メモはスマホで?

日曜夕方のラジ「「日向坂46」のひ」で、日向坂46のメンバーがエピソードトークやブログのネタになりそうな、ちょっとした出来事があると、それを記録しておくのにまずはスマホを使うと語っていたのが、あたしのような昭和生まれには衝撃でした。そういうメモって、手帳とかにするものじゃないの(?)と思うのは、もう時代遅れなのでしょうね。

あたしは寝床で読書をするので、枕元にはメモ用紙にボールペン、それとポストイットなども備えています。本を読んでいて何か気づいたらメモしておくのに使うためです。とこころが。日向坂46のメンバーに限らず、いまの若い人たちはスマホを常に肌身離さず持っているのですね。だから寝ている時も枕元に置いておくからすぐにメモできるというわけです。確か、お風呂にも持って入ってネット配信の映画を見ているのだとか。全く生活スタイルが異なりすぎていて理解を超えています。

さて、今朝の情報番組などで乃木坂46の10周年ライブの映像が少し流れていました。ほとんどの番組で扱われていたのはサプライズ登場したOGのことばかり、現役メンバーは今回が初の全体ライブ参加となった五期生のことをちょこっと取り上げたところがあったくらいです。ちょっと大多数の現役メンバーが可哀想になりました。

まあ、情報番組の構成としては致し方ないと諦めますが、二日間のライブの全体はどうだったのでしょう? 昨日も書きましたが、全曲披露のバスラではなく、10周年記念祭り的な構成にしたのであれば、そして初日を2016年まで、二日目を2017年からと銘打っていたからには、二日間で披露する曲は一曲もダブらないようにすべきだったのではないかと思います。そしてやはり年代の区切りを厳密にして、2017年以降の曲は初日にはやらない、2016年以前の曲を二日目には披露しない、と厳格にしてもよかったのではないかと思います。

またアンダー楽曲やユニット曲が少ないという意見もネット上には多いですが、祝祭的にした以上、表題曲が中心になるのは仕方ないでしょう。それでもその時々において象徴的な楽曲はアンダーでもユニットでも存在したと思うので、それらをもう少し披露してもよかったのではないかと思います。

ただ、この種の意見って、結局は自分の好みの曲が披露されたか否かで印象が変わってしまうものなので、それこそ各シングルから表題とあと二曲という縛りでも設けてチョイスしても面白かったのではないかとも思います。

あとライブ後の集合写真がメンバーのSNSなどに挙がっていますが、できればステージには立たなかったけれど会場に来ていたOGも一緒に写っていて欲しかったですね。そして、OG五名の写真が古くからのファンには嬉しいショットではありますが、このOGが四期生や五期生と一緒に写っている写真も見たいものです。

バスラは予想(期待)どおり?

二日間にわたって行なわれた乃木坂46の10周年記念コンサートが終わりました。あたしは現地に参戦するわけでもなく、配信も見なかったので、あくまでネットニュースやSNSの書き込みからの印象、感想になりますが、とてもよいライブだったみたいですね。

SNSを見ていますと、観客がかなり声を出してしまったみたいで、それがちょっと残念だったようです。配信などを見ていないので、どれくらいの声出しだったのかわかりませんが、なんとなくコロナに対して緩くなっている世間の空気も影響しているのではないでしょうか?

さて、SNSで話題になっていた点について個人的な感想を述べてみたいと思います。まずはOGの出演について。

初日の生駒ちゃん、万理華の出演で二日目も誰かしら出るだろうというのは予想がつきましたし、大方の予想どおり、まいやん、なーちゃんというのも想定内でした。あたし自身は、例年どおりのバスラ、つまり全曲披露のバスラであればOGは要らないと思っていました。卒業生のソロ曲も含め、現在のメンバーがそれらの楽曲をどう受け継いでいるのかを見るためにもOGは不要だと思っています。いまのメンバーが歌うからこその楽しさ、化学反応を期待しています。

その一方、今回のように、全曲披露のバスラではなく、10周年の祝祭的なライブであるならOGの出演はアリだと考えていました。ですので、全曲披露のバスラを現役メンバーでやって、それとは別にOGも出る10周年記念祭りのようなセレモニーもやってくれたら嬉しかったです。

次に、表題曲ばかりになった点について。

これも上述のバスラの性格を考えるとやむを得なかったと思います。いろいろなアーチストや歌手が10周年、20周年のライブをやるときには、どうしても代表曲ばかりになるのは致し方ないでしょう。乃木坂46のようなグループアイドルですと、選抜とアンダーに分かれるので、代表曲ばかりの披露では選抜ばかりが登場することになるのも致し方ないところでしょう。

もちろん初期の曲でほとんどオリジナルメンバーが残っていないような曲を披露するときに、現在の選抜ではなく、うまい具合にアンダーメンバーも散らして割り振れば少しは印象も変わると思います。実際にどういうメンバーが歌唱していたのかまではわからないので、なんとも言えませんが、たぶん現在の選抜メンバーを中心に選ばれていたのでしょうね。

最後に、このところ乃木坂46もスキャンダルが続いています。個人的にはどこまで真実なのかわかりませんし、真偽も明らかでないネットの情報を鵜呑みにして罵詈雑言をまき散らしている一部の過激なファン(本当にファンなのでしょうか?)の声は見るのも嫌になります。やはりファンとしては、既にネットに挙がっているようにメンバー同士が仲良く、愉しく笑って、睦まじくしている姿を見ていたいわけで、メンバーがスキャンダルを疑われている仲間を排除しないのであれば、ファンもそれを信じて支持するべきだと思うのですが、甘い考えでしょうか?

ところで、リピート配信って、期日が決まっているのですね。どうせなら一週間か二週間くらい、好きなときに見られるようにしてくれたらいいのに、と思います。

あと、四期生、五期生のメンバーがレジェンドと言われるOGと一緒のステージに立った(楽屋では挨拶くらいはできたかしら?)ことでよい刺激を受け、古きよき乃木坂46を継承すると共に、新しい乃木坂46を作っていってくれることを期待します。楽屋と言えば、ステージにこそ立たなかったものの、OGはどれくらい会場に駆けつけていたのでしょうね?

やはりバスラの配信を見るべきだったのでしょうか?

昨日は乃木坂46の10周年記念コンサート第一日目でしたね。今日が二日目ですが、今回(今年)はもう全曲披露は諦めたようです。そのぶん、祝祭的な雰囲気があったライブだったようです。

と、あたしは現地に行ってもいなければ、配信を視聴してもいないので、あくまでネットに上がっている現地ファンのレポ、配信を見た人の感想から推測しているだけなのですが……

そんな昨日の土曜日、午前中に病院へ行って来ました。GW前から痛み出した左腕、そして左腕の痺れが取れないので、診てもらいに整形外科へ行ったわけです。ざっと診てもらってレントゲンを撮り、診断してもらいましたが、とりあえず内臓から来るものではなかったようなので安心しました。で、その原因は予想どおりと言いますか、首の骨が神経を圧迫しているというものでした。

しかし、この症状、十数年前(二十年経っているかも?)にもなったことがあるんですよね。その時は背中の痛みはなく、右腕が痺れるような感じだけでしたし、痺れると言うよりも腕の表面がゾクゾクする感じと言った方が正しいような症状でした。その時に医者から「ストレートネック」と言われ、更になで肩なので、ふつうは肩の骨が邪魔して下の方はレントゲンに写らないのに、あたしの首の骨は全部写っていると医者に言われたくらいです。

十数年経ってまた症状がぶり返したということなのでしょう。今回もレントゲンを撮りましたが、医者曰く下の方の骨と骨と間が潰れているから神経を刺激しているのだそうで、これはもう治らないと言われました。もう諦めるしかないですね。

時は流れ、人も……

昨日のダイアリーで話題にした乃木坂46の『N46MODE』です。そのVOL.0とVOL.1です。

写真の左側がVOL.1で『乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」記念公式BOOK』とあります。2019年7月発売のものです。表紙は賑やかですね。しかし、ここに写っているメンバーでいまも在席しているのは、久保史緖里、梅澤美波、齋藤飛鳥、秋元真夏、与田祐希の5名です。

誌面には既に四期生も登場していますが、山下美月が表紙にも載っていないのは、ちょうど休業期間に当たっていたのでしょうか。あたしも記憶が定かではありません。

そして、写真の右側がVOL.0で、『乃木坂46 東京ドーム公演記念 公式SPECIAL BOOK』とあり、発行は2017年11月です。表紙に登場しているのはグッと少なくて、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥の三名です。誌面には三期生も載っていますが、当時のスリートップということなのでしょう。

VOL.1から今回のVOL.2まで、少し間が空いてしまったのはやはりコロナのせいでしょう。本来ならまいやんの卒業コンサートもドームで数日にわたって行なわれたはずで、それに合わせてVOL.2も計画していたのではないかとも思います。

10年ひと昔

乃木坂46デビュー10周年記念公式BOOK『N46MODE』を購入しました。

よく見ると「vol.2」とあるように、これが初めてではありません。過去にも「vol.0」「vol.1」が発売されています。

そして、あたしはカバー違いで二冊手に入れたわけですが、楽天ブックスとセブンネットショッピングで購入しました。表4、つまり裏はアンダーメンバー版と五期生版です。3種類のクリアファイルがランダムで封入されているということでしたが、あたしは運悪く同じ柄のものが当たってしまいました。

まずは、乃木坂46、デビュー10周年おめでとうございます、ですね。

これが枯れるということなのでしょうか?

昨晩の「乃木坂工事中」で、乃木坂46の五期生3人が紹介されました。少し前に7名が紹介されていましたので、これで合計10名です。五期生は全部で11人ですから、まだ一人、番組で紹介されていないメンバーがいるということですね。

このあたりの事情、ネット上でも大荒れですね。「乃木坂工事中」の内容というのではなく、今回の五期生が決まって以降のいろいろなことがあまりにも荒れまくっていたと思います。

ネットでマナーが悪いのは若者ではなく、実は40代、50代の男性だという調査結果を見たことがありますが、あたしがドンピシャなんです(汗)。でも、こういうアイドルに関するSNSで過激な発言をするのも、調査結果どおり中年男性なのでしょうか?

今回の騒動、あたしは何から何まで見たり読んだりしたわけではありませんし、そんな気もありません。ですので、目に付いた範囲だけから感想を述べるなら、ほとんど裏の取れていない情報で、どうしてここまで断定的に語れるのだろうか、ということです。そして二十歳にもなっていない女の子たちに対して、どうしてここまで攻撃的になれるのか、ということです。

「裏が取れていない」と書きましたが、過激な発言をしている人たちはネット上の情報をどこまで信じているでしょうか、あるいはどうやってその真偽を確認しているのでしょうか? 自分の考えと同じ意見は正しく、異なる意見は間違っていると単純に思い込んでいる人もいるのでしょうか? まさかそこまで愚かだとは思いたくありませんが。

若いのだから多少の間違いはあるでしょう、オーディションを受け、最終選考近くまで残ったのであれば主催者側もそれなりの注意を喚起したり、自覚を促したりということはしていたのではないかとも思います。可愛らしい女の子たちを、ネット上とはいえ、寄ってたかっていじめて何が愉しいのでしょうか?

こんな風にちょっと引いた感じで眺められるのも、年をとった証拠なのでしょうかね?

いつか実がなるものなのね

わが家の玄関先のプランターで、小さな小さな苺がなっていました。赤々として可愛らしいものです。

そして、写真をよーく見ていただければおわかりのように、赤いのは一つだけですが、まだ色づいていない苺がいくつもなっているのがわかると思います。順次色づいていくのでしょう。食べられるのか否かはわかりませんが、なんとなく嬉しくなってしまいます。

さて、話は変わって雑誌「blt graph. vol.78」を落手しました。今号の表紙および巻頭グラビアは、乃木坂46の四期生、柴田柚菜です。

まだ世間的な知名度は低いかもしれませんね。今回の乃木坂46のシングルで初めて選抜入りしたメンバーですので知られていなくても仕方ないでしょう。ただ、こうして雑誌の表紙に抜擢されるくらいですから、いま最も伸び盛り、期待の若手メンバーです。そして、あたしがいま最も注目して応援しているメンバーの一人でもあります。

坂道グループのメンバーと聞くと、卒業した生田絵梨花は別格としても、見てくればかりで歌は下手というのが世間の認識だと思います。でもメンバーの中にはそれなりに歌のうまいメンバーがいるのです。もちろん、ソロでやっていけるかと問われたら、たぶん歌唱力だけでなく個性、キャラクターというのも必要になってきますので即断はできませんが、グループアイドル=歌が下手と一括りにしてはいけないメンバーも存在するということは言えると思います。

柴田柚菜は、そんな歌えるメンバーの一人です。まだまだ表舞台で歌唱する機会が少ないので緊張もあるかと思いますが、経験を積めばかなり通用するようになると思っています。乃木坂の四期生が中心と番組「乃木坂スター誕生!」が彼女の飛躍のきっかけになったのではないかと思います。

四期生も加入してもう何年でしょう。今年は五期生も入ってきて、うかうかしていられない立場になっていると思いますが、コツコツ努力してきたメンバーがこうして日の目を見られるようになるのはファンにとっても嬉しいことでしょうね。

どうして今ごろ?

BS-TBSで、懐かしいドラマ「女たちの忠臣蔵」が放送されていましたので、時代劇好き、忠臣蔵好きとしては見ないわけにはいきません。

橋田壽賀子原作の、いわゆるTBSホームドラマの伝統を踏まえた、タイトルどおり女性目線の忠臣蔵でした。

ところで、つい最近の朝日新聞「天声人語」に、忠臣蔵のストーリーに違和感を感じていたという文章が載っていました。それは先日のアカデミー賞授賞式でウィル・スミスがコメディアンを平手打ちしたことに関連しての文章です。

ウィル・スミスの行為は、理由はともかく暴力は絶対にダメという見方がアメリカでは支配的だそうで、「天声人語」でも、理由はどうあれ浅野内匠頭が暴力に及んだことを問題視している内容でした。

どちらに原因があり、その原因がどれほど理不尽なものであったにせよ、それを解決する手段としての暴力は許されない、というのがいまや世界の潮流となっているのでしょう。たぶんその背景にはウクライナ情勢が影を落としているのではないかとも思います。

そういう国際情勢などがある中で、どうしてTBSは「女たちの忠臣蔵」を放送したのでしょうか。義挙だ美談だと言われているけれど、残された女性たちの哀しみに心を致せ、というメッセージだったのでしょうか?

さて、これをどう評価すべきなのでしょうか?

乃木坂46のニューシングル「Actually…」をゲットしました。今回もBlu-ray付のType-AからType-Dと通常盤の計5種類です。

ファンの間でも話題となっている表題曲のMV、あたしも早速鑑賞しました。

率直な感想を言いますと、乃木坂46ではなくて、新しいグループを作った、そのデビューシングルという感じがしました。ただ全く新しいグループなのかと言えば、やはり欅坂46に似ているなあ、という印象を持ってしまいます。もちろん大人社会への反抗を歌っている曲ではありませんが。

10年経ってマンネリ感のある乃木坂46に新風を吹き込みたいという意図はわかりますが、三つの坂道グループはファンの多くも重なるわけですから、既にあるグループに似せなくてもよかったのではないか、という気もします。やはり清楚で儚い、私立女子校をイメージした乃木坂46の伝統をもっと踏まえた路線がファンの好みではなかったでしょうか?

もちろん、櫻坂だって日向坂だって、カップリングやアルバムの中で他の坂道っぽい楽曲を歌うのは大いにありだと思いますし、可能性をひろげるためにもどんどんやるべきだと思いますが、表題曲はもう少し慎重にすべきだと個人的には思います。

と、楽曲のイメージばかりを書いてしまったので話をMVに戻しますと、前段のドラマパートの表かが難しいですね。先日の配信で、ここを撮影したのは今回の中西アルノ騒動(活動自粛)以前のことであり、どうしても重ねて見てしまうと思うけれどそうではない、とメンバーが言ってましたけど、メンバーとしてはそうなのでしょう。ただ、MVを見た上で今回の騒動を振り返ってみますと、運営側ははじめから中西アルノが抱える爆弾を知っていて、それがそのうちファンの間で爆発することも折り込み済みで、こんなMVのストーリーを考え撮影したのではないかと思えてきます。

MVを撮影するころに運営の人たちは、いま現在の騒動をすべて予想していたのではないか、とまで思えてきますが、肝心のセンターが活動自粛になることまで想定していたのでしょうか? それに劇薬ではありましたが、それによって誰も得していないような気もします。

いや、もしそんなストーリーを運営側が作っていたのだとしたら、今回の騒動の後にもストーリーは続いているはずで、そこまで見越した上での活動自粛なのかもしれません。

外野が五月蠅すぎますね

乃木坂46の最新シングル「Actually…」の発売が間近に迫り、ようやくMVも公開されたので、個人的な感想などを書きたいと思います。

ただその前に、今回のシングル発売はあまりにも異例なことが多すぎましたね。ネット上で騒がれていることの数々は、どんなに騒がれていたとしても真実はわかりません。確実な情報はほとんど出ておらず、あまりにも騒ぎが大きくなってしまったので五期生二人が活動自粛ということになっただけ、というのがあたしの感想です。

しかし、その前にいきなりの五期生センター抜擢など、どうみても展開が急すぎると思います。46時間TVで初披露された新曲、あたしは嫌いではないのですが、お見立て会でのソロ歌唱も含め、それほど圧倒的なボーカルだったのかと問われると、あたしは疑問符を付けざるを得ません。まあ、あたしのようなド素人ではなく、その道のプロである運営が認めたのですから、素人にはわからない魅力の持ち主だったのでしょう。

ただし結論から言えば、ファンにそっぽを向かれてしまっては才能も何もあったものではないでしょう。そのあたりの見極めが運営側は甘かったのか、読み間違えたのか、外からではわからないことだらけです。繰り返しますが、個人的にはなかなか耳に残るよい楽曲だと思うので、こんなことで評価が下がるのは残念です。

話は戻って新曲のMVです。鳴り物入りでお披露目した五期生センターの活動自粛のあおりを受け、急遽作り直し、撮り直しをしたものだそうです。音源も録り直しだったのでしょうね。今回公開されたMVはセンターを挟んでいた齋藤飛鳥、山下美月のダブルセンターというフォーメーションになっています。わかりやすく言えば、ワントップがいなくなっただけの布陣です。

その結果、二列目センターに立つ与田ちゃんが、フォーメーションによってはセンターに見えることもあり、飛鳥、美月、与田ちゃんの三人ががっちりスクラムを組んで自粛中の五期生、中西アルノの穴を埋めている感じがします。

この三人の組み合わせって、山下美月センターのシングル「僕は僕を好きになる」のMVでも雑誌モデル(?)として登場していた三人ですよね。飛鳥と美月が並ぶとスタイルを云々するオタクたちもいますが、MVを見る限り、この二人ってほぼ身長が同じなので非常にバランスがいいですね、サラサラロングの飛鳥とポニーテールの美月という見た目の対称性も好印象なので、その間に入る与田ちゃんが悪目立ちすることなくはまっていると感じました。

さて、あとはいよいよ発売されるシングルの特典で中西アルノ版のMVを見る楽しみです。