ほぼ一年前でした

水木金と二泊三日で京阪神、三都物語を駆け足で巡ってきたわけですが、現地では馴染みの書店員さんと「いつ以来?」といった会話をしていました。コロナで各社、出張に出られない状況が続き、一年、二年訪問していない地区、書店ばかりになっています。

あたしは「ほぼ一年ぶり」と答えていたのですが、昨年も秋にコロナが少し落ち着いたタイミングを捉えて、一泊二日で京阪を回りました。今回から再び兵庫県も担当になったので、二泊三日で京阪神となったわけです。

一年ぶりの京阪ですが、昨年の記録を振り返ってみますと、昨年は11月5日、6日の一泊二日で行っていたようです。厳密に言えば一年たっていなかったようです。今週末であればほぼ一年でしたね。

そして再び担当することになった兵庫県ですが、たぶん担当するのは5年ぶりです。回れた書店はほんの一部なのですが、担当の書店員さん、代わっていない方も多くて懐かしかったです。

で、今回の関西ツアーはともかくとして、次回はいつ訪問できるのか? そこが問題です。

三都物語の合間に

昨日まで二泊三日、駆け足の関西ツアーでした。ほぼ一年前にも、一泊二日で京阪の弾丸ツアーを決行しました、今回もなかなかの強行軍でした。

そんなツアーで泊まっていたホテルのバスルーム、トイレットペーパーホルダーにこんなシールが貼ってありました。

環境問題に配慮した、資源の無駄使いを注意する多国語の表示です。英語と中国語は、まあなんとかわかりますが、朝鮮語(韓国語)がさっぱりです。しかし、どの言語も同じ内容を表わしているはずですが、朝鮮語だけ妙に文章が長いと思いませんか? 英語を日本語に翻訳すると分量が1.5倍になると聞いたことがありますが、朝鮮語はもっと分量が増えてしまうのでしょうか?

さて、今回のツアーで訪れた書店の一つ、ジュンク堂書店天満橋店の語学書コーナーです。

《ニューエクスプレスプラス》のフェアが始まっています。いつもは《ニューエクスプレスプラス》は、各言語のコーナーに並んでいますが、こうして一堂に会するとなかなか華やかできれいですね。

今回のフェアでは購入者に抽選でトートバッグが当たるプレゼント企画も実施していますので、お近くの方は是非どうぞ。

そして、この関西ツアー中に届いていた浜辺美波の写真集『20』です。。二十歳の誕生日を迎えたのですね。相変わらずカワイイです。

大人っぽい表情の写真も多数掲載されていますが、まだまだあどけない表情の浜辺美波の方がカワイイと思ってしまいます。後半には和服姿の写真も何枚か載っていますが、年相応なのか年に合わぬのか、なんとも言えませんが、妙に色気を感じます。

それにしても浜辺美波ちゃん、またドラマ、やらないですかね? シリアス調でもコメディー調でもどちらでもよいのですが、ドラマを演じている美波ちゃんを見たいです。浜辺美波って顔立ちが整っているので、むしろいじめっ子役とか、性根の悪い、嫌~な女の役なんかを演じさせたらピカイチではないかとも思いますけどね。

あっという間

二泊三日の三都物語も、あっという間に最終日です。

一日歩き回っているからなのか、それともそもそも気温が違うのか、関西は東京より暑いです。

やや曇りがちだった昨日の午前中の京都は、しのぎやすい陽気でしたけど、太陽が顔をのぞかせた昼間は暑くなってきました。

今日も天気はよさそうです。

久々の

関西ツアーです。

二泊三日で京阪神の三都物語です。

ちょっと強行軍ですが、久しぶりの邂逅に心は躍っています。

しかし朝から歩きっぱなしは疲れました。ホテルでひとっ風呂浴びてゆっくり寝るとします。

いつか行けるのかしら?

中公新書の『物語 パリの歴史』を落手しました。

どっかで見覚えのあるタイトルと思ったのですが、少し前に読んだ講談社現代新書の『物語 パリの歴史』と全く同じなんですね。本屋で注文を受けた書店員さんが間違えないか心配です。

商売柄と言いますか、職業柄と言いますか、パリと聞くとちょっと食指が動いてしまいがちで、かつては岩波新書の『パリ 都市統治の近代』も買って読んでしまいました。

あとは白水Uブックスの『職業別 パリ風俗』が揃えば、新書パリ四姉妹揃い踏みです。しかし、あたしが実際にパリの地を踏むことは、いつかあるのでしょうか?

バッテリー交換

自宅の車のバッテリーが上がってしまいました。エンジンをかけようとしてもダメです。

やはり週末くらいしか乗らないと上がりやすいですね。

それにもう5年です。来月には車検もあります。そろそろバッテリーも寿命が来ている頃です。

しかし、車検の時にバッテリー交換と言われると、かなり高くついてしまうので、今回はネットで購入し、自分で取り付けてみました。

いま取り付けてあるバッテリーのネジを外すのにちょっと手間取りましたが、なんとか換装は無事に終わりました。エンジンもかかります。これでまた数年は大丈夫であること祈るばかりです。

それにしても、カーバッテリーって重いですね!

意外と混んでいました

木曜日、金曜日の一泊二日で京阪地区を駆け足で回ってきました。一泊二日なので、寄れた書店、寄れなかった書店がありましたが、致し方ないところです。また次の機会に、と思いますが、コロナウイルスの第二波(第三波?)がこれから来ると言われていますので(北海道など寒いところは既に来ている?)、果たして「次」がいつになるのか……

ところで、この間、GoToトラベルのキャンペーンがあっても旅行客はコロナ以前に戻っていないと聞いていました。新幹線も空いているという話が漏れ伝わってきます。しかしながら、今回のツアー、行きも帰りも新幹線はほぼ満席に近い状態でした。完全に満席とまでは言えませんが、「新幹線もガラガラ」と言われていた、少し前の状況と比べると(あたしはその状況を実見していませんが)まるで異なりました。「騙された」というのが正直な気持ちです。

やはり、GoToに東京も加わり、「さあ、出かけましょう」と政府が音頭を取っているので、マスクさえしていればコロナなんて関係ない、とばかりに皆さん旅行へ出ているのでしょうか?

大阪と京都、都心部くらいしか歩いていませんが、すごい人混みということはなかったですが、だからといって空いている、ガラガラだ、という感じでもありませんでした。厳密に言えば少しは人が少ないのかな、という東京でも見られる光景でした。京都も、日本人ばかりかと思いきや、国内にだって中国の人韓国の人は大勢住んでいるわけで、四条通りなどでも外国語が聞こえてきました。ただ、白人や黒人の方は以前ほど見かけなかったので、人通りはやや少ないといったところだったです。

さて、これから寒くなってくるわけで、寒くなる→窓を開けない→換気が悪くなってウイルス蔓延、といった悪循環から感染者が増えるようになると、来春の暖かくなるころまでツアーには出られなくなりますね。

かつて瑠璃廠で水煙管を買いました!

今日、6月28日はアヘン戦争勃発の日、ということになっていますが、この手の歴史的な出来事は始まりも終わりも明確な日付を特定しづらいものですよね。戦争が起こるにしたって、それに至る複雑な経緯があるわけですし。

アヘン戦争と聞くと、確かに当時の清朝の腐敗ぶりもひどかったですが、それに付け入る英国がアヘンを売り込むなんて最低です。ふつうの産品の貿易を迫るというのであれば理解できますが、その害悪が明らかな薬物を、なおかつ禁制品を売りつけるなんて……

まあ、そのあたりのことは陳舜臣『実録アヘン戦争』を読んでいただくとして、これを小説仕立てにしたのが『阿片戦争』ですので、ご興味がある方はどうぞ。

そして、アヘンと言って思い出されるのは、学生時代に友人と北京へ一週間ほど行った折、その友人が瑠璃廠でアヘン吸引用の水煙管を買ったことです。もちろんお土産屋で売っていたものですから、当時のものではなくレプリカでしょうし、実際にアヘンを吸うためではありません。部屋に飾っておこうという単なる遊び心です。たぶん、今でも売っているでしょうね、土産品として。

そう言えば、アヘンと言ってもう一つ思い出されるのは、やはり学生時代の恩師の話です。

恩師は戦時中は中国大陸にいたのですが、アヘンを吸ったことがあるそうです。たぶん軍隊にいたときに仲間内で面白半分にやってみたのでしょう。でもそれを聞かされたあたしたち学生は「先生、中毒にならなかったのですか?」と聞かずにはいられませんでした。

すると、恩師曰く、「中毒になるほど金がなかった」とのこと。そうか、やはりアヘンを手に入れるにはそれなりのお金が必要だったのですね。貧乏な一兵卒では中毒になりたくてもアヘンを買えなかったというわけですか……

さて、瑠璃廠が今どうなっているのか知りません。なにせもう大陸には10年以上行っていないので(汗)。ただ、その十数年前に行ったころの北京のタクシーの話です。もしかしたら、このエピソードはどこかで書いたかもしれません。既に聞いた(読んだ)ことがあるという人にはご寛恕を。

で、そのエピソードですが、その日は盧溝橋へ行っていました。抗日博物館などを見て、流しのタクシーを拾って北京市街へ戻るところでした。「瑠璃廠」は中国語で発音すると「ルーリーチャン」という感じの発音になります。しかし、あたしの発音が悪かったのか、タクシーの運ちゃんは「ルーリーチャンならもう通りすぎたぞ」と言うのです。何度かやりとりをしても埒が明かず、ウンちゃんは路肩にクルマを止めてしまいました。

あたしはその時点で理解していたのですが、運ちゃんが言っている通りすぎた「ルーリーチャン(liulichang)」とは、北京市街と盧溝橋の途中にある「六里橋」のことです。こちらの発音は「リウリチアオ(liuliqiao)」です。違うといえばまるっきり違うのですが、似ているといえば非常によく似た発音です。路肩に止めた運ちゃんに持っていた北京市街の地図を示して自分たちが行きたいのはここだと「瑠璃廠」を指さして伝えたところ、運ちゃんは笑いながら明るく「明白了」と言って車を発進させました。

ちなみに、あたしがなぜ理解できていたかと言えば、盧溝橋への往路は公共バスで行ったのですが、車窓から外を眺めていて「六里橋」という地名が目に入り、なんとなく覚えてしまっていたからです。初めての土地へ行くと、目に入った地名とか建物、施設などを覚えていて、あとから地図でどの道を通ったのかをたどることをよくしていたので、たぶんその延長で地名が頭に入っていたのだと思います。