チベット文学のいま

紀伊國屋書店新宿本店でこんなフェアをやっていました。

題して「チベット文学のいまを知る」です。

チベットと聞くと、多くの方はダライラマを思い出されるでしょうか? あるいは鳥葬の国をイメージされるでしょうか?

ちょっと海外事情に関心がある方なら、中国共産党による弾圧、そしてチベット亡命政府などのことを思い起こされることでしょう。

そんなチベットに文学なんてあるの? という疑問が浮かぶかもしれません。もちろんチベットにだってその土地の文学があるのだろうけど、日本語で読めるものはあるのですか、というのが多くの方の感想だろうと思います。あたしも確かにそんな印象を持ちがちです。

でも、このところチベット文学の翻訳もそれなりに増えてきているのです。このリーフレットにも「この10年で日本語で読めるチベット文学の作品が一気に増え、この春ついに10冊を超えました」とあります。

英米文学などに比べたら微々たる数ですし、SFを中心に盛んに翻訳されている現代中国文学と比べてもかなり少ない数ではあります。それでもチベットの文学作品が10作品も読めるというのは、さすが翻訳天国・日本という気がします。

政治情勢に絡めてチベットに関心を持たれる方も多いでしょうけど、文学作品からその土地や文化、そこに暮らす人々に興味を持つのも王道です。この機会に一冊でも手に取ってみては如何でしょうか?

今日の配本(22/09/22)

DELF A2対応 フランス語単語トレーニング

モーリス・ジャケ、舟杉真一、服部悦子 著

約150語の平易なフランス語で書かれた40篇のテクストを読み、語彙力を強化していきます。ひとつの単語から、類義語、対義語、派生語へと語彙を増やしましょう。ヨーロッパ言語共通参照枠A2レベルの読解の目標は「簡単な文章なら理解できる」ですが、実際の試験では100〜200語のテクストの内容を正しく把握しているか否かを問う問題が出題される傾向にあります。DELFのA2を受験する方はもちろん、仏検準2級、2級を目指す方、とにかく語彙力をつけたい方におすすめです。

絵で学ぶ中級韓国語文法[新版]

金京子、河村光雅 著

「理由・意志・伝聞・願望・推量・回想など」様々な語尾や表現の理解を助けるイラストで、わかりやすいと好評のロングセラー『絵で学ぶ中級韓国語文法』の《新版》登場です。あらたに解答に「解説」が加わり、「実践問題」も追加されました。そして、要望の多かった練習問題と実践問題の音声を新たに用意しました。無料ダウンロードで聞くことができます。ハン検3級、準2級、TOPIKの中級レベルに該当する82の文法項目をこなせば、実力向上の確かな手応えを感じるはずです。