Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

よだせまる!

セブンイレブンの乃木坂46キャンペーンです。

全部で13種類ということですが、真っ先になくなりそうなこの二人の缶バッジをゲットできました。

明日以降も書店回りの途次、セブンイレブンを見かけたら入ってみます。

あっ、知らない方、興味のない方のために補足しておきますと、上の写真、左側が西野七瀬(なーちゃん)で、右側が与田祐希(よだっちょ)です。

なーちゃんは乃木坂46の一期生、よだっちょは三期生です。

個人的には、どうして13種類の中に若様がいないのか、それがちょっぴり不満です。

これはあまりにもこじつけ、かしら?

今朝の朝日新聞に載っていた広告です。

集英社新書で『テンプル騎士団』という本が出ているようですね。実は文庫クセジュにも『テンプル騎士団』という、まるっきり同じタイトルの本があります。

まあ、「テンプル騎士団」は歴史上それなりに有名なタームですから、同じタイトルの本が出たからといって驚くにはあたりません。むしろ、読み比べ、テンプル騎士団について多角的な視座を持つことの方が大事なのかも知れません。

ということで、一枚目の写真は同じタイトルの本ということでしたが、次の写真に載せている二冊のつながり、おわかりになりますでしょうか?

実は、左側の『世界史序説』の巻頭に左側の『101/2章で書かれた世界の歴史』が引かれているのです。

ただし、後者は既に品切れの商品ですので、こんな本だったのですとお見せするだけになってしまいますが、ご寛恕ください。

古書店などでは時々見かけることがあるかも知れませんので、興味を持たれた方はそういう機会を狙ってください。

で、『世界史序説』をいま読んでいるのですが、なかなか面白いです、こういう視点の本、読んでいて楽しいです。

最初の5曲が初日の映像?

乃木坂46の「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」を堪能しました。

昨年の11月に行なわれた2日間。まりっかとひめたんの、事実上の卒業コンサートでもあったライブでした。ただ、世間的には初日に、照明だったかしら、何か吊るされていた機材が落下するという事故があったので話題になりましたが。

 

そんな事故があったので、もし円盤化されるとしても初日ではなく二日目だろうと言われていました。なにしろ二日目のダブルアンコールの「きっかけ」の感動的な情景、「これを収録せずしてどうする?」という感じでしたから。

が、初日の女子高生460名によるダンスもそれなりに圧巻で話題になっていました。さて、どういう風に出来上がってきたのか……

結論から言いますと、見たところ、5曲目くらいまでは初日の映像だったと思います。Wアンコールを除けばセットリストは二日間同じだったようなので、どちらを使ってもよかったと思うのですが、やはり女子高生によるオープニングを選択したわけですね。

そこから5曲を一気に歌ったので、そこまでは初日の映像だったと思います、若月佑美がいましたから。その後はすべて二日目の映像のようでした、若月佑美がいなかったので。これは外仕事のために仕方ないとはいえ、まりっかとひめたんの最後の姿ですから、一緒に送り出して欲しかったなと思いますし、「他の星から」をオリジナルメンバーで歌える最後の機会だったわけですから、やはり若月にも二日間参加して欲しかったなあと思ったのはあたしだけではないでしょう。まあ、本人が一番悔しいと思っているんだと思いますが。

ところで、このライブの主役と言ってもよいひめたんが、体調が悪かったのでしょうか、自身のセンター曲以外ではほぼ参加していませんでしたね。最後の姿を目に焼き付けたかったファンには残念だったかも知れません。個人的にも、ひめたんにはもう一花咲かせて欲しかったと思います。

全体的には、何度も触れているWアンコールの「きっかけ」をおくとすれば、アンダーのコーナーが非常に感動的でした。選抜のパートでは、ある意味、乃木坂46入門的に表題曲、ヒット曲のオンパレードでしたから、アンダーのパートに乃木坂らしさがより表われていた気がします。

孫子です

綾瀬はるか主演の新ドラマ「義母と娘のブルース」を録画しておいたので見ました。

  

どちらかというと天然で親しまれている綾瀬はるかが仕事は完璧にこなす有能な部長役というのが違和感アリアリなのですが、初回に関しては見られましたね。しかし、いつもの綾瀬はるかとは違う、という感覚は残っています(笑)。

その綾瀬はるかが義理の娘や夫役の竹野内豊などに小難しい格言めいたセリフを発するのですが、その後に「孫子です」とつけ加えています。『孫子』からの引用なのだということは、もちろんあたしはわかりますが、一般の方だとどうなのでしょう?

「そんし」と聞いて、頭の中ですぐに「孫子」という漢字に変換できているのでしょうか? このドラマの視聴者層を考えると若干疑問です。

でも、まあ、いいです。綾瀬はるかはやはりカワイイので!

そして、見てますと、やはりファンの間で言われているとおり、けやき坂46のみーぱん(佐々木美玲)は綾瀬はるかに似ているなあと感じます。恐らく二人を並べてしまうと全然似ていないと言われるのでしょうが、こうやって別々に見ると、ふとした瞬間に非常に似ていると感じるときがあります。

はっきり言ってしまうと、顎の形がよく似ていると思います。それとくしゃっとした笑顔が何とも言えず魅力的なところも共通点ではないかと……

なお、このドラマ、奥貫薫ちゃんもこの後出演するようですね。ますます楽しみです。

この暑さの中、クーラーも使わずに過ごすというのは、ある意味、臨死体験に近いことをしているのではないかという気がしています

暑いですね。

日本全国、体温よりも気温の方が高い場所がいくつもあるそうです。

自宅にいても熱中症の危険がありますので、水分補給と適度に冷房を使うことをおすすめします、などと天気予報のお兄さん、お姉さんが訴えかけてきます。それくらい気をつけないと、生命の危険もあるということなのでしょう。

確かにそれは実感します。この暑さ、外に出たら溶けそうになります。

で、見ていただければわかるように、午後4時半過ぎに、わが家の温度(室温)を調べてみました。

まず最初の写真は、あたしの部屋の壁掛け時計です。学生時代なら勉強部屋と呼ぶのでしょうが、社会人となった今では何と呼んだらよいのでしょう? 部屋中に本が置いてありますので書斎と言えば書斎です。

その部屋の壁に掛かっている時計の温度表示は「32.1度」でした。

この部屋はパソコンなども置いてある部屋なので、この暑さではHDDがいかれてしまいそうで不安です。一応、HDDの近くにはUSBのミニ扇風機を据え付け空気を送り込むようにはしています。しかし、それにどれほどの効果があるのか、この室温では心許ないです。

次の写真はリビングの壁掛け時計です。こちらもだいたい似たような「32.9度」です。リビングにはクーラーがあるので、昼間の数時間や夕食時の数時間、クーラーをつけることもあります。

しかし、つけていないとこんな室温になるのが当たり前です。湿度が「54%」というのが高いのか低いのかわかりませんが、この室温では既にどうでよいことのような気がします。

以上の二つは、わが家の1階の部屋のものですが、続いて2階です。

まずは、あたしの寝室の枕元に置いている目覚まし時計です。

日当たりのよい2階は、夏の昼間はとてもいられたものではありません。室温も1階よりも高い「34.3度」と表示されています。

いま「寝室」と書きましたが、そんなたいそうなものではなく、2畳ほどの納戸のような物置のような小部屋にベッドを置いてあるだけです。一応、窓はあるので風は通りますが、この暑さの中、風なんかほとんど吹いていないことは誰もが承知このとでしょう(笑)。

あたしは毎晩この部屋で寝ています。

もちろんクーラーなんてついていない部屋です。壁掛けの扇風機が一台あるだけです。それで毎晩乗り切っているわけですが、さすがに寝苦しさに、夜中に何度か目が覚め、水分補給のため台所へ向かうことがあります。

そして最後の写真は、同じく2階の母の部屋です。わが家の最高気温「35.8度」です。南向きの窓にも近い壁にかかているので、そして部屋の高いところかかっているので、多少は高めの室温が表示されてしまいがちだと思いますが、とはいえ、ほぼ体温ですよね。

さすがに夜にはもう少し下がりますが、母はこの部屋で扇風機を使って寝ています。クーラーはありますが、滅多に使っていません。

以上のように、かなり苛酷は住環境です。

最初にも書いたように適度にクーラーを使うべきだと思います。

もちろん、母もあたしもクーラーが嫌いなんていうことはありません。そんな似而非健康志向タレントみたいな発言は絶対にしません。

だったらもっとクーラーを使えばよいものをと思われますが、使わない理由はただ一つ、電気代です。

一階のリビングのクーラーは2年前に買い換えたものなので電気代もそれほどかからない製品ですが、母の部屋についているクーラーはもう十年以上も前の製品で電気代ばかり食ってしまう商品です。もちろん背に腹は代えられませんから、あまりにも暑いときは使いますが、あまり使いすぎて電気代がかさむのも困りものです。

熱中症でお年寄りが搬送されたりするニュースではクーラーがあるのに使っていないという事例がしばしばあります。それってやはりお年寄りはクーラーが嫌いなのではなく、電気代がもったいないからというのが大きな理由なのではないでしょうか? そうなると、昼間はイトーヨーカドーとか、ららぽーととか、そういった商業施設へ涼みに行くのがよいのかもしれませんね。しかし、そこへ行くまでがまた暑いし、どうしたものでしょう?

コメントを残す