Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

卓球というのは世界選手権も行なわれているスポーツであり競技であり、それに対してピンポンというのは浴衣を着てスリッパを履いて旅館でやるものだと思うのです

いよいよ配本になりました『ピンポン』について……

 

カステラ』を楽しめた人であればこちらも十二分に楽しめると思います。で、本を手に取っていただいて、多くの人はまずは表紙やオビの文章をザッと眺めるのではないでしょうか? そして気づくはずです、本書のオビ裏面に。

「本文より」と書いてあるからには、本当にこんなページがあるんだな(?)と疑ってしまうかも知れませんが、正真正銘あるんです。それが下の動画です。

作品の中のクライマックスです。人類の存亡をかけて主人公が闘っているところです。いや、実際に闘っているのは主人公に選ばれた歴史の偉人なのですが、これ以上書くとネタバレになるので自主規制。ちなみに、下は帯の表面です。フツーはこっちだけ読んで、裏面までは読まないでしょうか?

また本書の章タイトルにもなっている「セレブレイション」はこちらです。

懐かしいです。あたしの世代なら辛うじてクール・アンド・ザ・ギャングを知っているでしょう。また「あとがき」でパク・ミンギュが書いている「パーハップス・ラブ」はこちらです。

そして本書を手にした方に一番読んでいただきたいのは「訳者あとがき」で引用されている、パク・ミンギュがセウォル号事件について書いた文章です。本文を読んだ後に読むと、とても同じ人が書いたとは思えない印象を受けるのではないでしょうか? 少なくともあたしはそうでした。

最後に、107頁に「ビリー・ザ・キッド」が出てきますので、『ビリー・ザ・キッド全仕事』もぜひ!

新書というより論文集?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



2017年5月26日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー

今日の配本(17/05/26)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



破天荒つながりで、こんな対談企画は?

今宵は神保町のチェッコリで、明日配本の『ピンポン』の先行販売を兼ねた、訳者・斎藤真理子さんのトークイベントでした。

 

『ピンポン』の感想は別途書くとして、この作品は『カステラ』に通じるような破天荒さと言いますか、荒唐無稽さと言いますか、そんなところが感じられます。もちろんメチャクチャな話というのではなく、しっかりとしたストーリーがあり、社会風刺的なスパイスも効いていて、だから読後にいろいろ考えさせるところもあるのですが、設定の突飛さはやはり際立っています。

で、あたしの数えるほどの読書体験から思い出したのはプラセンシアの『紙の民』やゴンサレスの『ミニチュアの妻』です。どちらも訳者は藤井光さん。というわけで、斎藤真理子さんと藤井光さんのトークイベントなんて企画できないだろうかと思ったりしました。

 

藤井さんには韓国系アメリカ作家ポール・ユーンの『かつては岸』という訳書もありますし、なかなか面白い対談になるのではないかと思うのですが……

それにしても、こういう作品を編み出す作者の頭の中ってどうなっているのでしょうね?

じわじわマルクス?

雑誌『現代思想』の「6月臨時増刊号」が好調なようです。雑誌コーナーではなく、人文書コーナーで見かけることが多いです。

今年が『資本論』刊行150年ということでの特集ですね。1867年に第一部刊行されたそうですが、ピケティ以来『資本論』やマルクスが再び脚光を浴びているという実感はあります。

また、今年はロシア革命100年という節目の年でもありますから、今一度原点であるマルクに戻ってみるという流れもあるように感じます。

で、マルクスと言えば、あたしの勤務先からも本の評伝を出していますが、そのマルクスは来年が生誕200年です。マルクス・ブームはまだ続きそうです。

コメントを残す