Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

Rockfield's Diary

いったい何が起こったというのでしょうか?

あたしのこのダイアリー、トップページにカウンタを取り付けていますけど、それが昨日だけ異様な数字を示していました。

昨夕に気づいたときは「今日の閲覧数 1403」となっていたのですが、その後もグングン数字を伸ばして行き、今朝確認すると「昨日の閲覧数 2274」となっていました。訪問者数も「昨日の訪問者数 1490」とあって、あまりにも不自然な数字です。

ただ管理ページで確認すると、昨日の訪問者数や閲覧数はいつもどおりな数字なので。たぶん何かバグっているのではないかと思われます。カウンタの数字が時々おかしくなるというのは、ネット上ではしばしば聞く話ですので、たぶんそれなのでしょう。

そう言えば、思い出してみると、昨日、プラグインのJetPackのアップデートがありましたので、それが何か悪さしているのかも知れませんね。

今日の配本(23/01/19)

無条件降伏
誉れの剣Ⅲ

イーヴリン・ウォー 著/小山太一 訳

主人公に突きつけられる「戦争の名誉」と「男らしさの神話」への痛烈な批判。作家自身の軍隊経験をもとに、戦争の醜悪かつ滑稽な現実と古き理想の崩壊を時に喜劇的に、また辛辣に描いて、最高の第二次大戦小説と称賛されたイーヴリン・ウォー最後の傑作《誉れの剣》三部作完結篇。本邦初訳。

遠きにありて、ウルは遅れるだろう

ペ・スア 著/斎藤真理子 訳

著者は1965年ソウル生まれの女性作家。イメージに富むと同時に生硬で鉱物的な破格の文体を用い「韓国文学史で前例なき異端の作家」と評価され、今までに多数の短篇集と長篇、エッセイ、詩作品を発表。常に独自のスタンスで揺るぎない地位を占める韓国女性作家のトップランナーである。また、ハン・ガンの英訳者として知られるデボラ・スミスがぺ・スアの作品を高く評価しており、既に3冊を英訳している。これまでの作品は、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語などにも翻訳されている。本書は、今日の韓国作家に多大な影響を与え続ける著者の初の邦訳となる。

いきなりのJetPackソーシャル

本日、このダイアリーは書こうと思ってWordPressのページを開いたところ、JetPackソーシャルのSNS連繋が復活していました。

ただし、「現在、19個の共有が残っています。さらに増やすにはアップグレードしてください」というメッセージも書いてあります。

確か、無料だと一か月に30個の共有ができるはずだったと思います。先月20日過ぎに共有できなくなったのですが、今月になってそれがリセットされたような表示はありませんでした。それが今日になっていきなり「残り19個」って、どういうことなのでしょう?

既に11個の共有をしてしまっているというのでしょうか? 何か腑に落ちませんが、これがこの後どうなっていくのか、また観察したいと思います。

今日の配本(23/01/17)

ポピュリズムに揺れる欧州政党政治

パスカル・ペリノー 著/中村雅治 訳

ここ数十年、ポピュリズムという名の政治運動が、各国の選挙で注目を集めている。その思想の根本には民衆とエリートの対立という視点があり、それが現代の社会状況において新しい衣をまとって回帰している。その背景には、欧米における第二次大戦後の社会構造の変化――脱工業化社会の出現、グローバル化の進展、多国籍企業に代表されるいわば「匿名の」権力の拡大、新自由主義的EUの発展など――がある。こうした社会変化に適応できない民衆の不満・不安に答えたのがポピュリズムである。 著者パスカル・ペリノーは、政治学者でとりわけフランスの右派政党・国民戦線(FN)研究の第一人者である。長年所長を努めたパリ政治学院政治研究センターでは、大統領選挙、国民議会選挙、欧州議会選挙、地域圏議会選挙などの分析において中心的役割を果たしてきた。その著者が豊富な事例とともにポピュリズム現象を総括する。