別腹です!

写真は昨晩のデザートです。洋菓子タカノのケーキを久しぶりに買いました。

テレビでいちご狩りを報じていたのを見て、「イチゴのシーズンだから、久しぶりにイチゴショートでも食べたいなあ」と思ってしまい、思ってしまったらもう食べたくて仕方ありません。仕事からの帰り道、国分寺マルイの中にあるタカノで買って帰りました。

左が「あまおうフレーズ」、右が「プチハピネス~紅ほっぺ苺~」のケーキです。あまおうを母が、紅ほっぺをあたしが賞味いたしました。和菓子も好きですが、やはりたまに洋菓子も食べたくなるものです。

最近は「甘さ控えめ」なんてケーキが大はやりみたいですが、ケーキは甘くなければダメでしょ、というのがあたしの変わらぬスタンスです。昨晩のケーキ、あたしにはほどよい甘さに感じられましたが、これは「控えめ」なのでしょうか?

小平と言ったらブルーベリーでしょ?

本日のおやつです。ご覧のとおり、鯛焼です。

あれっ、「鯛焼」よりも「たい焼き」の方がしっくりきますかね? どう思いますか?

それはそうと、このたい焼きは近所のたい焼き屋「鯛安」というお店のたい焼きです。最近、オープン一周年を迎えたということで、SNSに情報が流れてきていたので、今まで前を通り異は何度もありましたが、寄ったことはなかったので、この機会に買いに行ってみた次第です。

隣にある「egg cafe」と同じ系列のお店だそうで、こっちのお店もそのうち寄ってみたいショップの一つです。

さて、このたい焼きですが、皮の味がちょっと違います。そもそも四角い形からして、伝統的なたい焼き派の方には異論があるかと思います。ウェブサイトによると、卵を使っているようですね、だから独特の味になっているのでしょう。

ミルククリーム味をいただきましたが、ふつう、たい焼きとか今川焼きのクリームと言えばカスタードだと思うのですが、ミルククリームなので、非常に洋菓子っぽい味わいで、とても美味しかったです。

正しいのか、正しくないのか

クリスマスですね。

あたしはキリシタンではないので関係ありませんが……

それはそうと、クリスマスと言えば、チキンとケーキ。皆さんは買いますか?

子供のころに、テレビで見たのではないかと記憶しているのですが、クリスマスのケーキやチキンは、いつもの何倍もの数を作るので、どうして作業が雑になるから買わない方がよい、という説を聞いたことがあるのです。だから、あたしはあえてこのシーズンにチキンやケーキを買うことは避けるようになりました。

ただ一方で、ケンタッキーなどは、ふだんだったら作り置きのチキンが多いけれど、この時季はどんどん作っているので、揚げたてを買うことができるから、むしろ買い時だという説も聞いたことがあります。

ケーキだって、大量生産のものはともかく、一流のパティシエがクリスマスで多忙だからといって手抜きのケーキを出すでしょうか、むしろ腕によりをかけ、いつもよりはノリノリで作っているので、この時季のケーキこそ買うべきなのではないか、という話も聞いたことがあります。

さて、どちらの説が正しいのでしょうか? とはいえ、この時季は味とか出来映えの前に、お店が混んでいるので、とても買いに行こうという気にはなりませんけど。

濃厚デミグラがない!

年配の方や、若くても健康に気を使っている方ですと、「ジャンクな食べ物だから」といって敬遠されがちなマクドナルド。わが家はそういうことはほとんど気にせず、昔から食べていました。

とはいえ、しょっちゅう食べているわけではなく、数ヶ月に一回くらいでしょうか。季節のメニューが出ると食べたくなる、そんな感じです。そして、今の季節は「グラコロ」ですね。

というわけで、本日の昼食は久しぶりのマックでした。この季節のグラコロに、ポテトとドリンクのセットメニュー、そして、これまたこの時期限定の「ビーフシチューパイ」です。大友康平のCMがやたらと流れているので、ちょっと気になっておりまして、ようやくありついたというわけです。

ところで今回は初めての試みをしてみました。わが家の近所のマックにモバイルオーダーをしておいて、お店に行ったらもう出来ている、という便利さでした。決済もスマホで済ませてありますから、お店に行ったら、出来ているのを受け取るだけです。

しかし、これはモバイルオーダーのせいではなく、近所のマクドナルドのせいだと思いますが、この店舗は「ふわとろたまご濃厚デミグラコロ」を扱っていないのです。小さい店舗、郊外の店舗ではダメなのでしょうか? あたしとしては「ふわとろたまご濃厚デミグラコロ」も是非とも食べてみたいのですが……

今年も美味しくいただきます

毎年、暮れになると新潟の酒舗から日本酒を購入しています。年末年始用のお酒です。

で、今年の日本酒が届きました。それが右の写真の4本です。どれも720mlなので、もしかすると年明けを待たずに飲み干してしまうかもしれません。

今回は、どれも飲んだことのないものを選びました。

左から「越の白鳥 MIX」「奴奈姫」「信乃大地」「醸す森」の四種類。どれもそれほど高価のものではありません。ラベルも日本酒っぽくないのがよいですね。

さて、どれから賞味しましょうか?

影響を受けやすいもので……

先日、第一章と言うのでしょうか、あるいは前編と呼べばよいのでしょうか、日テレ系のドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」が終了しました。

たったの5回で放送終了? 打ち切り? そんなに視聴率が悪かったの? といろいろ憶測を呼びましたが、原作に忠実だったみたいですね。来週からは「invert 城塚翡翠 倒叙集」が新しく始まるようなので、とても楽しみです。

さて、そんな先日の最終回、素の城塚翡翠が描かれていましたけど、部屋に籠もってスイーツを食べまくっていたようです。テーブルの上にはプリンのカップが散乱していました。それに影響されてしまったようで、母が近所のスーパーへ買い物に行ったときに、プリンを買ってきてしまいました。直前にインプットされたものを手にしてしまう、軽い痴呆なのではないかと思われます。症状がこれ以上進行しませんようにと願うばかりです。

それはさておき、冬の足音が聞こえてくる今日この頃、店先に千枚漬けが並ぶようになってきました。京都の名物ですが、東京でも買えないわけではありません。

わが家では、この数年来、京都の村上重本店の千枚漬けを贔屓にしています。やはり美味しいです。東京には支店などはありませんが、新宿の高島屋の中に出店しているので、新宿へ行った折に、時間があれば寄って買い求めています。

写真は今シーズン初の千枚漬けです。あまり日持ちのするものではないので、まとめ買いに向かないのが残念です。食べきったらまた買いに行く予定です。果たして、今年のお味はどうです? 毎年、微妙に味が違いますからね。

たまにはスイーツ

先週の旅行で美味しいものをいただいたからではありませんが、こんどは美味しいスイーツが食べたくなりました。

そこで仕事帰りに買ってきたのが右の写真です。

国分寺の丸井に入っている「FLO」というお店のスイーツです。「フロプレステージュ」って言うそうですね。チェーン店ですよね、営業回りの途次にも時々見かけることがあります。

朝の占いで、かに座のラッキーカラーが緑でした。和菓子なら抹茶でしょうが、洋菓子だと何かなと考え、シャインマスカットかメロンだろうと思い、丸井の中を巡って、これに決めました。少し前に、同じく丸井の中にある高野のスイーツを買ったので、今回は最初から他のお店にしようと思って、店内を何周かしてしまいました。

刺身とか、白焼きとか、天ぷらとか

前のダイアリーは、帰宅の模様を書きすぎて、タイトルを偽ってしまうことになったので、改めて書きたいと思います。何について書くかといいますと、広島で食べたグルメについてです。

13日は、朝に高知を発ち、岡山でいくつか書店を訪問し、夕方の新幹線で広島に入りました。その晩に食べた料理がとても美味しかったのです。

広島では、駅から少し離れたところに位置する三井ガーデンホテルに泊まりました。特に広島の地理に明るいわけではないので、ホテルの近くで何か美味しい店はないかと同行メンバーで検索したところ、広島は実は穴子が名物だというキーワードで、ホテルに程近い料理屋がヒットしました。

それが《たいし》です。正しくは「和四季酒肴処 たいし」と言うようです。「たいし」とは店主の名前です。細い路地に位置していて、知らなければとても入っていかないような場所にありました。我々三人は予約もなく、運よく入れましたが、その後も常連さんとおぼしきお客が引きも切らず入ってきます。

ここでいただいたものはどれも美味しかったのですが、最初に驚いたのが、そしてこの店に行ってみようという決め手になったのが穴子の刺身です。一枚目の写真がそれです。

一見しただけですと白身魚のようですが、穴子なんです。プリップリで美味しかったです。穴子を刺身で食べられるなんて、驚きでした。これだけではありません。

二枚目の写真は、なんと穴子の白焼きです。刺身も驚きでしたが、白焼きも驚きのメニューでした。ただ、考えてみますと、穴子と鰻ってよく似た感じですから、同じようなメニューがあってもおかしくはありませんね。

そして穴子は、鰻と同じようにフワフワ、ホクホクのものをイメージすると思いますが、刺身の時と同じように白焼きも食感が鰻の白焼きとはまるで異なりました。こちらもプリップリ、非常に歯応えのある白焼きでした。そしてこれはこれで実に美味しかったです。

最後、三枚目の写真ですが、こちらは牡蠣です。ただ、酢牡蠣でもなければ、定食メニューによくある牡蠣フライでもありません。牡蠣の天ぷらです。牡蠣にも天ぷらがあるんだと驚きながら注文したのですが、こちらもフライとはまた異なる美味しさを堪能いたしました。

シュワシュワしています!

寒くなってきましたね。まだ10月ですから寒いというのは大袈裟ですが、つい先日まで30度超えの気温でしたので、ここまで下がると涼しいではなく寒いという表現の方がふさわしいです。

ここまで寒くなっても、あたしは熱燗は飲みません。自宅では日本酒、それも冷酒ばかりです。真冬でも冷酒です。

さて先日、山梨に出かけて買ってきた「七賢」の日本酒4本は既に飲み終わってしまったので、久しぶりにどぶろくをお取り寄せしてみました。

過去に何度も買っているし飲んでいる、新潟はどぶろく荘のどぶろくです。このどぶろく荘、泊まりに行ったことはありませんが、よく知っています。なにせ、あたしの母の故郷のご近所さんだからです。

なので、もう何回も飲んでいるどぶろくなのですが、久しく飲んでいなかったので買ってみた次第です。昨晩味わいましたが、美味しいですね、飲みやすいです。

ちなみに、母の故郷の酒ですと「ぶなの露」という美味しい日本酒があるのですが、これが数年前に販売終了となってしまったようです。非常に残念です。また飲みたいです、再生産、再販売の可能性はないのでしょうか?

あたしは白が好きなのです

この秋、乃木坂46がアンバサダーを務めている、森永のチョコレート「DARS」です。読めますよね? 「DARS」と書いて「ダース」と読みます。その名のとおり、チョコレートが12粒入っている商品です。

まだテレビでCMは見たことがないのですが、どれくらいの頻度で流れているのでしょう? まあ、森永がスポンサーとなっている番組を視聴するのが、一番の早道なのでしょうけれど、そういうのってどうやって調べればよいのでしょうね?

このDARSというチョコ、別に今回が新発売ではありません。あたしが子供のころにはまだなかったと思いますが、それでも大人になった頃には発売されていたのではないかと記憶しています。サイトを見ると「1993の誕生」と書いてありますから、あたしは社会人になっていましたね(汗)。意外と古い商品なのか、それとも新しい商品なのか、世代によって意見が割れそうです。

さて、CMを見る限り、乃木坂46のメンバーは赤、茶、白の3チームに分かれています。DARSの三種類を表わしているのは一目瞭然です。メンバー分け方が絶妙ですね。赤は真夏、飛鳥、蓮加、あやめん、茶色は美月、しーちゃん、梅、さくちゃん、そして白が与田ちゃん、かっきー、絢音ちゃん、まゆたん。

メンバーの好みとは関係なく、純粋に味で選ぶとすると、あたしはやはり白が好きです。ホワイトチョコレートって、小さい頃から好きなんですよね。そして茶色は「甘さ控えめ」とあるとおり、ちょっと苦いです。あたしは苦いチョコは苦手です。舌が大人になっていないのでしょう(笑)。

なお、特設サイトには「ザクザクブラック」というのもあるようですが、あたしは転倒でこれを見たことはありません。どこへ行けば売っているのでしょうか?