Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

2017年5月の広告予定

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

初めての方もぜひ!

勤務先のTwitterがリツイート(でいいんですよね?)しているので知りましたが、ジュンク堂書店滋賀草津店の《エクス・リブリス》フェア。

とはいえ、大がかりなものではなく、その中から短篇小説だけを選んだ、海外文学入門的なフェアです。この春のみにフェア企画として、書店に呼びかけているものです。

やはり短篇集は手に取りやすいだけでなく、読みやすいと思いますので、この機会にぜひどうぞ。

この短篇集フェアについては、このダイアリーでも以前ちょこっと触れましたが、毎日一作品。夏までに読破してみてください!

 

なお、企画した時点では未完だった『不機嫌な女たち』もお薦めです。

で、同店のTwitterに載っている写真の左上、『神は死んだ』の左側にチラッと写っているのは、このフェアのために用意した小冊子です。フェア・アイテムの紹介が載っています。って、本当は、あたしの個人的な感想なんです(汗)。

キーワードはユダヤ? 歴史?

先日の日本翻訳大賞授賞式。

選考委員の柴田元幸さんが、最終選考に残った作品群についてコメントされたのですが、曰く、祖父母の時代を自分の言葉で語り直したような作品が多かった、と。そして、通奏低音のようにユダヤ人というのがあったとも。

もちろん全部の作品がそうなのではありませんが、過半の作品に上に書いたような傾向が見られたのは事実だったと思います。また曰く、二世だと親の時代の歴史は生々しすぎるけれど、三世にもなると客観的に捉えることができるようになる。

海外の文学の潮流として、こういった作品がこの数年多くなっているのでしょう。そして、それらをわれわれ出版社も翻訳者の方と一緒になって鋭意刊行しているという流れなのだと思います。

で、自慢するわけではありませんが、あたしもこれまでに授賞した自社の三作品に対してですけど、歴史を語ったものが選ばれている、というような趣旨のことを少し前に書いていたので、その感覚が当たらずと雖も遠からずだったのは嬉しかったです。

今年も大盛況

昨日は、日本翻訳大賞の授賞式、そして懇親会。第三回となる今回の大賞は『ポーランドのボクサー』と『すべての見えない光』で、会場での書籍販売に行って来ました。

 

授賞式会場の一画でしたので、会場販売はかなりの盛況でしたが、それ以上に多くの方が来場し、昨年にも増して盛り上がった授賞式だったと思います。

 

上の写真が、あたしの勤務先の書籍販売の様子です。同時受賞の藤井光さんも、あたしの勤務先からは何冊も翻訳を刊行されていますので、それらも一緒に並べています。

右の写真がメインである『ポーランドのボクサー』です。会場特価で少し割引きしております。

こちらは、お隣で同じく販売していた新潮社ブースです。クレスト・ブックスは装丁がステキですね!

そして、パク・ミンギュ『カステラ』で第一回の翻訳大賞を受賞した斎藤真理子さんが韓国の文芸雑誌を販売されていました。

斎藤真理子さんは、来月、あたしの勤務先からパク・ミンギュの『ピンポン』を刊行予定ですので、お楽しみに!