最近買った本

すぐに読むのか、いずれ読むのか、それはわかりませんが、備忘録代わりに買った本を登録していきます。なので、感想は聞かないでください(汗)。

最近買った本のリスト

太陽が死んだ日

太陽が死んだ日

閻連科 著/泉京鹿、谷川毅 訳

ある日突然、村人に夢遊病が流行する。欲望をさらけだし、略奪や殺人を犯す人々。14歳の少年が見た白日夢の世界。紅楼夢賞受賞。

2022年9月26日

韓非子 全現代語訳

韓非子 全現代語訳

本田済 訳

人間は利のために動く。君臣の間に愛はない。徹底した現実主義的人間観に基づく実践的君主論にして、春秋戦国の乱世下に法家が磨き上げた統治思想の極致。「矛盾」「守株」など秀逸な譬えを交える軽妙さ、
理想的統治を語る峻厳さ、儒家への鋭い批判、そして不合理な現実政治への悲憤。抑揚に富んだ語り口を生き生きと伝える碩学の名訳で、全文を読む。

2022年9月23日

司馬遷

司馬遷

武田泰淳 著

激しい戦地生活を送るうちに、長い年月生きのびた古典の強さが、しみじみと身にしみてきたーー過酷な生活の中で、現実よりも確かなものとして立ち上がってきた司馬遷の生き方と歴史に対する態度。読むこと、書くことによって、独創的な個としてのありよう、自らの立ち位置を定めた著者による不朽の名著。長く収録されなかった結語を収め、オリジナルに近い形で刊行する。

2022年9月21日

日中百年戦争

日中百年戦争

城山英巳 著

戦中は拡大派と不拡大派が、戦後は北京派と台湾派が、現在は対中強硬派と経済優先派が激突。日本は「中国」とどう向き合ってきたか。

2022年9月20日