♥染井吉野ナンシーの官能世界♥

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

最新のRockfield's Diary

アンダーなのか何なのか?

朝日新聞の夕刊に、昨日から公開されている日向坂46のドキュメンタリー映画の監督のインタビュー記事が載っていました。既にネット版の方には完全版と言いますか、もっと長いインタビュー記事が載っていましたので、紙面はダイジェストになります。

さて、日向坂46と聞いてわかる方はよいとして、そうでない方には「誰?」という感じでしょう。まあ、乃木坂46やkeyakizaka6というグループが既にありますので、その仲間のグループだろう、というくらいの連想は働くかと思います。簡単に言えば、そもそもは欅坂46に遅れて加入した長濱ねるために作られたグループでした。

なんでそんな面倒なことをしたのかと言えば、長濱ねるは欅坂46の最終オーデションを受けずに地元に連れ戻されてしまったという事情があったのですが、にもかかわらず両親を再度説得して加入にまでこぎ着けたのは、彼女が逸材だと運営側が判断していたからでしょう。そうでなければ、わざわざあんなことはしなかったはずです。

もしもの話はしてもしょうがないかもしれませんが、もし長濱ねるが最終オーデンションを受けていたら間違いなくトップ合格、そして出来上がった欅坂46は平手友梨奈を中心としたグループにはなっていなかった可能性が大です。そうなると、サイマジョもなく、あのようなスタートダッシュが切れたかどうかはわかりません。少なくともねる中心のグループであれば、いまの欅坂46のようなクールでキレのあるダンスを中心としたグループにはなっていなかったと思われます。

それはともかく、そんな事情で長濱ねるのために作られたのがけやき坂46です。けやき坂46がねる一人では話にならないので仲間を集めて出来上がったのがけやき坂46、現在の日向坂46一期生です。いずれ、ねるが欅坂46のメンバーに合流するのは既定路線として、その他のけやき坂46メンバーも欅坂46になれる可能性があったのか否か、あくまで想像ではありますが、たぶん、運営はそのつもりだったのではないかと思います。

先輩グループ、乃木坂46は表題曲を歌う選抜メンバーとそれ以外のアンダーメンバーがいます。当初は欅坂46も欅坂46=選抜、けやき坂46=アンダーというつもりだったと思います。どのタイミングでねる以外のけやき坂46メンバーを欅坂46に昇格させるか、3枚目か4枚目シングルでやろうと考えていたのではないかと思います。

ところが、どういう事情があったのか(ネットなどではいろいろ書かれていますが……)、ねる以外のけやき坂46メンバーは欅坂46に昇格することなく、カップリング曲を歌うだけ、ライブでも全体の数曲に登場するだけの年月が続くことになるわけです。果たして自分たちはいつか欅坂46になれるのか、焦りや不安が募ったことでしょう。しかし、シングルが出ても相変わらず欅坂46に上がる見込みがないまま、けやき坂46としての活動が少しずつ増えていき、いつしか別グループのような感じになってしまいました。

別なグループなら別なグループとして、シングルが出せるのかと言えば、けやき坂46であるうちは可能性が限りなくゼロです。彼女たちは実績を積み上げ、自分たちの力で改名=別グループ=独立を勝ち取ったわけです。その歩みを見せてくれるのが今回のドキュメンタリー映画というわけです。

› 続きを読む

Rockfield's Diary

2020年8月8日
アンダーなのか何なのか?
2020年8月8日
朝日新聞、盛りだくさん!
2020年8月7日
いよいよ映画公開です!
2020年8月7日
近刊情報(20/08/07)
2020年8月6日
知らない町を知るために海外文学を
2020年8月6日
コロナと熱中症と夏風邪と……
2020年8月5日
今月のおすすめ本[2020年8月]
2020年8月4日
いい加減、そろそろ本気でコラボを考えてもよいのではないでしょうか?
2020年8月3日
同じように見えてずいぶんと違う!
2020年8月3日
今日の配本(20/08/03)
› 続きを読む

最近買った本

2020年8月7日
香港とは何か
2020年8月1日
京都を壊した天皇、護った武士 「一二〇〇年の都」の謎を解く
2020年7月31日
文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点
2020年7月20日
「中国」の形成 現代への展望
› 続きを読む