大江ではなくŌe

朝日新聞に、司修さんが大江健三郎について書いている文章が載っていました。

司さんと言えば、あたしの勤務先からは『本の魔法』や『絵本の魔法』などがありますが、ここでは『Ōe 60年代の青春』をご紹介しないとなりませんね。

一見するとタイトルが何を表わしているのか、もしかすると読み方すらわかりにくいかも知れませんが、わかってしまえばなんてことはないでしょう。大江健三郎のことです。

以下はウェブサイトに載っている本書の内容紹介です。

大佛次郎賞を受賞した『本の魔法』では、実は著者と最も関係が深いと思われる大江健三郎について言及されていなかった。370ページを超える本書に目を通せば、読者はその理由がわかるだろう。著者が手がけた装幀で、最多を誇るのが大江の作品である。二人はほぼ同世代。大江10歳、著者9歳のときに敗戦を経験し、同時代を歩んできた。1970年に『叫び声』の装幀を依頼されて大江と出会い、以来、作品の深い読みが反映された装幀で大江の代表作が次々と世に送り出された。大江作品は、小松川高校事件(女子高生殺害事件)、安保闘争、浅間山荘事件、狭山事件、原爆と原発事故による被曝、沖縄、在日朝鮮人の問題など、常に実際の事件や社会問題と想像力が結びついたものである。本書で大きく取り上げる『叫び声』と『河馬に嚙まれる』には、大江が追究してきたテーマのすべてが網羅され、不気味なほど現代につながる。著者は装幀をした時代を振り返り、大江作品を改めて多方面から精読し、国家や組織などと対峙する「個人」の魂の声に突き動かされながら、小説からだけではわからなかった事実を引き出していく。著者ならではの視点と感性で大江文学から現代への鮮烈なメッセージを摑み取る、渾身の書き下ろし!

如何でしょう、朝日新聞の記事を読んだ人であれば、本書を手に取ってみたくなるのではないでしょうか?

ちなみに、あたしの勤務先から刊行されている司修さんの著作は、上記の三冊以外に『戦争と美術と人間 末松正樹の二つのフランス』と『孫文の机』があります。

他社からも著作が多いですし、装丁を手がけた作品となると膨大な数になりますので、とりあえず紹介はこのくらいにしておきます。

テニスの本も出しています

朝日新聞読書欄の特集ページはテニスでした。やはり大坂なおみ選手の活躍があればこそでしょう。

テニスというと、あたしなどは往年のスポ根マンガ「エースを狙え」を思い出します。そのせいで「女子高生の青春と言えばテニス部」なんていう先入観を持ってしまいます。

それはさておき、あたしの勤務先はサッカーに関する本は何冊も出していますが、テニスに関する本も少し前に出したところなのです。

ラブ・ゲーム テニスの歴史』です。

副題のとおり、テニスの発祥から説き起こした、テニスファン必携の一冊です。

翻訳書なので少々お値段が張ってしまいますが、テニスの歴史やそれに伴う社会・文化について、これだけまとまった本は他にはないと思います。著者はフェミニズムなどの著作もある社会学者である点も、興味深い視点を提示できていると思います。

個人的には、朝日新聞の特集ページで是非とも取り上げていただきたかった一冊なのですが残念です。

冗談ではありますが、左の写真ような同書の装丁を「テニスの王子様」のキャラに変えていたら載せてもらえたでしょうか?

スナック連載、パート2?

朝日新聞の夕刊です。

「1」と書いてあるので、「スナックをたどってⅡ」という連載が本日からスタートしたようです。

その記事中に『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』が、きちんと出版社名入りで紹介されていまして、スナック研究会代表である谷口功一さんも写真入りで登場しています。

スナックの地域社会における重要性は谷口さんが本書でも力説されているところですが、こうして朝日新聞で連載までされると、それなりに学問の研究対象になりつつあるという感じがします。

それにしても谷口さんのブラウス、いつもながらステキです!

新書コーナーではなく人文書コーナーで

今朝の朝日新聞読書欄、新書の新刊紹介コーナーです。

文庫クセジュの『デカルト』が紹介されています。

文庫クセジュなので、書店では文庫・新書コーナーに並んでいることが多いと思いますが、こういうタイトル、内容ですので、人文書コーナーにも置いていただければ幸いです。

夕刊と朝刊でそれぞれ……

まずは昨日の朝日新聞の夕刊。

まもなく上演になる「修道女たち」の記事が大きく載っていました。

前にも書きましたが、やはり朝日新聞って演劇情報をコンスタントに載せてくれますね。

そして同作の書籍版『修道女たち』は、11月上旬に刊行予定です。残念ながら公演チケットを入手できなかった方はこちらの書籍を是非どうぞ。

公演は東京の後、兵庫と北九州でも行なわれます。

そしてこちらは今朝の朝日新聞、東京版のみの掲載だと思われます。太宰治に関する記事です。

太宰治は、今年が没後70年、来年が生誕110年というアニバーサリー。関連する出版物も多くなっていますが。催しももちろんいろいろあるようです。

ということで、あたしの勤務先からは『三つの空白 太宰治の誕生』がお陰様でよく売れています。まだ読んでいないという方もこの機会に是非どうぞ。

来日時のインタビュー記事が載りました

《エクス・リブリス》の新刊『ここにいる』の著者、王聡威さんが少し前に台湾から来日されました。

トークイベントも東京で行なわれたのですが、そんな合間にインタビューを受けていて、その記事が土曜日の読売新聞夕刊に載りました。

それにしても、大阪で起きた事件に興味を持たれ、それをいろいろ調べ、舞台を台北に移して小説化するなんて、ネット社会だからこその作品という気がします。ネットで情報が世界中を駆け巡る時代だから、台湾在住の王聡威さんが大阪の事件を知ることができたわけですし、ネットがあるからその後の展開などを調べることもできたと思うのです。

そして、そんな環境があればこそ生まれた作品は、もとになった事件そのものが、誰とでもつながれるネット社会だからこそ起こったような事件で、いかにも今の時代の作品なんだと感じます。

未読の方はこの機会に是非!

ご自身の紹介記事と書籍の紹介記事が連続で読売に!

土曜日の読売新聞に別役実さんの記事が載っていました。

ちょうど『風の演劇 評伝別役実』が刊行されたばかりでしたので、非常にタイムリーでした。

その別役さん、闘病中とは聞いていましたが、読売新聞に掲載された写真でもずいぶんと痩せてしまっているような気がします。早くよくなってほしいものです。祈るくらいしかできませんが。

その別役さんの評伝、『風の演劇』は同じ読売新聞の日曜日、読書欄で紹介されました。

こちらのカバーはでは若かりし頃(?)の別役さんが格好よくタバコを咥えている写真です。

タバコはやはり体に毒ですよね。

たまには朝刊にも

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

亡くなった蜷川幸雄さんの遺志を継ぐ劇団の活躍を報じているようです。

そんな記事の中に見覚えのある名前が……

○○トアル風景』のノゾエ征爾さんです。

記事にあるさいたま芸術劇場絡みでは、他にも岩松了さんの『薄い桃色のかたまり/少女ミウ』といったものも出しております。

ご興味のある方、戯曲ではありますが、是非どうぞ。

一つ一つ丁寧に作ることが肝要?

昨日の朝日新聞夕刊に「本が売れない」という記事が大きく出ていることをお伝えしましたが、実は前号の「週刊新潮」にこんな記事が載っていたのです。

ロベルト・ボラーニョの遺作『2666』が版を重ねて10刷となったのです。現在本体価格は7000円です。記事中にもあるように、二段組みの巨冊、判型も通常単行本より大きなA5判です。もちろん重量は1キロを超えています、たぶん。

そんな本が、一回の重版の数こそ多くはないもののコツコツと売り上げを積み重ね、とうとう10刷に到達したのです。

なぜ売れているのか、「売れた」かではなく「売れている」というところが肝心なのですが、それにはさまざまな理由があると思います。個人的には数年前のピケティと同じで、一種のブームになったというのが大きかったと思います。

「ガイブン好きなら読んでおかないと」という空気感が存在していると思います。書店員さんに聞くと、自分で読むために買う人がほとんどですが、中にはプレゼントとして買う人もいるのだとか。人に本を贈るというのは、特に大人になると難しいものですが、この本に関しては「贈って間違いない」と思われているようです。

記事の冒頭にコアな海外文学ファンは3000人とあります。「コア」というのがどのくらいを指すのかは難しいところですが、あたし個人の肌感覚では、「多少高くてもこの作家の、あるいは訳者のものだったらほぼ買ってくれる」読者は1000人から1200人くらいだと感じています。そして2000円台後半の海外文学の主戦場だと手に取ってくれる読者の数というのが3000人弱ではないかと……

いま安易に価格で分けてしまいましたが、『2666』を見てもわかるように、海外文学の場合、時に価格は関係ないことがあります。どんなに価格を安く抑えても売れないものは売れないことはしょっちゅうありますし、高くても驚くほど売れるものが多々あります。

翻訳権料があるので、「ガイブンは高い」という現実がガイブンファンの間では常識化してしまっているので、主に日本の作家の本を読んでいる人からすると本の値段に対する感覚が麻痺しているところはあると思います。ただ、やはり値段だけのことはあると思えるのも事実です。

分厚くて、文字がいっぱいで、だから読み通すのに時間がかかる本も多いですが、見方を変えると「この値段でこれだけの時間楽しめる!」と考えること可能ですし、現にあたしはそう思っています。この楽しさ多くの方に届けられればもっと、更に売れるのでしょうけど。

それにしても、全国的な週刊誌の記事として、たかが一冊の海外文学の重版がこれほど大きく取り上げてもらえるとは、もったいないです。そう言えば、以前、豊崎由美さんがどこかで、日本における海外文学の通史のようなものが書かれるとしたら『2666』の出版は必ず取り上げるべき事件だ、というようなことを書いてくれているのを読んだことがあります。

やはり、事件だったのでしょうか? とはいえ、10刷では日本人の1%はおろか、0.1%にも満たない数です。もっともっとアピールしないと。

海外でも大活躍!

朝日新聞、昨日の夕刊です。

北海道の地震のニュースが紙面の大半を占めるなか、芸術関係のニュースに見覚えのある名前が……

チェルフィッチュの岡田利規さんの記事です。

いまや海外でも大活躍の岡田さんですね。

というわけで、あたしの勤務先から出ている岡田さんの本ということで『エンジョイ・アワー・フリータイム』と『三月の5日間』をご紹介。

  

『三月の5日間』は、上の写真ではあえてオリジナル版を並べてみましたが、現在書店でお求めいただけるのは『三月の5日間[リクリエイテッド版]』になります。