Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(17/09/22)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

たまるばかりで観る時間が……(^_^;)

スカパー!の中国語放送「CCTV大富」はいろいろな番組を放送していますが、現在は「康熙王朝」という歴史ドラマを放送しています。言うまでもなく、清朝の最盛期の皇帝・康煕帝のドラマです。

このドラマが10月に放送終了になるようですが、その後は清朝の皇位そのままに雍正帝のドラマが始まるようです。これはこれはまた楽しみなドラマですが、サイトには情報が載っていません。残念。

その一方、「東方-毛沢東と新中国-」なんていうドラマも、10月にはスタートします。

このように「CCTV大富」は中国語の勉強だけでなく、歴史好きにも興味深い番組を放送しているのですが、スカパー!の番組ガイドでもあまり大きく取り上げられていませんし、頼みの綱のウェブサイトもやや貧弱です。

日本人の好みを反映してか、地上波にせよBSニセよ、そしてスカパー!にせよ、韓流はかなり放送されていますし、取り上げ方も大きいですが、華流については、台湾も含め(台流と言うのでしょうか?)、取り上げられ方にかなりの開きがあります。

 

せっかく『中国時代劇で学ぶ中国の歴史 最新版』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版』なんて本(ムック?)も出ているのですから、もう少し取り上げ方とか、ウェブサイトも充実させて欲しいものです。

で、こういった中国ドラマをHDDに録りだめてあるのですが、まるで観る時間がありません。中国ドラマって、日本の10回くらいで終わるドラマと違って、数十回放送されるのがザラです。まさしく大河ドラマです。見始めたら一つの度ドラマだけでも一日や二日では終わらないでしょう。

さて、そうしたものか? 老後の楽しみでしょうか?

テレビはどれだけ操作をしているのでしょうか?

安室奈美恵の引退のニュース。

あたしは、別に安室奈美恵が好きでも嫌いでもないので、「ああ、そうなの?」というくらいの感想しか持ちませんし、「とかなんとか言って、一年か二年したら復活なんてことになったりして」と意地悪く思っている人間です。が、テレビの街頭インタビューを見ていると、「悲しい」とか「残念」とか、そういった声が多いのに驚きます。

が、この街頭インタビューって、どれくらいの人に聞いた結果なのでしょうか? そりゃまあ、たいていの人はあたしみたいに天の邪鬼ではないでしょうから「残念ですね」「ちょっと悲しいです」といったコメントをくれるのでしょうけど、放送で使えそうな熱いコメントをしてくれる人が果たして何人いたのか……

テレビで使われているのは、せいぜい数名、4名から5名ですよね。それだけのコメントを取るのに何人にインタビューをしたのでしょう? 何十人にも聞いて、ようやく使えそうなのが数名では「街には悲しみの声があふれている」とは言えませんよね。そうすると、テレビ番組はかなりの操作をしているということになります。

そんなことを思っていたら、そういえばかつて自民党がテレビ朝日やTBSは偏向報道をしていると噛みついたことがあったのを思い出しました。あれも、街頭インタビューでは自民党に大反対しているようなものばかりを放送しているが、自民党支持派だってインタビューをした中には相当数いたはずだ、という理屈だったと思います。

安室奈美恵の場合のあたしの印象というか予想が当たっているなら、自民党の場合だって同じようなことが行なわれている可能性があります。ただ、あえて言うなら、マスコミというのは政府批判が役割の一つでもあると思うので、ある程度政権与党に厳しい意見に偏って報道するのは仕方ないのではないかと思いますが……

で、実際のところはどうなのでしょう? 使えないインタビューが大多数なのではないでしょうか?

舞台を観たなら、本も買ってくれたかしら?

乃木坂46のさゆにゃん、否、さゆマッチョのブログにこんな記事がありました。

大人計画さん、『業音』観てきました
@東京芸術劇場シアターイースト

面白かったです、とは簡単に言えない題材で、
現代社会の様々な問題が飛び交う中で
悲劇なのにいつの間にか笑ってしまったり。
感情がぐちゃぐちゃになりました。
うまいなあ、ずるいなあ、すごいなあ、って
まんまと世界観にはめられていきました。

見終わったあとに、なんだか色々考えさせられる。。そういった意味でとても面白かったです

『業音』って『業音』です。あたしの勤務先から本が出ています。さゆにゃんも本を買ってくれたでしょうか?

 

戯曲と言えば『ラストフラワーズ』が10月にWOWOWで放送されます。