カフカの『変身』

今朝の朝日新聞読書欄です。

冒頭の特集は先日お亡くなりになった池内紀さんでした。

数多ある著訳書の中から書影が載っていたのは3点。その中にカフカの『変身』がありました。もちろん白水Uブックス版です。シェイクスピアが引かれるときにしばしばUブックス版の小田島訳が使われるように、カフカが引用されるときに使われるのは池内訳が多いような気がするのは贔屓目でしょうか?

こんなのやってました

新宿の紀伊國屋書店でこんな小冊子が配布されていました。

「読書の秋」とあります。アンスティチュ・フランセと紀伊國屋書店のコラボフェアのようで、全国数店舗で行なわれているようです。

東京会場がこの紀伊國屋書店新宿本店で「フランス語翻訳書籍フェア」ということで硬軟取り混ぜて、フランス関連の書籍が並んでいました。11月23日までのようです。

第3刷です!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



増補新版がいっぱい?

フランス語発音トレーニング』が配本になりました。

旧版から何が変わったのかと言いますと、まず音源が増えました。そしてスマホでの活用が簡単な音声アプリに対応しました。スマホ世代の方々にはグッと使いやすくなったのではないでしょうか?

あともう一つ、文学作品の朗読を加えたました。こちらも前著の刊行以降読者からの要望が多かった点です。是非、文学作品を自分で声に出して堪能してください。

こちらは来週末には店頭に並び始めると思いますが、『大学教授のように小説を読む方法』の増俸新版です。

こちらは原著も増補新版が出ているそうで、本書はその全訳になります。「訳者あとがき」によりますと「二〇一〇年前後のベストセラー小説の分析を加筆したり、新たな章を加えた」ものだそうです。

仲間うちで読書会をやっている方、ビブリオバトルに参加しようとしている方、本書が格好の手引きになると思いますので、ちょっと高いですが持っていて損はない一冊です。巻末には「おすすめ本リスト」も付いています。

ちなみに、写真は二枚とも左が旧版、右が増補新版です。

今日の配本(19/10/18)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



もうお一人も実は出していました!

あたしの勤務先、ノーベル文学賞受賞作品の邦訳を刊行していたということで、先週末から盛り上がっています。

売れない、売れないと言われる海外文学が年に一度盛り上がるチャンスなので、これくらいのお祭り騒ぎは許してください。

あっ、ここ数年はノーベル文学賞だけでなく、日本翻訳大賞という賞も生まれ、こちらも受賞すると書店店頭での動きが俄然よくなりますので、年に二回の僥倖ですね。

ちなみに、ノーベル賞は人物に対して贈られますが、翻訳大賞は作品に対して贈られます。さらに、ノーベル賞は故人には贈られないので、絶対に取れるはずと言われながら取れずになくなった作家も数知れず……

さて、今回盛り上がっているのはオルガ・トカルチュクですが、もう一人、今年の受賞者であるペーター・ハントケは、邦訳が品切れになっていたりして、書店でも手に入れるのは難しいと聞きました。その状況に変わりはないのでしょうか?

そんなハントケですが、ある書店員さんからの問い合わせで、あたしの勤務先からも一冊出ているのを知りました。

『ドイツ幻想小説傑作集』です。新書判の白水Uブックスの一冊ですが、もう品切れで、ここ何年も目にしていません。もちろん、勤務先には原本として本は存在していますが……

で、写真がそれです。確かに書店店頭ではほとんど目に入ることはないですよね。表4に収録作品のリストが載っているのですが、ご覧ください、確かにハントケの名前があります。いまさら重版ということはありませんが、ちょっと惜しい気もします。

まさにグッドタイミング!

今朝の朝日新聞に、大きくバウハウスの記事が載っていました。

記事にもあるように、今年はバウハウスの創立百周年で、母国ドイツでもさまざまな催しが行なわれているようですが、日本でも全国各地で展覧会や記念のイベントが行なわれています。

既に春先から各種イベントは始まっているのですが、このタイミングでこういった記事が出るのは、あたしの勤務先から『バウハウスってなあに?』が刊行されたからではないかと、なんとなく感じてしまいます。もちろんそんなことはないと思いますが、この記事を読んでバウハウスに興味を持たれた方にうってつけの入門書であることに間違いはありません。

本書、見た目も中味も絵本のようですが、内容はきちんとしたバウハウスの手引き書です。子供でも理解できるように書かれてはいますが、大人の鑑賞にも⑫部に堪える一冊です。書店では、絵本コーナーではなく、建築やデザイン、美術の棚に置かれているのがひとまず正解です。

是非手に取ってみてください。

多数届いています

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



嵐の前に嵐が来た、怒濤の慶弔の日

あまり繰り返すと嫌味になりかねませんのでほどほどにしておきますが、昨晩のノーベル文学賞の発表を受け、今日は一日電話やファクス、そしてメールで注文が殺到しました。

 

もちろん、オルガ・トカルチュクの『昼の家、夜の家』と『逃亡派』です。あまりの殺到ぶりに在庫がなくなり、両方とも重版が決まりました。今月下旬出来予定です。

それにしても、カズオ・イシグロは半分は日本人的な受けとめられ方をしているので別として、今回は両者とも純然たる海外文学です。果たしてノーベル賞を取ったからといってどれだけ売れるのか、個人的には半信半疑なのですが、ブッカー賞受賞という報道のされ方もあってなのか、反応・反響は非常によいようです。やはり、海外文学が売れてくれるのは、読者が増えてくれるのは純粋に嬉しいと思います。

と、若干浮かれ気味だった本日、こんどは午後になって和田誠さんの訃報が飛び込んできました。あたしの勤務先では、新書判の白水Uブックスで『ことばの波止場』『似顔絵物語』『装丁物語』の三冊を刊行していたのですが、現在は三冊とも品切れです。手頃な著作なので人気も高かったのですが、ちょっと残念です。

 

現在、和田誠さん関連で在庫があるのは『四人四色』と『五・七・五交遊録』になります。こちらでよろしければ是非どうぞ!

取らぬ狸の皮算用

昨晩はノーベル文学賞の件で、不覚にも舞い上がってしまいましたが、今朝からは一度ヒートダウンして冷静にならないなりません。

実際問題、この数年「ノーベル賞を取ったからといって本が売れるのか?」という現実を何度となく目にしているからです。

確かに書店からの注文は殺到します。そして店頭にも山積みは大袈裟にしても、普段では考えられないほど並べてもらえます。ただ、それが果たして売り上げに結びつくのかというと、そう簡単ではありません。

もちろん、きれいさっぱり売り切ってしまうこともあるでしょうし、カズオ・イシグロのように大ヒットになる例もなくはありません。ただ、日本人が受賞したわけではないので、ここは冷静に、とにかく冷静にならないといけないところです。

ただ、本が店頭に並んでいなければ、そもそも売れません。何割程度売れ残るのであればOKなのか、その見極めが難しいところです。ある程度の返品は覚悟というのがこの業界ですが、だからといって際限なく返品が増えてしまっては意味がありません。お金をかけて本を作っている以上、売れてくれないと、こちらもおまんまの食い上げです。

ところで、舞い上がるな、冷静になれと自分に言い聞かせていることと矛盾してしまいそうですが、今回2年連続でヨーロッパの作家が受賞しましたので、来年は非ヨーロッパ圏の作家が取るのではないでしょうか? 今年も候補に名前が挙がっていた中国の残雪なども有力でしょうか?