読むパンダ@王様のブランチ

TBS系の情報番組「王様のブランチ」をご覧になっていた方はお気づきになったでしょうか? 本日のBOOKコーナーで『読むパンダ』が紹介されたのです。

パンダのことがいろいろわかる、日本初のパンダ・アンソロジー刊行という感じの紹介だったかしら? すみません。うろ覚えで。

上のように目次も映してくれました。いろいろな方がパンダに関するあれこれを寄せてくれています。

もちろん、飼育員だからこそ知っているパンダのエピソードも満載。

そして、黒柳徹子さんと上野動物園の園長、シャンシャン飼育員の方の鼎談も収録。

なんと、本書からのクイズも出題されました。わかりましたか?

こんな、パンダ愛にあふれた一冊。都内なら主な書店には既に並んでいるはずですので、気になったらいまからお出かけください。書店で買えば、すぐに読み始められます。それがリアル書店のよいところ。ネット書店ではその場で手に入ることはありませんから!

 

で、ブランチに登場というポップも用意しました。

着るパンダ

そろそろ今日あたりから『読むパンダ 』が書店店頭に並びはじめるのではないかと思います。

同書は、カレンダーや写真集がひしめくパンダ本の中にあって、本邦初のパンダ・アンソロジーということもあり、お陰様で大好評、既に重版が決まっています。

確かに、写真集やカレンダーは「見る」パンダであって、「読む」パンダではないですよね。

で、上の写真です。「読む」でも「見る」でもなく、「着る」パンダです! パンダのネクタイなら、中国でもおみやげとして売っているのは予想できますし、こうして売られていますが、なんとパンダのブラウスなんてのまで売っていたのです。

しかし、このネクタイ、よーく見てください。耳が白いんです。パンダの耳は黒ですから、このネクタイに描かれている動物はパンダに似てパンダにあらず、新種なのでしょうか?

今月のおすすめ本[2018年1月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



全点フェアか? 在庫僅少本フェアか?

過日のダイアリーでお伝えした、京都の同志社生協のフェアが始まったようです。

一応、文庫クセジュは在庫のあるものは全点、Uブックスは若干並んでいるはずです。

ですから、「文庫クセジュ全点フェア」という表現は正しいのですが、その他にクセジュもUブックスも在庫僅少本が少なからず並んでいるはずです。

Twitterの写真でも、茶色の帯が掛かった本が写っていると思いますが、それらが在庫僅少本です。

同志社の学生さん、先生方、職員の皆さま、そしてお近くの方、この機会に是非どうぞ!

「ややこしや」が流行したのは何年前?

昨日の朝日新聞夕刊です。

このところの連載記事ですが、『まちがいの狂言』について触れられています。

そうです。同書は、あたしの勤務先の刊行物なんです。

「ややこしや~」という言葉が子どもたちの間で流行したのは何年前でしたでしょうか?

今日の配本(18/01/19)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今日の配本(18/01/18)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



《我々の祖先》の3分の2!

ここしばらく品切れでしたカルヴィーノの『木のぼり男爵』、装いも新たに24日配本予定です。その見本が本日出来上がってきました。

上の写真がそれです。いかがです? すごくよい装丁だと思いませんか? あたしはとても気に入りました。

既刊の『不在の騎士』と一緒に是非どうぞ! そしてあともう一つ、『まっぷたつの騎士』が揃うと《我々の祖先》三部作が揃います。

こちらは新訳で刊行予定ですので、もう少しお待ちください。

第一位です!

下の画像は、ネット書店「honto」のランキングの画面です。トップページの上部、検索窓の下に「ランキング」とある部分をクリックすると表示されます。

 

小さくて見にくいですが、この中で「本の通販ストアランキング」がありますが、その第一位を見てください。木曜日が配本日の新刊『読むパンダ』です。

現在、hontoサイトで、缶バッヂをプレゼントするキャンペーンをやっているのが要因だと思いますが、それでも堂々の第一位はすごいことではないでしょうか!

マイナー言語ほど人気?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。