Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

池袋のあのあたりは……

昨日、母と池袋へ出かけたということを書きました。訪ねたいとこの家は池袋の東口から明治通りに沿って15分くらい歩いたところにあるのですが、帰路も歩いて池袋駅まで戻りました。

往路は、明治通りを素直に進んで行ったのですが、帰路は裏道というほど裏道ではありませんが、帝京平成大学(かつて、ここは区立の小学校があったはず!)の脇を通り、かつての豊島区役所の裏を抜け、旧三越などのあたりから池袋駅へ戻りました。

という上の説明でなんとなく理解いただける人は以前の池袋東口界隈をご存じの方でしょう。区役所はずいぶん前に移転してしまっていますし、三越が池袋にあったことを知っている若者は少ないのではないでしょうか?

で、途中で横を通ったのは中池袋公園です。とても人が大勢いましたが、よく見ると変な格好をした人がたくさんいます。「変な」というの失礼かも知れませんね。どうやらコスプレ大会が行なわれていたようです。人気のコスプレーヤーには写真を撮ろうという人が大勢取り囲んでいました。

そういえば、このあたりは池袋乙女ロードにも近い場所、そういった人たちが集まりやすいのでしょう。あたしが目撃したコスプレ大会はどこか主催者がいて開かれていたものなのか、それとも自然発生的に集まってきたものなのか……

ネットを検索してみますと、休みになるとコスプレーヤーが集まって、思い思いに披露しているようですね。もちろん、それを目当てに写真を取りに来るファンもいるのでしょう。コスプレの聖地と言ってしまってよいものか、門外漢のあたしにはわかりませんが、「池袋って、最近はこんな風になっているんだ」とちょっと新鮮な驚きでした。

この中池袋公園、あたしにはちょっとした想い出があります。

中学生の頃だったと記憶しています。当時はこの公園の前に豊島公会堂があって、そこで沢田聖子のコンサートがありそれを聴きに来たのです。確か、その当時発売されたアルバムの購入特典のコンサートだったと思います。ですから、アルバムの曲を中心のこじんまりとしたリサイタルだったような覚えがあります。

実は後にも先にも、たった一回こっきりの「生の沢田聖子」体験でした。コンサートは午後と晩と二回開かれたと記憶しています。始まるまで、公園内には沢田聖子ファンが大勢集まってきていて、開場を今か今かと待っていた緊張感はなんとも言えませんでした。

80年代、若かりしころの思い出です。

読み方を間違えているのかも知れませんが……

どんどん読める割りに、あまり読み進んでいないような気もする、新刊の『マーティン・イーデン』です。

いや、非常に面白いんです。

とりあえず、全体の4分の1は過ぎて、だいたい3分の1くらい読み終わったところです。

ろくな教育も受けていないので全く教養を身につけていない主人公マーティンがひょんなことから知り合った三つ年上のお嬢様。そのお嬢様に釣り合うような人間になろうと涙ぐましい奮闘をするのです。それが切なくて切なくて……

マーティン、とっても愛おしいです。

この後、マーティンが晴れてお嬢様と結ばれるのか結ばれないのか、過去に読んでいる人であれば結末を知っているのでしょうが、初めて読むあたしはとにかくそんな結末も気になりますが、いま現在のマーティンの気持ちの揺れ動きがたまりません。

マーティンも絶対に自分とは釣り合わないとわかっているんだと思います。それとも教養を身につけジェントルマンになれればお嬢様と結ばれる可能性はあると信じているのでしょうか? ある意味、アメリカンドリームの物語なのでしょうか?

あたしだったら、鼻から諦めて努力しようなんて考えないだろうから、心の中でマーティンに「無駄な努力はやめておきなよ」とつぶやきつつも、「頑張れ、頑張れ」と応援している部分もあるのです。この身悶えそうな片思いのストーリーに現在どっぷりハマってしまっているのです。

一方、お嬢様の方は自分の言動によって下層の男性が教養に目覚め立派になっていくことに喜びを感じているようで、そこにはまるっきり恋愛感情などはないようです。いや、恋愛の種くらいは芽生えているのかも知れませんが、本人は全く無自覚です。むしろ蒙を啓かせてやっているということに充足を覚えているだけのようです。

この意識のすれ違いもたまりません。ただ、もしお嬢様の方がマーティンに対する自分の恋愛感情に気づいてしまったらどうなるのでしょう? ありきたりな表現ですが、いわゆる身分違いの恋ですよね。当然親には反対されるでしょう。その時にどういう行動を取るのか、楽しみです。

いや、結局この二人の恋愛物語は何の進展もなく物語は進行していくのでしょうか? とにかくこの長篇にハマっている現在です。果たして、『マーティン・イーデン』というのはこういう読み方、味わい方で正しいのでしょうか? 帯の惹句が気になりますね、絶望って……

実らぬ恋ですか? それはそれでたまりません。

人の命は儚くて

午後になって天気が持ち直してきた東京です。朝は小雨がぱらついていたのですが……

そんな曇天の土曜日、母とちょっと池袋まで出かけてきました。

その理由は、いとこが亡くなったからです。

一週間ほど前、いとこの娘から電話があり、母が先日亡くなって、通夜や葬儀は家族で済ませ、でも知らせないわけにはいかないからと電話をくれたのです。いとことはいえ、もう十数年来親戚づきあいらしいこともなかったので、別に知らせてくれなかったからといって恨み言を言うつもりはありません。でも折角知らせてくれたのだからお線香くらいは上げにいかないと、ということで母と二人出かけてきたわけです。

いとこは、父の姉の娘で、父と父の姉が10歳も歳が離れていたので、いとことあたしも一回り以上歳の差があります。ですから、いとことはいえ、あたしが物心ついた時には既に十分に大人側の人でした。

で、いくつだったのかを尋ねたら67歳だったそうです。

もうそんなになるかと驚きましたが、自分の歳を考えれば不思議でもなんでもありません。電話をくれたいとこの娘ももう40手前、世間では十二分におばさんの年齢です。

聞くところによると、出先から帰る途中のバスの中で意識失い、運転手さんや周囲の乗客の人が救急車を呼んでくれたり、AEDを取りに行ってくれたりしたそうですが、救急車で病院について死亡が確認されたような状態だったそうです。

年齢相応に高血圧とか、そういったものはありましたが、特に持病と言えるようなものはなかったそうで、警察は念のため他殺の可能性も考え、バスの中の防犯カメラの映像などもチェックしたそうです。

詳しいことはわかりませんが(いとこの娘も医者に告げられた正確な死因は覚えていないのでは?)、たぶん解離性動脈瘤といった類のものだったようです。こう言ってはなんですが、これが中途半端に命だけは助かったとしても、もし意識が戻らず寝たきりになったら、それはそれで残された家族もたいへんだろうなと思います。病気こそ異なりますが、5年ほど亡父の介護をしていた身からすると、家族に病人がいる苦労は理解できます。

そんなこんなで、いとこ家族が住んでいた池袋まで出かけ、先程帰宅したところです。いとこには息子と娘がいるのですが、どちらも未婚なので、だんだん親戚が少なくなってしまいますね。

結局どこも閉店してしまいましたよね

書店ガール7』を読み終わりました。

まだまだ続きが読みたいとも思いますが、ただ続きを書いたとしてもどんな展開が考え得るでしょうか? 沼津の小さな本屋のその後? やはり店長の職をなげうって東松島へ向かう?

うーん、それはそれでそれぞれに男女のロマンス的なストーリーは考えられますが、本屋の物語としては発展が考えられません。

残念ながら、スタートのペガサス書房にしても、今回の櫂文堂書店にしても、どんなに書店員が頑張ってもお店は閉店してしまいました。結果だけを追っていくと、結局本屋は閉店していくばかりな気がします。もちろん、今回も全国に千坪クラスのお店を数軒立ち上げる、なんていう展開も描かれていますが、至極あっさりと描かれているように、そこに物語を見出すことは難しいです。

そうなると、結局は「本屋は閉店するもの」という物語しか残らないのかな、と悲しくなります。

「いい本屋だったのに」という声は、ある書店が閉店になるたびに聞こえてきます。「だったら普段から、そこでもっと本を買ってればよかったんだ」という声も聞こえてきます。「いい本屋だったのに」という人に限って、そこで本を買ったことがなかったり、昔は買っていたけれど最近はとんとご無沙汰だったりするものです。

話を『書店ガール7』に戻しますと、沼津の書店も東松島の書店も、「自分一人、なんとか食えれば」のレベルでも数年もつでしょうか? 非常に疑問です。もちろん本以外の商材を扱うことによって利益を確保する、という方法を講じれば話は別ですが、それでも本屋を続けていけるほどの副業(?)ってあるのでしょうか?

主人公たちの奮闘はわかりますが、地方でどれだけ頑張れるのか、あたしは疑問です。やはり東京や大阪など大都市圏ですと周囲にそれなりの人口があるので細々と続けていくことは可能でしょうが、人もまばらな地方では……

そうなると、ことは本屋とか出版界とかの問題ではなく、都市と地方の格差、過疎の問題、限界集落をどうするか、そういった問題になってきてしまい、『書店ガール』ではないですね。前巻までの舞台のひとつであった常磐線の駅の書店にしても、地方の駅にあったらどうでしょう?

いや、地方の鉄道駅にはそもそも本屋なんかないですよね? 来る電車は一日に数本か十数本、乗降客数も数えられるほどでは、本屋でなくても商売にならないでしょう。

愚痴っぽくなってしまいましたが、東京一極集中を何とかしないと、本屋に限らずどんな商売も地方では成り立たなくなってしまいますよね。

品切れで申し訳ありません

こんな映画が公開になるのですね。

チューリップ・フィーバー」です。

「この邦題、ちょっとどうなのよ?」という気も少しするのですが、原題そのままなんですよね。

 

ところで、実はこの原作本、邦訳はあたしの勤務先から出ていたのです。『チューリップ熱』です。

しかし、残念ながら現在在庫僅少、この映画の公開を前に問い合わせや注文がぱらぱら来て、もう在庫がない状態です。新刊ではないので、市場在庫もどのくらいあるのでしょうか? 申し訳ありません。

が、映画公開に合わせて、河出文庫から『チューリップ・フィーバー』として復活になるようです。

コメントを残す