はこそば、しぶそば

朝日新聞の一面に駅にある立ち食いそば屋さんの記事が……

駅そば進化 内装スマート、女性客続々 売り上げ増、外国人にも評判

日本って平和だなあと感じます(汗)。

あたしが営業を担当している小田急線には、各駅にではありませんが、ほとんどの駅に「箱根そば」、通称「はこそば」があります。時にはあたしも食しますが、思いのほか女性のお客さんが多いのに驚きます。

そしてもう一つの担当エリア、田園都市線には、こちらも全駅にではありませんが、「しぶそば」がありまして、やはり女性客がそれなりに多いです。かつての立ち食いそばと比べて、味などの違いまではわかりませんが、店内はテーブル席もあり、立ち食いではなくなっているところが多いです。テーブル席があるからでしょうか、全体的に少しゆったりとした店内であるような気もします。

これだけで女性客がなぜ増えるのか、よくわかりませんが、実際のところ、テレビや雑誌で取り上げられるようなお店ばかりに行っていたのでは、上がらない給料ではすぐに破産してしまいます。そういうお店にも行くけれど、ふだんはこういった安いお店を使うのも、背に腹はかえられないと言うことではないかと思います。もちろん、ヘルシーなメニューといった女性向けの努力もお店側にあるのでしょうけどね。

今回の朝日の記事はそば屋でしたが、個人的に気づいていたのは、おにぎり屋です。「権米衛」というおにぎり屋が、やはり駅構内にありまして、基本は持ち帰りなのですが、店舗によってはイートイン・スペースがあり、そこで食べている女性客が多いなあと感じていたのです。逆に、権米衛では男性客が食べているのを見ることは少ないです。立ち食いそばだと男性が7割から8割くらいに比率ですが、おにぎり屋だと逆転どころか女性が圧倒的な気がします。

個人的には、晩にイベントなどがあって夕食をその前に取れないようなとき、立ち食いやおにぎりは小腹を満たすのにちょうどよく、主な利用の仕方としてはそんなところです。

ところで、この記事、関東以外ではどんな記事になっていたのでしょうか? やはり東京の立ち食い事情が大阪や名古屋でも一面を飾っていたのでしょうか?

暮れはこれ! 北海道からのお取り寄せ、ウニとイクラ!

妹家族が遊びに来て、姪っ子、甥っ子三人を残して、妹夫婦は帰ってしまいました。今日から三日間、子供三人を預かる羽目になりました(笑)。

で、妹家族なんですが、ウニとイクラが大好きでして、毎年暮れに遊びに来るタイミングで、北海道からウニとイクラを取り寄せておくのですが、今宵、それを賞味しました。

うーん、満足です。美味です。そもそも、見るからに美しいです。こういうのを食べさせてしまうと、姪っ子や甥っ子は回転寿司ではウニやイクラを食べないそうです。妹がぼやいています。

ちなみに、子供を残して自宅へ帰った妹夫婦にも、もう少し小さいパックのウニとイクラを持たせてやりました、今宵、夫婦水入らずで食べていることでしょう。

なんて絶妙な味のバランスがとれたランチなのでしょう!

本日のランチです。ローソンで買ったパンです。

一口ずつ囓ってありますが、毎日こんな感じです。

左は「ビーフカレーパン」、ピリ辛のカレーが入ったドーナッツです。右は「ちぎれるミルクフランス」、真ん中に甘~いクリームをサンドしたフランスパンです。

甘いのだけではちょっと、かといって辛いのだけでもちょっと、という悩みを解決すべく、非常に絶妙なバランスでチョイスされた二つのパンです。

コンビニのパンとはいえ、それなりにバランスを考えて買っている毎日です。

年末年始用だけど……

720mlの日本酒が4本。

左から二つ目「ぶなの露」以外は、飲んだことのないお酒です。いまから楽しみなのですが、下手をすると、年内で飲みきってしまう、かもしれません(汗)。

「ぶなの露」以外の酒はどんな味なのでしょう?

好みは人それぞれですが、それでもきっと美味しいのでしょうね

母の田舎である新潟県上越市の酒屋さんが季節ごとにパンフレットを送ってくれます。その時季に美味しい新潟の日本酒を紹介してくれるのです。こちらも好きですから、ついつい数本頼んでしまいますが、暮れに向けて先日届いたパンフレットにこんなのを見つけました。

牧之」という酒です。立派な木の函に入っています。実はこの日本酒は飲んだことがあります。美味しくいただきました。しかし、720mlで5500円ですから、結構お高いお酒です。やはりお正月のようなときに飲む、特別なお酒という感じがしてしまいます。

で、今回は「牧之」は選ばず、他のお酒をチョイスしたのですが、パンフレットを眺めていたら、こんなのを見つけてしまいました。

「久保田」で知られる朝日酒造の「朝日山」というお酒の、更に特別なもののようです。なんと720mlで4万円! 「えっ、4000円じゃないの? ゼロが一つ多くない?」と言いたくなるような商品です。

しかし、2500本限定でシリアルナンバー入りと書いてありますので、美味いのでしょうね。さすがにこの値段では手が出ません。飲んでみたいとは思いますが、こんなの、もし東京の飲み屋で出されたら、コップ一杯でいくら取られるのでしょう?

だって貴族ですから……(汗)

今朝の朝日新聞別刷りから。

紅茶かコーヒーか、というアンケート。そういえば、あたしが子供のころ「コーヒー? 紅茶? それともファミリーナにする?」というCMがありました。ファミリーナというのは、確か牛乳かお湯で溶かして飲むココアだったと記憶しています。いまも粉状のココアって売っていますよね? ああいうものの一種だったはずです。

閑話休題。

あたしは断然、紅茶党です。別にコーヒーが嫌いなわけではありません。あの香りは好きです。

じゃあ、なぜ紅茶党なのかと問われれば、「コーヒーを飲むのは庶民、貴族は紅茶を飲むものよ」と答えるようにしています。優雅という言葉にしっくりくるのは、コーヒーよりは紅茶だと思います。

だから、あたしは紅茶党なのです。

と答えると、たいてい「はい、はい」という乾いた突っ込みが入りますが、とにかくあたしはコーヒーは飲みません。

いえ、飲めないんです。

飲むと腹を下します。

だから、飲みません。それに苦いのも、ちょっと苦手。かつて、ファミレスのおかわり自由の珈琲を頼んだときには、砂糖とミルクを大量に投入し、カフェオレと言うよりはコーヒー牛乳に近い状態にして飲んでいました。それでも、飲んだ後はお腹が緩くなるので、もうここ十数年か、数十年は飲んでいません。

とはいえ、仕事柄、他社へ訪問したときに応接室なり会議室なりでコーヒーを供されることってありますよね。そういうときは一切口をつけません。レストランなどで食後にコーヒーが出されることもありますが、紅茶に換えられるのであれば換えてもらいます。ダメなときは「要りません」と伝えます。

数人で喫茶店などに入ったときに、みんながアメリカンとかブラックとか珈琲を注文しているときに、一人だけ紅茶を頼むことに抵抗はなくなりました。ただ、以下にもコーヒー専門店というお店は困ります。こういうお店で紅茶を頼んでよいものか、と逡巡してしまいます。が、本当の専門店だとそもそもコーヒー以外のメニューがなかったりするので、極力そういうお店は避けるようにしています。

世の中、ドトールとかスターバックスとか、安いコーヒーショップばかり。まあ、庶民の飲み物ですから仕方ないですよね。

エキスのみ!

営業途次の自販機でこんなドリンクを買ってみました。

三ツ矢サイダーのメロン味。たまには、こういう炭酸飲料が飲みたくなるものです。乾燥するからでしょうか、夏よりも喉が渇く気もします。夏は夏で熱中症対策、脱水症対策のために水分補給は欠かせませんが、冬もそれなりに喉が渇くものです。

で、このドリンク、つまりはクリームサイダーのクリームがないだけ、メロンソーダってやつですよね。しかし、メロンエキスが入っているだけで、メロンはまるっきり使われていないようです(笑)。

ですから、缶の表面には「無果汁」と書いてあります。本当にエキスだけなんですね。まあ、美味しかったからよいですが……

もちろん冬なので、温かいお茶を買うことが多いのですが、暖房が効きすぎた書店や、乗客が多くて混んだ電車に乗ったりすると、こうしたサッパリ系も飲みたくなるんですよね、冬でも。

幻の銘酒ということはないと思いますが……

関西ツアーの最終日。もう夕方。あとは新幹線に乗って帰京するだけ。

ということで、夕食を食べるには早いし、かといって帰宅してからだと遅くなるので、新幹線車内での夕餉になります。金曜の上り新幹線は間違いなく混んでていて、ほぼ満席になるので、隣に他人がいる席で食事をするのは、気まずいとは思いませんが、なんとなくイヤなものです。別に臭いの強いものを食べるわけではありませんが、落ち着かないものです。この気持ち、わかっていただけますでしょうか?

で、時間的には、新幹線に乗ってすぐに食べるというよりも、恐らく京都、名古屋を過ぎてから食べるくらいがちょうどよい時間帯なので、冷めても美味しくいただけるものを梅田の百貨店の地下、惣菜コーナーで物色しました。ホテルに泊まっているときは阪急百貨店で買うことが多いので、たまには趣向を変えて、まずは大丸を見てました。

京都四条の大丸は、美味しそうなお弁当がたくさん並んでいて、何年も前に京都から帰京するとき、そこで和風弁当を買って新幹線車内で食べたのですが、とても美味しかった記憶があります。同じ大丸なら、よさげな惣菜弁当があるのでは、と期待したのですが、その前に、「そうだ、お酒、買って行こう」と思い立ちました。

京都ならまた違った選択肢も考えられますが、大阪へ来たらあたしはこれです、天野酒。ネットでも買えますし、買ったことありますが、せっかく大阪へ来たのだから、大阪の百貨店で買っていこうと思ったわけです。

しかし、この天野酒、大丸では取り扱っていないようです。というよりも、大丸の日本酒売り場は広くなく、品数も少なくて、大阪の酒と言うよりは全国の銘酒を取り揃えている売り場でした。これでは仕方ありません。弁当も選ばずに、阪神百貨店へ向かいました。

天野酒、梅田では阪神百貨店で売っているのを知っていました。と言うよりも、大丸と阪急百貨店では取り扱っていなくて、梅田では阪神百貨店でしか買えないのです。なんども梅田に来ていて、百貨店の酒コーナーを見ているので知ったのですが、この天野酒って、大阪へ来たからといってどこででも気軽に買えるわけではないようですね。もちろん東京で常時扱っているところは知りません。

なんだかんだありましたが、阪神百貨店には天野酒がありまして、「吟醸 吉祥」と「大吟醸 天野酒」が置いてありました。前者はこれまでも関西ツアーで買って帰ったことがありましたので、今回はちょっと奮発して後者、大吟醸を買いました。ご覧のように函もちょっとお高そうな雰囲気です。

取り出してみますと、函と同じようなデザインのラベル。こちらもゴージャスな雰囲気を醸しだしています。口あたりはとてもよいです。さすが、天野酒です。

スイーツな夜はたったの二晩

今回の関西ツアーの4夜、スイーツをいただいたのは2晩だけでした。

が、こんなスイーツをいただきました。

まずは、モンシェールの堂島ロールを使ったパフェです。

二つ目は、フリュテリー果坊のイチジクプリンです。季節のフルーツを使ったプリンがいくつかありましたが、この季節ならではということで、イチジクをチョイス。

どちらも美味しくいただきました。これくらいの、ささやかな楽しみがないと、関西ツアーは味気ないものになってしまいますから!

いつもと違う!

今日のいでたち。

なんと三つ揃い! ブラウスではなく、Yシャツを着ています。これで書店回りをしていたら、あまりの地味さに、誰も気づいてくれませんでした(涙)。

別に、これと言った理由があってこんな格好をしたのではありません。気まぐれと言ってしまえばそれまでです。

えっ、この後、お見合いパーティーにでも行ったのかって? そんなことはありません。もう、この歳では、お見合いパーティーに行ったとしても、誰も相手をしてくれませんよ(爆)。

そんな、いつもと気分を変えた過ごした本日は、外回りの途次、こんなドリンクを飲んでみました。

味ですか?

スイートポテトと言ってしまうと、スイーツとしてのスイートポテトに失礼です。やはり、ごくごく日本的な焼き芋、それもパサパサタイプではなく、しっとりタイプの焼き芋をすりつぶしてお湯で割ったような味でした。

うーん、こんな喩えだとものすごく不味かったように聞こえてしまいますね。そんなことはないです。でも、お茶というかお湯で焼き芋を喉に流し込んでいるような気分ではありました。