やはり文庫本の方が売りやすいのでしょうか?

つい最近読んだ、角川文庫の『京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道』ですが、これは『京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ』の続編になります。ただし、これはもともと『クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ』というタイトルの単行本を文庫化したものです。続編は単行本は刊行されず、いきなり文庫本で登場したわけですね。

 

考えてみますと、最近はこういうタイプを時々見かけます。

碧野圭さんの『書店ガール』シリーズも最初は『ブックストア・ウォーズ』という単行本だったのですが、『書店ガール』と書名を変え、なんと出版社まで変わって、その後人気シリーズになりました。

  

他にも、個人的に気に入って読んでいた『乙女の花束』と『乙女の初恋』は単行本で読んでいたのですが、その後「三冊目が出ないなあ」と思っていたら、第三弾の完結篇は『乙女の翼』というタイトルで、文庫として出ているではないですか! そして案の定、最初の二冊も既に単行本ではなく、三冊目と同じ文庫レーベルで刊行されています。

 

 

恋都の狐さん』のシリーズも第二弾『美都で恋めぐり』までは単行本で読んでいたのですが、その後ちょっとチェックを怠っていたら、なんと現在は第四弾まで出ています。ただし、こちらは第四弾はまだ単行本のみで、文庫にはなっていないようです。

あたし自身は、やはり単行本の方が好きです。ただ、こういう営業回りの移動の車中で読むのにちょうどよい本は文庫本の方が手軽だなあ、とも思います。どちらがよいのか難しいところです。

最近の健康状態

歳をとると、体のあちこちにガタがくるもので……

この数ヶ月、たぶん半年くらいになりますが、朝起きると首が痛い日が続いていました。寝違えるほど寝相が悪いわけではないので、たぶん枕が合わないのだろうと、自宅にあった枕をいくつか試してもほとんど効果なく、枕を使わずに寝てみたり、タオルを折って枕の代わりにしてみたり、いろいろやったのですが、まるで効果はなかったです。

首の痛みは必ず右側だけで、時には肩にかけて痛むこともありました。これはきちんとしたお店で首や頭の形を測定してもらって、自分に合った少々高級な枕を作らないとダメかと思っていたのですが、この一か月くらいだいぶ治まりました。まだ朝起きると鈍い痛みが首に出ることはありますが、一時期のものすごい痛みはなくなり、過ごしやすくなりました。

ちなみに、非常に痛かった頃でも夜寝る頃までには痛みも引くので幸いでしたが、毎日毎日、朝起きると痛くて、一日かけて痛みが治まっての繰り返しは苦痛以外の何ものでもなかったです。

最近気になるのは腹痛です。

もともと、小さい頃から胃腸が弱いタイプでしたが、最近は食事をするとお腹が痛くなります。それがこの一か月くらいでしょうか。なので、この一か月くらい、平日の昼はほぼ食べない日々が続いています。午後からの営業回り、腹痛を心配しながら出かけるのは嫌ですから。

そして、これはもう何年にもわたる持病と言ってもよいくらいになっているのが頭痛です。一時期よりはだいぶよくなりましたが、それでも時々ズキズキとした痛みが数日、頭の同じ箇所で痛むことがあります。市販の頭痛薬では何を飲んでもほぼ効きません。騙し騙し付き合っていくしかないような状態です。

やはり、歳なのか……

「大世界」と書いて「ダスカ」と読む

まだ中華街です。

関帝廟を後にして、元町・中華街へ向かう途中、横浜大世界の前を通りました。とりあえず、ここに来れば、食べるにしても、お土産を買うにしても、一通り済んでしまうデパートのようなところです。

その入り口に、中国のホテルやレストランなどでよく見かける狛犬のような像が左右に建っていたのですが、それがこんな風になっていました。

一枚目の写真、どっかで見たことあると思いますが、これって『ベルばら』のオスカルですよね? いや、顔はまるっきり獅子ですけど、しっかり化粧なんかして、金髪じゃないですか!

そして対になるもう一体の狛犬が二枚目の写真です。

一方がオスカルなら、もう一方は誰でもわかると思いますが、ご覧の通り、アンドレです。

こちらも、アンドレの特長をよく捉えています。作品中でアンドレは左目を負傷していたはずで、この狛犬でもしっかりと再現されています。

二体の狛犬、もとい、オスカルとアンドレが片足で押さえつけているものが何なのかわかりませんが、それはともかく、なんで中華街でベルばらなのでしょう?

と思ったら、大世界で期間限定のベルばら展のような催しが開催中だったのですね。営業時間を考えると参観しようと思えばまだ可能だったようです。まあ、いいか?

ところで、「大世界」はURLを見てもわかるように「ダスカ」と読みますが、これは上海にある大世界と同じですね。戦前の上海を知っている人であれば大世界を知らないはずはない、そんな娯楽施設です。あたしも2005年の暮れに上海へ行った時に前を通りました。当時は営業していなかったと記憶していますが……

ちなみに、中国語の標準語では発音は「Dashijie」ですから、あえてカタカナ表記すれば「ターシージエ」となりますが、それを「ダスカ」と読むのは上海方言だそうです。

アヒルを食べました

昨晩は、営業回りの後、横浜の中華街へ行きました。

大船から根岸線で石川町駅まで行き、そこから歩いて中華街へ向かいました。下車した石川町駅は、昔から女子学生の宝庫と聞いていましたが、確かにホームには電車を待つ女子学生が大勢いました。主に高校生のようでしたね。

さて、中華街で昔から知り合いの同業者と夕食を共にしたのですが、北京ダックのお店へ行きました。本当に久しぶりに食べました。

ところで、ここの北京ダックは全聚徳タイプなのでしょうか? あたしも詳しいことはわからないのですが、北京の有名な北京ダックのお店というと全聚徳と便宜坊の二つがあって、それぞれダックの焼き方に違いがあるのだそうです。

3時間弱の食事でお腹もいっぱいになり、店を出た後、中華街の街路の上にきれいな飾りがありました。

それが一枚目の写真、正面に回ると龍でした。自分で撮った写真を自分で褒めるのもなんですが、上の写真だと龍が街路の上、中空を飛んでいるように見えますよね。なかなかよい写真が撮れました。

そして駅へ向かう前に向かったのが関帝廟です。三国志の英雄、美髯公・関羽を祀る廟です。世界中の中華街には必ずあると言われている施設です。

ご覧のように見事なライトアップでしたが、既に観覧時間は過ぎていたので門というかフェンスが閉まっていました。それでも外からお参りのふりだけはしておきました。

ちなみに、2枚目の写真に写っているのはあたしではありません。もしあたしだったら、この写真は誰が撮ったというのでしょう? あっ、一緒に食事をした連れか。でも、くどいようですが、あたしではありません。

そして、閉まっていたフェンスの隙間から撮ったのが右の写真です。

このいかにも中華という感じの派手派手しさ、嫌いではありません。ここまで派手ではなくとも、中国の街を歩いていると、こういった感じの建物は時々見かけました。かつてはその地区の廟だったのでしょう。それっぽいのは建物の外観だけで、中は見る影もなく、何家族もの庶民が住み着いていますが……

今回も何事もなく……

毎年、この時季の恒例、墓参りに母と二人で行ってきました。風が強くて、とても寒かったのですが、行かないわけにはいきません。

そして、この時季の墓参りというと思い出すのが人身事故です。

2013年の、やはりこの時季に母と墓参りに行ったのですが、その帰路、井の頭線で人身事故が起きたのです。人身事故が起きて電車が遅れたというレベルではありません。あたしと母が乗っていた電車が人身事故を起こしたのです。いや、正確に言えば、その電車に人が飛び込んだのです。

詳しいことは上にリンクを貼っておいた当時のダイアリーに書いてありますが、それ以来「今年は人身事故に遭いませんように」と祈るような気持ちで電車に乗っています。

そして、お陰様で、人身事故に遭遇したのは後にも先にもその時だけで、以後そのようなことは起こらず、無事に墓参りを済ませて帰宅いたしました。

今週は2点@朝日新聞

土曜日恒例、朝日新聞の読書欄です。

今週は、いわゆる書評欄での紹介はなかったのですが、よーく見ますと次の2点が紹介されていました。

まずは、桜庭一樹さんがJ.D.サリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を紹介してくださいました。『ライ麦畑でつかまえて』ではなく、あえて村上訳の方を紹介しているのは、桜庭さんが読まれたのがこちらだったからなのでしょうね。

書店でも「どっちの方が売れているのですか?」と時々聞かれます。正直なところ、拮抗しています。お店によっても違いがありますし、月によって売り上げ順位も入れ替わったりしています。ただ、村上訳が出ても売れ続けている野崎訳もスゴいものだと思います。

続いてはもう一点、新書紹介コーナーで見つけた『社会主義リアリズム』です。文庫クセジュの一冊です。

こちらは文庫クセジュの棚だけでなく、人文の棚、芸術の棚にも置いていただいている書店がいくつかありまして、お陰様でよく売れています。日本の新書ではなかなか見かけないテーマで、いかにもクセジュらしい一冊ではないでしょうか?

鳩サブレー!

昨日の営業回りは鎌倉へ行ってきました。

いざ、鎌倉?

都内でも、場所によっては「鎌倉街道」という表示を見かけます。「この道をずーっと進めば鎌倉に着くの?」と素朴に考えることがありますが、その鎌倉へ行ってきたわけです。

もちろん、仕事です。書店営業です。

ただし、「鎌倉まで足を延ばした」と話すと、帰宅後に母から「鳩サブレー、買ってきてくれた?」と聞かれるので、こちらはあくまで仕事で出かけているのですから、毎回毎回お土産なんて買っていられませんが、前回は手ぶらで帰ってしまったので、今回はちょっと買ってみました。

それが、こちらの写真です。

鳩サブレーと言えば豊島屋ですよね。ウェブサイトのURLも「hato」なんですね。徹底してます。

さて、鳩サブレーと言うと、黄色い缶に入っているイメージがありましたが、あれは10数枚入りとか、母と二人のわが家ではとてもでないけど食べきれません。もう少し少ないのはないかと店頭で聞いてみたところ、薦められたのが写真の5枚入りパッケージです。

もちろん1枚から買えますので、母一枚、あたし一枚の2枚だけ買ってもよかったのですが、それではたぶん自宅へ帰り着く前にカバンの中でボロボロになってしまいます。紙袋では心許ないので函入りの5枚入りがちょうどよいかと判断してチョイスしました。

で、この写真ですが、このパッケージは本店限定のパッケージだそうです。通常は、缶と同じような黄色いパッケージなのですが、本店ではこちらのデザインのパッケージも売っていたわけです。「限定」と聞かされると弱いもので、ついついそちらを選んでしまったあたしです。

それにしても、鎌倉はいろいろとスイーツでも楽しめそうな町ですね。

映画の原作ではありませんが……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



いつもよりもっと売れています

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



商業・宗教・軍隊

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。