オンライン会議のタイムリミット

今日は、本来ならば在宅勤務の日でしたが、どうしても出社しないと出来ない業務があったので出社しました。ただ、その業務が思った以上に早く終わったので早々に帰宅、昼前には家に帰り着いておりました。

そして午後からはZOOM会議。なんと3時間。

ZOOMは、ふだんは無料のアカウントを使うことが多いので30分ですが、今回は有料アカウントの会議に参加するので、そんな時間制限はありませんでした。あたしにとっては、こんなに長いオンライン会議は初めての参加ですが、果たしてそんなにパソコンの前で会議を続けられるのか、多少の不安がありました。

結論から言いますと、本日の会議はふだんからこれくらいの時間がかかるものでもあり、参加メンバーはよく知ったメンバーばかりでしたので、会議前の不安は杞憂に終わりました。しかし、会議の内容やメンバーによっては3時間は厳しいかも知れません。

社内の会議もこの一年はオンラインがメインとなりましたが、対面の会議よりも議事進行がスピーディーで、余計な雑談もなく議事をテキパキと進行していくので、所要時間が大幅に短縮できました。やはり、オンライン会議というのは対面よりもスピーディーであり、むしろスピーディーにこなすことが醍醐味ではないかと思います。

逆に、最近はニュースなどでも取り上げられますが、日々のなにげない雑談が仕事のヒントとかアイデアを生み出す面もあるわけで、オンライン会議がスピーディーに処理されればされるほど、取りこぼしているものがあるのかも知れないと感じるようになりました。企業によってはオンラインの雑談時間を設けているところもあるようですが、雑談をルーティンにしたり時間を決めてやるというのは本末転倒のような気もします。

まだまだ、新しい生活、新しい働き方の前途は多難です。

アップデートはするべきではない?

数日前にWindows10のアップデートがありました。電源を落とす時にメッセージが出ますので、やはりアップデートはした方がよいのだと思い、「更新をしてシャットダウン」を選びました。たぶん、多くの方がそうしているのではないでしょうか?

ところが、パソコンに詳しい人は、たぶん、すぐには飛びつかないようです。なぜならアップデートには往々にしてバグがあり、アップデートをするとパソコンの調子がおかしくなることがあるからです。なので、パソコンに詳しい人はアップデートもしばらくして、ネット上に不具合報告が出ているか否かを確認した上で自分もアップデートをするらしいです。

しかし、たいていは「重大なセキュリティ上の問題があります。すぐにアップデートしてください」的なメッセージが出ますので、たいていの人はアップデートをしないとならないと思ってしまうでしょう。あたしもどちらかと言えばそっちです。

で、今回のアップデートなんですが、大きな問題はないのですが、ネットワークHDDの一つに接続できなくなりました。しばらく試行錯誤していると繋げるようになるのですが、どうも調子が悪いです。

いや、これはアップデートのせいではないかも知れません。なぜなら、この一か月近く、自宅のネットワークの調子自体がおかしいのです。そのせいが大きいのかも知れません。パソコンの環境というのは、ネットワークしろ周辺機器にしろ人それぞれですから、これが原因だというのをメーカーといえどもはっきり特定できるわけではないようです。

最終的には自分で解決するしかないようです。まあ、それがパソコンスキルを上げる道でもあるわけですが。

原因不明

自宅のネットワークがおかしいです。

そもそもはブルーレイレコーダーがネットに繋がっていないことを発見した数日前に遡ります。

レコーダーを繋いでいるハブに問題があるのかと思い、調べてみると、そのハブに繋がっている機器はすべてネットに繋がっていないことがわかりました。まずは大元からハブまでを結んでいるケーブルガニ問題があるのではないかと疑い、念のためケーブルをクロスケーブルに変えてみましたがダメでした。

ルーターから少し離れているので、間にハブをかませているのが問題なのかと思い、長いケーブルを用意して中継のハブをかませずに結んでみましたがダメです。

ネットを検索してみると、ルーターやハブの電源を一度落とし、しばらくおいてからまた入れ直すと直ることがある、という記事が複数あったので試みましたが、うまくいきません。

そんなことをしているうちに、PCが有線で繋がらなくなりました。試行錯誤しながらなんとか無線では繋がるようになったのですが、いくらやっても有線ではダメです。

そしてネットワーク全体が不調で、どのハブがダメなのかわかりませんが、家庭内のネットワーク、具体的にはPCのデータ庫として使っているネットワークHDDに繋ぐことができなくなりました。

これではいろいろな作業ができません。辛うじてUSBで繋いでいるHDDにはアクセスできますが、ネットワークはほぼ全滅です。

無線で繋ぐことができて、こうしてインターネットも見られるのでルーター自体には問題ないのでしょうか? しかし、ルーターの設定画面で接続している機器の一覧を見ても、ネットワークで繋がっているHDDが見えません。DHCPに何らかのトラブルが起きているのでしょうか?

とにかく、どこが問題になっているのか、ルーターなのかハブなのか、ハブだったらどのハブなのか、それがわかれば対処のしようもあるのですが、そこがよくわからないので、どうしようもありません。これではリモートワーク(在宅勤務)にも支障が出そうです。

フリーズしていました

昼過ぎに、ちょっとだけ勤務先へ行って来ました。

何故かと言いますと、勤務先のPCにリモートでアクセスできなくなったからです。

昨日の土曜日、午前中はふつうにアクセスできていました。しかし、午後からはアクセスできなくなってしまったのです。アクセスしようとしても、勤務先のPCがオフラインになっているという表示が出てしまいます。

勤務先のネットワークに障害が起きているのか、だとしたら、あたし以外の全社員がアクセスできなくなっているのでしょうが、それは自宅からでは判断できません。もちろん、あたしのPCだけの問題かもしれません。それを判断するというか、確認するためにちょっと勤務先まで行ってみたのです。

勤務先に着いて、あたしのPCを見てみますと、スクリーンセーバーが止まったままになっています。マウスをクリックしても、キーボードで適当にキーを叩いてみても無反応です。完全にフリーズ状態です。

仕方なく、強制的に電源をオフにし、再起動させてました。たぶん、これで問題は解決しただろうと思い帰宅しました。

帰宅後に、自宅からアクセスしてみたところ、無事に繋がりました。これでひと安心です。それにしても、どうしてフリーズしてしまったのでしょう?

Chromeのリモートデスクトップが……

春先から始まった在宅ワーク。

書籍というブツを扱っている以上、出社しないと話にならないところはありますが、それでも社内の密を避けるため、ほぼ全員が週に二日在宅ワークをするようにしていて、あたしは原則として月曜日と木曜日が在宅ワークの日です。

ところで、以前も書いたと思いますが、Googleのブラウザ、Chromeを勤務先と自宅それぞれのPCにインストールし、リモートデスクトップを設定すれば、自宅にいながらにして勤務先のPCにアクセスできるので非常に便利で、その機能を利用してテレワークを行なっています。「勤務先のPCにアクセス」と書きましたが、つまりは自宅のPCから勤務先のPCを操作するわけで、結果的に勤務先のPCは常に電源を入れっぱなしになります。パソコンって、メモリなどにゴミがたまるので時々は再起動をかけたり、電源を落とした方がよいのでしょうけど、テレワークをしていると難しいところがあります。

再起動ならよいのですが、もし間違って自宅から勤務先のPCの電源を落としてしまったら、勤務先にいる誰かに電源スイッチを入れてもらわないと、自宅からは電源を入れられません。そういう機能を設置するには、それなりにお金もかかるし、パソコン側の準備も必要になりますので、今のところは難しいです。

その他の問題点としては、勤務先の回線の太さによるのだと思いますが、操作がもたつくことがしばしばあることです。これは在宅からのアクセスが増えるからもたつくようになるのか、そもそものPCのスペックの問題なのか、よくわからないのですが、若干ストレスを感じる点です。

さて、そんなことはともかく、この数日、ちょっと操作方法で変更になったところがありました。

数日前まで、あたしが自宅から勤務先のPCへアクセスするには上述のリモートデスクトップのアプリを利用していました。これはブラウザのChromeとは別に起動するので、リモートデスクトップを起動しながら、Chromeを起動することができました。

しかし、数日前から独立したアプリではなく、Chromeの機能としてのリモートデスクトップに変更になってしまったようなのです。つまりリモートデスクトップを起動しようとするとChromeが起動してしまうのです。リモートデスクトップを使うぶんにはこれで問題ないのですが、別途Chromeを起動したいときにはかなり不便になりました。

リモートデスクトップのアプリが廃止になったのか、あるいはWindowsのアップデートとの兼ね合いで使えなくなってしまったのか、ネットを検索してもまだよくわからないので、しばらくはこのまま使い続けるしかないようですが、不便なのが困ります。

繋がらない!

とある書店のウェブサイトなんですが、自宅のPCからですと、どうも繋がりません。接続タイムアウトしてしまいます・

勤務先のPCからですと問題なく繋がります。どうしてなのでしょうか?

ウィルスやネットのセキュリティーソフトの問題でしょうか? 確かに、勤務先のPCと自宅のPCではセキュリティーソフトが違いますので、原因として考えられるのはそのあたりかと思います。

しかし、どちらのソフトにしたって、それほど面倒な設定はしていないはず、ほぼデフォルトの設定で使っています。PCのOSはどちらもWindows10、ブラウザもEdgeやFirefoxで試みていて、違いはありません。

そもそも、以前にも書きましたが、勤務先よりも自宅の方がネットのスピードは3倍から4倍速いんですよね。添付ファイル付のメールの送受信にしても自宅の方がはるかに快適です。問題となっているウェブサイト以外の閲覧については問題ありませんから、なぜそのサイトだけが繋がらないのか、よくわかりません。

いまだに謎多きネットの世界……

 

見づらくないでしょうか?

わが家は昔から朝日新聞を購読しているので、数年前からデジタル版も講読するようになりました。

右の画像は、デジタル版アプリで紙面ビューワーのページを開いたところです。このアプリを使っている人であれば、スマホやタブレットによって多少の見え方の違いはあるかも知れませんが、皆さんこんな感じではないでしょうか? でも、この画面、見づらくないでしょうか?

何が見づらいかと言いますと、並んでいる順番です。

日付は古い方が下、新しいものが上に向かって並んでいます。常に一番上に最新のものが表示されるというわけです。ここまではよいと思いますし、使いやすいと思います。問題は一日の中です。

日ごとにご覧いただくと、朝刊が上、夕刊が下になっています。これは日付の並び順とは逆行しています。古いのがした、新しいのが上という順番を通すのであれば、一日の中も朝刊が下、夕刊が上という順番に並んでいる方が、あたしとしては見やすいと思うのですが、如何でしょう?

設定画面で直せるのかと思ったのですが、どうもそういう機能はないようです。ここは改善してもらいたいと思うのですが、多くの人はこの方が見やすい、使いやすいのでしょうか?

在宅ワークに必要なのはデジタルよりもアナログ?

今日は在宅ワーク日です。

あたしの勤務先も6月以降、徐々に出社日が増えて、先月末にはほぼ毎日出社という感じにまでなりました。しかし、密を避けなければならないという課題もあり、編集部は基本は在宅が継続で、出社してやらなければならない仕事があるときにのみ出社しているという感じです。

あたしの所属する営業部は外との対応がありますので、やはり出社しないと仕事にならない部分が編集部よりは多く、若干の密は避けられそうにありません。しかし、このところ東京の新規感染者が増えてきたこともあり、やはりもう少し密を避けようという雰囲気となり、ほぼ全員、週に二日は在宅ワークとなっています。時差出勤も相変わらずです。

とまあ、こんなことはどの企業も似たり寄ったりなのでしょう。そして、在宅ワークでは各自(各家庭?)のPC環境やネット環境が仕事の生産性や効率に非常に影響すると言われていますが、それは改めて実感しました。ただ、勤務先のPCにリモートで接続したりするので、ネット環境について言えば、家庭だけではなく勤務先のネット環境も負けず劣らず肝心だと思い知らされています。

わが家の場合、回線は特に問題ありません。光ファイバー(ドコモ光)を使っていまして、少し前に計測したら、勤務先よりも3倍から4倍は速度が速かったです。PCの隣に置いてある液晶テレビを繋いでデュアルモニターにしているので、いくつかの資料やファイルを広げても問題ありません。いざとなれば、別にノートPCやタブレットもありますので。

ちなみに、自宅からZoom会議に参加するときは、タブレットでZoomを起動して参加しています。PCは会議に必要な資料を閲覧するのに使っています。本当はデュアルモニター(ディスプレイ)なので、ZoomもPCでやれば、ファイルの共有とか、更に便利になるので、次の機会にはZoom会議にPCで参加してみたいと思っています。

そんな感じで、たぶん社員の中では比較的恵まれたデジタル環境があるわが家です。プリンターもあれば、ファクスもありますし、家庭用複合機があるのでスキャンもできます。これだけあれば、在宅ワークも快適でしょ、と思われそうですが、思わぬ盲点がありました。

いろいろな資料がデジタル化され、それをPC上で見るようになってはいますが、やはり紙にプリントされたものの方が使いやすい、見やすいと感じてしまう世代です。まだまだすべての書類をPCで見るというのには慣れません。それにすべての資料がデジタル化されているわけでもありません、あたしの勤務先では。

となると、書類をPC周りに広げたいところなのですが、キーボードやマウスがあるので、ちょうどよい位置に書類を広げられるスペースがありません。遠いところに置いたのでは、書類が見えませんし読めません。それでは置いた意味がないです。

結局、デジタルよりもアナログ環境が貧弱なわが家でした(涙)。

スマートウォッチをウェアラブルしたくないのですが

最近流行りのスマートウォッチ。以前は、スマホを鞄から出さなくてもメールのチェックができるとか、半分おもちゃみたいな印象を持っていましたが、最近は歩数計や心拍、血圧、カロリー消費など、かなりいろいろなことができるようになってきているようです。

食指が動くかと問われると、微妙です。寄る年波ですから、健康維持のために日頃から血圧などを測っていた方がよいでしょうし、足腰のためには歩数計なども便利だと思います。若いころとは違うという自覚はあるので、こういったものの助けを借りることに躊躇いはありません。

あたしにとって問題なのは、こういったスマートウォッチが腕時計型だという点です。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あたしは腕時計をしていません。別に金属アレルギーというわけではありません。だったら金属でないバンドの腕時計をすればよいだけのこと。単純に、手首に付けるのが馴染めなくて、それにこの季節ですと汗をかいたりするので、ますます手首周りはすっきりさせておきたいと思うのです。

そんなあたしは、高校の頃には腕時計をしなくなりました。もちろん最初はしていました。でも上記のような理由で、じきに腰のベルトにぶら下げるようになりました。大学生時代、そして社会人になってからは懐中時計を使うようになり、腕時計とは縁のない生活が既に数十年です。

さすがに懐中時計のスマートウォッチは見たことがありません。スマートウォッチとしては懐中時計型を作れなくもないのでしょうが、たぶん最近の心拍計、血圧計といった機能はそれでは実装できないでしょう。正確さはともかく、手首にしているからこそ心拍や血圧などを測定できるのだと思いますから、ポケットに入れっぱなしの懐中時計型では測定のしようがないでしょう。

ちなみに、いまのあたしは懐中時計すら持ち歩いていません。まあ、誰もがスマホを持つ時代、腕時計にしろ懐中時計にしろ、時計を持ち歩かない人って多いみたいですね。時間だけならスマホで済んでしまいますから。

ただ、あたしの場合は、そうではなく、トラベル用の小型、薄型の置き時計をポケット入れて持ち歩いています。どうしてかと言いますと、ずーっと懐中時計を使い続けてきたのですが、懐中時計って電波時計がないんです。いいや、探したらあることはあったのですが、選択肢がほぼ一種類、あまりあたしの好みではなかったので、諦めました。

しかし、外出時に時計は必要です。だから、薄くて小さなトラベル用時計を買ったのです。これですと電波時計もありますし、気温や湿度が測れるものもあります。あたしは便利に使っているのですが、家族をはじめ周囲の人間は、一様に驚くようです。だったらスマホを見ればいいじゃない、というのがよく言われるセリフですが、スマホはスマホであって、時計は時計なのです。

たぶん、あたしが持っているのは、枕元に置くようなタイプのものですから、ウォッチではなくクロックなのでしょうね。

スキのおしらせ

このところ、noteというウェブサービスを使い始めてみました。

世にたくさんあるブログサービス、あるいはSNSとは何が異なるのか、よくわかりません。

WordPressとnoteをうまいこと使い分けている人も大勢いるようですが、あたしにはそこまでのスキルはありません。ひとまず、このWordPressに投稿したものを、そのままnoteにも投稿するようにしています。

可能であれば、WordPressのプラグインで、WordPressに投稿すれば、それが自動的にnoteにも投稿されるようなSocial Shareサービスがあればよいのですが、今のところそのようなプラグインはないみたいです。

WordPressでは画像なども貼っていますが、noteではテキスト投稿、画像投稿と、なにやら投稿の仕方にもいろいろあるようで、そのあたりのスキルが全く無いものですから、noteの方は画像も何もない、テキストのみの無味乾燥な投稿が続いています。

ただ、それでも面白いことに割と頻繁に「スキしました」というメッセージが届きます。この「スキ」というのはFacebookで言うところの「イイネ!」のようなものだと思いますが、あたしの投稿に「スキ」を付けてくださる方がそれなりにいるのです。WordPressから同時投稿しているFacebookやTwitterに「イイネ!」をもらうよりも頻度が高い感じがします。

そして、noteの場合、上にも書きましたが、誰かがあたしの投稿に「スキ」をしてくれると、登録メアドにそれが通知されるのですが、そのメールのタイトルが「スキのおしらせ」です。今でこそ慣れましたが、最初のうちは新手のスパムメールかと思ってしまいました(汗)。

さて、今後、あたしのnoteはどんな風になっていくのでしょうか?