かなり短絡的に歴史を鑑としてみる

中公新書『ヴィルヘルム2世』の中にこんな部分がありました。

ドイツの経済的躍進は、ドイツの側でも人びとの心性に大きな変化をもたらした。ドイツ人には元来、イギリスやフランスに対する劣等感が根強い。これら西欧諸国の文明的洗練に比して、自分たちの生活習慣や文化は粗野だという引け目である。ところが今、その自分たちは目覚ましい発展をなしとげた。諸外国からも賛嘆されるほどの成功である。だとすれば、われわれは何も他国に遠慮することなどあるまい、自信をもって、もっと堂々とふるまってもよいのではないか--そう人びとが考えるようになるのは自然の趨勢である。(P.121)

この箇所のドイツを中国に、イギリスやフランスを日本に置き換えると、改革開放以後目覚ましい経済成長を遂げた中国によく似ているなあと感じるのはあたしだけでしょうか?

さらには

つけ加えておきたいのが、先に述べた、国をあげての自信過剰という時代の雰囲気である。ビスマルク外交は一言でいえば、自制の外交であった。しかし、人びとの間に国民的自信が沸きたってくると、発想が変わっていく。国力に見合った権益を求めても当然ではないか、という考えが生じる。外相だったビューローが一八九七年に議会演説で述べたように、われわれドイツにも、他のヨーロッパ諸国と同様、世界のなかで「陽のあたる場所」を求める権利があるはずだ、と。(P.125)

とも書いてあります。これなども鄧小平時代の中国と習近平時代の中国のことを書いているのではないかと錯覚してしまうような文章です。そして、ヴィルヘルム2世は海軍の建設に邁進します。これなども国産空母を建造し、介与進出を活発化させる現在の人民解放軍と重なるところを感じます。

安倍政権以来の日本の動きを戦前に戻っている、戦争への道だと表現する人がいます。それはそれでそれなりの妥当性を感じますし、あたしなども第一次大戦後のドイツの歩み、ヒトラーやナチの台頭などはこのところの自民党政治と重なるものを感じます。

歴史を鑑とするということは大事な人類の知恵だと思いますが、こうしてみると第一次大戦前のドイツが最近の中国と重なって見えてくるのは不思議なものです。

たまには「カワイイね」と言ってもらいたいお年頃?

コミック『ゴールデンカムイ』が人気だそうですね。そのお陰で、あたしの勤務先の『ニューエクスプレス アイヌ語』がよく売れているんです。

「カムイ」と言うくらいだからアイヌのお話なのはだいたい察しが付きます。社内でも多くの人間がコミックにハマっています。これだけみんなが読んでいるなら、あたしは読まなくてもいいや、と持ち前の天の邪鬼を発揮しているあたしです(汗)。

が、アイヌと聞くと思い出すことがあります。

上の写真、いきなり出されても何が何だかわからないと思います。

誰だと思いますか?

あたしです。

えっ、うそ!

と言いたくなる気持ちもわかりますが、あたしが幼稚園児のころの写真です。

格好を見ていただければおわかりのように、お遊戯会でコロボックルの扮装をしてダンスをしているところです。衣装は母親たちの手作りだったのではないかと思いますが、いかにもアイヌな意匠ですので、布は幼稚園で用意してくれていたものだと思われます。それを各保護者が縫ったというところでしょう。

で、そういう昔話を聞いた上で、もう一度上の写真をご覧ください。

どうです、カワイイでしょう?

お世辞でもいいですから、褒めてください!

少し夜更かししています

昨日は早々と床に入ってしまい、読書をするもすぐに睡魔に襲われて、8時すぎには夢の中。

かなり変な夢を見たのですが、それはおくとして、早く寝すぎたためか、今朝は2時半ころには目が覚めてしまい、しかし、いくらなんでもこんな時間から起き出すわけにも行かず、布団の中でしばしまどろみ、結局、3時半すぎには起きてしまいました。

そんな本日は、人文会の年次総会とその後の懇親会。帰宅したのは10時前でした。

いまは10時半を回ったところ、なぜか睡魔は襲ってきませんが、そろそろ寝ないと明日がつらいです。

そもそも、懇親会が終わったのが8時半。ふだんなら、とっくに布団に入っている時間です!

人生初の「肩たたき券」を作ってみた!

今日は母の日だそうで……

わが家では昔から母の日も父の日も特に何かをするという習慣はありません。母の誕生日が4月、父の誕生日が6月だったので、あまりにも誕生日と近いということが理由の一つですが、だからといって誕生日に何かをしたという記憶や思い出もなく、子供のころから花の日も父の日もスルーしていました。

バレンタインデーと同じく、どこぞの大企業が自社製品を売らんがために仕掛けた策略に乗ったりはしないのです! 少しでも金を使わせようという、国を挙げてのキャンペーンが、バレンタインデー、ホワイトデー、クリスマス、桃の節供に端午の節句、とにかくこの国は多すぎる気がします。

とはいえ、親孝行したい時に親はなし、と言いますし、現に父はとっくの昔に亡くなっていて、母だって70代半ば。親孝行をしたいと意識したことはないのですが、ここらで何かしてみるかと、上のように人生初、母の日の定番「肩たたき券」をこさえてみました。

これを裏が白の広告チラシにでも印刷して切った渡すとしますかね?

リュックについて

このところ、通勤電車の車内でリュックを背中に背負っている人が増えた気がします。

いえ、リュックですから背中に背負うのが普通のなのですが、混んだ電車の中では背中ではなく前に背負うようにするのがマナーです。ちなみに「前に背負う」って文字だけ見るとおかしいですね?

閑話休題。

あたしが観察するに、背中に背負ったままの人って、この春から社会人になったとか大学生になったとかで、初めて都会の混んだ通勤電車に乗ったような人が多い気がします。つまり、これまではそんな機会がなくリュックは常識的に背負っていて、そのまま電車に乗り込んでいるというわけです。

これが都会の混んだ電車ではマナー違反だということがわかっていない、というよりも、そもそも知らないのでしょう。春先は、車掌さんも少しアナウンスして注意喚起した方がよいのではないかと思います。

かくいう、あたしもリュックではありませんが、仕事柄大きな鞄を肩から提げていまして、背中のリュックと肩掛け鞄と、どちらが通勤電車の中で迷惑なのかと問われれば似たり寄ったりかも知れません(汗)。

というわけで、あたし自身はリュックに文句を言っているのではなく、それを背負ったまま、通路をリュックが塞いだままにして平気でスマホをいじっているような人のマナーに対して不満があるだけです。それぞれ仕事柄、大きな荷物を持って満員電車にならなければいけない事情があるでしょうから、鞄が大きいというだけで文句を言うつもりはありません。

さて、実はあたしも、そろそろ肩掛けではなくリュックに変えたいと思っているのです。肩掛けはどうしても利き腕ならぬ、利き肩がありまして、ほとんどの人がどちらかの肩でカバンを背負っていますよね。ですからジャケットなども片方だけが擦れてしまいますし、そもそも肩こりや体の歪みに繋がってしまうと思うのです。そういうこともあってリュックタイプのカバンにしたいと思っているのですが、なかなかこれというのが見つかりません。

書類などの出し入れを考えると、フニャッとした柔らかい素材のリュックは使いづらいのです。ある程度型がしっかりあるものが好みです。かといって、ビジネスバッグの2WAY、3WAYでリュックにもなるというタイプ、あれってカバンを90度回転させて背負うタイプがほとんどで、あたし、あれが好きじゃないんです。できればリュックで背負う向きのまま使うタイプのリュックを探しているのです。

そう考えると、なかなかこれというものが見つからず、相変わらず肩掛けカバンを使用し続けているわけなのです。

別に誰かに指摘されたわけではないですが……

どうでもよい話かも知れませんが、自宅で使っているシャンプーとリンスを変えました、こんどはこれです。

デ・オウ」です。

なにやらオッサンっぽいでしょうか? 言われてみればその通りかですし、実際に加齢臭を気にしないといけない年齢なので、何を言っても強がりに聞こえてしまうと思いますが……

ただ、これだけは強調しておきたいのですが、別に誰かに「臭い」と指摘されたわけではありません。いや、そもそも家族ならいざ知らず、人に「あなた臭いですよ」と言える人って滅多にいませんよね(汗)。

で、別に自覚症状がある、というわけでもなく、ただ単に、これから夏、暑くなる季節なので、こういうのがいいかしら、と思ったまでです。過去に使ったことがないので、使い心地なり効果なりがどんなものなのか、まるっきりわかりません。

で、ボディーソープはしばらく前からこちらを使っています。こっちは「AXE」です。清涼感があっていいですね。フレーバー違いで去年も使っていましたが、やはり暑くなってきたので、少し前からこれに切り換えたところです。

気になる症状

明日は朝刊がお休み。なので、明日発売の週刊誌の広告が今日の紙面に載っていました。

気になったのが下の「週刊ポスト」です。

この広告の中の何が気になるって、中央上部に見える「体調不良」の文字です。

その左側を見ると、「左だけ肩が凝る」「頭痛はいつも右側」などとあります。これ、あたしの症状そっくりなんです。

肩こりは右ですが、毎朝、寝違えたかのように首から肩にかけて痛みます。枕が合っていないのかも知れません。頭痛は、このダイアリーでも何度か書いていますが、先日久しぶりに左後頭部が痛む頭痛がありましたが、このところはずっと右側、後頭部、右の後ろのあたりが痛みます。

これは明日、「週刊ポスト」を要チェックですね!

枯らすのか、枯れるのか?

先日、シマホで買ってきたお花。

プランターに植え替えて、ご覧のように門の前に置いてあります。咲いている、咲きかけているのを買ってきたわけですから、とりあえずはこのようにきれいに咲いています。枯れたら、また別のものを植え替えるのでしょう。

母が一生懸命やっているのですが、あたしはこういったものにとんと疎いので、見ても花の種類すらわかりません。母と買いに行ったときは、見映えと色だけで「これがいい、あれがいい」と言うだけです。

基本的に花は紫とか青とか、そういう系統の色が好きです。乃木坂カラーと言えなくもない感じの花が好きです。

冬も終わり

わが家のストーブです。

本日撮影したものです。

えっ、この熱い日にストーブを焚いているの? と聞かれそうですが、はい、その通りです。

仕事のあるときは、朝は4時前に起きるので、まだちょっと多少寒いときもあります。さすがにこのところは使わなくなりましたが、朝はやはりちょっとストーブが恋しいときもあります。

オフィスビルなどが顕著ですが、外は暑くても建物の中は寒いってことがありますよね。それと同じで、わが家も2階は燦々と降り注ぐ日差しで室温も上がりますが、1階はあまり日が入らないので、時にはちょっと肌寒いときもあるものです。

今日がそうだったのかと問われると、午前中は確かにちょっと肌寒い感じがしました。このところの真夏並の暑さから一転、ちょっと気温が下がると寒く感じるように人間の体はできているものです。

ただ、だからといってストーブをつけなければならないほど寒かったわけではありません。

実は、このストーブは石油ストーブなのですが、あとほんのちょっとだけタンクの中に灯油が入っていたのです。このまま仕舞うわけにもいきませんが、かといってそれを取り除くのも大変です。そこでちょっと肌寒かった本日、ストーブを焚いて残っていた灯油を使い切ることにしました。

すぐに消えるかと思ったのですが、意外と長持ちして、昼を回って午後の2時ころまで、時間にすると4時間か5時間くらいは燃焼し続けました。これでは家の中が暑くてたまりません。窓を開け、風通しをよくしながらストーブを焚く、傍から見たら何をしているのかまるで理解不能な行動でありましたが、これでようやくストーブも仕舞うことができました。

横山光輝『三国志』のこと

この数年、ゲームの影響なんでしょうね、戦国武将をはじめとした歴史上々の人物たちが、アニメキャラ風に描かれた書籍を見かけるようになりました。

ああいうの、どうも好きではありません。残っている肖像画がどれだけ本人に似ているのかはわかりませんが、少なくともアニメキャラ風のイラストのようなスタイルでなかったことだけは確かです。あんな目鼻立ちの日本人は戦国時代にはいなかったはずだとツッコミを入れてみたところで蟷螂の斧、詮無いことなのでしょう。

また、近代の文豪も、肖像写真が残っているにもかかわらず、どう見たって本人とは思えないようなイラストがカバーに描かれた文庫なども増えています。本当の顔がわからない歴史上の人物ならともかく、ほぼ容姿が判明している近代の人までこんな風になってしまうとは……

個人的にはとても嫌いですし、そんなカバーが掛けられているだけでその本を買う気が失せます。

が、それはあくまであたしの個人的な感想であって、書店の人に話を聞くと、やはりそういう親しみの湧くイラストがカバーになっているモノの方がよく売れるのだそうです。確かに、芥川龍之介の文庫本を買おうというときに、若い子であればカッコいいイケメンのイラストの本をチョイスするだろうことは火を見るより明らかです。

こんなんでいいのか? と嘆くのは年をとった証拠なのかな、と思いつつ、ふと思ったのです。横山光輝『三国志』が出たときはどうだったのかと?

別に『三国志』でなくても構いません。確かに横山光輝には『水滸伝』もありましたよね。そういった作品が世に発表されたとき、以前からの中国文学ファンはどう感じたのだろうかと思うのです。

今でこそ、横山作品は評価されていると思いますし、もちろんゲームキャラ、アニメキャラ的なタッチのイラストではありません。とはいえ、それは現在から見てのお話。あれらが発表された当時としてみれば、時代考証も何もかも無視した、カッコイイ登場人物の造形に多くの人は嫌悪感を示したのではないだろうか、と思うのです。

しかし、あの『水滸伝』や『三国志』のお陰で中国にハマった人、好きになった人って多いと思います。そう考えると、やはり中国古典に親しむ人を増やすという意味では正しかったのかなと思います。時代が変わればイラストの雰囲気も変わるはず。あたしの時代には横山光輝だったように、今の時代ならアニメ風、ゲーム風のキャラ、イラストが人の心に届くのでしょう。

なので、最近は書店でその手の本を眺めても以前のような嫌悪感を抱くことは少なくなりました。まだ完全に嫌悪感がなくなったわけではないところが年齢のせいなのかと思います(汗)。