本を買う分水嶺

ちくま新書の『ヨーロッパ現代史』を読みました。

英仏独を中心に、ソ連(ロシア)とその他の地域を俯瞰しながら、戦後を十年ごとに区切って現代までを概観してる一冊です。若干、年代の記述がちぐはぐに感じられるところもありましたが、戦後のヨーロッパを一気につかめるという点では非常にわかりやすい本でした。

ところでちくま新書と言えば、少し前に『ヨーロッパ近代史』という一冊も刊行されていまして、もちろん、それも読みました。

こちらはタイトルどおり、ヨーロッパの近代を扱ったもので、扱っているのはルネサンスから第一次世界大戦までになります。

第一次大戦から第二次大戦までがすっぽりと抜け落ちていますが、ヨーロッパの近現代史をつかむには手頃な新書だと思います。だからこそ、ヨーロッパ史門外漢のあたしですら買って読んでみたわけですから。

ところで、ヨーロッパの近現代史を扱った通史としてはこんなものもあります。

力の追求(上) ヨーロッパ史1815-1914』『力の追求(下)ヨーロッパ史1815-1914』『地獄の淵から ヨーロッパ史1914-1949』の三冊で、これは《シリーズ近現代ヨーロッパ200年史》全4巻のうちの三冊になります。最終の第4巻は未完ですが、第二次世界大戦以後現代までを扱う予定です。

タイトルからおわかりのように、このシリーズは1815年以降から現代までとなり、ちくま新書の扱う時代とは微妙にずれています。しかし、最大の差はその価格ではないでしょうか?

  

ちくま新書は『現代史』が本体1100円、『近代史』が本体1000円であるのに対し、《ヨーロッパ200年史》の方は順に5600円、5800円、6200円(すべて本体価格)です。ちくま新書も新書としてはやや価格が高い方ですが、比べてしまうとやはり安いです。判型も新書判のちくま新書に対して、A5判と単行本としては大きなサイズですし、ページ数もかなりあります。

これだけの分量差があると、扱っている情報量には相当大きな差があるの当たり前で、それが価格にも反映されているわけです。そうなると、おのずから購買者も限られてきてしまいます。

ところで、あたしが中国思想や中国史を学生時代に学んでいたということは、このダイアリーを読んでくださっている方であればよくご存じかと思います。もし、これが中国史を扱ったものであれば、6000円前後する大著であったとしても、少し逡巡はしますが間違いなく購入すると思います。しかし、専門外のヨーロッパ史となると、ちょっと手が出ません。手頃な新書でお茶を濁してしまいます。

恐らく、多くの人にとっても同じようなことではないでしょうか? もし仮に《200年史》の方が2000円台だったとしたら、門外漢の人でも買ってくれるでしょうか? 安くても、やはりボリュームに尻込みしてしまうでしょうか?

一歩退いて考えれば、それぞれの本にそれぞれの読者がいるわけであり、ちゃんと棲み分けられていると考えることもありますが、やはり出版社としては本は売れてなんぼの世界です。売っても売っても赤字では困りますが、どの程度の価格であれば読者層が一気に広がるのか、非常に興味のあるところです。

新聞から三つほど

朝日新聞にこんな記事が載っていました。

大学出版会の刊行物が柔らかくなっている、ということでしょうか?

柔らかいというのは語弊があるかもしれませんが、確かにこの数年、学者・研究者を対象とした書籍と言うよりはもう少し一般的な読者も視野に入れたような本が目に付くようになったと感じていました。悪い言い方をすれば、大学出版会もきちんと利益を出さなければ行けなくなったということなのでしょうか? だとすると、大学が独立法人になったことと関係しているのでしょうか? そんなことを考えてしまいます。

しかし、私立はともかく、国公立の大学は、その学問の蓄積を国民に還元するのは当たり前のことで、大学出版会がその一翼を担うというのも当然のことなのかもしれません。

さて、次の記事は先日プリツカー賞を受賞した建築家・磯崎新さんの記事です。

磯崎新さんの名前は多くの人が知っていると思いますが、どんなものを設計したのか、どんな建物を作ってきたのか、実は知らない人が多いのではないでしょうか? かくいうあたしもその一人です。

受賞をきっかけに、磯崎さんの業績がこのようなまとめてもらえると門外漢にはとてもありがたいです。

そして最後に紹介する記事は、問題山積の出版界において焦眉の急ともいえる流通に関する話題です。

少し前に取次から言われていましたので、業界人は知っていたと思いますが、雑誌や書籍の到着が遅くなる、ということです。これまでも沖縄や北海道は週刊誌の発売が東京などより遅いと言うことはよく知られていたと思いますが、それが書籍も含め、そして九州と中国地方でもそうなるということです。

素人目には、中国よりも四国じゃないの、というツッコミを入れたくなりますが……。それにしても、これで少しは流通末端の負担が軽減されるのでしょうか。

あたしの勤務先の場合、書籍にしても雑誌にしても発売日指定をしているわけではないので、大きな影響が受けるとは思いませんが、お客様からすれば頼んだ商品の到着が遅くなるというのは嫌なことですよね? もちろん、いまだってお取り寄せグルメなど、全国の地区によって到着に要する日数に差がありましたから、意外とお客様も気にしないのかもしれませんが。

業界のこと2件@朝日新聞

昨日の朝日新聞に載っていた記事です。

既に報じられていたニュースですが、やはり朝日のような主要紙が取り上げるとインパクトも大きくなります。

記事にあるように、確かに賛否両論あるでしょうし、再販制がどうなってしまうのか、学術書(専門書)は今後も出版していけるのか、将来に対する不透明感は増すばかりです。

しかし、意外と業界外からの風にさらされることで低迷する出版界のブレイクスルーが起きるのかも知れませんし、これだけネットが盛んになっている現在、「紙」という媒体にどれだけこだわり続けていられるのか、ということも考えずにはいられません。

そんな出版界ですが、右は今日の朝日新聞です。

いま最も有名な書店員と言ってもよいのかもしれません、三省堂の新井さんが登場しています。

業界内の人間からすると以前から新井さんがやっていることであって目新しいものではありません。このタイミングで朝日新聞が大きく取り上げたのはどういう意図があったのでしょうか?

新井賞は極端だとしても、本屋大賞的なものは日本各地それぞれの土地で行なわれていますよね。そういう各地の書店員の奮闘ぶりも順次取り上げてくれるのでしょうか?

金銭的な補助が増えるといいなあ

昨日の読売新聞夕刊の一面にこんな記事が載っていました。

目や耳の不自由な人も読書を愉しめるようになるのはよいことだと思います。そう言えば、このところテレビのCMでは本は読むのではなく聞こう、といったのが流れていますね。子育て中の母親という思わぬ需要を掘り起こしてしまったようですが、それはそれでよいとして、本来こういった図書を必要としている人が、十分とは言えないまでも、そこそこは愉しめるようになってほしいものです。

少し前に、図書館流通センターの倉庫見学というものがありまして参加してきましたが、大活字本というのがたくさん並んでいたのに驚きました。目の不自由な方だけでなく、お年寄りなど、図書館では火なりの需要があるのだとか。

実際、点字や録音図書を作るのは、そもそも通常の本ですら儲からない出版業界では、各社単位で取り組むのはほぼ不可能ですから、こういう風に政治が動いてくれないとどうしようもないですね、情けない話ですが。

中世とはいつからいつまでか?

来年、ちくま新書で『中世史講義 院政期から戦国時代まで』という新刊が刊行されるようです。ちょっと気になります。刊行されたら読んでみたいと思っています。

ところで書名は「中世史講義」となっていますので、日本の中世を扱った通史のようなものだろうと予想できますが、副題が「院政期から戦国時代まで」とあります。扱っている時代を具体的に書いてくれているわけですね。ありがたいです。

あたしは、細かな日本史の時代区分について学界の見解がどうなっているのか知りませんが、漠然と平安までが古代、鎌倉・室町が中世、戦国から江戸が近世、明治大正昭和初期が近代、戦後が現代と意識しています。若干の相違はあっても多くの日本人もこんな感覚では無いでしょうか。

で、疑問が一つ。

この中世とか近世、近代っていつまで使われ続ける概念なのでしょう? 戦後が既に70年を超え、若い人の感覚では昭和時代が「現代」とは思えないのではないでしょうか? となりますと、平成以後が「現代」ということになるのでしょうか? では、そうなると戦後の昭和はどうなるのでしょう? 「現代」から「近代」に変更になりますか? そうなると明治大正昭和初期が「近世」になってしまうのでしょうか?

古代や中世、近世が数百年単位で数えられていることから考えれば、戦後が70年程度で「現代」ではなくなるのは言いすぎかも知れません。でも、今はともかく、50年や100年たっても現代の時代区分は変わっていないのでしょうか?

商売柄、書店店頭で人文の世界史のコーナーと社会の海外事情のコーナーをしょっちゅう行ったり来たりしているので、ふと、そんなことを考えてしまいました。

安くならない理由の一つ?

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

何でもかんでもろくに議論せず強引に通してしまう自民党・安倍政権。その弊害がこんなところにも現われているようです。

著作権の保護期間が延びることによって、原作者の子孫に金銭的なものが残せる、と言われますが、それなりの金額の著作権が、死後何十年にもわたって毎年発生するほどの原作者がどの程度いるのか、実際にはほとんどいないと聞きます。

その是非はともかく、あたしの勤務先のような出版社からすると海外の作品を翻訳出版する時にどうしても価格が高くなってしまう理由の一つになります。このと十数年目につく「古典・名作の新訳」も著作権が切れていればこそ各社が競って刊行できるわけで、なおかつそれほど高い価格にならずに作ることもできます。

それが延長されてしまうと、「来年には著作権が切れるから新訳を出そう」と考えていた出版社としては尻込みしてしまいますよね。寿命が延びているからというのも、延長の理由としてそれほど有効なのか、あたしは疑問を感じます。

やはり文庫本の方が売りやすいのでしょうか?

つい最近読んだ、角川文庫の『京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道』ですが、これは『京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ』の続編になります。ただし、これはもともと『クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ』というタイトルの単行本を文庫化したものです。続編は単行本は刊行されず、いきなり文庫本で登場したわけですね。

 

考えてみますと、最近はこういうタイプを時々見かけます。

碧野圭さんの『書店ガール』シリーズも最初は『ブックストア・ウォーズ』という単行本だったのですが、『書店ガール』と書名を変え、なんと出版社まで変わって、その後人気シリーズになりました。

  

他にも、個人的に気に入って読んでいた『乙女の花束』と『乙女の初恋』は単行本で読んでいたのですが、その後「三冊目が出ないなあ」と思っていたら、第三弾の完結篇は『乙女の翼』というタイトルで、文庫として出ているではないですか! そして案の定、最初の二冊も既に単行本ではなく、三冊目と同じ文庫レーベルで刊行されています。

 

 

恋都の狐さん』のシリーズも第二弾『美都で恋めぐり』までは単行本で読んでいたのですが、その後ちょっとチェックを怠っていたら、なんと現在は第四弾まで出ています。ただし、こちらは第四弾はまだ単行本のみで、文庫にはなっていないようです。

あたし自身は、やはり単行本の方が好きです。ただ、こういう営業回りの移動の車中で読むのにちょうどよい本は文庫本の方が手軽だなあ、とも思います。どちらがよいのか難しいところです。

さてさて……

六本木に新しくオープンする書店「文喫」の内覧会へ行って来ました。

「文喫」書いてある看板の上の方、白い帯状のところ、よーく見ると「AOYAMA BOOK CENTER」という文字がうっすらと残っています。

はい、ここはもともと青山ブックセンターの六本木店があった場所です。建て直したわけではないので、青山ブックセンターの頃の階段の位置などはそのまま残っています。

公式ウェブサイトでは「本と出会う本屋」を謳っているようですが、なにせ有料の施設です。座り心地のよさそうな椅子とコンセントのあるテーブルが用意されていますので、ちょっとしたワーキングスペースと考えるべきなのかも知れません。その時に、資料としてふんだんに本が置いてある、というわけです。

できる大人のラグジュアリースペース、という雰囲気が醸し出せればうまくいくのではないでしょうか? ただ、場所柄、時々日本にやってくる外国の方がも多いと思います。かつてあった青山ブックセンターのつもりで、「日本に来たから本でも見ていこう」と思って入ったら入場料を取られた、なんてトラブルも起きるのではないかな、という不安もあります。

以前も似たような企画がありましたよね?

昨日の朝日新聞夕刊。

文庫本にカバーを掛け、タイトルも著者もわからないようにして、ただし、帯だけはその上から掛けてどんな本なのかはわかるようにして売る、そんな企画です。

文庫本のこういった企画、以前からありましたよね。こういうので売れるわけですから、買う方はちょっとしたゲーム感覚なのかも知れません。

ただ、出版社側からすると、これまで以上に帯のキャッチ、ジャックに気を遣わないとならなくなります。まあ、そもそも帯の惹句が不出来なものはこのフェアの選書からも漏れているのでしょうけど……

でも、何よりも肝心なのは、「ここの書店の人が選んだ本なのだから、どれを引いてもハズレはないはず」というお客様からの信頼があってのことだと思います。さわや書店が地元で培ってきた財産なんでしょう。

しかし、どうなんでしょう?

いまの読者の方って、こういう仕掛けを作らないと本を選べないのでしょうか? 自分で帯の惹句や装丁、目次やあとがき、最初の数ページでも読んでみて、自分で判断するってことできないのでしょうかね?

いずれにせよ、文庫なんて出しておらず、軒並み数千円するような本ばかり出しているあたしの勤務先では無理な企画ですが……

「朝」より「韓」なのね

小学館から『小学館 韓日辞典』という辞典が刊行されました。

読んで字のごとく、韓国語の辞典です。ただ、小学館はこれまで『朝鮮語辞典』という辞典を出していたので、どういう関係なのかと思ってサイトを見てましたら、

本辞典は好評を博した『朝鮮語辞典』の改訂新版です。最新の正書法に基づき内容を25年ぶりに一新しました。

とありました。つまり、タイトルまで変えてしまった改訂版だそうです。

それにしても、韓国語の学習参考書の世界、《朝鮮語》を標榜するものが非常に少数です。しかし、書名に朝鮮語とあるものも出版されていますから、書店店頭では「韓国語」と「朝鮮語」が混在しているわけです。あと、ハングルという表記も頻出します。

言語としては韓国語も朝鮮語も同じですから区別する必要はないのですが、店頭の棚プレートなどを見ていますと、わざわざ「朝鮮語」というプレートを作って、書名が「朝鮮語」のものをそこに集めている書店もあります。考えてみるとおかしな話です。

ただ、「朝鮮語」という字面は、どうしても「北朝鮮」を連想させてしまい、イメージがよろしくない、というのが販売戦略的にあるようです。特に旅行会和書などは、まず北朝鮮へ行く一般人などいないわけですから、タイトルが「韓国語会話」になるのは理解できます。しかし、一般の文法書まで「韓国語」になってしまうのはどうなのか、という気がします。