まだまだ改善の余地はありますが……

今朝の朝日新聞の声欄に載っていた投書です。

本屋に欲しい本を注文してから届くまで時間がかかりすぎるというご指摘。

昔からよく聞く意見です。投書主はかつて書店で働いていたことがあるような書きぶりですから、書籍の流通事情はよくご存じだと思いますが、それがこの十数年一向に改善されていないことへの不満のようです。本屋で注文したら「1週間から10日かかる」と言われたけれど、自宅からネット書店に注文したら2、3日で届いた、とも書いてあります。

ここで誤解のないように書いておきますし、多くの方も勘違いされていると思うのですが、「ネット書店だと2、3日」というのは「たまたまネット書店に在庫があった」からの話です。ネット書店をリアル書店に喩えるなら、「ネット書店の(倉庫に)在庫があった」というのは「書店店頭に本があった」ということと同じです。だったら、2、3日かかるネット書店よりも、その場で買って持ち帰れるリアル書店の方が早く手に入ることは自明です。

ネット書店の倉庫は、都会の大型書店などもかなわないくらいの広さです。だからありとあらゆる本を揃えておけます。ネットだからお客は全国(全世界?)からやってきますので、どんな本にだって買い手がいるでしょう。しかし、街の書店はそんなスペースはありません。お客も近所の方ばかりです。そうなると、その近所で売れそうな本だけを置いておくようになるのは当たり前のことです。

もちろん品揃えで新しい客を生むという効果もありますが、それで成功するのはかなり難しいですし、ハードルは高いです。都会ならまだしも、周囲の人口が絶対的に少ない地方では客を生むにも限界があると思われます。

書店に限らず、ネット商店は基本的に小売店です。どんな業界でも原則としてメーカー、問屋、小売店という流通になっていますが、その業界の商品を小売店がすべて在庫しているなんて無理ではないでしょうか。例えば、家電量販店。ビックカメラとかヨドバシカメラとかは品揃えの豊富さ(と安さやサービス)を競っていますが、テレビなどは海外ブランドを含めてもメーカーの数は数えられるほど、各メーカーが販売している製品だって季節ごとに10種類あるかないかでしょう。となると、大型店であれば、それらをすべて在庫するのは可能かも知れません。

しかし、本屋はどうでしょう? 出版社の数はそれこそ数え切れないくらいあります。出版物の数は毎日毎日山のように出ています。家電のようにある季節に新製品がまとめて出るわけではありません。そんな業界の商品を全部用意しておくなんてできるわけがありません。なので、ネット書店、たとえばアマゾンだって倉庫に在庫していない本はたくさんあります。全出版物で考えると、むしろ在庫していない本の方が多いでしょう。

ネット書店だって在庫していない本は(原則として)問屋経由で出版社から取り寄せますので、リアル書店とかかる日数に差はありません。ネット書店の倉庫に在庫がなければ、アマゾンだって1週間から10日はかかります。もし出版社が在庫を切らしていたら、10日待っても届きません。むしろ街の書店の店頭に在庫があるときに買った方が早いし確実です。

ネット書店は、倉庫に在庫があるものに関しては確かに早いです。もちろん街の本屋でその場で買っていくよりは遅いのは当たり前ですし、上述のように倉庫に在庫がなければ街の本屋と変わりません。しかし、そういうところは巧みにオブラートに包み「ネット書店は早い」というイメージを消費者に植えつけることに成功したアマゾンはやはり後者だと言わざるを得ません。だからあたしは、声を大にして「アマゾンは決して早くない」と言いたいし、言っているのですが……

上述のように、出版業界の特徴として多品種があるわけですから、アマゾンをはじめとしたネット書店がどんなに大きな倉庫を作ったとしても対応することは不可能でしょう。いや、東京ドーム何百個分の倉庫を作ればできるのでしょうか? それこそ業界を挙げて、「どこかに巨大な倉庫を作り、そこにすべての出版社のすべての本を在庫しておくようにして、すべての書店はそこから仕入れるようにする」となれば解決するかも知れませんが、さまざまなてんで現実的ではありませんね。

しかし、十数年経っても改善されない流通に関しては、何とかする余地はあると思います。実際には少しずつ改善はされていて、都内などでは月曜日に(書店が)発注した本が金曜日に(書店に)届く、というケースも出て来ています。これなどは流通の改善によって可能になったことです。

もう一段階進めば、全国的にこの程度の短縮は可能になるのではないかと思いますし、それを目標に業界なりに努力はしているということは知ってもらいたいところです。遅々としていはいますが。

学問の府

大都会・東京の中でも若者に特に人気のある街・渋谷。そこからほど近い場所に位置する青山学院大学。「アオガク」の愛称、おしゃれな雰囲気は以前からとても人気でした。特に女子人気は高く、テレビ局のアナウンサーにもアオガク出身者は多いはずです。

そして、ここ数年は箱根駅伝での活躍によって、スポーツでも強豪校と呼ばれるようになってきました。正月には、毎年のように苦汁を嘗めさせられている東洋大学出身のあたしとしては、なんとも小憎らしい学校でもあります(笑)。

そんな青山学院大学の書籍売り場がこのほどリニューアルいたしました。

そのオープニングセレモニーが昨日行なわれたので行ってきました。正門横の校舎の一階、書籍売り場も広くなりましたが、カフェも併設した明るい店内です。これまでの売り場は、青山学院大学の規模からするとやや狭かった印象を持っていましたが、今回は学問の府にふさわしい書籍売り場を作るという大学側の意向もあって、このようなリニューアルされたそうです。

あたしの印象では、昨今の大学学内の書籍売り場は縮小傾向が続いてたと思います。書籍売り場がなくなったところまでは聞きませんが、行くたびに書籍の棚が減って、文具や「頭脳パン」の売り場が広がっているところが多々ありました。そんな中、アオガクのように書籍売り場を少しでも充実させようというのは出版社としてはありがたいことです。

これまでの経験に照らしますと、大学内の書店(大学生協とかブックセンターとか)って大きな大学だから広い、小さな大学だから狭い、と一概に言えるわけではありません。かなり大きな総合大学でも、「えっ、これしかないのですか?」と言いたくなるようなところはたくさんあります。もちろん大きさだけではなく品揃えも大事ですが、何より肝心なのは立地だと思います。

学内で、やはり学生の日常的な動線上にあると書店も賑わいます。それに対して敷地の片隅にぽつねんと立っているような書籍売り場は誰も行こうとしないものです。外れの方にあっても、事務棟のそば、食道と同じ建物、といったプラスの要素があればまだマシですが、そういった利点がないと、本当に誰も行かなくなるものです。

また、学生がどれだけ書籍売り場を利用するかという点に関しては、教科書販売を除くと、その学校の先生方がどれだけ書籍売り場で本を買っているかに左右されると思います。先生がよく利用している書籍売り場は学生もよく来るようですが、先生がほとんど来ないお店は学生も来ません。そういう相関関係は感じられます。

都心にあって、人気も高い、全国区の有名大学が、今回のような攻めの取り組みをしていると、他の大学にも影響を及ぼすのではないでしょうか? もちろん、これを成功させるというのが前提条件でしょうが、そのためには出版社にもやるべきことがあるのだろうと思います。

新宿での戦利品、鹵獲品?

新宿の紀伊國屋書店の店頭で配布されていました。

左は人文書コーナーにあった、ハンナ・アーレントおペーパー。右は文芸書コーナーで開催中の筑摩書房と河出書房新社の文庫フェアの小冊子です。

二社の文庫コラボフェアでは、紀伊國屋書店のみの限定復刊を行なっている模様です。うーん、こういうことが出来るのは、大手出版社だからでしょうか? それとも紀伊國屋書店という大型ナショナルチェーンだからでしょうか?

小さな出版社が街の本屋さんと、こういうフェアをやったとしても「限定復刊」なんて出来ないですよね? とはいえ、最低限どのくらいであれば可能なのでしょうか? 制作部数とか販売できる店舗数とか、という意味です。

上の写真はアーレントのペーパー。広げると関連書籍の書影をカラーで掲載しています。書影も紹介文も各社のサイトからコピペすれば簡単にできそうですが、こういうものを作るのって、意外と手間がかかるものです。なかなかの力作です。

で、アーレントのチラシの表をよく見ると、隅っこにこんな文字がありました。「日本出版販売株式会社」とあります。出版界の二大取次の一つ、日販ですね。そこの人文書担当者が作ったペーパーのようです。日販の方、なかなかやるじゃないですか!

しかし、その上には紀伊國屋書店のウェブサイトでも展開しているようなことが書いてありますので、このペーパーもあくまで紀伊國屋書店向けに作ったものなのでしょうか? あるいはこの部分だけ消して、他の書店にも配布されているのでしょうか?

地方だけの問題なのでしょうか? 都会だって深刻な地域があるんですよ!

朝日新聞の一面にこんな記事が!

ページをめくると更に関連記事も載っていました。

書店が一つもない自治体という記事、これまでにも何度か載ったことがあるような気きもしますが、改めて一面に出した意味は奈辺になるのでしょう?

それはともかく、自治体で数えるのもいいですが、人口比ではどうなのでしょう? 東京では銀座から新橋にかけて書店がほぼなくなってしまいました。人口比で考えるとかなり深刻な問題です。

それに東京をはじめとした大都市では、駅前再開発などがなされると、もう新しいビルには家賃が高すぎて書店は出店できないという問題もかなり深刻だと思います。書店が減っているというと地方ばかりがクローズアップされますが、都会も実は深刻な地域があるということです。

単純に本に触れる機会ということであれば、図書館の充実度も合わせて考えないと不公平な気もしますし、形としての本ではなく中味としての本について考えるなら電子書籍についても顧慮しないと、やはり中立ではないような気もします。

書店が街にないなんて……

という記事はしばしば目にしますが、結局、本屋に限らず、その商店の商売が立ち行かなくなったのは地元の人が利用しなかったからですよね。冷たく言ってしまえば、自縄自縛なんだとも思います。

だから、書店を復活させたからと言って、結局街の人が利用しなかったら数年後、否、数ヶ月後にはまた閉店するのは目に見えていると思います。となると、地方をどうするか、均衡ある国土の発展とはどうあるべきか、そんなことも考えないとならないのかな、という気がします。

きっと何か企んでいるはず!

他の本と併読しているので、まだ半ばを過ぎたくらいなのですが、『異形の愛』が面白いです。

出版元である河出書房新社は、最近では『サピエンス全史(上)』『サピエンス全史(下)』のヒットがよく知られていますが、海外文学でも注目作品が目白押しです。

 

この『異形の愛』と、実は密かに相通じるものを感じているのが、『愉楽』と『こびとが打ち上げた小さなボール』という、河出書房新社の海外文学作品です。

 

三作とも、障害者など差別された存在、虐げられた存在にスポットをあてた作品で、このような作品を続けざまに刊行するとは、きっと同社の編集部は何かを狙っているのだと、あたしは密かに疑っているのです。

そんな河出書房新社ですが、文芸部門だけでなく、人文部門でも『えた非人』という本を刊行していて、あたしの疑いはますます強まっていました。

 

そして、最近も『賤民にされた人びと』『被差別の民俗学』を刊行しているわけですから、もうビンゴですね。これは人文・文芸両方の編集部が足並みを揃えて刊行しているとしか思えません。

もともと民俗学的な書籍の刊行は盛んな版元だと思っていましたが、どちらかというと風俗的なものがメインだと思い込んでいました。これはきっと何かある、そんな気がしているのあたしだけでしょうか?

それとも目敏い方からは「今ごろ気づいたの?」と言われてしまうような案件だったのでしょうか?

図書館の民営化?

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

公立図書館の二割が民営化されているということらしいです。記事では民営化がよいのか否か断定はしていませんし、直営だからこそのよさも指摘されています。記事中にもありますが、古本屋から書籍を購入することが悪いとは思いません。新刊本で手に入るのに古書業者から購入するのは問題だと思いますが、既に版元品切れで、古書でしか手に入らない書籍というのもあります。図書館として揃えるべき書籍は必ずしも新刊とは限りませんから、やむを得ないだろうと考えています。

喫茶コーナーを併設というのも、本に親しんでもらうという点ではありだと思いますが、儲けようという狙いが透けて見えてしまうとイヤですね。やはり本に対する愛情というか、そういったものがベースにあって欲しいです。

35億とは言いませんが、3000だって盛りすぎじゃないかしら?

今朝の朝日新聞。

出版社があの手この手で新刊をなんとか売ろうと努力している事例の紹介のようです。あえてこんな記事にしなくとも、各社TwitterやFacebook、Instagramなどを利用したPRはかなりやっているのではないでしょうか? もちろん出版社によって熱の入れ方は異なりますし、そもそものウェブサイトの作り込みにもかなりの差があるように感じられます。

そんな中、早川書房の取り組みが下の写真。

本文の一部を公開して、事前に読者に読んでもらうのだそうです。これってどのくらいの読者が熱心に読んでくれるのか、そこが最大の関心事でありネックです。公開したはよいけれど、そこそこアクセスはあるみたいだけれど、一向に具体的な反応が返ってこない、ということになるのが関の山という気もします。

タイトル募集するのに、結局応募してきた人が十数人ではマズいでしょうから、まあなんとか60人は集めたようですが、仕込みも多少はあるのでしょうね。海外文学の場合、元出版社との権利の問題もありますから、あまりたくさんの分量をウェブ公開するわけにもいかないと思いますが、意見を求めるにはそれなりの分量を公開しないとならないでしょうし、そのさじ加減が難しいところです。

しかし、この記事の中、海外文学ファンは三千人ほどと書いてあります。「それだけしかいないの?」と思った方と、「そんなにいるの?」と思った方と、どちらが多いでしょうか? あたしの感覚では「そんなにいない」っていう感じなのですが……

学生さん、とにかく教科書は買いましょうね!

昨日は午後から大学生協のセミナーでした。書籍部門担当者が集まって、生協で如何に書籍を売り伸ばすか、という勉強会です。書店でもチェーン店ではこういったジャンルごとの勉強をやっているという話も聞いたことがありますが、ここまで大規模なものはほとんど聞いたことがありません。

 

さて、最初は吉見俊哉さんの講演。同誌の著書『大学とは何か』『「文系学部廃止」の衝撃』を踏まえたお話でした。時間の関係で最後の方が駆け足になってしまったのは残念でしたが、興味深い内容でした。講演の柱だけまとめておきますと

1)「文系学部廃止」報道の虚実 2)大学の現在 3)大学の死 大学の再生 4)出版の爆発 出版の危機 5)「文系」は役に立つ 6)大学のゆくえ 本のゆくえ

という内容でした。

この講演の引き続き、各生協の事例報告。今回は教科書販売の取り組みがテーマで、山形大学生協と近畿大学生協の方がそれぞれの取り組みについて報告されました。それを受けてと言いますか、生協連の若手の方々のパネルディスカッションが続き、今日は分科会的に分かれて議論をされているのだと思います。

いくつかの報告を、聞きかじりのメモを元にまとめますと、大学のクォーター制に合わせ教科書も薄いもの、簡単なものが求められているとのこと。またそれに伴い、安い教科書の需要が高まっているようです。厳密にクォーター制になったら、生徒は年に4回も教科書を買わなければならなくなるわけですから、金銭的な負担もバカにならないですよね。先生もそのことは意識していて、たぶん出版社も考えないとならない点だと思います。ただし、このクォーター制は全国的に見るとまだまだ過渡期で流動的な要素も大きいので、もう少し様子を見ないとならない、というのも事実だと思います。

他には、教科書展示会なる催しを実施している生協がいくつかあることを知りました。不勉強で昨日初めて知ったのですが、つまりは生協店舗内なのか別に会場を借りるのかはわかりませんが、ともかく出版社から出ている教科書を集めて並べ、教員の教科書決定(=採用決定)の参考にしてもらおうということらしいです。

出版社から見ると、「個々の先生には献本として教科書の実物を送っているわけだから…」という意見もあると思います。実際にその展示会で採用を決める先生がどれくらいいるのか、まだまだ少数のようですし、ある大学生協では8月か9月に展示会を開催予定とのことですが、来週からの採用を予定している新刊教科書が夏の時点で出来上がっている出版社がどれほどあるでしょう?

ちょっと否定的な書き方になってしまいましたが、生協での教科書展示会が一般化し、そこで採用品を選ぶのが教員の側でも普通のルーチンとなってくるようであれば、出版社側もそれに間に合うように教科書を作るようになると思います。もちろん売れ行き良好なら既刊でも展示会に並べればよいと思いますし、これによって個々の先生への献本が減らせるのであれば、出版社にとってもありがたいとは思います。

また実際の教科書販売では、とにかく短期間に学生の購入が集中するわけなので、待たせない、迷わせない、すぐ買える、という3点が重要なようです。生協によっては教科書販売所を別途も受けているところもありますが、層で内政教も多数あります。教科書の種類は講義の種類だけありますし、学生の数だって千をもって数えるほどいます。それがわずか一週間か二週間で動くのですから、まさに生き馬の目を抜く状況でしょうね。

レジを増やしたり、生協用のプリペイドカードを導入したり、やれる限りの努力を傾けている様子がうかがえました。教科書販売が生協の売り上げのかなりの割合を占めるからとはいえ、こんな風に本を売ること、読者(学生)に届けることに必死になっている方々が大勢いることに出版社としては大きな勇気と希望をもらったような気がした半日でした。

今年の夏はいつもと違う

昨夕は、神楽坂で業界団体の納涼会でした。

毎年この時季に行なわれる、夏の風物詩です。

参加社は、主催者発表で150名ほど。この数年来、毎年のように参加していますが、実のところ半分以上の人は、所属も名前も知らない方ばかり。それでも「なんとなく、顔に見覚えはあるなあ~」という方々も若干は……(汗)

立食パーティーの会場では全員首から名札をぶら下げているので、改めて顔と名前を確認している自分がいます(笑)。「ご無沙汰ですね」などと話しかけられても、これもやはり半分以上の方は「あなた、誰?」という状況なんです。

年々記憶力が落ちている上に、覚えようという気がさらさらないので困ったものです。が、やはり毎年のように出ていると、知らぬ間に覚えている方もいるのですから、人間の能力というのは不思議なものです。

さて、この会、毎年この時季に行なわれると書きましたが、毎年、神楽坂祭りと重なります。あたしがお祭り嫌いなのは、このダイアリーで何度も表明しているので今さら述べるまでもありませんが、この神楽坂祭りと重なると、飯田橋駅から会場までの道のり、つまり神楽坂ですが、ここが大混雑になります。歩くのもひと苦労です。

人が多いところへ持ってきて、歩道には屋台がずらりと並ぶわけですから、ますます歩くスペースが狭くなります。人混みをかき分け会場へ向かい、会が終わった後も再び人混みをかき分け駅へ向かうのです。これがイヤになります。

が、今年は神楽坂祭りが来週開催のようで、昨夕は人混みはほとんどなく、いつもの週末の夕景と変わらない状況でした。「これなら歩きやすい」というわけで、人混みに揉みくちゃにされることなく、納涼会を楽しんだというわけです。

文庫の手軽さは理解できますが……

朝日新聞の岩波文庫記事の最終回。

文庫は手軽であるということのようです。確かにその通り。気が向いたら手に取って、なんなら買って読んでみる、それが文庫本の醍醐味だと思います。

だからこそ、そういう文庫まで図書館で借りて読んでいる人が増えている昨今の状況、つまり不景気ってことですが、そんな状況なんとかならないものか、と思ってしまいます。

文庫(や新書)くらい、借りずに買ってよ、というのが本音ではありますが、本を買う金はないけれど、それでも本を読みたいんだ、という気持ちもわかりますし、そういう気持ちは大事にしたいところです。でも、やっぱり、ちょっと高い単行本ならいざ知らず、文庫なんだから……。いや、最近は文庫もかなり高額になりましたね(汗)。

それとは別に、古典などが文庫になるのも悪いことではないものの、書店における棚作りとして見たときにはどうなのかな、という気もします。

本屋の場合、基本的にはジャンルごと日本が並んでいるわけですが、文庫や新書はジャンルではなく、「○○文庫」「△△新書」という括りで並んでいます。その方が店員も管理しやすい、というメリットはわかります。

でも、そうなると岩波文庫の西洋哲学の古典が人文書の棚にはなくて、岩波文庫のコーナーで探さないとならなくなります。書店によっては文庫もその内容に従ってジャンルごとの棚に置いている店舗も散見されますが、単行本の中に文庫本を混ぜて置くと埋もれてしまったり、棚の高さが無駄になったり、なにかと不都合も出てきます。

いま「不都合」と書きましたが、あくまで書店の棚管理上の不都合であって、そのジャンルの本を捜しているお客さんからすれば、単行本も文庫も新書も関係なくて、そのジャンルの本は同じところに置いて欲しいと思うものではないでしょうか?

本屋に慣れていない人が、例えば夏目漱石の『坊っちゃん』を買おうと思って本屋に来たとします。夏目漱石なんだから「文芸」とか「文学」のコーナーに置いてあるだろうと予想をつけて行ってみたけれど、いくら探しても見つからない、「夏目漱石の…」といった周縁の本は「評論」という棚に置いてあるけれど、いくら探しても『坊っちゃん』は見つからない。そんな状況がいまの本屋です。

もちろん店員に聞いたり、店内の検索機を使えば、適当な文庫に収録されている『坊っちゃん』がヒットするでしょう。仮に存在するとしても、最低でも1000円以上はする単行本よりも文庫本があるなら、このお客さんにとってはその方がありがたかったと思います。でも、やはり「文芸」の棚で見つからないということに関しては忸怩たるものがあるのではないでしょうか?