黒猫のチェリー

コンビニでこんなミンティアが売られていましたので買ってしまいました。

絵柄から見て、ハロウィン仕様なのでしょう。黒猫やチェリーがハロウィンとどう繋がるのか、それはわかりませんが、雰囲気はよく出ているようです。

味は、昔懐かしい梅仁丹のような感じでした。

日本酒を冷やしていただきました

昨晩は、先日は発売された「乃木坂工事中」のBlu-ray4タイトルのうち「乃木坂選手権開催中」を視ながら、新潟から取り寄せた日本酒をいただきました。

収録回の「センス見極めバトル」は、まだ三期生すら参加していないころ(加入前?)の映像で、既に卒業しているメンバーが多数出演していて、それはそれはもう懐かしい映像でした。ただし、このころの「乃木坂工事中」は既に録画して視聴していたので、「ああ、こんな回、あったなあ」という気持ちで視ることになりました。もちろん、未公開映像もあるので、「こんなシーンがカットされていたのか」という新鮮な驚きもありました。

それにしても、一期生と二期生はずいぶんと少なくなりましたね。映っていたメンバーの半分はいないのではないでしょうか。きちんと数えたわけではありませんが、そんな気がします。そして、一期生も二期生もまだまだアグレッシブというのでしょうか、よい意味でガツガツしていたように感じられました。

そんな「乃木坂工事中」視聴のお供はこちらのお酒です。

「金曜日、午後9時45分のお酒」と書いてありますから、一週間働いた週末にこれを飲んで疲れを癒してください、という意味なのでしょう。しかしあたしは金曜日ではなく土曜日に飲んでおりました。

味は、やや甘め。日本酒好きの中にはこういう味を受け付けない方もいらっしゃるでしょうね。

竹田酒造店の「かたふね はなじかん」というお酒です。恐らくは、日本酒好きのオッサンではなく、ふだんあまり日本酒など飲まないような若い女性を意識して作られたものではないでしょうか。そういう意味では、ジュースのような飲みやすさがありました。

それにしても、昨晩は福岡で乃木坂46のコンサートが行なわれていたはず。配信もあったので(もちろん有料ですが)、視ればよかったのですが、視るなら今宵の大園桃子卒業セレモニーの方ですよね。笑顔で卒業するのか、それとも大号泣してしまうのか。

パンが美味しい!

近所にある大手スーパー・いなげやでこんなパンが売られていたので買ってみました。

ちょっと甘めのクリームが中に入った菓子パンです。大手パン屋・神戸屋の「しあわせ届ける」シリーズだそうです。ふだんから売っているわけではなく、「広告の品」としてたまたま数日間だけ売られた商品のようです。

さすがは神戸屋です。一口かじったときのパンが美味しかったです。中のクリームもしつこくなく、ちょうどよい味と量でした。ただし、クリームなので一つ食べればそれなりに空腹は満たされ、二つも食べれば十二分に一食分となります。

好評であれば、今後は常時売られるようになるのでしょうか?

話はガラッと変わって本日の朝日新聞夕刊。

夕刊には写真入りでなーちゃん(西野七瀬)のインタビュー記事が載っていましたが、その対向ページに載っていたのが静岡県にある柿田川公園の記事です。

ここ、行ったことあります。記事のとおり、とてもきれいな流れでした。そして自然豊かな公園でした。

どうして行ったことがあるかと言いますと、かつて妹家族がこの近所に住んでいたからです。妹家族は静岡在住ですが、三島近辺で何度か引っ越しをしていまして、一時期はこの柿田川公園から比較的近いところに住んでいたことがあるのです。それで、妹家族のところへ遊びに行ったときに、この公園にも立ち寄ったという次第です。

酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ?

しばしばお取り寄せをしている新潟の酒舗から少し前に夏のカタログが届き、この夏のお酒を6本ほど取り寄せてみました。それが写真の6本です。

銘柄としては飲んだことのあるものが多いですが、ほぼすべて初めて取り寄せた日本酒ではないかと思います。基本的には、すべて冷やして飲むお酒ばかりです。

あたしは真冬でも燗はせず、冷やで飲みます。と言うよりも、冷やして飲む日本酒しか買わないと言った方が正しいかも知れません。

というわけで、この6本のうち、今宵、賞味するのは「鶴齢」の純米超辛口です。このキリッとした飲み口、いいですね。

もしかしたら、この日本酒はかつて飲んだことがあるかも知れませんが、記憶が曖昧です。

ちなみに、上記の写真、真ん中の4本は720mlですが、両端は500mlです。瓶も日本酒と言うよりはワインの瓶のような形状です。どんな味なのか、今から楽しみです。

呑んだら、またリポートします。

穴子の日

今日は、穴子の日なのだそうです。

鰻と似ていますが、まるっきり別ものです。

鰻の蒲焼きはありますが、穴子の蒲焼きというのはあまり聞きませんね。逆に回転も含めたお寿司屋さんで穴子のにぎりは見かけますが、鰻のにぎりというのは、やはりほとんど見かけることはありません。なんとなく使い分けというのがあるのでしょうか?

ところで、穴子ってどんな形をしているのでしょうか? 鰻はなんとなくわかりますし、うなぎ屋の看板や暖簾に鰻の絵が描いてあることも多いので、多くの人が鰻はわかるのではないでしょうか?

しかし、穴子はどうでしょう? 鰻みたいなかたちなのでしょうか? そもそも鰻屋はありますが、穴子屋って聞いたことないですね。

今日はそんなことが気になった一日でした。

肉欲とは「魚ではなくお肉が食べたいという欲求」だと思い込んでいた女性がかつていたのです

今宵のおかずです。オーストラリア産の牛肉です。

ちょっと叩いて、塩を振ったところです。後ほど焼いて食べます。

お陰様で、今のところ歯も丈夫で、「昔ほど食欲がなくなった」ということもなければ、「油っぽいものはダメ」という感じもなく、健康的に食事が取れています。

いや、年齢的にそんな食生活が健康的なのか否か、冷静に考えてみる必要があるかも知れません。

むしろ、気になるのは、この三年くらい続いている、胃腸の調子の悪さです。食事をするとすぐに腹を下してしまうのが、なかなか収まりません。母には「大腸癌だ」と威されていますが、癌だったらもう少し痩せてもよいのではないかという気もします。

先程も、テレビ東京系の「女子グルメバーガー部」を視聴して「美味しそうだなあ」「食べてみたいなあ」と思っていたところです。

重いです

去る24日があたしの誕生日だったのですが、当日は特にご馳走を食べるわけでもなく、夕食も冷凍食品をチンしただけの、極めて質素と言いますか、営業バランス的にもあまりよろしくないものでした。

「せめてケーキくらいは……」と思っていたのですが、それもなかったです。ふだんならコンビニスイーツくらい買って帰るところですが、それもいたしませんでした。その理由の一つがこのチーズケーキです。

武蔵野茶房特製焼チーズケーキです。

少し前、と言っても今年の年末年始くらいのころだったと思うのですが、たまたまネットだったかテレビだったかでこのチーズケーキを知り、食べてみたいなあと思ったのです。そして姪っ子たちへのホワイトデーに送ってあげたら、とても美味しかったと言われました。その時は送ってあげただけで自分では食べていなかったのですが、購入時に会員登録をしていたので、今月に入りまして、誕生月の割引クーポンが送られて来たのです。

自分で自分の誕生日にケーキを買うというのもなんですが、母がそのお代を出してやると言ってくれたので、改めて自分宛に購入したものが、本日届きました。

数日で届くかなと思い、それならちょうど誕生日に間に合うと思ったのですが、オンラインショップで購入時に最短でも本日26日がお届け日となっていて、意外と日数が掛かるものだと思いました。まあ、出かける予定もなければ、むしろ週末の方がよいかと思い、誕生日の当日は質素に、そして本日を迎えたのです。

サイトの紹介にもあるとおり、木の函に入っていまして、小振りながらずっしりと重いです。こんなに重いとは思ってもいませんでした。これは食べ応えがありそうです。もちろん一回で食べきれるとは思っていませんが……

母に感謝です。

そのうち食卓に上るはず!

我が家の家庭菜園で、母が野菜を育てています。

写真は、ようやくそれらしい姿になってきたキュウリです。

少し前に、あたしが住んでいる小平市の農協で、野菜の苗の販売会が行なわれ、そこで母がキュウリとナスの苗を買ってきて、庭のプランターでせっせと丹精こめて育てているのです。

ナスはまだちょっとお見せできるような状態まで育っていないのですが、キュウリの方は二つ、三つ、キュウリらしくなってきたのがありますので、ここでお披露目したいと思います。

いかがでしょうか?

それにしても、農家の子や近所に畑があれば、葉っぱを見ただけで何の野菜なのかわかるのかも知れませんが、あたしのように東京生まれ東京育ちですと、畑を見ただけではなかなか植わっている野菜の種類まではわかりません。スーパーなどでは茎も葉っぱもなく、食べる部分しか並んでいませんからね。

なので、こうして家で苗から育てると、葉っぱはこんな形だったのか、こんな色の花が咲くのか、こういう風に実を付けるのか、などなど新鮮な驚きがいっぱいです。

さて、このキュウリ、あと数本は収穫できそうな感じですが、いつごろ食卓に上るのでしょう? やはり、サッと水で洗って丸かじりが一番美味しいのでしょうか?

一日遅れましたが……

先週の金曜日、16日は母の誕生日でした。

なんと78になりました! 立派な後期高齢者です。コロナにかかったらすぐに重症化してしまうでしょう。

そんな金曜日は仕事でしたので、帰りがけに買い物もできず、休みの土曜日にささやかながら誕生日ケーキ代わりにこんなものを買ってきました。

新宿高野のフルーツケーキです。わが家の近所ですと、JR国分寺駅の駅ビル、丸井の中にありまして、そこで購入した次第。

買ったのは、いわゆるイチゴのショートケーキ、それとメロンのシュークリームです。母がメロンの方、あたしがイチゴの方をいただきました。

ショートケーキは予想どおりの味でしたが、シュークリームの方はシューがちょっと堅めの生地でした。あたしは詳しくありませんが、フツーのシュー生地ではなく、メロンパンのようなシュー生地だったみたいです。

こんどはあたしも買って、美味しくいただいてみたいと思います。

こっそり忍び込んでいました!

冷凍食品をほとんど食べないという家庭も多いようですが、わが家は決してそんなことはありません。しばしば食卓に登場しますし、最近の冷凍食品は味付けもバカになりません。

が、味について述べるなら、あたしの好みに合わないものが意外と多いです。たぶん、気にならない人にとってはどうってことないのでしょうが、あたしには絶対受け入れられない味付けのものが多々あります。まあ、冷凍食品ではなく、既に出来上がっているお惣菜でも同じなのですが……

そんなわが家が最近買ってみたのが、横浜流星のCMでお馴染み、マルハニチロの「五目シュウマイ 香りと旨み」です。基本的に中華は好きなので、こんなに宣伝しているのだから買って食べてみるか、と思った次第。

ところが、一口食べて吐き出してしまいました。

なんと、あたしの大嫌い、大の苦手であるショウガがしっかりと入っているではないですか! 隠し味どころの話ではありません。改めてパッケージを見るとしっかりと「ショウガ」の文字が! ウェブサイトにも「豚肉、鶏肉、たけのこ、たまねぎ、しいたけ、千切りしょうが入りの具材感のある五目シューマイ」と書いてあるではないですか!

しっかりと塊でショウガが入っていたのです。

あたしと親しく食事をしたことがある方ならご存じかも知れませんが、あたし、ショウガが苦手なんです。ショウガ味のものを口にすると切なくなってしまうのです。生姜焼きをスタミナ焼きと呼ぶなんてとても信じられません。あたしにはスタミナどころか気力から体力、何から何まで奪っていく食材です。

いや、中華ってショウガをいっぱい使ってるじゃない、と言われるかも知れません。

はい、ですからクックドゥのような中華調味料もショウガがキツくて食べられないものがままあります。お惣菜の餃子なども生姜が効いていて、あたしには受け付けられないものがほとんどです。更に言えば、以前にもこのダイアリーに書いたことがありますが、唐揚げがやはりショウガの宝庫だったりして、食べられないことが多いです。

そんなわけで、横浜流星の爽やかなCMにまんまと騙されました。