Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(19/04/17)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

修理してもらいました

4年ほど前に購入したブルーレイレコーダー「DIGA DMR-BRX2000」なんですが、半年ほど前に突然壊れました。

壊れたと言っても、録画できなくなったとか、映らなくなったとか、そういう基本的な機能ではありません。録画もできますし、ブルーレイやDVDへのダビングも問題ありません。何が壊れたかと言いますと、ネットワーク機能です。

本機は、有線ないし無線のLAN接続ができる機種で、あたしん家では有線で繋いでいました。それがある時、突然繋がらなくなったのです。始めはLANケーブルが抜けているとか、そういった物理的な原因を考えて試行錯誤しましたが、まるっきりダメ。ならばと無線でつなごうとしましたけど、それもダメ。とにかくネットワーク機能だけが壊れてしまったのです。

ネットワークが使えないと、番組表の更新もできなかったどうかは覚えていませんが、あたしの場合、ネットワークHDDに番組をムーブできなくなるので非常に不便でした。また本機はチャンネル録画と言って、自動で指定した6チャンネルだったか5チャンネルを一週間録画しておいてくれる機能があるのですが(東芝のタイムシフトマシンのようなものです)、見逃したり、録画し忘れてもその機能で補完できました。

特に勤務先の書籍が紹介された番組などを、タブレットを使って勤務先で視聴したりすることができたので、そういうことができなくなるのが非常に布部園に感じていたのです。で、修理に出したのです。

既に4年も前のモデルなのでネットショップを探しまわらない限り新品が売られていることはないようです。いくつかのサイトを見ると販売価格が45,000円程度になっているのを見つけました。同じような最新機種ですと最低でも70,000円から80,000円程度はするので、個人的には修理の限度額は40,000円と考えていました。ちなみに、パナソニックのサイトで修理の見積もりシミュレーションをすると37,000円でした。

ヨドバシのネットショップで買ったので、わが家からだと比較的近い吉祥寺のヨドバシ店舗へ修理依頼に持ち込むことも考えましたが、保証期間を過ぎているし、結局はパナソニックへ回されることになるのが予想できたので、そうなると中間マージンを取られるだけですから、ここはパナソニックへ直接修理依頼をすることにしました。

迷ったのは、ヨドバシだと修理でもゴールドポイントが付く、クレジット払いが可能というメリットです。吉祥寺ですから送ったりする送料もかかりません。一方のパナソニックへダイレクトに修理依頼をすると往復の宅配便代金がかかりますし、返送されてきたときに現金着払いで修理代を払わないとなりません。ここがどちらにするかのポイントでした。しかし、往復の送料がかかっても、たぶんヨドバシへ依頼するよりも安くなるだろうと判断し、パナソニックへ依頼したわけです。

先週の日曜日に荷造りして近所のコンビニから発送しました。月曜日には受け取ったというメールが届き、火曜日には見積もりが来て、こちらの指定した金額以下だったので修理を進めますという第二報。そして水曜日には修理終了で発送しましたという第三報。一昨日の木曜日、無事に届きました。なんという速さでしょう!

そして本日土曜の朝、改めてセッティングを行なったのですが、無事にネットワークに繋がりました。ひとまず安心です。それにしても、なんでいきなりネットワーク機能だけが壊れたのでしょうか?

またしてもちいさな幸運を使ってしまったみたいです

仕事から帰宅すると何やら荷物が届いていました。

薄っぺらい、ボール紙のパッケージ。MUSIC ON! TVと書いてあります。CSの放送局です。あたしはスカパー!光で視聴しています。

局名のとおり、音楽専門のチャンネルで、乃木坂46などのアイドルの番組もしばしばオンエアされますので、視聴する機会の非常に多いチャンネルです。

そこからの荷物とはさてなんでしょう? もしかしてチャンネルがなくなってしまうとか? そんな不安が頭をよぎりました。CSのチャンネルって、しばしばなくなったりすることがこれまでにもありました。やはり、なかなか採算がとれないのでしょうか?

そんな思いを抱きながら開けてみたところ。クリアファイルが一枚。それも乃木坂46の、です。

いつぞや応募していた、乃木坂46の上海ライブを記念したクリアファイルが当たったようです。一枚目の写真が表側です。いまは卒業してしまったなーちゃんがセンターにいます。ちょっと涙が出て来ますね。

二枚目の写真が裏側で、上海でのメンバーのスナップになっています。与田ちゃんと美月ばかりが写っていますが、個人的には推しメンなので嬉しいです。

このクリアファイル、応募者全員プレゼントだったのか抽選だったのか、今となっては思い出せませんが、こういうささやかなことで人生の幸運を使ってしまうのってどうなのでしょうね?

この方は《謎解き》三兄弟のいとこなのか?

少し前に中級フランス語の《謎解き》三兄弟をご紹介しましたが、「謎を解く」がもう一つ、否、もう一人いらっしゃいました。

新刊の『ピエロ・デッラ・フランチェスカ《キリストの鞭打ち》の謎を解く』です。

さすがに語学書ではないので、この子を喰わせて四兄弟とは呼べません。うーん、どういう関係と言ったらよいでしょう? 親子でもないし、やはりいとこ、遠い親戚、というくらいでしょうか?

いずれにせよ、いずれもよろしくお願いします。

あと、言うまでもないことかもしれませんが、『キリストの鞭打ち』は2人いるのではありません。左側が外套(函)、本人(中味)が右側です。