まさにグッドタイミング!

今朝の朝日新聞に、大きくバウハウスの記事が載っていました。

記事にもあるように、今年はバウハウスの創立百周年で、母国ドイツでもさまざまな催しが行なわれているようですが、日本でも全国各地で展覧会や記念のイベントが行なわれています。

既に春先から各種イベントは始まっているのですが、このタイミングでこういった記事が出るのは、あたしの勤務先から『バウハウスってなあに?』が刊行されたからではないかと、なんとなく感じてしまいます。もちろんそんなことはないと思いますが、この記事を読んでバウハウスに興味を持たれた方にうってつけの入門書であることに間違いはありません。

本書、見た目も中味も絵本のようですが、内容はきちんとしたバウハウスの手引き書です。子供でも理解できるように書かれてはいますが、大人の鑑賞にも⑫部に堪える一冊です。書店では、絵本コーナーではなく、建築やデザイン、美術の棚に置かれているのがひとまず正解です。

是非手に取ってみてください。

多数届いています

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



嵐の前に嵐が来た、怒濤の慶弔の日

あまり繰り返すと嫌味になりかねませんのでほどほどにしておきますが、昨晩のノーベル文学賞の発表を受け、今日は一日電話やファクス、そしてメールで注文が殺到しました。

 

もちろん、オルガ・トカルチュクの『昼の家、夜の家』と『逃亡派』です。あまりの殺到ぶりに在庫がなくなり、両方とも重版が決まりました。今月下旬出来予定です。

それにしても、カズオ・イシグロは半分は日本人的な受けとめられ方をしているので別として、今回は両者とも純然たる海外文学です。果たしてノーベル賞を取ったからといってどれだけ売れるのか、個人的には半信半疑なのですが、ブッカー賞受賞という報道のされ方もあってなのか、反応・反響は非常によいようです。やはり、海外文学が売れてくれるのは、読者が増えてくれるのは純粋に嬉しいと思います。

と、若干浮かれ気味だった本日、こんどは午後になって和田誠さんの訃報が飛び込んできました。あたしの勤務先では、新書判の白水Uブックスで『ことばの波止場』『似顔絵物語』『装丁物語』の三冊を刊行していたのですが、現在は三冊とも品切れです。手頃な著作なので人気も高かったのですが、ちょっと残念です。

 

現在、和田誠さん関連で在庫があるのは『四人四色』と『五・七・五交遊録』になります。こちらでよろしければ是非どうぞ!

取らぬ狸の皮算用

昨晩はノーベル文学賞の件で、不覚にも舞い上がってしまいましたが、今朝からは一度ヒートダウンして冷静にならないなりません。

実際問題、この数年「ノーベル賞を取ったからといって本が売れるのか?」という現実を何度となく目にしているからです。

確かに書店からの注文は殺到します。そして店頭にも山積みは大袈裟にしても、普段では考えられないほど並べてもらえます。ただ、それが果たして売り上げに結びつくのかというと、そう簡単ではありません。

もちろん、きれいさっぱり売り切ってしまうこともあるでしょうし、カズオ・イシグロのように大ヒットになる例もなくはありません。ただ、日本人が受賞したわけではないので、ここは冷静に、とにかく冷静にならないといけないところです。

ただ、本が店頭に並んでいなければ、そもそも売れません。何割程度売れ残るのであればOKなのか、その見極めが難しいところです。ある程度の返品は覚悟というのがこの業界ですが、だからといって際限なく返品が増えてしまっては意味がありません。お金をかけて本を作っている以上、売れてくれないと、こちらもおまんまの食い上げです。

ところで、舞い上がるな、冷静になれと自分に言い聞かせていることと矛盾してしまいそうですが、今回2年連続でヨーロッパの作家が受賞しましたので、来年は非ヨーロッパ圏の作家が取るのではないでしょうか? 今年も候補に名前が挙がっていた中国の残雪なども有力でしょうか?

アニバーサリーな……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



「ああはなるまい」と思っていた、よくない営業になりつつあるような気が……

あたしが営業部に配属になったのは入社して10年、いや112年目だったでしょうか? ですので、その時点で既に「初々しい新人」という風ではなかったのですが、それでもまだまだうぶな素人営業マンでした。

そもそも人づきあいが苦手で、出来るだけ人と接しない仕事に就けたらとずっと思っていた人生だったので、絶対に向いていない職業(職種)は「接客業や営業職」だと思っていました。そんなあたしが営業部に飛ばされるなんて……

それでも業務命令ですし、編集部の仕事に行き詰まりを感じていたので(これについては、また機会がありましたら吐露します)、営業部に配属になったのはよい気分転換、心機一転だったと思います。

で、書店を回り始めた頃、当然、向かう先の書店には別の出版社の営業さんがいたりして、書店の人と親しげに話しているのを見て、「いずれあんな風に仲良くなれるのかなあ」なんて幼心に思ったものでした。あたしみたいに、なかなか人と打ち解けられず、人見知りがちな性格だとやはり営業という仕事は難しいかなあ、などと思いながらの営業回りでした。

ただ、その当時、他の社の営業の人を見ていた感じたこと、心に決めたことが一つありました。よく見ていると、ベテランの営業マンが店長など書店の中でも偉い人と親しげに話をしながら注文を取ったりフェアの話をまとめていたりしていることが時々ありました。お互いに若い頃から知っていて、互いに経験を積んでそれぞれ現在の立場があるのはわかります。

しかし、実際に書店で棚を担当している人と話すと、「現場の事情を無視して店長が勝手にフェアを決めちゃった」「バカみたいにたくさんの数を注文された」といった愚痴もよく耳にしたのです。そこであたしは、このあと何年営業をやることになるかわからないけど、自分のよく知っている人が店長になったからといって、その人とだけ話をして現場を無視した営業マンにはなるまい、ということを密かに心に誓ったのです。たとえ歳の差がかなり開いた若い書店員さんであっても、しっかり話をしてフェアを打診してみたり、本の展開を提案してみたりしよう、という気持ちでずっとやって来ました。

そんな誓いが最近崩れているような気がするのです。なんとなく、店長とだけ話をして、注文をもらって、フェアの案内をして、といったケースが増えているということに自分でも気がつきました。

そりゃ、気の合う店長とだけ話をして注文が取れれば営業としては楽です。でも、これについては、ちょっと言い訳をさせてください。

書店のせいにするつもりはないのですが、昨今の書店って、店長以外と話をしても仕事にならないことが多いのです。つまり店長以外はアルバイトで発注する権限も何も持っていないのです。一応は人文担当とか、文芸担当といった担当分けはあるようですが、あくまで日常的な棚詰めとか棚の整理を担当しているだけで、その棚を々作っていこうか、こんど面白そうな新刊を仕掛けてみようか、といった仕事はしていない場合が多いのです。

これではこちらとしても話になりませんので、しかたなく店長と話をすることになるわけです。社員を減らしてバイトで回す、というのが書店では常態化しているのですよね。これでは個性的な棚作りや創意工夫などなかなか出来ないでしょう。ただ、それを言ったら出版社だって人手不足で、十全に書店に顔を出せているかというと極めて疑わしいところですが……

ちょっと作ってみました

ちょっと前に、ちくま文庫の『ハーメルンの笛ふき男』と一緒に『ハーメルンの笛吹きを追え!』を売れないかなあと書きました。

実は『ハーメルンの笛吹きを追え!』は在庫がそれほど残っていないので、大々的に宣伝、アピールするわけにもいかないので、とりあえずこういうことを面白がってくれそうな書店員さん向けに注文書を作ってみました。いかがでしょうか?

そもそも文庫と単行本、人文と文芸という具合に何から何まで異なる二つの書籍です。文庫と単行本が整然と分けられている大型店では一緒に並べるのは難しいと思いますから、こういった取り組みは街の小さな本屋さんの方がやりやすいのかもしれませんね。

とはいえ、ちくま文庫がこれだけ売れているのであれば、絵本など「ハーメルンの笛吹き」関連書籍を集めたフェアなんてやっても面白いと思います。

H&M、きのこ祭?

タイトル、H&Mと言っても、某北欧系のアパレルメーカーのことではありません(笑)。そもそもアパレルメーカーがきのこっておかしいですよね?

で、閑話休題。

書店店頭でこんな本を見かけました。みすず書房の『きのこのなぐさめ』です。海外文学作品のようですが、著者は文化人類学者でもあるのですね。非常に気になる一冊です。

愛する伴侶を失った主人公が、きのこを通して再生する物語なんだそうですが、内容紹介を読む限り、ちょっとした「きのこ百科図鑑」のような趣が感じられます。それにしても、愛する人を失った人が何かをきっかけに再び活力を取り戻すというストーリーはよくある話ですが、その「何か」というのは動物だったり趣味だったりすることが多いと思います。今回のようなきのこというのは寡聞にして他には知らないのですが、何かしら趣味を持つ、情熱を捧げられるものが見つかれば人は生きていけるのですね。

ところで、きのこと言えばあたしの勤務先でも『昼の家、夜の家』という海外小説を出しています。ノーベル文学賞の有力候補の一人、 オルガ トカルチュクの長篇で、タイトルからはわからないでしょうが、こちらもきのこ小説なんです。

本書が刊行された当時、日本の書店ではちょっとしたきのこブームが起きていまして、本書もそんな「きのこフェア」の時にラインナップの一つとして並べていただいた記憶がありますし、そのお陰もあってよく売れました。きのこブームはその後落ち着きましたが、相変わらず根強い人気を誇っているのは事実ですから、何かの弾みでまたブーム到来となるかも知れませんね。

それはともかく、ひとまず『きのこのなぐさめ』と『昼の家、夜の家』で「きのこ祭」は如何でしょうか? はい、H&Mとは両出版社の頭文字のことです。

ところで、かつての「きのこブーム」時に書店店頭でフェアをやっていたころ、並んでいたのはきれいなきのこの写真集や図録のようなものがメインでした。読み物も並んではいましたが、やはり読者も極彩色のきのこの図版に惹かれているようでした。

そんな中、たまたまあたしが読んでいた岩波文庫の『和辻哲郎随筆集』の一節に「茸狩り」という一篇がありました。京都近郊へきのこ狩りに出かけたことを綴った味わい深い一篇です。「これも並べればよいのに」と思いましたが、さすがに書店の方のアンテナに引っかかってこなかったと見えまして、並んでいる書店は皆無でした。

ちなみに、みすず書房ではほぼ同時に『マツタケ 不確定な時代を生きる術』なんて本も刊行しています。こちらは海外文学ではなく、「マルチスピーシーズ民族誌の成果」だそうです。あくまでマツタケは話の導入のようです。

待望の復刊(重版)です

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。