安楽死で安楽になるのは見送る側?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



あと一日は月末に!

本日は代休を取りました。

先月の関西ツアーは土日も仕事でつぶれる工程だったので、その代休が三日間ありまして、そのうちの一日は先日既に取りました。残る二日のうち、一日は月末に妹のところの姪っ子、甥っ子が遊びに来るので(子供たちは春休み!)、その時に使う予定です。

というわけで、あと一日をいつ取るか、というところなのですが、会議とか見本出しなど、意外と予定が詰まっていまして、来週になると休暇など取らなくとも水曜日が祝日です。これは空いているうちに取らなければと、今日になった次第。

だから、どこかへ出かけるとか、何か用事があっての休みというのでありません。ほぼ一日、今回はボーッと自宅で過ごしておりました。昼間は暖かい一日でしたね。そろそろ日も翳って肌寒くなってきましたが……

代休は、原則としてその月の内に取るように、となっていますが、月の半ば以降の休日出勤ですと、なかなか月内に取るのは難しく、翌月や翌々月になる人も多々います。そのあたりは、それほど厳密ではない勤務先なので、たまった代休をまとめて消化する人もいたりします。

あたしの場合、旅行などの予定はないので、まとめて取る必要はなく、この歳になると、まとめて休むよりも、週休三日くらいの方がちょうどよいなんて思います。

で、『ある女の子のための犬のお話』を読みました。

イベントにかこつけて?

新宿の紀伊國屋書店で見かけました。

 

永田千奈さんのトークイベントの告知ポスターです。どこかで見覚えのある名前だなあと思っていたら、ポスターの略歴にも記載がありますが、『印象派のミューズ』の訳者でした。イベントは今月下旬ですね。

そのすぐ近くにもう一枚。こちらは鼎談です。テーマは塚本邦雄。

 

となりますと、『わが父 塚本邦雄』も気になるのではないでしょうか? こちらもお忘れなく!

今日の配本(18/03/13)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。