今週は2点@朝日新聞

土曜日恒例、朝日新聞の読書欄です。

今週は、いわゆる書評欄での紹介はなかったのですが、よーく見ますと次の2点が紹介されていました。

まずは、桜庭一樹さんがJ.D.サリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を紹介してくださいました。『ライ麦畑でつかまえて』ではなく、あえて村上訳の方を紹介しているのは、桜庭さんが読まれたのがこちらだったからなのでしょうね。

書店でも「どっちの方が売れているのですか?」と時々聞かれます。正直なところ、拮抗しています。お店によっても違いがありますし、月によって売り上げ順位も入れ替わったりしています。ただ、村上訳が出ても売れ続けている野崎訳もスゴいものだと思います。

続いてはもう一点、新書紹介コーナーで見つけた『社会主義リアリズム』です。文庫クセジュの一冊です。

こちらは文庫クセジュの棚だけでなく、人文の棚、芸術の棚にも置いていただいている書店がいくつかありまして、お陰様でよく売れています。日本の新書ではなかなか見かけないテーマで、いかにもクセジュらしい一冊ではないでしょうか?

映画の原作ではありませんが……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



いつもよりもっと売れています

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



商業・宗教・軍隊

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



現在品切れですが、一応ご紹介だけいたします

重版が決まった『共通語の世界史』ですが、あたしの勤務先では、著者クロード・アジェージュの著作を以前にも出しておりました。

それが『絶滅していく言語を救うために』です。

残念ながら現在品切れ、重版も未定ですので、古書店を探していただくしかないのですが……

映画公開!

タイトルだけ見たら、「サリンジャーの映画のこと?」と思われそうですが、違います。ご覧のように、今朝の朝日新聞に、こんな大きな広告が載っていました。

マリア・カラスの映画「私は、マリア・カラス」です。

特に原作本があるようなことは書いていませんし、マリア・カラスに関する書籍も思ったほど多くはないようです。

そんな中、あたしの勤務先では、『マリア・カラス 聖なる怪物』という本を出しております。

恐らく、マリア・カラスの評伝としては決定版ではないでしょうか。映画の内容とどれほどリンクするのかはわかりませんが、原作がない以上、ちょっとお値段は高めですが、必読の一冊だと思います。

マリア・カラスのファンの方であれば刊行当時、既にお買い求めになっているかと思いますが、今回の映画で興味を持たれた方、在庫はまだありますので、この機会に如何でしょうか?

ポスト・ヒューマニティーズ

新宿の紀伊國屋書店、3階の人文書コーナーでやっていた、青土社主催のフェアのようです。

「ポスト・ヒューマニティーズ」って何だろう?

と思って、置いてあった書目リストを眺めていましたら、つまりはごくごく最近の哲学・思想の潮流のようです。

あたしなどが学生の頃は、哲学史というのはせいぜいのところサルトルやハイデガーくらいまでで終わっていて、同時代的なものはほとんど習ってきませんでした、一般教養としては。

社会人になって以降は、そちらの方面にはとんと疎いのですが、それでも構造主義とか、ポスト構造主義くらいの言葉が耳にしています。今回のフェアは、更にそれ以降に焦点を当てたもののようです。

こんな風に学問もアップデートされていくのですね。まるで知らない世界ですが、非常に興味深いです。

朝っぱらから夜のこと

今朝の朝日新聞です。

日本の夜の公共圏 スナック研究序説』の谷口功一さんが登場です。

朝刊に夜のオーソリティーが登場するというのも面白い趣向ではないでしょうか?

しかし、本書が出て以来、主張などで地方へ行くと、まだまだスナックってたくさんあるんだなあということを実感します。実際には後継者不足で大変らしいですけど。

今日の配本(18/12/11)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



Remember! 真珠湾

今日は、何を差し置いても『パール・ハーバー(上)』と『パール・ハーバー(下)』をご紹介しないとなりません。

 

と言われても、新聞やテレビで大きく取り上げられているわけでもないし、「はて、今日はいったい何の日なんですか?」という方も、若い人を中心に多くなっているのかも知れませんね。それに、日本人なら「パール・ハーバー」よりも「真珠湾」と言った方がピンと来るのかも知れませんし。

1941年12月8日、「われ奇襲に成功せり」という日本に対し、「卑怯な騙し討ち」にあった米国が、いかに「恥辱」を越えて現代の地位にまで至ったかを描く歴史読物。日米開戦前史から、日米の明暗を分けた真珠湾攻撃、史家ジョン・ダワーがいう「容赦なき戦争」、原爆投下までを3部で構成し、巻末に「評価と異論」を付す。本書は、米国のノンフィクション作家が、史料と証言を駆使して、両国の戦いの経緯と裏面を縦横に網羅した、まさに「真珠湾大全」というべき大著。第1部では、真珠湾攻撃に至るまでの前史が語られる。たんに歴史の流れを追うだけではなく、多様な逸話を盛り込み、日米の文化、価値観の相違にまで言及する。第2部では、実際の攻撃の様子が精細に描かれる。天皇、大統領から、政治家、将軍、前線兵士まで、人間模様や舞台裏が興味深く語られる。第3部では、米国による「リベンジ」から終戦、戦後のレガシーまでが語られる。巻末には「付録:真珠湾をめぐる判断と異論」として、現在という視点から考察する。地図・口絵写真収録。

ちなみに、上掲は公式サイトの内容紹介です。必ずしも真珠湾攻撃だけでなく、その後の歴史まで俯瞰した大著です。