていたところだ。やがて、放課後によく通った同級生の女の子の家、ぎこちない空気が重苦しかった親戚の家、ブラインドの空き具合が示す禁断の愛のメッセージを、息をつめてひたすら見上げた家、親が待つ家に帰りたくないがために入り浸った学生仲間の散らかった家、新しい家族を築いていった希望に満ちた家などが、そこにいた人々とともに思い浮かんでくる。なかには、大切な家族が病と闘っていた大きな施設もある。長年持ちつづけてきた家具を、やがて手放すことになった家もある……。家はいつだって見守っている。「私」が過ごしてきた家々が語る、「私」の人生の光と影。

キューバ・ミサイル危機(下)
広島・長崎から核戦争の瀬戸際へ

マーティン・J・シャーウィン 著/三浦元博 訳

原爆開発から冷戦下の核軍拡競争に至る文脈に絶体絶命の危機を位置づけ、ピュリツァー賞受賞の歴史家が13日間の一触即発の攻防を描く。

国境を越えるためのブックガイド50

小川忠 編

本書は一般的な意味でのブックガイドとは異なる。本書は、日本最大の公的国際交流機関である、国際交流基金の職員が、自分たちの「愛読書」を取り上げ、それらを通じて、国際文化交流に懸ける自らの思いを語っている。

今日の配本(22/09/28)

エバ・ルーナ

イサベル・アジェンデ 著/木村榮一、新谷美紀子 訳

わたしの名はエバ。生命を意味している―南アメリカの或る独裁制国家、密林の捨て子だった母親と先住民の庭師との間に生まれた娘エバは、人間の剝製法を研究する博士の屋敷を振り出しに様々な家を転々としながら大きくなる。天から与えられた彼女の才能はお話を語ること。世話好きな黒人の料理女、街の不良少年、娼婦の元締めの女将、夜ごと羽飾りに身を包み絶世の美女と化す語学教師、辺境の町で商店を営むアラブ人、ゲリラの指導者、高級将校、オーストリア移民の若き報道カメラマンなど、流浪のなかでエバは多くの人々と出会い、やがて愛を知り、物語の語り手としての人生を切り開いていく。20世紀の歴史を背景に展開する波瀾万丈、奇想天外な挿話と、エバの語る物語の数々。『精霊たちの家』で世界中を虜にした〈現代のシェヘラザード〉アジェンデが、驚異のストーリーテリングで読者を魅了する傑作長篇。

シリーズもののタイトル表記

岩波書店から『台湾の少年』という本が出ています。絵本と言うには内容が重いので、いわゆる「大人向け絵本」というジャンルにでも相当するのでしょうか?

それはともかく、この『台湾の少年』は現在第一巻第二巻が刊行済みで、近く第三巻が刊行されます。年内には第四巻が出て完結だそうです。その『台湾の少年』をアマゾンの検索窓に入力して検索した結果が右の画像です。

最初にこの『台湾の少年』が三つ並んで表示されたのはさすがと言えますが、あたしが気になったのはこのタイトルです。

台湾の少年 1 統治時代生まれ
台湾の少年 2 収容所島の十年
台湾の少年: 戒厳令下の編集者 (3)

と表記されています。わざわざアマゾンが表記をいじくるとは思えませんので、この表記は岩波書店の担当者が登録したままなのでしょう。第三巻になると(3)とカッコ付きで表記され、なおかつ副題は先に来ています。正題と副題との間に「:」なんかも挟まっています。

こういうシリーズものの表記の揺れ、あたしって気になって仕方がないんですよね。もちろん、あたしの勤務先の刊行物にもこういった不統一は多々ありますので、見つけたときには担当者に訂正をお願いしますが、すべてが直りきっていないことでしょう。情けないことです。

要人来日

国論を二分している国葬ですが、それに合わせて海外から要人が続々と来日しているようです。この際、エリザベス女王の国葬に集った顔ぶれと比較するなんて野暮なことはやめて、要人に関連する本を二点ほどご紹介します。

まずはインドのモディ首相関連の本です。あたしの勤務先からは『モディが変えるインド』という本を刊行しております。

モディ首相は、なんとなく日本では比較的好感度が高いように感じますが、現代インドに関する本を読んでいると、なかなかどうして一筋縄ではいかない人物ですね。多民族・多言語だけでなく、多宗教なインドを束ねるのは大変だと思いますが、ヒンズー教を押し立てて国を動かしているようなので、反発も強いそうです。中国に続いて世界の大国と呼ばれるようになってきたインドですが、中国のように順調に先進国の仲間入りを果たすことができるのでしょうか?

もう一点は、アメリカから来日するハリス副大統領に関連して、そのものズバリ『アメリカ副大統領』です。ハリスさん自身を扱った書籍は、この数年で何冊も(他社から)刊行されましたが、アメリカの副大統領という職務にフォーカスした本は他にはないのではないでしょうか?

アメリカ副大統領という職も大統領選挙の時には多少は関心を引きますが、ほとんどの日本人は副大統領が誰かなんて知らないことでしょう。いや、アメリカ人だとどれくらいの人が知っているのでしょうかね? ハリスさんは「初もの」尽くしだったので話題になり、副大統領としては抜群の知名度でしょうけど、歴代の副大統領ってどれくらいご存じでしょうか。

今日の配本(22/09/26)

ラヴェンナ
ヨーロッパを生んだ帝都の歴史

ジュディス・ヘリン 著/井上浩一 訳

ローマ帝国の中心がコンスタンティノープルに移った4世紀末、西方に新しい都が台頭する。イタリアの都市ラヴェンナにおいて、アリウス派のゴート人とカトリックのローマ人は競って、比類なき建造物とモザイクを次々と創りだした。以来300年にわたりこの町は、学者・法律家・職人・宗教人を魅了し、まぎれもない文化的・政治的首都となる。この特筆すべき歴史をみごとに蘇らせて、本書はイスラーム台頭以前の地中海世界の東西の歴史を書き変え、ビザンツ帝国の影響下にラヴェンナが、中世キリスト教世界の発展にとっていかに決定的な役割を果たしたのかを明らかにする。

カバンだけではすまなくなりそうです……(汗)

先日、このダイアリーで仕事で使うカバンについて書きました。「帯に短したすきに長し」ではありませんが、ちょうどよい感じのカバンがなかなか見つかりません。使い勝手というのは、高ければよいというものでもないところが厄介です。

ところで、このところはカバン探しが日課のようになっていて、外回りの途次、ショッピングモールやデパートの中の書店に行ったときは、ついでにカバン売り場などにも立ち寄ってしまいがちです。でも、これというカバンが見つからないんですよね。

しかし、この三連休でカバンどころではなくなりました。いや、カバンももちろん絶賛お探し中なのですが、定期入れと財布が追加となりました。

定期入れは、既にだいぶ前から糸がほつれてきて、かなりくたびれた状態になっていたので、機会があれば買い直さなければと思っていたのが、いよいよ現実味を帯びてきました。そして財布ですが、最近は電子マネーとクレジットカードばかりになり、財布を持ち歩くことも少なくなりっていましたが、それがボロボロになっているのに気づきました。生地が薄くなっているところがあり穴が開きそうです。

カバンだけでなく、定期入れ、財布も探さなければならないのですが、案外、何を買おうか考えているときが一番楽しかったりしますね。

『韓非子』はいろいろ買ってしまう

昨日のダイアリーで講談社学術文庫の『韓非子』と、その旧版にあたるちくま学芸文庫版、さらにその旧版にあたる筑摩叢書版をご紹介しました。あたしが中国思想に興味を持つきっかけになった古典なので、『韓非子』は条件反射的に買い集めてしまう傾向があります。

ところが、日本語訳の『韓非子』には明治書院版『新釈漢文大系』や集英社版『全釈漢文大系』など大型叢書に収録されているものがありますが、こちらは個人ではなかなか手が出ないので所持しておりません。その代わり、岩波文庫版の『韓非子』ならば、ご覧のように架蔵しております。

ところで本田済訳『韓非子』は底本に『韓非子翼毳』を使用しているとのこと。こちらは冨山房版『漢文大系』に収録されていまして、『漢文大系』は学生時代に古本屋が手に入れることができたので所持しております。二枚目の写真の左側がそれです。

また本田訳は中国で出ている注釈書として『韓非子集解』『韓非子集釋』も参照しているとありますが、こちらも同じく所持しております。

下の写真の一番右が台湾の世界書局版『韓非子集釋』の上下本です。その左側が中華書局版『韓非子集解』ですが、これは『新編諸子集成』の一冊です。この『新編諸子集成』にはもう一種類『韓非子』の注釈書が収録されていまして、それがさらに左側に見える『韓子浅解』です。

このように『韓非子』にかかわるものって、どうしても集めてしまうものです。ちなみに現代語訳をきっちり読もうとは思わないけど、ちょっと触れてみたいというのであれば中公新書の『韓非子』がよいでしょう。また抄訳なら徳間文庫版『韓非子』(現在品切れ?)がよいと思います。

2022年9月24日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー

同じ『韓非子』を何度も買ってしまう

講談社学術文庫から『韓非子』の現代語訳が刊行されました。奥付前の断わり書きによりますと

本書は一九六九年刊行の筑摩叢書版にもとづく、一九九六年に刊行されたちくま学芸文庫版『韓非子』(上下巻)を原本とするものです。

とあります。

というわけで、その筑摩叢書版、ちくま学芸文庫版どちらも架蔵しております。そもそもは学生時代に筑摩叢書版を買いまして、社会人になってからちくま学芸文庫版が刊行されたので、さらに購入した次第です。

当時は、筑摩叢書ってもう刊行されていなかったのではないかと記憶しています。筑摩叢書や全集などが続々とちくま学芸文庫になっていったのを覚えています。

ところで、社内で企画会議などをやっていますと、「読者は新装版を買ってくれるのか?」ということが話題になったりします。もともと刊行されていたものが品切れになって久しく、読者からの復刊希望の声が多いものですと十二分にありえますが、まだ品切れになってそれほど時間がたっていない場合はどうなのか、ということです。

出版社側からすると、新装版というのは中味にほとんど手を加えず、装丁だけを少し変えるだけ、価格も以前より少し値上げして、というパターンが多いので、比較的美味しい商売です。もちろん売れなかったら大赤字の可能性だってあります。ですから、既に持っている人はともかく、新しく欲しがる人がどれくらいいるのかを見極めるのが鍵となるのです。

しかし、あたしのように、こうして箱を変えて刊行されると毎回買ってしまうような人間だっているわけですよね。特に中国古典、それも中国古典にはまるきっかけとなった『韓非子』ですから、買わないわけにはいきません。たぶん、こんなあたしは特殊なケースなのだと思いますが。

2022年9月23日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー