嵐の前に嵐が来た、怒濤の慶弔の日

あまり繰り返すと嫌味になりかねませんのでほどほどにしておきますが、昨晩のノーベル文学賞の発表を受け、今日は一日電話やファクス、そしてメールで注文が殺到しました。

 

もちろん、オルガ・トカルチュクの『昼の家、夜の家』と『逃亡派』です。あまりの殺到ぶりに在庫がなくなり、両方とも重版が決まりました。今月下旬出来予定です。

それにしても、カズオ・イシグロは半分は日本人的な受けとめられ方をしているので別として、今回は両者とも純然たる海外文学です。果たしてノーベル賞を取ったからといってどれだけ売れるのか、個人的には半信半疑なのですが、ブッカー賞受賞という報道のされ方もあってなのか、反応・反響は非常によいようです。やはり、海外文学が売れてくれるのは、読者が増えてくれるのは純粋に嬉しいと思います。

と、若干浮かれ気味だった本日、こんどは午後になって和田誠さんの訃報が飛び込んできました。あたしの勤務先では、新書判の白水Uブックスで『ことばの波止場』『似顔絵物語』『装丁物語』の三冊を刊行していたのですが、現在は三冊とも品切れです。手頃な著作なので人気も高かったのですが、ちょっと残念です。

 

現在、和田誠さん関連で在庫があるのは『四人四色』と『五・七・五交遊録』になります。こちらでよろしければ是非どうぞ!

コメントを残す