今日の配本(18/05/29)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



うーん、わからない

録画しておいた「逆殺館」「ラプチャー 破裂」を視聴。

 

まずは前者。

「虐殺」ではなく「逆殺」とはどういうことかと言えば、つまりはある屋敷に悪魔が取り憑いていて、そこに住んで人間を次々に殺していってしまうというお話。こちらが殺すのではなく、逆に屋敷に殺されるから逆殺館なのかな、と解釈しました。

途中まではホラーではなくサスペンスなのかと思っていたら、悪魔憑きの話だったのでちょっと肩透かし。こういう超常現象に持って行かれると、あとは何でもありになってしまうのでやや興醒めです。悪魔によって殺されるのは大事な人を失った人だと途中で軽い謎解きがありますが、たいていの人は両親とか親戚とか友人とか、誰かしらを亡くしているはずですから、つまりは誰でも悪魔の餌食になりうるということ。そうでない主人公が活躍するのかと思いきや、主人公が一番悲しい思いを背負っていて、この屋敷とも因縁があるということですが、そこがストーリーに活かされているとは言えないですね。

4人殺すと悪魔が実体化するというのも唐突ですが、両親とバチカンから派遣されたエクソシスト二人を殺し娘に取り憑いた悪魔。こんどはその娘を悪魔とは知らずに誘拐した4人を殺してさらにパワーアップしようとしているのでしょうか? そのあたりの設定が今一つ理解しづらいです。

悪魔なので銃弾を止めて向きを変えることすらできるのに、簡単に鎖で縛られて動けなくなるなんて、ちょっとおかしいところは山盛りです。

続いては後者。

主人公は突然謎の一味に拉致され、人体実験のようなことをされます。彼らの目的もわからなければ、自分もどうなってしまうのかもわからない、そんな状態で半分以上が過ぎます。

結論から言ってしまうと、遺伝子操作によって人類を超えた、新しい種を生み出そうという実権集団のようです。しかし、なかなか優秀な遺伝子を持った実験材料が見つからず、拉致された主人公もそんな実験台の一人で、なおかつ彼らによればとても優れた遺伝子を持っているとのこと。

結局、彼女も実験によって新種に変わってしまい、一味は彼女の遺伝子を受け継ぐ息子にも食指を伸ばすのですが、間一髪、まだ人間としての理性、母親としての感情を残していた主人公が息子に逃げるように伝え息子は逃げ延びます。しかし映画はここでフィナーレ。続編があるような幕切れですが、この作品がヒットしていなければ続編も何もないでしょうね。

詰まるところ、二本ともちょっとわかりづらい作品でした。

How many いい顔?

下の写真はけやき坂46の加藤史帆のブログに載っていた写真です。

けやき坂46のメンバーが一列に並んだ写真です。公式サイトに掲載されているファーストアルバムのアー写を撮った時のスナップの一枚でしょう。

ところで、上の写真にはメンバーが何人写っていますか? 角度的に前の人の影になってしまっている人もいるようですが、あたしが数えると18人のような気がするんです。でも足に注目して数えると20人いるような……

上の写真が、昨日のダイアリーでも取り上げたアー写です。こちらはきれいに20人が写っています、なにせ、けやき坂46は一期生と二期生併せて20名ですから。となると、一枚目の写真は誰かが写っていない、ということになります。

写真をアップしたかとし本人は写っているので、マネージャかスタッフが撮った全員集合写真なのだと思われますが、本当に20人写っているのか、数えるたびに異なるので……

もしこの写真、確かに20人いない、18人しかない、となると、たまたま集合写真を撮った時にはスタッフと打ち合わせか何かしていたのでしょうか? あるいはスケジュール的に18名しか集まれず、アー写では不在の二名は合成だとか?

うーん、もう少し数え直し作業を繰り返してみます。あたしが見るところ、手前から

金村、丹生、宮田、影山、潮、河田、久美、小坂、齊藤、美玲、加藤、高本、その影に誰か、柿崎、東村、高瀬、その後ろに誰か、松田、富田

というところまでは判別できたのです。影になっていて誰だかわからない2名を加えても19人ですよね? 誰が写っていないのでしょう? メンバーとして残るは、井口、濱岸、渡邉の三人です。

ちなみに、今回のダイアリーのタイトルで郷ひろみを思い出した方は、年齢がバレますね!

文学作品で歴史の勉強

地下鉄道』を読み終わりました。後半は一気でした。それぐらい素晴らしい作品です。

ここでは感想はおくとして、本作を読んだ方には『地図になかった世界』『ネバーホーム』の二作品も併せて読むべきだとお薦めします。多くの方が既に読んでいるのかも知れませんが(汗)。

  

知らない方のためにあえて書きますと、三作とも舞台はアメリカです。描かれる時代は『地図になかった世界』と『地下鉄道』は19世紀前半から半ば、『ネバーホーム』は南北戦争(1861年~1865年)が舞台なのでやはり同じような時代の物語です。少しずつ重なりつつ、主人公同士がすれ違っていてもおかしくないような三つの物語でした。

アメリカの黒人の歴史や南北戦争については本もたくさん出ています。文庫や新書などの比較的気軽に手に取ることの出来るものもあります。ただ、その手のノンフィクションや準専門書っぽいものは苦手という人も多いと思います。そんな方にはこういった文学作品で歴史を学ぶのもよいかと思います。

これらの作品中の個々のエピソードは著者の創作でしょうが、そこにはベースとなった事実があるでしょうし、一流の文学作品は歴史の真実を描いてみせてくれるものです。専門書だけが歴史を教えてくれるものではないと思いますし、こういう作品から、専門書へ進むという道もあってしかるべきだと思います。

幸いにして、あたしたちはその後のアメリカでは南北戦争が起こって、奴隷が解放されるようになったという歴史事実を知っています。『地下鉄道』の主人公たちに「もう少しの辛抱だよ」と、この事実を教えてあげたい衝動に駆られます。

しかし、その一方で、いまだにアメリカには根強い黒人差別があり、白人警官が黒人に暴力を振るったというニュースをしばしば耳にします。さらにはトランプ大統領によるメキシコ系移民排斥の方針表明など、自由の民主主義の国アメリカとは思えない事実がいまだに存在していることを、これらの作品の主人公にどう伝えたらよいのでしょう?

欅坂? あるいはけやき坂?

6月下旬、いや、もう20日と公式に発表されていますので6月20日と言えばよいのですが、とにかく、けやき坂46のファーストアルバムが発売になります。下の画像は、公式サイトにあるメインイメージです。このアルバムの特設サイト、PCからも見ることはできますが、そこには「スマートフォン専用」とありまして、何が異なるのか、タブレットから閲覧すると、確かに一部コンテンツが現われます。

スマートフォン専用と言ってもタブレットなら大丈夫なわけで、どうしてPCを排除するのでしょう? って言うか、ファンの大多数はPCではなくスマホでこういったウェブサイトを見ているのでしょうね。あたしは時代遅れなのでしょうか?

それはさておき、上の画像の右下に見える小さい写真が実際のアルバムのジャケットのようです。Type-AとType-B、それに通常盤という3タイプで発売されるようです。ネットショップやCDショップなどでは特典付での販売をしているようですが、今回はポスターというところが目に付きます。ポスターって、わが家には貼るような壁(というかスペース)がないので、だったら特典などなくてもよいから少しでも安いところで買おうと思います。

で、そんなことよりも上の写真のセンターはみーぱんです。けやき坂46は一期生と二期生が20名いますが、あたしはみーぱんが一番好きです(あと、二期生のひよたんもカワイイので好きです)。なので、今回もみーぱんがセンターポジションに立ち、たぶんリード曲のメインもみーぱんなのでしょう。とても嬉しいです。

世間では欅坂46とけやき坂46の区別が付いていない人も多いと思います。と言うよりも、そもそも「けやきざか」に二つあるということすら知られていないのではないでしょうか? いやいや、たぶん乃木坂46との区別すら曖昧、結局はAKBグループの一つなんでしょ、という認識が日本人の平均値だと思います。まあ、昔からアイドルなんてそんなもの、国民的と呼ばれ、メンバー個々の名前が一般の人にまで浸透するのはごく一握りなわけですから、致し方ないところです。

で、その二つの「けやきざか」ですが、最近の欅坂46はどうなっているのでしょうね? いちおう、冠番組はずーっとやっていますが、露出はそれくらいです。ツアーやライブもこのところはサッパリです。乃木坂46のようにいろいろな番組にメンバーが呼ばれるということもほとんどないようです。まあ、その乃木坂だって外番組に呼ばれているのは一部のメンバーに限られますが……

それでも乃木坂はアンダーライブがあったり、夏のツアーも発表になり、更には舞台の仕事がちょくちょく入っています。着実に地歩を固めている印象を受けます。

対して、けやき坂46は先日まで舞台もやっていましたし、こんどはけやき坂46としてのアルバム発売です。冠番組も現在は週に2本ありますから、表面的には同じ「けやきざか」と言っても、活動しているのは「けやき坂46」ばかりに感じられます。

欅坂46はデビュー曲の印象とセンター平手の印象が強すぎて、カッコイイ路線、ロック調に進んでいるようですが、もともとは乃木坂46の妹分的なグループを作ろうとしたプロジェクトだったはずです。乃木坂のフレンチポップな路線をなぞることはしなくとも、入ってきたメンバーのほとんどは乃木坂の清楚路線、ガーリーなスタイルに憧れていたのではないかと思います。今になって「やりたかったのと違う」と思っている(後悔している?)メンバーもいるのではないかな、と思うのですがどうでしょう?

これがAKBグループであれば、移籍などもあり得るのでしょうが、坂道グループは基本的にそういう制度がないので、いまさら欅坂46から乃木坂46へ移るということはできないでしょう。ジレンマを抱えているメンバーもいるのでは?

それに対し、けやき坂46の方は、ハッピーオーラがコンセプトであるように、欅坂のロック路線とは一線を画したアイドル路線を進んでいます。「あっちがよかったなあ~」という欅坂メンバーの声が聞こえてきそうです。

そろそろ散財も控えないと?

本日、届きました。

たぶん、見ただけではわからないと思いますが、乃木坂46の軍団Tシャツです。6周年の46時間テレビでの企画です。

左から「真夏さんリスペクト軍団」「若様軍団」「犬メン」です。

生誕Tシャツとか、全国ツアーなどのTシャツって、ヲタが握手会やライブに着ていってメンバーやファン同士の一体感を味わうものなのでしょうね。あたしみたいに握手会に行くわけでもなく、コンサートに行くわけでもない在宅ヲタの場合、もう意を決して普段着として、室内着として着るしかないのですが、もうTシャツだけで数十枚、タンスの中に眠っています(汗)。

むしろ歴史ノンフィクション?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



2018年5月26日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー

希望は見つかったのか?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



たまには「カワイイね」と言ってもらいたいお年頃?

コミック『ゴールデンカムイ』が人気だそうですね。そのお陰で、あたしの勤務先の『ニューエクスプレス アイヌ語』がよく売れているんです。

「カムイ」と言うくらいだからアイヌのお話なのはだいたい察しが付きます。社内でも多くの人間がコミックにハマっています。これだけみんなが読んでいるなら、あたしは読まなくてもいいや、と持ち前の天の邪鬼を発揮しているあたしです(汗)。

が、アイヌと聞くと思い出すことがあります。

上の写真、いきなり出されても何が何だかわからないと思います。

誰だと思いますか?

あたしです。

えっ、うそ!

と言いたくなる気持ちもわかりますが、あたしが幼稚園児のころの写真です。

格好を見ていただければおわかりのように、お遊戯会でコロボックルの扮装をしてダンスをしているところです。衣装は母親たちの手作りだったのではないかと思いますが、いかにもアイヌな意匠ですので、布は幼稚園で用意してくれていたものだと思われます。それを各保護者が縫ったというところでしょう。

で、そういう昔話を聞いた上で、もう一度上の写真をご覧ください。

どうです、カワイイでしょう?

お世辞でもいいですから、褒めてください!