あたしが子供のころ、沖縄はまだ日本ではなかったのです

沖縄の本土復帰50年です。

当時も現在も、様々な意見があるのは承知していますが、あたしにはそれについて語るだけの材料がありません。基地問題に限らず、沖縄の人が感じてきた差別感など、本土の人間があまりにも無頓着だったということは自覚しております。

ささやかではありますが、まずは興味を持つ、知ろうと思うことが肝心なのではないでしょうか。あたしの勤務先では『沖縄語の入門 たのしいウチナーグチ』『沖縄語をさかのぼる』というヒット商品もありますので、こういう本を更に売り伸ばすことが少しでも相互理解に繋がるのだと思っています。

4月下旬に発行された『人文会ニュース』140号でも、巻頭の「15分で読む」は「沖縄〈復帰〉50年を考える」です。PDF版が公開されていますので、是非ご一読ください。

さて正直なところ、昨今の中国の海洋進出、北朝鮮のミサイル発射という東アジア情勢を考えたときに、本土の人間の大多数は沖縄に米軍基地があることのありがたみを実感しているのではないかと思います。もちろん基地があるから攻撃の標的になるのだ、という意見も理解できますし、そもそも平和友好に軍事力は不要だという考え方もわかります。

でも、結局なんとなくそんな風に思っているだけで、多くの日本人は深くは考えていないのでしょう、あたしもですが。もし沖縄から米軍が撤退して、米軍基地が日本に(沖縄に?)返還された場合、こんどはそこに自衛隊が駐留することになるのでしょうか、あるいは大規模な宅地造成、リゾート開発などが行なわれるのでしょうか?

一部の政治家は日本と日本国民を守るためなどと声高に主張していますが、旧日本軍は沖縄でも満洲でも日本人(民間人)を見捨てて真っ先に逃げ出したんですよね。日本や日本人を守るって、どういうことなのでしょう。

お勤めご苦労様でした

ニュースで知りましたが、iPod Touchの生産が終了になるそうですね。いや、もう生産してなくて在庫がなくなり次第、販売も中止になるのでしたっけ?

とにかく、「ああ、そうなのか」と思いつつも、一抹の寂しさもあります。なぜなら、あたしは長年愛用していたからです。

その愛用のiPodが右の写真です。容量は120GBのモデルだったと思います。PCと繋いで、iTunesから音楽をダウンロードして聞いていたのですが、いつのまにかiTunesがなくなってしまい、そうなると新しい曲を導入するのがちょっと面倒臭くなってしまいました。

そして、ちょうどそのころからiPodのバッテリーの持ちが悪くなってきたのです。以前なら一日以上は余裕で使えていたのが、朝自宅を出るときに100%だったバッテリーが、会社に着くともう半分くらいになってしまうようになりました。またしばらくすると、ちょっと使っただけで、電源が消えてしまうようになり、ああ、寿命だなと諦めました。

しばらくは移動の電車の中では読書をメインにして、音楽は聞いていなかったのですが、やはりたまには聞きたくなるもので、どれにしようかな、PCとの相性なども検討した結果選んだのが、左の写真です。

ソニーのNW-A100、いわゆるストリーミングWALKMANです。実はストリーミングはまだ使っていませんで、やはり手持ちのCDから転送した音楽ばかり聞いています。

あとはサブスクのAWAを使っているので、そこから保存したアルバムなどを聴いたりしています。またこれを機に、ワイヤレスのヘッドホンにも挑戦しています。世間では、ワイヤレスイヤホンを線路に落としてしまう人が多発というニュースが流れていましたが、そのあたりはあたしも十分注意しております。

ただ、そんなことよりも、ベースがAndroidなので、いらないアプリが最初から入っていて、削除も出来ないのが困りものです。

賞味期限と消費期限は違います

わが家の棚の上に「ビスコ」の缶が置いてありました。もうかれこれ何年も置きっぱなしでした。

親戚の子供が、まだおむつも取れないような年からよく遊びに来ていたので、そのころに買っておいたものだと思います。ただ、棚の上に乗っかっていたので、当然、食べ終わった空き缶だと思っていました。

空き缶でなくとも、たぶん十数年使うことのなかったガラクタが入っているのだろうから、中身を捨てて缶を使いたいと母が言うので、ビスコの缶を下ろしてみたわけです。

ところが驚きました。

蓋を開けてみたところ、なんと未開封だったのです。二枚目の写真のように、しっかりと封がされています。

もちろん、開けてみましたらビスコが入っていました。保存用のビスコなので、開けていなければそれなりに日持ちするのだとは思いますが、缶の底には「賞味期限 2017年4月」と書いてありました。

あくまで賞味期限であって、消費期限ではないので、たぶん食べられないことはないと思いますが、いたずらに腹を下したくはありません。まさかグリコに電話して、事情を話したうえで、まだ食べることが可能なのか聞いてみるわけにもいきません。

結局、缶の中身はそのままゴミ箱行き、缶だけを母が活用するようです。それにしても、未開封だとわかっていたら、もっと早くに棚から下ろして、おやつ代わりに食べたものを、もったいないことをしました。

時は流れ、人も……

昨日のダイアリーで話題にした乃木坂46の『N46MODE』です。そのVOL.0とVOL.1です。

写真の左側がVOL.1で『乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」記念公式BOOK』とあります。2019年7月発売のものです。表紙は賑やかですね。しかし、ここに写っているメンバーでいまも在席しているのは、久保史緖里、梅澤美波、齋藤飛鳥、秋元真夏、与田祐希の5名です。

誌面には既に四期生も登場していますが、山下美月が表紙にも載っていないのは、ちょうど休業期間に当たっていたのでしょうか。あたしも記憶が定かではありません。

そして、写真の右側がVOL.0で、『乃木坂46 東京ドーム公演記念 公式SPECIAL BOOK』とあり、発行は2017年11月です。表紙に登場しているのはグッと少なくて、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥の三名です。誌面には三期生も載っていますが、当時のスリートップということなのでしょう。

VOL.1から今回のVOL.2まで、少し間が空いてしまったのはやはりコロナのせいでしょう。本来ならまいやんの卒業コンサートもドームで数日にわたって行なわれたはずで、それに合わせてVOL.2も計画していたのではないかとも思います。

10年ひと昔

乃木坂46デビュー10周年記念公式BOOK『N46MODE』を購入しました。

よく見ると「vol.2」とあるように、これが初めてではありません。過去にも「vol.0」「vol.1」が発売されています。

そして、あたしはカバー違いで二冊手に入れたわけですが、楽天ブックスとセブンネットショッピングで購入しました。表4、つまり裏はアンダーメンバー版と五期生版です。3種類のクリアファイルがランダムで封入されているということでしたが、あたしは運悪く同じ柄のものが当たってしまいました。

まずは、乃木坂46、デビュー10周年おめでとうございます、ですね。

これが枯れるということなのでしょうか?

昨晩の「乃木坂工事中」で、乃木坂46の五期生3人が紹介されました。少し前に7名が紹介されていましたので、これで合計10名です。五期生は全部で11人ですから、まだ一人、番組で紹介されていないメンバーがいるということですね。

このあたりの事情、ネット上でも大荒れですね。「乃木坂工事中」の内容というのではなく、今回の五期生が決まって以降のいろいろなことがあまりにも荒れまくっていたと思います。

ネットでマナーが悪いのは若者ではなく、実は40代、50代の男性だという調査結果を見たことがありますが、あたしがドンピシャなんです(汗)。でも、こういうアイドルに関するSNSで過激な発言をするのも、調査結果どおり中年男性なのでしょうか?

今回の騒動、あたしは何から何まで見たり読んだりしたわけではありませんし、そんな気もありません。ですので、目に付いた範囲だけから感想を述べるなら、ほとんど裏の取れていない情報で、どうしてここまで断定的に語れるのだろうか、ということです。そして二十歳にもなっていない女の子たちに対して、どうしてここまで攻撃的になれるのか、ということです。

「裏が取れていない」と書きましたが、過激な発言をしている人たちはネット上の情報をどこまで信じているでしょうか、あるいはどうやってその真偽を確認しているのでしょうか? 自分の考えと同じ意見は正しく、異なる意見は間違っていると単純に思い込んでいる人もいるのでしょうか? まさかそこまで愚かだとは思いたくありませんが。

若いのだから多少の間違いはあるでしょう、オーディションを受け、最終選考近くまで残ったのであれば主催者側もそれなりの注意を喚起したり、自覚を促したりということはしていたのではないかとも思います。可愛らしい女の子たちを、ネット上とはいえ、寄ってたかっていじめて何が愉しいのでしょうか?

こんな風にちょっと引いた感じで眺められるのも、年をとった証拠なのでしょうかね?

神保町いちのいち

昨日の朝日新聞夕刊の一面です。夕刊ですので、東京版(首都圏版?)以外では全然違う紙面になっているかもしれませんが、少なくとも多摩地区に住んでいるわが家の朝日新聞では写真のような一面でした。

そうです。三省堂書店神保町本店が今日で閉店になるのです。いや、閉店という言い方は不正確ですかね。建て替えのための一時休店と呼んだ方がよいのかもしれませんし、6月には靖国通りを小川町差点方面へ少しいったところに仮店舗がオープンします。

とはいえ、記事にもあるように、本の街・神田神保町のランドマーク的な書店が閉まってしまうということは業界を超えた大きなニュースだと思います。今日も営業終了時間にはテレビカメラも取材に訪れるのではないでしょうか?

そんな神保町本店の最終日、やはり見届けに行ってくるかと、朝一番で出かけてみました。「見届ける」なら閉店時間に行くべきなのかも知れませんが、人が多いのはイヤなので朝イチで行ってみたわけです。

さすがに開店前の店頭に大勢の行列ができる、ということはなかったようですが、日曜日の午前としてはそれなりにお客さんは入っていたのではないかと思います。駿河台交差点周辺ではカメラを構えている人を何人も見かけました。

ところで、今日が神保町本店の最終日なわけですが、あたしは同店の開店の日にも訪れているのです。1981年の3月オープンですから、あたしが中学生のころです。そのころ既に神保町の古本屋街へ週末になると時々出かけていたあたしは、デパートのような神保町本店に圧倒されたものでした。上から下までこんなにたくさん本が並んでいるなんて、もう感動しかありませんでした。

その初日、オープン記念としてフロアマップがデザインされた下敷きが配布されていました。既になくしてしまいましたが、あたしもしっかり一枚もらってきていました。懐かしい想い出です。オープン初日に来店し、今日の最終日にも来店する人、あたし以外にもきっと大勢いるのでしょうね。

いつか実がなるものなのね

わが家の玄関先のプランターで、小さな小さな苺がなっていました。赤々として可愛らしいものです。

そして、写真をよーく見ていただければおわかりのように、赤いのは一つだけですが、まだ色づいていない苺がいくつもなっているのがわかると思います。順次色づいていくのでしょう。食べられるのか否かはわかりませんが、なんとなく嬉しくなってしまいます。

さて、話は変わって雑誌「blt graph. vol.78」を落手しました。今号の表紙および巻頭グラビアは、乃木坂46の四期生、柴田柚菜です。

まだ世間的な知名度は低いかもしれませんね。今回の乃木坂46のシングルで初めて選抜入りしたメンバーですので知られていなくても仕方ないでしょう。ただ、こうして雑誌の表紙に抜擢されるくらいですから、いま最も伸び盛り、期待の若手メンバーです。そして、あたしがいま最も注目して応援しているメンバーの一人でもあります。

坂道グループのメンバーと聞くと、卒業した生田絵梨花は別格としても、見てくればかりで歌は下手というのが世間の認識だと思います。でもメンバーの中にはそれなりに歌のうまいメンバーがいるのです。もちろん、ソロでやっていけるかと問われたら、たぶん歌唱力だけでなく個性、キャラクターというのも必要になってきますので即断はできませんが、グループアイドル=歌が下手と一括りにしてはいけないメンバーも存在するということは言えると思います。

柴田柚菜は、そんな歌えるメンバーの一人です。まだまだ表舞台で歌唱する機会が少ないので緊張もあるかと思いますが、経験を積めばかなり通用するようになると思っています。乃木坂の四期生が中心と番組「乃木坂スター誕生!」が彼女の飛躍のきっかけになったのではないかと思います。

四期生も加入してもう何年でしょう。今年は五期生も入ってきて、うかうかしていられない立場になっていると思いますが、コツコツ努力してきたメンバーがこうして日の目を見られるようになるのはファンにとっても嬉しいことでしょうね。

香港はどうする?

最近買ったガイブンに『チベット幻想奇譚』と『路上の陽光』があります。どちらもチベットの作品です。

チベットの作品は「その他の外国文学」なのか、それとも中国文学なのか悩ましいところです。昨日のダイアリーで、自宅書架の整理をして、中国大陸の作品と台湾の作品を分けて配架するようにしたと書きましたが、チベットや(架蔵はしていませんが)ウイグルなどの作品はどうしましょう?

それを考えると、中国大陸には朝鮮族やモンゴル族の人たちも済んでいますが、彼らの作品はどう分類したらよいのでしょう? 朝鮮族、モンゴル族だと言うだけで、特にその民族的なルーツを感じさせない作品であれば中国文学(大陸の作品)と一緒に並べればよいでしょうが、いかにもモンゴルっぽい、朝鮮っぽい作品だと上述のチベットやウイグルと同じ扱いにした方がよいのかもしれません。

そして、もう一つ悩ましいのが香港です。『辮髪のシャーロック・ホームズ』という作品を読み始めたのですが、香港の作品も、大陸中国とはちょっと雰囲気の異なる独自のテイストを持った作品が多いですから、これを中国文学に含めてよいのだろうかと思います。

むしろ香港の作品は、同じ繁体字だからと言うわけではありませんが、共産主義社会ではなかったということもあり、台湾文学との親和性の方が高いように感じられることもあります。とはいえ、やはり台湾と香港ではもちろん大きな違いもあるので、やはり分けるべきだと思います。

まあ、いまのところ、そこまで悩むほど中華圏の翻訳作品を架蔵しているわけではないので、だいたい近くの書架にまとめて並べて置いておけば問題ないわが家の書架ですが、気になりだすときりがありませんね。

海峡両岸問題

今日は5月4日、中国では五・四運動の日ですね。現在の世界史の教科書では五・四運動ってきちんと教えているのでしょうか? いや、世界史ではなく日本史の対華二十一ヶ条要求の流れで教わるのでしょうか?

それはともかく、五・四運動と聞くと、あたしは中江丑吉を思い出します。暴徒に襲われた政府高官を匿ったのですよね。もちろん運動に立ちあがった民衆からすれば、自分たちは暴徒ではないし、襲った相手も売国奴になるわけですが、窮鳥懐に入れば漁師も殺さず的な中江丑吉の態度は素敵です。

さて、話は変わって、わが家の書架。少し前から気になっているところがありまして、GWなので少し整理しようと思いました。

出版界でも数年前からの韓流ブームがありまして、現在もたくさんの翻訳書が刊行されています。この状態もまだブームが続いていると呼ぶのか、あるいはブームは一段落したと呼ぶべきなのか、あたしには判断できませんが、この韓流ブームに続くように中国の作家の翻訳作品も数多く出版されるようになりました。

一枚目の写真は、そんなわが家の書架の一角です。書架の上に、主に中国関係の小説を並べています。韓流はフェミニズム作品が多いのに対し、華流はSF作品が多いのが特徴です。やはり『三体』の大ヒットが影響しているのでしょう。

もちろんSFだけが華流ではなく、それ以外の作品も刊行されています。二枚目の写真は閻連科の作品を中心に並べている書架になります。邦訳されている閻連科作品は、たぶんすべて揃っていると思います。

しかし、ここにも中国SFが数冊混じっています。そして一枚目と二枚目の写真を見て気づかれましたでしょうか? なんかいろいろな作品がごっちゃに並んでいるのです。特にあたしが気になっているのは、中国大陸の作品と台湾の作品が混ざってしまっている点です。言うなれば、わが家の書架における海洋両岸問題です。

そこで少しだけ模様替え。並べ替えてみた書架が三枚目の写真です。

書架の右側に中国大陸のSF作品を集め、左側は台湾の作家の作品を並べてみました。書肆侃侃房の「現代台湾文学選」はあと一冊刊行されるそうなので、その分のスペースを空けてあります。

閻連科のところはあまりいじくらず、台湾の呉明益作品は別の書架へ移動させました。たぶん、こんな調子で邦訳が刊行され続けると、ここもすぐにいっぱいになって、再び書架の模様替えを行なわなければならなくなるでしょう。