古代オリエント全史 エジプト、メソポタミアからペルシアまで4000年の興亡

古代オリエント全史
エジプト、メソポタミアからペルシアまで4000年の興亡

小林登志子 著

西はナイル河、北は黒海、東はインダス河、南はアラビア海に囲まれた地域がオリエントである。この地は人類初の文明が誕生し、諸民族が行き来し、数多の王国が栄え滅びていった地であった。シュメルやバビロンのメソポタミア、象形文字や太陽神信仰など独自の文明が発達したエジプト、鉄器を生んだアナトリア、これらの国々が激突したシリア、そして東の大国ペルシア。4000年にわたって巨細なスケールで俯瞰する。

2022年11月27日