駆け足で……

この木金と、一泊二日で京阪神を回ってきました。9月末に二泊三日で京阪神を回ったときは、大型店中心だったので、こんどは中規模店を中心に回りましたが、やはりかなりの駆け足ツアーになってしまいました。

木曜日は東京を発って、新幹線は京都で下り、滋賀に少しだけ戻った後は、書店に立ち寄りながら京都から大阪へ向かいました。晩は大阪泊まりです。実は新幹線、米原で下りて西進するか迷いました。でも米原に停まる新幹線の本数が少ないので断念しました。

そして二日目の金曜日。

一泊でツアーを終わらせるなんて、これまでにあったでしょうか? そんな思いを抱きつつ、朝から姫路へ向かい、そこからJR神戸線を東へ、大阪へ戻ってくるように書店を回り、新大阪から帰京という行程でした。なかなかの移動距離ですね(笑)。

今回のツアーは駆け足で回ったと書きましたが、その間、二日目の朝は少し早めにホテルを出発して、少し観光っぽいことをしました。それが、ここに掲載している写真です。

おわかりですね、国宝・姫路城です。いや、世界遺産・姫路城と呼ぶべきでしょうか? 訪れたのは何年ぶりでしょう。なにせツアーで姫路へ行くことはたびたびあっても、ほとんど駅ビルから外へは出ずに、また三宮方面へとんぼ返りばかりですから。たぶん姫路城まで行ったのは数十年ぶりだと思います。

大修理を経て、ずいぶんと白くなってしまったのはニュースで知っていましたし、駅から目にした大天守も真っ白に輝いていたのを何度も見ていました。しかし何年も経ってようやく少し落ち着いた風合いになってきたのではないでしょうか。そんな天守を眺めながら、無料では入れるところ散策してきたわけです。

時間としては小一時間ほどありましたが、駅からお城までがだいたい徒歩10分から15分ほどなので、お城を堪能したのは30分くらいだと思います。ただ、もともと時間の制約を考えて天守に登るつもりはなかったので、ひとまわりするにはちょうどよい時間だったと思います。

そして、よく晴れて気持ちのよい、秋の一日。紅葉と言うほどではありませんでしたが、青空に映える白鷺城がとてもきれいでした。寒くもなく暑くもなく、気候も穏やかでした。

大手前の広場では「姫路食博2022」というイベントの準備が真っ盛りでした。サイトを見ると、ちょうどあたしがウロウロしていた昨日からスタートのイベントのようですね。こういうイベントもリアルにできるようになってきているのですね。よい傾向だと思います。

さて、今回のミニ観光、次はどうしましょう? 個人的にはたつのへ行ってみたいと思っているんですよね。姫路のちょっと先ですから、足を延ばせなくもないですが、街歩きをするには一時間ではちょっと足りないでしょうか。

広島で牡蠣と言えば……

昨日のダイアリーで、広島で食べた穴子と牡蠣について書きましたが、広島で牡蠣と言えば、あたしには苦い思い出があります。

あたしが小学6年生の時だったと思います。当時、父方の親戚が松山に住んでいたので、両親と妹の四人で、そこへ遊びに行ったことがありました。数日の松山滞在後、広島へ戻ってきて新幹線で帰京する前に、広島で少しの時間を過ごしました。原爆ドームや平和公園へいった記憶はないのですが、広島城へは行きました。

そして、もう一つ覚えているのが家族で牡蠣のお店に食事に入ったことです。

有名店だったのか、ふと目に留まった一般的なお店だったのか、その記憶はありませんが、家族で牡蠣フライ定食を注文したのを覚えています。そこで事件は起きました。

当時のあたしは、まだ高学年とはいえ小学生の子供です。普段から食べているわけでもない牡蠣がどうも好きになれませんでした。食わず嫌いだったのか、食べてみてダメだったのか、その記憶すらありませんが、とにかく、その当時のあたしは牡蠣が食べられませんでした。

食べられないと言うよりは食べたくなかったと言った方が正確だったような気がします。そんなあたしだったので、たぶんその時も「牡蠣は嫌だ、他のものが食べたい」とわがままを言ったのだと思います。牡蠣フライのお店ならロースカツとかもあっただろうと思い、それが食べたいと主張したのだと思います。

ところが、うちの父親は変なところが非常に厳しい人で、広島に来て牡蠣のお店に入ったのだから牡蠣を食べろと怒り、それなら何も食べるなと言って、あたしは何も食べさせてもらえなかったのです。家族四人で卓を囲み、両親と妹が牡蠣フライ定食を食べている横で、あたしだけ何も置かれていないテーブルを眺め座っているだけでした。

いまでは笑い話ですし、牡蠣だってふつうに食べることができますが、当時のあたしはそんなだったという苦い思い出です。広島へ行ったので思い出しました。

美味しい安芸見つけた!

昨晩、帰京・帰宅した二泊三日の研修旅行。広島からのJALは午後7時過ぎに羽田に到着しました。手荷物は預けていないのでスムーズに到着ロビーまで出て来て、さてここからの帰路はどうしましょう?

一番早いのはモノレールで浜松町へ出て、JRで東京駅へ、そして中央線というルートでしょう。ただ既に書いたように、広島空港でちょっとお土産を(あたしの基準では)買いすぎてしまいまして、この荷物を持って乗り換えを何度もするのはしんどいなあというのが正直な気持ちでした。そこで武蔵小金井、あるいは国分寺までの空港バスがないか、バス乗り場で確認してみました。15分や20分くらいであれば待っていようという腹づもりです。

ところがなんと、5分後に国分寺行のバスが来るではないですか! 切符もまだ販売中、座席も残っているようです。すぐに購入してバス乗り場へ直行。待つまでもなくバスが到着し乗り込みました。羽田近辺が混雑するかと予想していましたが、意外にスムーズに進みました。地下トンネルで首都高4号線の新宿まで向かうのかと思いきや、都心環状線経由で、三宅坂で4号線に入り、信濃町あたりからちょっと交通量が多くなってノロノロ運転、これが初台、幡ヶ谷あたりまで続きました。

ただ、そこから先はまたしてもスムーズに進み、1時間ほどで最初の停留所である京王線の調布駅に到着しました。ここから府中駅を経由して国分寺駅南口へ。特に混雑に巻き込まれることもなく到着しました。さて、国分寺から自宅までは路線バスですが、手元のスマホで検索すると、次のバスの発車まであと5分しかありません。早歩きで駅構内を抜け、駅北口のバス停を向かうと、バスがちょうど到着したところで停まっていました。小走りで乗り込み席に着きました。

これだけギリギリのタイミングで二回も乗り継ぎができたので、もちろん電車を使った方が早く家には着けたでしょうが、思いのほか早く帰宅できた昨晩でした。まだ夏に片足を残しているような炎天下の広島から、既に冬に入りつつあるような夜の東京はいくぶん寒かったですが、大きな荷物を抱えて早歩きばかりだったので、寒さも感じずに自宅にたどり着けました。

広島土産と言えば……

高知、岡山と回ってきた研修旅行も最終日です。今晩は自宅の蒲団で寝ることになるのか、と考えるとあっという間の二泊三日でした。久しぶりの広島と言うことで、最後の広島空港で少しお土産を買ってみました。

まず最初の写真は、妹家族のところへ送ってやろうと思って購入した「かき飯の素」と「あなご飯の素」です。ご飯に混ぜて食べるようです。やはり広島の名物と言えばいろいろありますが、牡蠣と穴子ではないでしょうか?

もちろん、もみじ饅頭も有名ですが、あれはスイーツのカテゴリーですから、ちゃんとした食事となるとちょっと違います。それならお好み焼きは、とも思いましたが、冷凍などのお好み焼きを買って帰って、お店で食べるあの美味しさがどれだけ再現されるのか、個人的にははなはだ疑問なので、やはり選択肢からは外れてしまいます。

そんな中、お土産屋を眺めていて目に入ったのがこの小品でした。もちろん市内のお店で食べればもっと美味しいのを出してくれるのでしょうが、まあ、手を打つとしたらこのあたりではないかと判断しました。

そして、自宅用には、同じく穴子ですが、二枚目の写真の「あなごちらし」を購入しました。これもご飯に混ぜて食べるものです。「あなご飯の素」とどう違うのか、よくわかりませんが、おいしくいただければよいので、そして自分が食べるわけですから、ダメモトで買ってみました。

いずれにせよ、今回はちょっと帰りの荷物が多くなってしまいました(汗)。

鉄道の旅は楽しい

研修旅行の二日目は、朝に高知を発ち、岡山と倉敷の書店を回って、夜には広島に入るという、移動距離の長い、つまり移動時間が長い一日となりました。

そんな移動の最初、高知から岡山へは特急南風を使いました。今回の研修の行程を考えるために調べるまで、あたしは高知・岡山間に特急が走っているなんて知りませんでした。瀬戸大橋ができたので走り始めた特急なのでしょうね。

車体は、ご覧のように外も中もアンパンマンです。子供が見たら喜びそうなデザインですが、あいにく子供はほとんど見かけません。やはり平日だからでしょう、年配の夫婦やグループの姿が目立ちました。

この特急南風、途中は大歩危、小歩危の峡谷を眺めながら走る区間もあり、もう少し紅葉が進んでいれば非常に快適な列車の旅になったことでしょう。ちなみに大歩危は「おおぼけ」、小歩危は「こぼけ」と読むそうです。知らないととても読めない地名ですね。

この四国山地を抜けると、丸亀城を遠望しつつ、瀬戸大橋を渡ることになります。二時間ちょっとの旅ですが、行楽電車としてはとても素敵な車窓からの風景を堪能できますね。

南国土佐に降り立って……

本日から二泊三日の出張です。人文会の研修旅行です。

コロナ前は、人文会会員社全体で秋の研修旅行を行なっていましたが、このご時世、三年ほど研修旅行ができずにいました。しかし感染状況も落ち着いてきて、「ウィズ・コロナ」と世間でも言われていますので、今年は研修旅行を実施しようということになりました。

ただし18社全体での研修旅行はさすがに先方にも迷惑がかかるだろうということで、今回は3社ずつ6班に分かれての研修旅行で、あたしは中四国班で研修旅行に参加したという次第です。

行程は飛行機で高知に入り、そこから陸路、鉄道で岡山へ出て、さらに広島へ移動するというものです。訪問書店の数は少なめですが、それに比べて移動時間が長い班となりました。

初日の本日は羽田から高知空港に飛び、高知泊まりです。明日の朝、特急で岡山へ向かうので、宿泊は駅前のJRクレメントイン高知というホテルに宿泊しました。正確なところはわかりませんが、まだ新しいホテルのようです、館内も室内もとてもきれいでした。

ホテルでは、駅のセブンイレブンで使える1000円のクーポン券が配布されていたので、それを使って購入したのが最初の写真です。土佐と言えばカツオですから、その角煮を買ってみました。まあ、佃煮ようなものですね。酒の肴にしてもよし、ご飯のお供にしてもよし、そんな一品です。

話は戻って宿泊ホテルですが、朝食は二枚目の写真のメニューから選ぶようになっていました。あたしはカンパチ定食をいただきましたが、非常に新鮮で、プリップリの身が美味しかったです。朝はこの何十年もパンというのが変わらぬスタイルで、出張でも朝食はパン派だったのですが、今回はこういうメニューを見せられたらご飯を選択するしかないですね。

旅行割は出張にも使える?

スポーツの日があったので、火曜日が週初めですね。

そして、あたしは明日から三日間、出張です。

一つ疑問なのは、この出張はニュースで盛んに報道されている旅行割(?)の対象になるのでしたっけ?

確か、以前のGoToトラベルは出張でも適用され、あたしはずいぶんと安く出張に行った記憶があります。今回はどうなのでしょう?

都道府県によって対応が異なるとか、決まった旅行サイトから申し込んだものだけが適用になるとか、いろいろな噂が飛び交っていて、正しい情報がよくわかりません。

とはいえ、もう出張の予定を変更するわけには行きませんので、明日から金曜まで出かけてきますけど!

Aの席

水木金と二泊三日で京阪神の出張へ行ってきました。

二泊三日で京阪神ですから、かなり駆け足の行程で、大型店中心の訪問となってしまいました。

それはさておき、水曜往路の新幹線、そして本日復路の新幹線、共に座席はA席でした。そして往復共にB席には誰も乗ってこず、C席には別の乗客が座っていました。

一つ空いているからまだマシですが、やはり同じ列に知らない乗客が座っているというのは落ち着かないものです。

自分で選んだ座席ですが、AにするかEにするか毎回悩みます。混雑具合にも寄りますが、今回みたいにB席に誰も乗ってこなければよいのですが、通路の反対側を見て,D席に誰も座っていなかったりすると、やはりE席にするべきだったかなあ、と多少は後悔してしまいます。

かといってやや乗客が多いと、AとEが埋まって次に埋まるのはC、そしてその次はDというのが通例です。もしE席を選んでいたときに、隣のD席に誰かが乗ってこられたら、二時間半近くの車内は苦痛そのものです。ならばまだ安全策のA席にした方が、今回のようにBという緩衝地帯が生まれる可能性があります。

しかし、今日はまぐれかもしれませんが、金曜の夕方の上りの新幹線は本来なら満席近い乗車率になるはず。そうなるとA、B、C全部が埋まる可能性だってあります。Eに座っていてDに人がいるだけならまだしも、Aに座っていてBとCがどちらも埋まっているなんて、これはちょっと耐えがたいものがあります。

果たして今回はどのくらいの混雑になるのだろうか、そんなことを考えながら、AかEかでまいかい思案しております。

山中ではなく山代でした

乃木坂46のYouTubeチャンネル「乃木坂配信中」で、四期生・遠藤さくらの「さくさんぽ」第二弾が公開されました。

第一弾の散歩が都内、谷中銀座をぶらぶら散歩したわけですが、今回は石川県の山中温泉をぶらぶら散歩してきたようです。前回の谷中銀座はなんとなく街の雰囲気、空気感も伝わる散歩ロケになっていましたが、今回は果たして山中温泉に行く必要があったのか、そんな気がする散歩でしたね。

まあ、このVTRは基本的に遠藤さくらのファン、広く乃木坂46ファンがメンバーの別の一面を楽しむコンテンツですから、遠藤さくらがかわいく撮れていればそれで十分なのでしょう。さすがに金沢市内だと人も多くて、大混乱になりかねないので、比較的人の少なめな温泉地を巡ったというところではないでしょうか。たぶん本人以外にはマネージャーが一人帯同しているくらいでしょうから。

ところで、あたしはこの配信中を「数年前に山中温泉って行ったはずだよなあ」と思いながら見ていたのです。人文会の研修旅行で北陸を回ったのですが、金沢市内の書店や図書館を回った後、翌日は朝一番で永平寺に参詣する予定だったので、少しでも永平寺に近いところに泊まろうということで、山中温泉に一泊したのです。

もちろんバスでホテルに直行、そのまま宴会で就寝、翌朝も朝食を済ませたらバスで永平寺へ向かったので、泊まったホテルの名前も覚えていなければ、山中温泉がどんなところだったのかという記憶もありません。そこで当時のダイアリーを見返してみて、あたしは大きな間違いに気づきました。

さくちゃんが訪れたのは山中温泉でしたが、あたしが宿泊したのは山代温泉でした。宿泊したのも葉渡莉と明記してありました。人間の記憶ってあてにならないものですね。ただ、山中温泉と山代温泉ってそこそこ近いところにあり、もちろんどちらも石川県の温泉郷であり、福井県境に近い立地にあるという共通項があります。そして山中と山代ですから、地元の人間ではないあたしが勘違いしてもおかしくはないでしょう。

地図で見ると、山代温泉よりもさらに奥に入ったところにあるのが山中温泉で、更に進むと永平寺の方へ抜けられるみたいですが、ふつうは高速を使うでしょうから永平寺に向かうには山代温泉の方が便利なのだと思います。

また配信中でさくちゃんが「神社でご朱印をもらうんだ」と語っていましたが、彼女がもらったのは神社ではなくお寺(確か国分山医王寺)でしたよね。

オートチャージ

関西ツアーも終わりまして、週明けには旅費などの精算をしないとなりません。

あたしの勤務先は、最近になりまして経費の精算はすべてスマホを通じて申請、後日一か月分がまとめて入金される、というシステムになりました。ふだんの営業回りの交通費も、SuicaやPASMOなどを使っている場合には、スマホにデータを読み込ませて必要項目を入力すれば申請ができるようになっています。

今回のような出張では、宿泊費や往復の新幹線などは別途スマホに入力する必要がありますが、現地での交通費は東京にいるときと同じように交通系ICカードからデータを読み込ませることができます。

ところが、ふだんはSuicaを使っていて定期券の区間以外はチャージしてある残金から引き落とされるようになっていて、一定金額以下になると改札口を通ったときに自動でチャージされるように設定してあります。これは非常に便利で残金が足りなくなって精算機に向かう必要がないので、たいへん楽です。

ただ、このオートチャージの機能、首都圏でしか有効ではありません。関西ではチャージしてあった金額がどんどん減っていき、設定金額を下回ってもオートチャージされることはありません。VIEWカードのサイトには

首都圏Suica・PASMOエリア、仙台エリア、新潟エリアにてオートチャージをご利用いただけます。

と書いてあります。やはり関西ではダメなんですね。あたしが新潟や仙台地区担当であれば便利なのですが、担当が急に変わることもありませんし……

そして、あたしは以前から関西ではPiTaPaのカードを持っていまして、それで電車やバス、地下鉄を利用していました。こちらもオートチャージ的な機能はあるみたいなのですが、交通系ICカードではないからなのでしょうか、スマホではデータを読み取ることができません。

これではいちいち交通費を手入力しないとならないので、とても不便です。そうなると、次回のツアーからは事前にSuicaに1万円くらいチャージしておかないとなりませんね。そんなにチャージしておくのはちょっと怖いですが……