大江ではなくŌe

朝日新聞に、司修さんが大江健三郎について書いている文章が載っていました。

司さんと言えば、あたしの勤務先からは『本の魔法』や『絵本の魔法』などがありますが、ここでは『Ōe 60年代の青春』をご紹介しないとなりませんね。

一見するとタイトルが何を表わしているのか、もしかすると読み方すらわかりにくいかも知れませんが、わかってしまえばなんてことはないでしょう。大江健三郎のことです。

以下はウェブサイトに載っている本書の内容紹介です。

大佛次郎賞を受賞した『本の魔法』では、実は著者と最も関係が深いと思われる大江健三郎について言及されていなかった。370ページを超える本書に目を通せば、読者はその理由がわかるだろう。著者が手がけた装幀で、最多を誇るのが大江の作品である。二人はほぼ同世代。大江10歳、著者9歳のときに敗戦を経験し、同時代を歩んできた。1970年に『叫び声』の装幀を依頼されて大江と出会い、以来、作品の深い読みが反映された装幀で大江の代表作が次々と世に送り出された。大江作品は、小松川高校事件(女子高生殺害事件)、安保闘争、浅間山荘事件、狭山事件、原爆と原発事故による被曝、沖縄、在日朝鮮人の問題など、常に実際の事件や社会問題と想像力が結びついたものである。本書で大きく取り上げる『叫び声』と『河馬に嚙まれる』には、大江が追究してきたテーマのすべてが網羅され、不気味なほど現代につながる。著者は装幀をした時代を振り返り、大江作品を改めて多方面から精読し、国家や組織などと対峙する「個人」の魂の声に突き動かされながら、小説からだけではわからなかった事実を引き出していく。著者ならではの視点と感性で大江文学から現代への鮮烈なメッセージを摑み取る、渾身の書き下ろし!

如何でしょう、朝日新聞の記事を読んだ人であれば、本書を手に取ってみたくなるのではないでしょうか?

ちなみに、あたしの勤務先から刊行されている司修さんの著作は、上記の三冊以外に『戦争と美術と人間 末松正樹の二つのフランス』と『孫文の机』があります。

他社からも著作が多いですし、装丁を手がけた作品となると膨大な数になりますので、とりあえず紹介はこのくらいにしておきます。

テニスの本も出しています

朝日新聞読書欄の特集ページはテニスでした。やはり大坂なおみ選手の活躍があればこそでしょう。

テニスというと、あたしなどは往年のスポ根マンガ「エースを狙え」を思い出します。そのせいで「女子高生の青春と言えばテニス部」なんていう先入観を持ってしまいます。

それはさておき、あたしの勤務先はサッカーに関する本は何冊も出していますが、テニスに関する本も少し前に出したところなのです。

ラブ・ゲーム テニスの歴史』です。

副題のとおり、テニスの発祥から説き起こした、テニスファン必携の一冊です。

翻訳書なので少々お値段が張ってしまいますが、テニスの歴史やそれに伴う社会・文化について、これだけまとまった本は他にはないと思います。著者はフェミニズムなどの著作もある社会学者である点も、興味深い視点を提示できていると思います。

個人的には、朝日新聞の特集ページで是非とも取り上げていただきたかった一冊なのですが残念です。

冗談ではありますが、左の写真ような同書の装丁を「テニスの王子様」のキャラに変えていたら載せてもらえたでしょうか?

ひとまず完結?

対訳 フランス語で読む「カルメン」』は昨日が見本出しでしたので店頭に並ぶのは来週後半になると思います。

ところで「カルメン」と聞くと、薔薇を加えて「オーレー」と踊るイメージがあって、フランスではなくスペインの作品だと思っていました。

でも原作はフランスの作品なんですね。作品の舞台がスペインなのでそういうイメージが持たれやすいのでしょうか? って、ほとんどの人はフランスの作品だってご存じだったのでしょうか? あたしと同じようにスペインの作品だと思っていた人って多いのではないでしょうか?

というわけで、《対訳 フランス語で読む》シリーズはひとまずこの6冊で出揃ったことになります。すべてご購入いただいた方はいらっしゃいますでしょうか? ラインナップをおさらいしておきますと上の写真のようになります。

赤と黒』『ゴリオ爺さん』『レ・ミゼラブル』『恐るべき子どもたち』『ルパンの告白』そして『カルメン』です。フランス文学がお好きな方であれば、「あれはシリーズに入れないの?」「なんであれが入っていないんだ!」という意見もあるかと思いますが、ご寛恕ください。

なお、本シリーズはCD付の語学教材として刊行しているものですが、書店によっては海外文学の棚にあえて置いていただいているところもあります。それもアリですね!

……のすすめ

ジュンク堂書店池袋本店の人文書売り場で、こんなフェアが並んで始まっています。

まずは仏教書総目録刊行会のフェア《私たちは何を信仰してきたのか 宗教を見つめ直す》フェアです。

そしてもう一つは人文会の《人文会50周年記念フェア》です。

どちらも、ご覧のような無料の冊子を配布しています。

『……のすすめ』と似たようなタイトルですが、編集方針はずいぶんと異なります。ただ、どちらもそれぞれの会が丹精こめて編集・製作した力作です。

えっ、こんな立派な冊子、無料でもらってもいいんですか? というほどの出来映えです。

この週末、よろしければ、是非池袋へ足を運んでみてください。

とはいえ、どちらのフェアも池袋以外の書店でもやっている可能性があります。人文会のフェアは京都の丸善、新宿の紀伊國屋書店、博多の丸善でも開催中のはずです。

今日はおニューのブラウス!

今日のブラウスはおニューです。

しかし、どうも既視感があるのはあたしだけでしょうか?

お花と黒猫の柄です。可愛いのか、怖いのか、よくわかりませんが、若干の和柄テイストも感じます。

しかし、紙にプリントして主張しているとおり、あたしはイヌ派です。猫柄だって着たくて着ているわけですが(汗)、本当ならイヌ柄のブラウスやネクタイをもっと身につけたいと思っています。

もちろん、何枚かイヌ柄のブラウスやネクタイは持っていますし、このダイアリーでご紹介したこともありますが、それでもやはり世間にはイヌ柄が少なすぎます。ネコがこれだけあるのだから、イヌだってもっとあったってよいはずです。

昨今は秋田犬が話題になったりしていますから、秋田犬のブラウスとかが売り出されてもよさそうなものだと思いますけどね。

まあ、ネコ界にはキティちゃんという、世界に冠たるスターがいますけどイヌだと……。何でしょうね? スヌーピーくらいしか思いつきませんが……

というわけで右の写真です。

紙を留めているクリップをよくご覧ください。

お気づきですか?

キティちゃんです! こんなのもあるんですよ。

というよりも、こんな針金だけで作れる、そしてそれがキティちゃんだとわかるなんて、すごいですね。

全身、乃木坂カラーで!

本日のいでたちです。

朝の占いで、ラッキーカラーがでしたので、こういうファッションになりました。

と言えば、いみじくも乃木坂ちゃんのテーマカラー、シンボルカラーではないですか!

ちょっと気分のアゲアゲです(笑)。

ちなみに、写真には写っていませんが、靴下もをチョイスしております。

ハンカチと靴がでなかったのが、画竜点睛を欠くといったところでしょうか、ね?

驚異的な売り上げスピード!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



スナック連載、パート2?

朝日新聞の夕刊です。

「1」と書いてあるので、「スナックをたどってⅡ」という連載が本日からスタートしたようです。

その記事中に『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』が、きちんと出版社名入りで紹介されていまして、スナック研究会代表である谷口功一さんも写真入りで登場しています。

スナックの地域社会における重要性は谷口さんが本書でも力説されているところですが、こうして朝日新聞で連載までされると、それなりに学問の研究対象になりつつあるという感じがします。

それにしても谷口さんのブラウス、いつもながらステキです!

今月のおすすめ[2018年10月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。