「まお」と言ったら、井上真央でも浅田真央でも小林麻央でもなく、毛沢東のことです

今日は毛沢東の命日だと書いたので、自宅にある関連グッズを探してみました。

まずは壮年のころの毛沢東の写真を使ったマグネットです。だいたい名刺とかクレジットカードくらいの大きさです。記憶が正しければ香港へ行ったときに買ったはずです。帰国前に両替するのも面倒な小銭を処分するのにちょうどよかったので、香港の夜景のマグネットと一緒に買ったものです。

 

続きましては、古本屋で買った角川文庫版の『毛沢東語録』です。あいにくと本家本元の毛沢東語録は持っていませんが(涙)、本書はなぜか二冊持っています。一時期、大陸では毛沢東グッズが大流行したそうですね。毛語録も売られていたという噂も聞きましたが、本当だったのでしょうか? あるいは今も北京の書店へ行けば普通に買えるものなのでしょうか?

この角川文庫版も今は絶版ですよね? 平凡社ライブラリーに移っているようです。

三つ目は懐中時計です。恩師・伊地智善継先生の中国土産です。あたしがふだんから懐中時計をしていたのをご存じだったからのチョイスだと思います。今は使っていませんので、電池も切れて針は止まったままです。

最後は北京の友人にもらったものです。友人宅へ遊びに行ったときに、少し前に旅行で行って来たおみやげだと言ってくれました。別にあたしのためにわざわざ買ってきたものだとは思えません。たぶん、韶山の毛沢東故居を参観したとき、参観者全員に配られた記念品でしょう。

ガラス製です。ただの置物なのかとも思えますが、形状などからして、ペーパーウェイトなんだろうと思います。

あと。毛沢東バッヂも持っていたような気がしますが、それがちょっとどこへ仕舞ったのか見つかりません(汗)。

2017年9月9日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー

フランスの作品✕2

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



重陽の命日

9月9日です。

世間的には北朝鮮の独立記念日で何かが起きるのではないかということで持ちきりですが、あたしにとって今日は父の命日です。もう何年になるでしょう? 二十数年まえのことです。確か雨の月曜でした。そして、父の命日というのは、父の母、つまりあたしの祖母の命日でもあります。祖母は父が小学生のころに亡くなっているので、父も薄ぼんやりとした記憶しかないようで、もちろんあたしは逢ったこともありません。確か父の遺品の中に古い写真が一枚残っていただけのような……

そんな命日が重なる今日は、お隣、中国の指導者、毛沢東の命日でもあります。その後も紆余曲折がありましたが、事実上、文革が終息を迎えた契機になったのが今日ではないでしょうか? もう主席が生きていればこその文革でしたから……

 

なので、新刊『文化大革命 〈造反有理〉の現代的地平』などを手に取っていただきたい日でもあります(汗)。それにしても、中国国内ではどうなのでしょう? まだまだ文革時代の負の歴史を大っぴらにできないようなところがありますね。日本には歴史を直視せよと言いながら、自分たちは文革も天安門事件も国民には真実を知らせずでは構成とは言えないと思います。

それはともかく、ずいぶん前に古書店で見つけて、こんな本を買っていました。文藝春秋の臨時増刊です。

奥付を見ると1973年の刊行です。ちょうど日中の国交が回復された後ですね。そういった国際情勢を受けての編集、発行だと思われます。

巻頭、カラーグラビアの後には毛沢東の評伝が載っています。執筆は竹内実さんでした。この時点では、まだ毛沢東の真実、文革の負の面は日本に伝わっていなかったのでしょうか?全体的には日中友好を前面に打ち出した記事ばかりが目につきます。いわゆる、日中蜜月のスタートですね。