太陽が死んだ日

太陽が死んだ日

閻連科 著/泉京鹿、谷川毅 訳

ある日突然、村人に夢遊病が流行する。欲望をさらけだし、略奪や殺人を犯す人々。14歳の少年が見た白日夢の世界。紅楼夢賞受賞。

2022年9月26日