突然画面に現われました!

日テレ系のドラマ「アンラッキーガール!」が終わりました。先日結婚を発表した、元乃木坂46の若月佑美(あたしの推しメン)が出ていたので、毎回見ていたのですが、最終回で驚かされました。

いえ、別にドラマのストーリーに驚いたわけではないのです。コメディーなので、難しいことを考えることもなく、楽しんで見ていられました。

驚いたのは、最終回の後半のワンシーンです。一枚目の写真をご覧ください。これは主人公・福良幸(演じていたのは福原遥)が働く宝くじ売り場(スタンド)の同僚・三田亜子(演じているのは新井舞良)です。宝くじ売り場がなくなり、次へのステップを考えているのでしょうが、ルンルン気分で街を歩く彼女が胸に抱えているのは、なんと、なんと『スペイン語検定対策4級問題集』です。

見覚えのあるあのフォルム、間違いありません。あたしの勤務先の刊行物です。この子がスペイン語を学ぶ理由がドラマの中では全く描かれていませんが、それはおいておきます。しかし、スペイン語を勉強するぞという意気込みを示すのに検定試験の対策問題集を選ぶとは、なかなかです。

で、こんな風にはっきり使われた訳なので、もうしかしてクレジットに表示されるのかなとエンディングは目を凝らして画面を見ていました。すると、二枚目の写真の右下をご覧ください。はっきりと、しっかりと、あたしの勤務先の名称が映っているではないですか!

なんかちょっと嬉しかったです。

機器からのメッセージを疎かにしてはいけない

先日、テレビ番組を録りだめるのに使っていた自宅のNASの容量がいっぱいになったので、新たにアイ・オー・データのNAS「HVL-RS2」を購入しました。

設定などは問題なかったのですが、どうも接続に不安定なところがありました。録画した番組は、まずはテレビに繋いでるUSBのHDDに録り、見たら消すものは消し、残したいものはNASへ移動させるという、多くの人がやっているような使い方です。

このUSBのHDDからHVL-RS2への移動がうまくできないのです。途中でエラーになることもしばしば、移動させるための設定画面が開かないこともあります。ブラウザでNASのIPアドレスを直接入力すればトップページは開きますから、ネットワークの設定が間違っているわけではないようです。

ここ数日ずっと試行錯誤していたのですが、症状は一向に改善しません。時には録画番組の移動がうまくできることもあるので実に厄介な症状です。

そんなことを繰り返している時、エラーが出た時に「設定を見直すか、ルーターを再起動してください」というメッセージが画面に出ているのに気づきました。もちろん、このメッセージは毎回エラーが出る時に表示されていたはずですが、これまでは気にも留めていませんでした。

が、今回は素直にそのメッセージに従ってみることにして、ルーターの再起動を試みました。するとどうでしょう? NASへの移動など、実にスムーズにできるのです。エラーなんてどこ吹く風、という感じです。

ハードやソフト的な理屈はわかりませんが、とにかくこれでうまくいきました。症状は治まりました。やはりエラーメッセージというのはバカにしてはいけないものですね。